恋音雑誌祭り

皆さん、もうご存知でしょうが、只今「恋と音楽FINAL」絶賛雑誌祭り中です。
TV誌では週刊TVガイド、月間TVガイド、TV fanなど。
演劇雑誌ではBest Stage、STAGE Square、STAGE navi。
今回ゲネプロにWSの取材が入らなかったので、これらの雑誌のステージ写真は本当に貴重です。
STAGE naviの記事も嬉しいです。吾郎の歌の実力を評価してくれて、今後のミュージカル活動に期待を寄せてくれています。
感想の葉書を出さなきゃ、ですね。

あ、でもネタバレ満載なので、これから舞台をご覧になる方は雑誌は買っても読むのは後にして下さいね(笑)。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

父の言葉 (「ゴロウ・デラックス」 2/19)

オープニング。
「本日は大変有名な劇作家の方の娘さんがゲストです。」(外山さん)
私はこの作家さんを街でお見かけしたこともありますし、この方が作った劇団の旗揚げ公演も見たので、勝手に身近に感じていました。そして心温まるお話を聞けました。

課題図書 : 「夜中の電話 父・井上ひさし最後の言葉」 井上麻矢

井上麻矢さんは劇作家で小説家の井上ひさしさんの三女。お父様が旗揚げされた劇団「こまつ座」の社長を2009年から務めておられます。しかしそれまで20年間お父様とは疎遠でした。
「ひょっこりひょうたん島」の脚本・主題歌の作詞を手掛けた井上ひさしさんは、1972年に直木賞を受賞。麻矢さんは「家の中がすごくワサワサして落ち着かなかった」とこの日の事をはっきり覚えているそうです。「これで食いっぱぐれない、何とか食べていける。」と井上ひさしさんは喜んだそうです。
ここで外山さんが麻矢さんの子供時代の思い出を朗読。お父さんと一緒に出掛けたりするのは原稿が仕上がった時だけで、それ以外の日は書斎にこもってひたすら仕事をしていた、書斎は聖域であり家族は入れなかったそうです。食事の時も3冊本を置いて食べながら読んでいたそうです。

作詞家、小説家として地位を築いた井上さんは岸田國士戯曲賞を受賞して劇作家としても数々の名作を生みました。井上さんが芝居について語った言葉を吾郎は引用しました。

「いい芝居を見た後、
『自分の人生はそんなに捨てたもんじゃない』と思い、
さらに自分の人生が、何だかキラキラしたものに感じられる。
そんな芝居を作りたい。」


「おこがましいけど、僕もそんな風に思っているんです。」と吾郎が言うと麻矢さんは
「父が言ってたんですけど、『いい芝居の後はお客さんがなかなか帰らない。ロビーにいて芝居について話している。悪い芝居を見てごらん、あっという間に帰るから』って。」とさらに語り、芝居についての話で盛り上がりました。
皆さんもちろんご存知ですが、吾郎は2011年に井上さんの戯曲「泣き虫なまいき石川啄木」で主役の石川啄木を演じました。
ここで「懐かしいでしょう?」と外山さんが取り出したのは当時の台本。
「これを渡されてさ、1か月後に舞台でこれをやってる自分なんて想像つかないよね。」と吾郎は言いながら懐かしそうに手に取りました。
「歌うような、耳に心地よいセリフなんですよね。」と吾郎は言い、特に好きだというセリフを読みました。それは妻に家でされた心境を啄木が語るセリフなのですが…。
「噛まないように読むのが精一杯。」と吾郎は苦笑い。
「でも、何となく蘇ってきますか?」(外山さん)
「蘇ってこないよ!まるで別物だよ。」と吾郎はさらに苦笑いしていました。でもここで「蘇ってこないよ!」と正直に言えるのが吾郎の良さですよね。

