FC2ブログ

Walking with GORO

稲垣吾郎さんとSMAPと新しい地図と。すべてが好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

Top Page › スマスマ › 素直が一番 (スマスマ 5/7)
2012-05-09 (Wed)  09:38

素直が一番 (スマスマ 5/7)

うーん、感想が書きにくいです。部分部分で見ると面白い所は勿論ありましたが、全体を思い返してみると盛り上がりに欠けるというか、印象が薄いというか。支離滅裂な感想になると思いますが、よろしければお付き合いください(あ、支離滅裂なのはいつもか・苦笑)。

「ズル賢い鈴木愛菜夫くん」(いつの間にかタイトルが変わってる?!)についにパパまで登場!でも元々は稲山プロデューサーと草川マネージャーとの間で愛菜夫くんの態度が豹変するのが面白いコントなので、あまりに登場人物を増やし過ぎるのはどうかと…。ママまではいいとしても。もっと稲山Pと草川マネとの関係を中心にする方がいいのにと思います。パパを通じて愛菜夫くんの家庭の事情を見せたのは上手かったですが。パパ役の役者さんは久しぶりに見ましたが…何かあったのでしょうか…。何となく言いにくいのですが…つまりその…いい年の取り方をするのは大切…だ…な…と。(今週のビストロゲストさんと比較すると特に…)
それからコントを前半と後半に分けて間にビストロを挟む、という構成は止めた方が良いです(これはハッキリ言います)。最近この構成になっていますが、後半ダレてしまって面白くなくなります、飽きます。もっとコンパクトでインパクトの強いコントを作りましょうよ!(←何かの歌詞みたい)

間に挟まったビストロ(失礼!)は面白かったです。ゲストはプロテニスプレーヤーのクルム伊達公子さん。あまりバラエティ番組に出ないスポーツ選手のお話は興味深いです。試合直前はご飯やパン、パスタ等炭水化物を食べるとか、一年中旅が多いのでホテル暮らしで殆ど外食とか。プロスポーツ選手というと専属の栄養士さんがついて食事の管理をしている様なイメージがあったのでこれは意外でした。
クルム伊達さんといえば、96年25歳の時に引退して約12年後に現役復帰、その後ウィンブルドンに出場されるなど41歳の今もめざましい活躍をされています。エキシビションマッチに出る為半年くらい練習をしているうちに「もっとやれる」と思えて来てそれを実行に移したのが素晴らしいと思いました。
夫のレーサー、ミハイル・クルムさんは伊達さんの現役復帰の時に「君のやりたい事をやればいい。僕の為に君の人生を犠牲にしてほしくない。」と仰ったそうです。本当に自分に自信のある男性は妻を束縛せず、ありのままを受け入れますよね。幸せな結婚をしていらっしゃるな、と思いました。
そんなクルム伊達さんとSMAPとでテニス版ストラックアウト対決!ここで吾郎の元テニス部(坊主頭にするのが嫌ですぐに辞めた)話が出るかなと思いましたが出ませんでしたね。でも、伊達さんのサーブがなかなか的に当たらず意外に白熱したゲームになったので面白かったです。吾郎が「真面目にやろう」と真剣モードでトスを上げた途端伊達さんが自分の持っていたボールを吾郎に向かって投げたので、吾郎はびっくり!吾郎のオーバーリアクションに大笑いしました。伊達さんお茶目ですね。ゲームは最後に慎吾がミラクルショットをワンバウンドで決めてSMAPの勝ち。
今回のお料理は「ホット&サワースープとマンゴーのデザート」。試食の時の反応で予想した通り、木村・剛ペアの勝ちでした。クルム伊達さんはその素直さが魅力です。最後に著書「進化する強さ」の宣伝をされていましたが、読みたくなりました。

歌コーナーは「さかさまの空」♪SMAPの新曲を毎週聞けるのは幸せです。とはいえ今週は照明と後ろの映像が明る過ぎて目がチラチラしました。そのくせスマさんの顔に影が出来てしまったのですから、照明スタッフには反省会をしてほしいです。夏らしい感じを出そうとしたのでしょうが、ちょっと残念でした。

来週は「危なすぎて放送出来なかった未公開集」とか?本当に危なかったら未公開でも放送出来ないでしょ?!なんてツッコミは野暮ですね。冷静な気持ちで楽しみにしています。


拍手ありがとうございます



スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可