FC2ブログ

東京国際映画祭いよいよ開幕♪

いよいよ明日(28日)から東京国際映画祭が開幕します。
まずは映画祭の花、レッドカーペットの日です!
明日15:00から、この模様はネット中継されます。

詳細はこちら

明日吾郎は「THE TRAD」の生放送ですが、それが終わってから駆け付けてくれますよね?去年のレッドカーペットの華やかさが目に焼き付いているので今年も期待しています。
とりあえず明日夜のニュースと明後日朝のWSは要チェックかも知れません。

そして11月1日(金) 0:30~1:00 (=30日深夜) NHK-BSPで「映画の祭典!第32回東京国際映画祭」という番組もあります。去年もありましたが、上映作品とその見所を紹介してくれる楽しい番組ですので、観られる方は是非チェックしてください。

いやぁ、本当にワクワクドキドキしてきました!


拍手ありがとうございます



スポンサーサイト



ロトもだちはロックスター

嬉しい新CMのお知らせです。

ロトもだちの新CMが今日から放送されます。
今回3人はロックスターに扮して数字の語呂合わせの歌詞を歌うのですが、まずビジュアルが文句なくカッコイイ!
「ロトロック」編はグラムロックで吾郎が大好きなデヴィッド・ボウイ風に、
「ロトヘブン」編はヘヴィメタルで耽美的に、
「キャリーはオーバー」編はテクノポップでご存じYMO風に、
一世を風靡したバンドを再現しています。

詳しくは 新しい地図topics時事ドットコムニュース をご覧ください。
また、写真が大きく3人のインタビューも載っているこちらの記事も紹介します。
エンタメステーション

久しぶりに全部のヴァージョンを捕獲したいという気持ちになっていますが「キャリーはオーバー」編はキャリーオーバー発生時のみ放送されるそうなので、なかなか難しそうです。
テレビ東京東京MXテレビの「CM INDEX」にメイキングを放送してもらえるようお願いメールを出してみます。


拍手ありがとうございます

Starting over (「THE TRAD」 10/21)

選曲のセンスが良く落ち着いた雰囲気のレコード店の椅子に腰を下ろして寛いでいるような気分になれるラジオ番組「THE TRAD」。先程radikoのタイムフリーで聴きました。

ゲストの篠山紀信さんのお話がとても良かったです。レノン&ヨーコの「Starting Over」のジャケット写真撮影のエピソードは以前「ゴロウ・デラックス」に篠山さんが出演して下さったときにも伺いましたが、今日聴いてまた色々なことを考えました。
吾郎も篠山さんとの撮影は「緊張するけど楽しかった」と懐かしそうに語りました。篠山さんは「吾郎ちゃんの良い写真がいっぱいあるけど、前の事務所が色々・・・なので出せないのよ。」とぶっちゃけましたが「今までのことは忘れてこれからまたいっぱい撮りましょう。」とおっしゃって下さいました。
「吾郎ちゃんは会う度にちゃんと歳をとっていっている。」ともおっしゃった篠山さん。レノン&ヨーコの「Starting Over」を選曲して下さったのは再出発をした吾郎へのエールのように感じました。
昔からずっと吾郎を見てきてくださった篠山さんの言葉が暖かくてとても嬉しかったです。本当にありがとうございます。
今の吾郎を篠山さんにたくさん撮っていただいて、写真集が作れたら最高ですね。

篠山さん、是非お願いします


拍手ありがとうございます

「ばるぼら」が待ち遠しい

台風19号の被害は時間が経つにつれその大きさが明らかになってきています。冠水や停電・断水だけでなく、未だに孤立している地域もあるそうで心配です。どうか皆さんが安心して暮らせますように。

さて、東京国際映画祭のコンペティション部門に選出されている「ばるぼら」について、徐々に情報が出てきています。
今日は東京国際映画祭のサイトに手塚眞監督のインタビューがアップされました。これを読むと手塚監督が吾郎を信頼して演技を任せてくださったことが分かります。撮影監督のクリストファー・ドイルさんとの仕事ぶりも興味深く、早く観たくてウズウズしています。
さらに、手塚監督は大林宣彦監督の「海辺の映画館 キネマの玉手箱」に出演されたそうで、ここでも吾郎と接点がありますね。こちらもとても楽しみな映画です。