「井上さんは2010年にお亡くなりになられていますが、吾郎さんが舞台をやる事はご存知だったんですよね?」(外山さん)
「はい。父が病に倒れたと聞いて、(舞台を主催した)シス・カンパニーの北村社長がすぐ直接電話をくださって『吾郎さんでこれをやりたいわ』って。父は『いいんじゃない、良かったね。』って喜んでいたそうです。」(麻矢さん)
「嬉しいですね。…是非観て頂きたかったですね、一番。」吾郎はしみじみと言いました。本当に井上さんに観て頂きたかったですよね。井上さんが吾郎のキャスティングを承諾してくださっていたのは嬉しかったですが。

約20年間父娘の疎遠状態が続いた後、突然お父さんから電話がかかってきたのは2009年9月。その電話は亡くなる直前まで毎日続きました。
「本当は他人に見せるものではなかったんですが、『誰にも伝わる言葉だよ』と(周りから)言われて。作家・井上ひさしではなく父・井上ひさしとして発した言葉だから伝わるのかな。」(麻矢さん)
疎遠になった理由は両親の離婚。当時麻矢さんは19歳でした。
「私はフランス留学中で、姉からの手紙で離婚を知ったのですが、結局晩年まで離婚についての説明を本人たちから受けていないんです。まだ10代だったからきちんと説明して欲しかったし。その時父が笑いながら『僕は子育てに失敗したってある人から言われたんですよ』って。まるで失敗作を作ったみたいな言い方をされて傷ついてしまったんですね。それで父と距離を置くように…」(麻矢さん)
「まるで全否定されたように感じちゃったんですね。」(吾郎)
でも夜中の電話が続く中である時その話しをしたら井上さんは「そうだね、随分ひどい父親だったね。」とあっさり認めたそうで「それですっと和解出来たんです。」と麻矢さん。そして
「父の声をiPhoneに入れておいて、本当にイヤな事があった時とか父に励まして欲しい時は聞くんです。」とiPhoneを取り出しました。
井上さんの肉声にじっと耳を傾ける吾郎の目にうっすらと涙が…。
きっと井上さんの言葉は吾郎の心にも響いたと思います。

番組の最後に井上さんの言葉がもう一つ紹介されました。

「言葉はお金と同じ。一度出したら元に戻せない。だから慎重によく考えて使うこと。」

うーん…。最後の最後に一番考えさせられました。


拍手ありがとうございます

「恋と音楽FINAL」に行ってきました♪♪♪

昨日(23日)マチネが私の初日でした。
PARCO劇場は夢の空間になっています。吾郎も共演者の皆さんも限りなくチャーミングで愛しいです。本当に見られて良かったです。

DSC_0336[1]

次回は3/8(金)マチネを観る予定です。
作品の感想はその後に上げようと思っています。

会場のお花の一部です。雰囲気だけでも伝われば…。
DSC_0338[1]
DSC_0347[1]

DSC_0339[1]
DSC_0341[1]


拍手ありがとうございます





バラエティ的世界史 (「ゴロウ・デラックス」 2/12)

オープニング。
「今日のゲストは、金スマをはじめ、色々なTBSのバラエティ番組を手掛けてきた方です。なんと現役のTBSの社員なんです。」(外山さん)
「初めてのパターンじゃないですか?現役の社員さんがゲストなんて。」(吾郎)
この時スタジオに、「エンヘ!」というちょっと変わった笑い声が。これってもしかして…。

