Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » 「ハングリー」 » TITLE … 「ハングリー!」 #1

「ハングリー!」 #1

遂に始まりました、「ハングリー!」。
関東ではあまり番宣がなかったせいか(2日夜の特番のみ)自分の中でワクワク感がないまま始まったのですが、リアルタイムと録画とで計2回見た感想は「細かい注文はあるが今後の展開が気になるドラマ」です。

基本「向井理くんの向井理くんによる向井理くんの為のドラマ」であると思います。いきなりシャワーシーンから始まりましたからね(笑)。その向井くんが演じる英介は料理の才能がありながらロックにハマりミュージシャンになる夢を追って芽が出ないまま30歳目前になった、という若者。乱暴な言葉遣いで「ドSキャラ」だそうですが、第1話を見た限りではドSというよりはガサツなキャラです。
フレンチシェフのお母さん(片平なぎささん)が急死し、「この店は俺が守る!」と決意したものの時すでに遅く、売れない画家のお父さん(大杉漣さん)が店を麻生コーポレーション社長の麻生時男に売ってしまった後だった。このお父さんも世間知らずでマイペースで、英介の甘ちゃんな性格はお父さん譲りかと思わせます。

そしてこの麻生時男を演じるのが我らが吾郎。「悪役」「憎まれ役」と吾郎は言っていますが、第1話を見た限りでは、やり方はえげつないけれど言う事には一理あると思いました。主人公の英介が自分勝手で未熟なので時男の方が筋が通っているように見えます。時男にバカにされながらそれを乗り越えようとして英介は成長していくのでしょうか?それならば最終的に時男がやっつけられても許します(←偉そう)。お盆を鏡替わりにして髪を直すカットは全く要りませんけど。
時男には「美味しんぼ」の海原雄山のようなポジションを期待しますが高望みでしょうか。

脚本がどうなるかも勿論気になりますが、このドラマのカギを握っているのは向井くんをはじめとする若手俳優陣の演技でしょう。塚本高史くんの演技はとても上手で科白回しも安定しています。今回俳優デビューとなるCHEMISTRYの川畑要くんもいい感じを出していて、男性陣には期待しています。後は女優陣かな…。
三角関係の伏線がしっかり張られていますが、恋愛よりも主人公の成長&成功物語に比重を置いて欲しいです。

厨房に立つ料理人があんなにフルメイクをするかしら?という疑問は別として(笑)、片平なぎささんはいつまでもお美しい♪1話でいなくなってしまったのは寂しいので今後も回想シーンで沢山登場して下さい。
あとどうでもいい事ですが、大杉漣さんが向井君より早く走ったのが私のプチツボでした。


拍手ありがとうございます


スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)