FC2ブログ

an・an

現在発売中のan・anに吾郎の「シネマ・ナビ」が載っています。
今年最初に取り上げた映画は「人生はビギナーズ」。グラフィックデザイナー、アーティストのマイク・ミルズが自分の父親の実話をもとに作った“私映画”だそうです。いい所もよくない所も両方指摘した上で、「この監督が今後、まったくのフィクションのストーリーをどんなふうに撮るのか、それをぜひ観てみたいですね。」と温かく前向きにまとめているのが映画好きの吾郎らしくてさすがだと思います。

それから小島慶子さんのインタビューも載っています。他人との距離の取り方、コミュニケーションの仕方についての考え方に私は共感しました。以前ゴロデラでお母様との関係を捉えなおしたという話をされていましたが、その事についても詳しく話しておられます。
同じ雑誌に吾郎と小島さんの記事が出ていると、なぜか得をした気分になります


それから1/18(来週の水曜日)発売のTVぴあに「ハングリー!スペシャル対談(向井理X稲垣吾郎)」が掲載される予定です(本誌予告より)。楽しみですね


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