FC2ブログ

「ばるぼら」@東京国際映画祭 (11/3)

IMG_0088 (2) IMG_0098.jpg
そして昨日六本木のTOHOシネマズで「ばるぼら」を観ることが出来ました。チケット争奪戦には敗れましたが偶然譲っていただけて幸運にもワールド・プレミアに入れたのです。aさん本当にありがとうございます。


映画の感想は後にして、まず上映後の手塚眞監督のQ&Aの内容を簡単に紹介します。ノートを取ったわけではないので印象に残った部分だけになってしまいますがご容赦下さい。

Q. 手塚治虫作品の中で「ばるぼら」を映画化しようと思った理由は?
A. 父は30年前に亡くなったのですが、そのとき既に僕は映画を撮っていて、映画にしたいと思った父の作品がいくつかありました。その中から選んだのが「ばるぼら」です。
Q. 企画して完成するまでにどれくらい時間がかかったのか?またキャスティングの決め手は?
A. この映画の企画は6年前に始まりました。台本を作って色々な役者さんの所に持って行きましたが、内容を見ると皆さん尻込みされてしまった。最後に稲垣吾郎さんと二階堂ふみさんに声をかけたところすぐに「やります」とお返事を頂きました。そして最初の面談の時に「何か内容的に困っていることとかありませんか?」と訊いたところお二人とも「全くありません」とはっきりおっしゃいました。だから撮影の時も言い争いになるとかは全然なく、和やかに進みました。僕はベッドに横たわっているお二人に「よーい、スタート」と声を掛ければ良かった。ただ、お二人のシーンがあまりに美しいのでカットをかけるのが遅れてしまいがちになりました。
Q. クリストファー・ドイルさんを撮影監督に起用した理由は?
A. この作品に登場するばるぼらはお酒が大好きなミューズですが、クリストファー・ドイルさんはお酒が大好きでミューズも大好きなので、この作品を撮るならドイルさんだと思いました。そこで台本ができるとすぐ英訳して送りました。すると「これは撮りたい、自分が撮らなくてはいけない」とお返事がきました。撮影はなるべくクリストファー・ドイルさんの意図を尊重しました。「今日は丸一日あげますから好きなように撮ってください」と言ったこともありました。それで出来上がったのは僕の思った通りの映像でした。この映画は二階堂ふみさん、稲垣吾郎さん、クリストファー・ドイルさんの3人が主役の映画と言ってもいいかもしれません。

エロティシズムというとネガティブに捉えられることもあるけれど、デジタル化された今の時代に人間の肉体同士のふれあいをたくさん描きたかった、これはシンプルな愛の映画です、と手塚監督はおっしゃいました。
また来年中には一般公開します、とのこと。今はいつとはっきりとは言えないけれど、来年中には日本中で見られることになりますので、その時には是非周りに宣伝してください、と監督からのお願いもありました。その時が待ち遠しいですね。


ではここからは私の感想です。まだ原作を読んでいないので見当外れの部分があったらすみません。またネタバレしてしまうかも知れないので、一応折ります。


拍手ありがとうございます

続きを読む »

スポンサーサイト