発見に満ちたクリストファー・ドイルとのコラボレーションと不変の創造性:手塚眞監督『ばるぼら』公式インタビュー
(東京国際映画祭ニュース)

私は普段は舞台などで「初日に観なきゃ!」とはあまり思わないのですが、今回この「ばるぼら」だけは東京国際映画祭のワールド・プレミアで是非観たいと思っています。チケットは取れなかったのですが、ギリギリまで探してみるつもりです。


拍手ありがとうございます

癒しの吾郎さんとその周辺 (「ほん怖20周年SP」 10/12、「ノンストップ!」 10/10)

「ほん怖」は今年で20周年。ほん怖クラブの吾郎館主もずっと関わってこられたのは嬉しいです。
なので12日の放送を楽しみにしていましたが、皆さんご存じの通り未曾有のスーパー台風が襲ってきて、暴風雨に怯えながら観る事になりました。文字通り「ほんとにあった怖い話」です。
それでも私の周りでは被害が出なかったので有難かったのですが。

ドラマがとても怖かった分、ほん怖クラブのパートが一層面白かったです。何だか館主の吾郎さんの雰囲気が変わったように感じました。スーツの色が少し紺色がかったりシャツの襟にチェーンが付いたりして衣装がお洒落になり、しゃべり方も一層優しくなって子供達との会話も盛り上がりました。心霊研究では下ヨシ子先生にはきはき質問して場を纏める一方、子供達とぎゅっと固まって「きゃー」と怖がる姿は可愛い。出演時間は短かったけれど密度が濃くて私は満足しました。
来年も是非吾郎館主が見たいので、公式サイトに感想を書き込んできました。

そして木曜日の「ノンストップ」でのインタビューでは「ほん怖」の話題だけでなくビストロ開店や映画「半世界」、舞台など「今年の稲垣吾郎振り返り」VTRになっていたので正直驚きました。吾郎の周辺で少しだけ何かが変わってきているような・・・。そうであってほしいと思います。こちらのHPにも感想を書いてきました。

これからの展開に注目していきたいと思います(色々な意味で)。


拍手ありがとうございます

遠回りもしたけれど (「インテリゴロウ」 10/6)

週末に本州を襲った台風19号は千曲川の氾濫をはじめ多くの水害を起こし大きな被害をもたらしました。
被災された方々にお見舞い申し上げます。

ここ数日は台風への備えに追われてブログどころではなくすっかり遅くなりましたが、インテリゴロウの感想を。

金曜日はAbemaビデオ無料視聴の日。
そこで今月のななにーからインテリゴロウを観ました。

ゲストは上田慎一郎さん。昨年インディーズで制作した「カメラを止めるな!」が大ヒットし、間もなく新作「スペシャルアクターズ」が公開される今大注目の映画監督です。

白石監督、タランティーノ監督、上田監督。今まで3人の映画監督をお招きしましたが、独特の熱さ、情熱を持っている点でお三方は共通していると感じました。映画監督に必要な資質なのでしょう。
上田監督の経歴はドラマティックです。マルチ商法で200万円の借金を背負い代々木公園でホームレス生活したり、小説を出版しようとしてまた借金を作ったり。
「助監督やADを経て監督になるには時間がかかる。それよりもお金を作って映画を撮ろう。」と近道を狙ってかえって遠回りをすることに。しかしその遠回りが映画の脚本作りに活きたのです。まるで映画のような人生ですね。

とはいえ、「カメ止め」の呪縛から解放されるまでには時間がかかったそうです。
「(次回作は)カメ止めとは違うモノを作らなきゃ。いや、カメ止めに寄せた方が良いのかな。」
と色々迷っていた上田監督を救ったのは企画を担当した松竹ブロードキャスティングの深田さんでした。
「サザンオールスターズはデビュー曲の『勝手にシンドバッド』が大ヒットした後2作目はあまりヒットしなかった。でも3作目の『いとしのエリー』でまた大ヒットした。今度の映画はサザンの2曲目になってもいい。」
と背中を押してくれたのです。そこで上田監督は
「自分の撮りたいモノを自由に撮れば良い」
と気持ちが決まったのでした。

