FC2ブログ

「不可避研究中プロローグ」 (11/29)

昨日のプロローグをワクワクしながら観ました。TV番組の実況ツイートが久しぶりだったせいもあるかも知れませんが、スリリングで楽しい5分間でした。

5分間の中に情報がたくさん盛り込まれていてまだどんな番組なのかはっきり分かりません。でも制作陣の意気込みは伝わってきました。
生きていく上で避けて通れないけど普段は避けて考えないようにしている「不可避」な問題を視聴者に届けたい。その橋渡し役を吾郎が務める、ということでしょうか。

吾郎も「40歳を過ぎて今更恥ずかしくて聞けない問題だらけ。今まで(芸能界という)特殊な竜宮城のような世界で生きてきたので。」と番組のコンセプトに興味津々。説明のイラストの自分の絵が気に入ったようです

吾郎が提案したテーマは「ジェンダー」。現在5人のディレクターさんがそれぞれのアイディアで自由研究をしていて、twitterでそのコンテンツを先行配信し、評判の良かったものを放送する予定だそうです。中には入局1年目の新人さんもいて、会議室に入って吾郎の隣に座った途端固まってしまったのが面白かったです(失礼!)。
5人のディレクターさんは固定メンバーなのか、テーマによって顔ぶれが変わるのか、そこも気になるところです。

スタッフの中に報道担当のカメラマンさんも。この方が撮った吾郎の横顔が美しくて、さすが!と思いました(←そこ?)。このカメラマンさんは「NHKのトイレの中からジェンダーについて考えたい」とユニークな提案をしました。「トイレの中から?!」と吾郎が驚き、
「トイレと言えば、僕が通っていた高校が・・・これを言うと悪口になっちゃうけど・・・」
と言いかけたところで映像が切り替わりました。
この続きがとても気になりますよね。早く観たい!NHKさん、編集が上手いなあ!!

好奇心旺盛な吾郎にピッタリはまりそうな予感のする番組です。
12/27(金)の放送が待ち遠しいですし、その前にtwitterで配信される各ディレクターの「自由研究」も楽しみです。


拍手ありがとうございます


スポンサーサイト