Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » スマスマ » TITLE … ロックでファンキーなスマスマ (スマスマ 2/6)

ロックでファンキーなスマスマ (スマスマ 2/6)

今日は全編通じてロックでファンキーなノリでした。楽しかったです

ビストロゲストは映画「ウタヒメ」から黒木瞳さん、真矢みきさん、木村多江さん、山崎静代(南海キャンディーズしずちゃん)の主役4人。それぞれに痛みを抱えた4人の主婦がロックバンドを結成し一夜限りの晴れ舞台に臨むというストーリーだそうです。4人はバンド経験がなく楽器の練習をしたそうですが、ボクサーでもあるしずちゃんは「リズム感がボクシングに少し似ていると思った」そうです。
キッチントークでは黒木さんと真矢さんがメイン。木村さんとしずちゃんが目立たなくて少し残念でしたが、宝塚で同期だった黒木さんと真矢さんにはエピソードが沢山あって面白かったです。それに宝塚出身の方はやはり華も実力もあると思いました。宝塚時代「何度も怒られました」という黒木さんと「怒られたと思ってない」という真野さんの違いが面白かったです。舞台での失敗談ではいつの間にかつよぽんが槍玉に(苦笑)。決められた位置に戻ってこないとか、衣装を脱ぐタイミングが早いとか遅いとか。中居くんがいつも気を配りながらタイミングを合わせているそうですが、つよぽんはそれを分かりつつもマイペースなので笑えます。
13年間男役をして来た真矢さんは「かわいい」と言われると照れてしまいます。それが分かるとスマさん達は真矢さんに「かわいい」攻撃を繰り出しました。極め付きは吾郎の「お前ホントにかわいいな」。真矢さんは倒れそうでしたよこういうのを見ると吾郎が「師匠」と呼ばれるのも分かる気がします(笑)。
黒木さんが出演されたコント「Gショック」(吾郎と共演したこのコントはよく覚えています)と真矢さん出演の「仮面レンアイダ―」のVTRが流れましたが、昔のスマスマコントは細かいところまで作り込まれていて本当に面白かったですね。今のスマスマスタッフはこれを見て勉強して欲しいと思いました。
試食中のお約束、慎吾の美味しいリアクションは、黒のミニドレスで黒のノーズシャドーで「Smoke on The Water」を踊りましたが、後ろ姿はしずちゃん(失礼!)顔は椿鬼奴ちゃんにそっくりでした他人の事は言えませんがやはりもう少し痩せた方が…。
「肉料理」対決はしんつよチームの勝ち。つよぽんはとても嬉しそうでした。

「天才子役鈴木愛菜夫」。少し間が空きましたが再び登場です。稲山プロデューサー(吾郎がいい味出しています)の前ではいかにも素直そうな子役らしく振舞い、草川マネージャー(これまたいかにもらしい感じ)と二人きりになるとこましゃくれた本性を現す愛菜夫くん。しかし今回はそんな愛菜夫くんも霞んでしまう位強烈なキャラが現れました。
それは母親役の安達祐実さん!毛皮のコートを着た姿に貫禄があって最初誰だか分りませんでした。もう「祐実ちゃん」とは軽々しく呼べません。とにかく演技が上手い!雰囲気に貫禄がある!(もしかしてご自分の実体験かな?)と思わせる科白を立て板に水のか如くまくしたてる!最高です!!毛皮のコートと科白のテンポの良さがちょっとファンキーでカッコ良かったです。愛菜夫くんはそんなお母さんに振り回されつつも、最後には本番のアクションシーンを完璧に演じて(しかもリハなしで!)キメル所はきちんとキメました
(全局から連ドラのオファーが来ている愛菜夫くんが草川マネージャに「テレ朝かテレ東の深夜の尖ったドラマもいいよね」という科白に思わず笑ってしまいました。私は以前から、吾郎がその枠のドラマに出てくれたらいいなあと思っているものですから…。)

今回の新コントは「Black Pirates」。木村くんはじめデスメタルバンドメンバーのメイクが怖かったのですが、そのメイクのまま「愛は勝つ」をメタル風に演奏したので笑ってしまいました。とはいえ、バンドメンバーが皆さん一流のミュージシャンで、本気で演奏してくれたので、音楽としては聞きごたえがありました。これはアレンジとリハをきちんとやらないと成り立たないので、歌の出来栄えが良くて嬉しかったです。マネージャー(ここでも吾郎が登場)はこの「ポジメタル」でカバーアルバムを作るつもりらしいので、次に何を歌うか楽しみです。後は木村くんの喉をしっかりケアしてくれれば…。

歌コーナーはアメリカからLMFAOがゲストで出演。何とBEPのウィル・アイ・アムがVTRコメントで彼らを紹介しました。私は彼らの名前は知りませんでしたが彼らの歌「PARTY ROCK ANTHEM」は聞き覚えがあります。みんなノリノリで歌もダンスもカッコ良かった!ハードロッカーの様な衣装も良く似合っていました。特に吾郎の細身のパンツには終始目が釘付けでした。
そういえば、17年位前スマ(6人時代)がブレイクし始めた頃何かの雑誌で「SMAPはジャニーズアイドルで初めてストリートから出て来た感じがする」と書かれていた事を思い出しました。今でもスマにはストリート系のファッションと音楽が似合います。
だからこそもう少しじっくり彼らとゲストさんの姿を映して欲しかったです。アップなのかロングなのか良く分からない中途半端なカメラワークと目がちらつく様なしつこいCGで見づらかったです。スマスマの歌コーナーは「暗くて見づらい」か「画面がちらついて見づらい」かどちらか、というのが多いのですが、今回も少し残念でした。
折角の海外ゲストなのですからエンディングトークも聴きたかったです。

来週はいよいよ「三田さん」最終回。木村くんはどういう登場の仕方をするのでしょう?


拍手ありがとうございます


スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)