そして完成したのが「スペシャルアクターズ」。何でも屋の俳優事務所がカルト教団から旅館を救うべく奮闘する話です。
今回主演に抜擢された無名の俳優大澤数人さんを吾郎は絶賛しました。
「『北の国から』の吉岡くんの再来じゃないですか。大変な逸材ですよ。」
大澤さんは10年間で3回しかお芝居をしていなかったそうで、「並々ならぬプレッシャーだったはず。その緊張感も一緒に撮りたかった。フィクションとドキュメンタリーの融合みたいなことは常に考えている。」と上田監督。
今回は大澤さん含め15人の役者さんをオーディションで選んでからストーリーを考えたそうです。
「大澤さんだから成立している。」
と吾郎が言うのも納得です。

上田監督が尊敬する映画監督は三谷幸喜さん。でもお会いしたことはまだないそうです。
「三谷さんとお会いしたことはあるんですか?『笑の大学』で。」
と上田さんが吾郎に逆質問しました。
「現場にはいらっしゃいましたよ。原作者だから何も言えないけれど。でもなぜか僕の楽屋に来て僕にだけダメ出しして帰った、『ここはもっとこうした方が良いよ』って。それが今でもヒントになっていますね。」
吾郎から貴重な裏話を引き出してくださって嬉しかったです。
一方吾郎も「カメ止め」撮影時にカメラに血糊が付いてしまったエピソードについて話しました。お互いにお互いの作品について調べて質問し合う姿勢がとても良かったです。

こういう方と一緒にお仕事をするのは刺激を受けて楽しいでしょうね。吾郎も出来るだけ多くそういう場でお芝居をして欲しいです。
ちなみに上田監督はスパイ映画が大好きで、3人でスパイ映画を撮りたいそうです。面白そうなので是非お願いします!


拍手ありがとうございます

記録は更新される、記憶は上書きされない。

忘れないように先ずお知らせを。
10/10(木)フジテレビの「ノンストップ!」(9:50~11:25)内で吾郎のインタビューが放送される予定です。「ほん怖20周年SP」の番宣です。フジテレビには本当に久々の出演になりますね。観られる方は是非チェックしてください。

さて訳の分からない記事タイトルですが、今月の「ななにー」を観て一番強く感じたことです。
最後の氣志團万博振り返りのコーナーで泣きそうになりました。
当日行けなかった私も会場からほぼリアルタイムでtwitterに流れてくる感想を読んでその熱気は感じていました。でもステージや舞台裏のVTRを観て、綾小路翔さんのお話を聞いたら色々な感情で胸がいっぱいになりました。
出番の前に円陣を組み(剛の馴れない感じが可愛い)、ステージにせり上がっていくと万雷のような歓声が沸き起こる。今までスマコンで観てきた風景です。しかもお客さんは彼らのファンだけではなく他のアーティストファンの方々も多い。そんな中で圧倒的なオーラを放って歌い踊る姿に、SMAPが重なって見えました。実際あのステージを観た他アーティストファンの方々はツイートの中で彼ら3人を「SMAP」と呼んでいました。
彼らが今までSMAPとして積んできた経験やエンターテインメントに対する思いがこのステージに表れているのですからそれは当たり前のことです。SMAPの形が無くなって彼らが新しい歌を歌ってもそれを観る人はそこから「SMAP」を感じたのではないでしょうか。それがとても嬉しかったです。
それは彼らが過去から抜け出せないという意味ではありません、むしろ逆です。彼らがそれぞれ新しい局面で新しい記録を作っているからこそ、今までの記憶と相まって輝きを増していくのでしょう。翔さんが
「(3人は)どこに行ってもホーム、地球がホーム」
と言うほどの魅力を放つ原動力なのでしょう。
11月にはWOWOWでこのステージが放送されるので、本当に楽しみです。

勿論他のコーナーも盛り沢山で大いに楽しかったです。スポーツテストのカッコ可愛い吾郎も、インテリゴローの上田慎一郎監督のとの対談も良かったです。それらについては時間があれば改めて書きたいと思います。

ひとまず今日はここまで。


拍手ありがとうございます

開店おめでとうございます!

