Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » 「ブルドクター」 » TITLE … 「ブルドクター」 #10

「ブルドクター」 #10

毎週楽しみにしているこのドラマも残す所後2回。いよいよ盛り上がって来た、筈なのですが。

ストーリーについては、今回は最終回へのつなぎの様な展開だったので、来週の最終回と纏めて感想を書こうと思います。それ位今回は感想が書きづらいです。
名倉先生は段々俗っぽい小物の様に描かれてきていますが、そうなる理由が分からない。教授の椅子に目がくらんで、死因隠蔽の黒幕縄文字理事長に取り込まれた事になっていますが、その間の過程が全く出て来ませんでした。これは来週明らかになると期待しておきましょう。そうでなければ暴れます。
知佳との恋愛についても良く分からなくなって来ました。ドラマ前半では知佳がいわゆる「都合のいい女」の様に見えていましたが、今や名倉先生の方が知佳の「都合のいい男」になってしまっています。知佳の思い込みで付き合い始め知佳の思い込みで終わってしまったのでしょうか。名倉先生は知佳のヴァーチャル恋人ですか?でも名倉先生は本気で知佳の事が好きなのですよ。それに気付かずに「もう終わりだ」と一方的に宣告してしまうのは勝手じゃないですか?「目が覚めた時僕の隣にいて欲しい」と名倉先生に言われた時逃げ出してしまうなんて、中途半端な肉食系女子ですよね(どうせなら肉食系を極めて欲しかった…)。
それから珠実先生の夫の高広さんの趣味が歌舞伎!という設定はあまりに奇想天外でひっくり返ってしまいました。36時間連続勤務をするほど超多忙な外科医の息抜きにしてはレベルが高すぎる!日舞ならまだ分かりますが歌舞伎はありえないでしょう。大体この大事な時期にどうしてこんな設定を入れたのか、脚本家の橋部さんに聞いてみたいです。

今回はツッコミばかりになりましたが、来週全てがスッキリ解決する事を願っています。


拍手ありがとうございます
以下お返事

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

>Tさん
こんばんは。楽しくて穏やかな気分でスマスマを見られるのは幸せですね。「テレビタレント」としての5人の力量を充分に見せるには5人だけで喋っているのが一番良いと思います。最近5人だけでVTRを見て話す企画が増えているのは嬉しいですね。毎週エンディングトークがあれば一番良いのですが。
西武園でのファンミーティングはとても盛り上がったようです。抽選で外れてしまったのは残念ですが、私も10月に吾郎の舞台が見られるので贅沢は言いません。その代わりファンミをDVD化して欲しいです。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)