FC2ブログ

彼の矜持

「週刊朝日」の吾郎と林真理子さんの対談を読んで、色々な事を思い出しています。

そして吾郎の
「今が一番楽しい」
「縛りが一切無くなった」
という言葉は、今までの吾郎の発言の延長線上にあるのだと気づかされます。

ジャニーズ事務所を退社する直前、「めざましテレビ」のインタビューで
「皆さんのロスをまた満たしていく」
と言い、
「GQ JAPAN」のインタビューでは
ジャニー社長と会社への感謝を語り、
「週刊文春」の阿川佐和子さんとの対談では
いつか何らかの形でSMAPのメンバーと共演したい、
と言いました。

そして、東京ファンミで吾郎は本当に嬉しそうで(勿論剛も慎吾もです)「懐かしい」と言いながらステージで跳んだりはねたり大はしゃぎしていました。

過去があるから今がある。
今が輝いている人は過去を大事に生きてきた人だと思います。

「今が一番楽しい」と言える自分でいることが吾郎の矜持なのでしょう。
そしてそれがファンのロスを埋めていく方法なのではないでしょうか。

今回の林さんとの対談からは
「どんな環境の変化もプラスにしてみせる」
という吾郎の強い意志を感じました。

私はそんな吾郎が大好きです。


拍手ありがとうございます



スポンサーサイト