SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

「すみません、トイレはどこですか!?」 (「ゴロウ・デラックス」 5/11)

今週も新企画「伝説の漫画家シリーズ」第1回楳図かずおさんの続きです。
今回は楳図さんの作品にディープに迫って面白かったです。

楳図ハウス1階のリビングで、楳図さんの経歴と作品について吾郎、小島さん、岩下さんが話しました。
中学2年の時「森の兄妹」という作品を描いた楳図さんは高校卒業後漫画家の道へ。「へび女」(1966年)でメジャーになり恐怖漫画というジャンルを確立しました。
「三島由紀夫が『へび女』を愛読していたそうですよ。」とここで岩下さんが意外なこぼれ話を披露。三島の評伝「ヒタメン」を書いた時三島の身内の方からそう聞いたのだそうです。三島由紀夫は1970年に自決しましたが、新しい才能を見出して愛でる事に長けていたのでしょう。
恐怖漫画から出発した楳図さんはその後ギャグ漫画(「まことちゃん」)やSF漫画(「わたしは真悟」)など様々な作品を世に送り出しました。岩下さんは「わたしは真悟」について「極めて日本人的な話ですね。ロボットにも心がある、ってところがね。虫や花にも(心がある)…って日本人は考えるでしょ。」吾郎が好きな楳図作品は「おろち」。主人公のおろちはとても美しくてかわいくてクール。そして時代を超えて生き続けます。「どこから見ても美しくて印象に残るよね。…小島さん少し似ているよね、楳図ワールドだよね。」楳図さんも頷いています。「わぁ嬉しい。じゃ何が足りないんだろう。」という小島さんに「見かけ倒しだから。」と冷静に突っ込む岩下さん。負けずに小島さんも言い返し言い争いになった所で、吾郎が「人の家でね~、口げんかしないの。」とゆったりとなだめたのがおかしかったです。

長く漫画を書きつづけられたのは恐怖の対象を少しずつずらしたり、作品ごとに傾向をがらりと変えたりして来たからだそうです。常に変化しつづけるという楳図さんの姿勢には「僕なんかもそうですね、常にやった事のない事をやろうとしてますね、SMAPも。」と吾郎も共感していました。

先週は「まことちゃん」を朗読しましたが、今週は「漂流教室」から小学生の選挙のシーンを朗読。楳図さんによれば、「漂流教室」は勉強の漫画。極限状況の中で生命をかけて勉強しましょうという物語なのだそうです。
「読者として子供と大人、どちらを想定しているんですか?」という小島さんの質問には、「子供向けの作品の時は主人公を子供にするけれど、後は子供とか大人とか考えず、自分の思った事を全力で出し切る。そうしないと子供にバカにされると思う。」楳図さんの作品の迫力はそんなところから生まれるのかも知れませんね。

ここでリビングに置かれていた黄金のダルマが不気味にガタガタと揺れて、後ろからAD山田くんが出て来ました。山田くんは先週のオープニングでダルマを台車に乗せ押していたのです(ダルマの後ろ半分は平らだと初めて知りました)。吾郎が「山田くんも少し楳図ワールドだよね、純粋だし、ボーとしている様で計算しているし。」と話を繋いだところから、4人がそれぞれ楳図作品のどの登場人物に似ているか、という話になりました。
楳図さんいわく、岩下さんは「まことちゃん」、そして吾郎は「へび女」だそうです。吾郎がへび女と聞いて、小島さんは「女として負けた気がする。」と発言。そんな小島さんは「まことちゃんのママだと思う。」と楳図さんは言いました。確かに並べてみると顔がそっくりです(笑)。

ここで楳図さんが3人のイラストを描いて下さる事になりました。おろち階段の踊場で楽しそうにポーズをとる小島さんと岩下さん。小島さんの後ろに岩下さんがしゃがみ、小島さんの紅白パーカーの裾を自分の顔に当てています。「変態おじさんみたい」と岩下さんは照れていますが、楳図さんが書き上げたのは岩下まことちゃんが小島ママの服の裾で鼻をかんでいるイラスト。吾郎は「岩下さんが3頭身だ」と指摘するのを忘れません。
続いていよいよ吾郎の番。おろち階段の踊場にうつぶせになった吾郎は両手をだらんと下へ垂らします。まるでグラビアのポーズのよう。ソファに座ってそれを見ている小島さんと岩下さんは言いたい放題。」
小「これで服を着ていなかったら…欲情しますよ」
岩「服を着ていても来ていなくても同じですね」
吾郎はへび女をイメージしてそれらしい動きをしますが…深夜放送限定です(笑)。それを見た岩下さんが一言。
「孕みますね」(爆)
出来あがったイラストでは、へび女吾郎がズルズルと這っています。口が大きめに裂けていていかにもへび女風です。しかし吹き出しのセリフは「すみません、トイレどこですか!?」。こわおかしい楳図ワールド全開です。

最後に楳図さんから吾郎にお願いが。去年楳図さんはビクターからレコード(CDですよね)を出して念願のレコードデビューを飾りました。ビクターの大先輩はSMAP、という訳で、「僕の歌で吾郎さんと一緒に踊りたい」というお願いです。楳図さん作詞作曲の「大阪の女」に合わせて吾郎、小島さん、岩下さんが踊りました。小島さんは吾郎の隣で踊りながら、「さすがSMAP!すごい!」と驚いています。多少ぎこちなくても見よう見まねで何となく踊れている吾郎、さすがです。しかしそれ以上に驚いたのはおん年75歳の楳図さんのダンスのキレの良さ!歌は演歌なのにダンスはヒップホップです!スマさん達も見習ってほしい!!

いやあ、本当に楽しい2週間でした。「伝説の漫画家シリーズ」今後とも期待しています♪


ところで、放送批評懇談会(ギャラクシー賞を選定する所です)の4月度マイベストTV賞の候補にゴロデラが上がっています。昨年11月度に3位に入ったので、今回も上位を狙いたい所です。最初にWeb会員登録が必要ですが、それを済ませると毎月投票のお知らせメールが来ますので、今後も吾郎やスマの番組に投票できます。時間のある方は是非投票に参加して下さるようお願いします。
今回の締切は6月4日(月)17時です。

Web会員登録はこちら→ http://www.houkon.jp/member/index.html
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる