Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » 「ハングリー」 » TITLE … 「ハングリー!」 ⑦

「ハングリー!」 ⑦

前回の予告でストーリーの展開は予想できていましたが、今回は小休止の回だったみたいです(時男としては)。
一流の店を目指そうとする英介がやや空回りしてしまい、仲間たちとの間に溝が出来るという話。連ドラの中盤によくある展開ですね。
さらに、英介達のバンドが実はロックフェスの審査を通過していたという事実も発覚し、二重の意味で英介は試練に立たされそうです。賢太と剛と拓はやはりロックへ戻っていくのか?英介はこれからどうするのか?気になります。

そして時男はさんざんけなした筈の英介の事が頭から離れなくなったようです。「あの料理の味が舌から離れない」というのは胃袋を掴まれたという事ですね!英介の料理を食べて恋をしてしまった農業少女千絵と同じレベルですか?!そんな時男の様子を見て柏木シェフは焦りを深めます。フランス・リヨンのレストランで働いていたのを時男に引き抜かれ、あの若さで「ガステレア」のシェフを任されるというのは大したことだと思うのですが、その柏木ですら恐れをなす英介の才能って…?

今回の見どころは夕暮れの並木道(イケメン2人に似合いすぎる場所)での時男と英介の会話。相変わらず英介をバカにする時男ですが、英介は動じることなく、時男が自分の足りない所を指摘してくれた事に感謝します。先週と違って感情的にならない所に英介の成長が感じられます。時男は余裕の笑みを浮かべていますが内心は穏やかではないはず。来週はまた時男が動き出すようなので目が離せません(というより、あの次週予告は何なのでしょう)。

英介の恋愛について関心はないのですが、恋人のまりあがなぜあそこまでシェフを嫌がるのかは気になります。もしかしたら暴力をふるっていた元カレがシェフだったりして?

ちょっと残念だったのは後半の展開。開店前のお店の中で乱闘するのも、そこに黙って入って来た時男がこれまた黙って人参をかじっているのも現実離れし過ぎです。先週の脚本がとても良く練られていただけに、今週またマンガチックなストーリー展開に戻ってしまったのが惜しかったです。
でも一番の突っ込みどころはマシュロン(笑)の覆面調査員。どう見てもバレバレで覆面ではありません!今度来るときはもう少し普通の格好で来て下さいね(また来そうな気がするので)。


拍手ありがとうございます
以下お返事

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

>Tさん
いよいよ「モロハシ」の放送が決まりましたね!おっしゃる通り「悪魔の手毬唄」以来の主演ドラマなので楽しみです。脇役でいい味を出すのも嬉しいですが、主演作はもっと嬉しいですよね。これをきっかけにまたドラマに主演して欲しいです(ちょっと気が早いでしょうか・笑)。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)