今日10/4、吾郎がディレクションする「BISTRO J_O」と「J_O CAFE」が銀座にオープンしました。
開店おめでとうございます!
吾郎の「ファンの皆さんに喜んでいただきたい」という夢を形にしたお店が本当に出来たなんて感激です。
twitterには早速行かれた皆さんからの報告が続々・・・私も行きたいです。
ファンだけではなくたくさんの人に長く愛されるお店になりますように。

そして週明け10/7(月)の「スッキリ」(日テレ系、8:00~10:25)内で、「BISTRO_J_O」「J_O_CAFE」が紹介されます!吾郎と近藤若菜ちゃんがお店を案内してくれるそうなので必見ですね。


「BISTRO J_O」 「J_O CAFE」の公式サイトは こちら (予約も出来ます)

冒頭の動画のYouTube公式チャンネルも出来ています。チャンネル登録もよろしくお願いします。



拍手ありがとうございます

スクリーンで半世界

今日キノシネマ立川さんで「半世界」を観てきました。公開最終日なので、私がスクリーンで絋さんと会うのはこれが最後になるかも知れません。そう思うと1シーン1シーンが全て愛しく感じられました。
今回は登場人物の眼差しに注目して観ました。改めて感じたのは、皆眼差しが温かいということ。至らない点があったり、時に荒れたりしても、皆いい人ですよね。だから見終わった時ほっとする。本当に良い映画です。
吾郎がこの作品に出会えた事は幸せだと思います。そして吾郎のおかげこの作品に出会えた私も幸せです。

家に帰れば「半世界」のブルーレイが届いています。スクリーンの余韻に浸りながら、先ずは特典映像から観ようと思います。


拍手ありがとうございます

季節は進む

10月になりました。消費税が10%に上がってしまい気分が下がりかけたところへいきなり慎吾の新曲「10%」がリリースされてビックリしました。DLして聴いてみると明るくてかっこよいダンサブルなヒップホップ♪消費税が上がって最初の買い物になったNAKAMAの皆さんも多かったのではないでしょうか。

さて、新しい地図発足から2年が経ち、また新しい季節に進んだと感じる出来事が、ここ数日の間にいくつもありました。

吾郎ファンとして一番大きい出来事はTOKYO FMの新番組「THE TRAD」でしょう。一昨日昨日と2日間ほぼリアルタイムで聴きましたが、吾郎が本当に楽しんでいるのが声からも感じられました。月曜のゲストが舞台「No.9」で共演している片桐仁さんなのも良かったですね。二人で盛り上がっている様子が伝わってきて微笑ましかったです。吾郎はレコード店店長(店員ではない)という設定ですが選曲のセンスも良いと思います。誰もが知っている曲から新しいトレンドまで網羅してくれて、音楽に興味が湧きそうです。じっくり耳を傾けるもよし、仕事や家事をしながら聴くのもよし、色々な楽しみ方が出来そうな番組です。
それにしても2年前には吾郎が週3回もラジオのレギュラー番組を持つなんて想像もできませんでした。月曜から水曜まで3日連続でしかも月・火は生放送。新しい世界って開けるものですね。

剛は舞台。来年1~2月にブレヒト作品に挑戦することになりました。演出は白井晃さんですから絶対良いお芝居になりますよね。正直羨ましいです。吾郎も三島由紀夫の戯曲を舞台でやれたら良いなあ、と思います。

ところで木村くんも音楽活動を始めると発表がありました。来年2月にアルバムをリリースするそうです。LOVE PSYCHEDELICOさんや森山直太朗さんなど大物ミュージシャンが参加してくださってビクターさんから発売とのこと。今の木村くんの声でどんな歌を歌うのか聴いてみたいです。

5人がバラバラに活動するのは少し寂しく感じますが、いつか何かの形で共演できる日を信じて、今いる場所でのそれぞれの挑戦を見守りたいです。切磋琢磨という言葉が当てはまるかは分かりませんが、一人一人がもっと力をつけて大きくなることが未来を切り拓くことになるのですから。
新しく挑戦出来ることがあるのは素晴らしい事です。そう思えば新しい季節は嬉しいですよね。


拍手ありがとうございます

プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、SMAP大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は26年目になります。
彼らがいつかまた集まりたいと思った時そうできるように、彼らがそれぞれ今いる場所で益々輝いていってほしいと願っています。
だから「SMAP大好き」という気持ちも「新しい地図の3人の活動を応援する」気持ちも私の中では同じ一つの思いなのです。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②「稲垣吾郎オフィシャルブログ」、twitterアカウント @ingkgrofficial も必見!
③「ゴロウ・デラックス」再開熱望!

メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる