FC2ブログ

「ブルドクター」 #2

今回のタブタイトルは「疑惑の准教授」。先週買ったTV誌であらすじを読んだ時から楽しみにしていました。だって名倉先生がメインの話ですから♪
マンションから転落死した女性の遺体が発見され、遺書も争った形跡もないことから自殺とされるが、女性の携帯から死亡直前に名倉の携帯へ発信した記録が残っていた事から、知佳は名倉が何らかの関係をしているのではないかと疑う。女性の母親は「娘が自殺するわけがない」と納得せず、解剖を希望する。珠美が遺体を解剖すると何と妊娠している事が発覚!殺人の可能性も出て来て…。
導入部からテンポ良くスリリングで引き込まれました。先週より楽しかったです。知佳は名倉と亡くなった女性沙織との関係を疑ってショックを受け、更に名倉が沙織の死に関係しているのではと疑って名倉に事情聴取をし、子供の父親を特定する為に名倉のDNA鑑定を行う。という展開にはドキドキしましたし、何よりも名倉先生のクールな中にも動揺したり悲しんだりほほ笑んだりする目の表情が素晴らしかったです。
ところが、前回もそうだったのですが、最後に来て突然推理ドラマでよくありがちな展開になってしまいました。沙織は精神科に通院していましたがその女性院長の息子(医大生)の子供を妊娠したのです。そして「結婚してくれなくても一人で子供を産む」と言った為にその男性に殺され、母親が罪を被ろうとした、というのです。あまりにもベタなストーリーなのでちょっと不完全燃焼で終わってしまいました。
私は法医学ドラマが元々好きで「きらきらひかる」の大ファンでした。「きらきらひかる」は法医学の部分に力を入れていて緻密にストーリーを組み上げていた印象があります。その為、小さな証拠を根気強く集めて行ってそれらが最後に一つに繋がった時に「やったー!」という快感があったのですが、「ブルドクター」にはその快感がありません。だから法医学がメインでは無くていわゆるヒューマンドラマなのでしょう。珠美の家庭の描写は温かみとユーモアがあってとても良いと思います。それに加えて今回は名倉先生と沙織の母親とのラストでの会話にジンときました。名倉先生の優しさ温かさが初めて出たシーンだと思います。それに比べて名倉先生と知佳の関係はまだよく分かりません。ツンデレ過ぎてあまり恋愛感情が出ていないというか…。それに比べると名倉先生行きつけの
バーで働いていた沙織ちゃんに対しては名倉先生はよく笑ったしくつろいだ表情をしていたし 親切だったし…。うーん、イマイチよく分からない…。
分からないと言えば武田教授の御嬢さん(志田未来ちゃん)。授業には出ている様ですが、後はお父さんの研究室に入り浸り、事件が起こると珠美にくっついて現場に行く。学生ならもっと勉強したら?と言いたくなります。この辺のリアリティの無さも惜しいですね。

とはいえ吾郎ファンとしては名倉先生萌えが十分出来て楽しかったです。第2話でこれだけ萌えてしまうとこの後が楽しめるか不安もありますが、人間関係がこれから変わっていくでしょうし、武田教授の秘密も気になるし、来週以降も期待しています。


拍手ありがとうございます
以下お返事
>YUEさん
コメントどうも有難うございます。
ガガ&スマ本当に良かったですね。永久保存版です。
YUEさんのブログも読ませていただきました。ガガ様の魅力全開なのも良かったし、それをスマと番組スタッフが引き出せたのも素晴らしかったです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