課題図書 : 「最速で身につく世界史」 角田陽一郎

金髪にラフなシャツ姿で登場した角田さんの第一声は「僕バラエティをやっているのでつい自分で笑っちゃいました。」やはりあの声は所謂「スタッフ笑い」だったんですね。席に着いてからも「カメラ位置(座り位置)」や「編集点」などを一々チェックします。「空気読めない」とご本人も認めている通り段取りを考え過ぎる「めんどくさいギョーカイ人」の様です(というかここまで絵に描いたような「ギョーカイ人」が本当にいらっしゃることに私は驚きました)。
東大西洋史学科卒とはいえ、現役テレビマンの角田さんがなぜ世界史の本を書いたのでしょう。その部分を吾郎が朗読。
一言で言うと「あらゆる歴史はバラエティだから」という事らしいです。 「興味ある事の歴史を知れば何でもわかる」と。何でもあり、という点で歴史とバラエティは似ているというのです。
幾つかのキーワードを手掛かりに世界史を読み解いたのが今回の課題図書です。
ここでボードを持ってAD山田くんが登場しましたが、角田さんは「なぜ山田くんはボードを持って来るだけなの?」と一言。「山田くんのこの番組での立ち位置も難しいんですよね。」と吾郎が言うと「とにかく座ろうよ」と角田さんは言い、山田くんも一緒に「バラエティ的世界史」の勉強をする事になりました。

「バラエティの手法として視点を変える、というのがあるんですが」と言いながら角田さんが見せたのはお馴染みの世界地図。メルカトル図法という方法で描かれた日本で一般的に見られている地図です。 
「じゃあこれはどうでしょう。」と次に角田さんが見せたのは、アフリカが中心に書かれた地図。「アフリカが大きい、それに縦に細長い。」と吾郎。
「メルカトル図法は丸い地球を切り開いて平らにして書いているので、北と南が大きくなる。ロシアがアフリカより大きい位な感じでしょ?それに対してこれはピーターズの世界地図といって、面積をそのまま表したものなんです。これで見るとアフリカが実際は大きいことが分かるし、日本も意外に大きいんです、島があるから。ヨーロッパと比べてもそんなに変わらないくらい。」
これには吾郎もちょっと驚いた顔をしていました。
「世界史は差別と差別との戦いの繰り返し」と角田さんは言います。「人類はアフリカで生まれて世界中に広がった」という説が今定説になっていますが、以前はアフリカにいたのは原始的な人類で散らばった先で別々に進化したと考えられていました。
「自分と違うものを見ると『あいつはおかしい』と笑いたくなるでしょ?それが差別です。」 (角田さん)
人類の起源は皆同じでアフリカで進化してから世界に広がったと分かったのはつい数十年前だそうです。
「『差別はおかしい』ってことですよね。」 (吾郎)

「現代について考える事は未来について考える事」だと角田さんは言います。「今起こっていることは正しいか正しくないか分からないので学校で教えられないんですよね。だったら未来について考えて、そこから今何が正しいかを考えるべきじゃないかと思うんです。」 
そこで角田さんが挙げるキーワードは「人工知能」。
天才アインシュタインはIQ200と言われていますが「2045年頃には人工知能がIQ10000になる。」
人工知能が人間の知能を凌駕し、人工知能が人工知能を作る時代になるのだそうです。「映画の世界みたい」(吾郎)。確かに「トランスフォーマー」や「ターミネーター」の世界ですね。
そうなると嫌な仕事は人工知能がやってくれるので、人間はやりたい事を仕事にするしかない、と角田さんは言います。「今の若い人は好きな事を仕事にしたい、と言うでしょ?これからはみんなが好きな事をして稼がなきゃならなくなる。」大事なのは「何をして稼ぐか=やりたい事をどうやって金儲けにつなげるか」。「テレビのタレントさんって今すでにそういう事をやっている。これからは仕事をエンターテインメント化していく時代になる」(角田さん)
「ブログとかでもそうですよね」と吾郎。(もしかしてブログを見ていたりする…?)
最後のキーワードは「高齢化」。「2030年には平均寿命が100歳を超える。」 
「今までの病気の治療法は2つだけ。『薬を飲む』と『手術をする』。2030年にはこれに新たな治療法が出来るんですが何だと思いますか?」(角田さん)
「クローンかなんかですか?」(吾郎)
「近い。『交換』なんです。体のどこかの具合が悪くなったらその部分を交換する。」 今「便バンク(糞便微生物移植)」と言う治療法が研究されていて、若い頃の健康な状態の便を保存しておいて年取ってから移植すれば若さを保てるかもしれないそうです。
「でも年取ってからではお肌はつやつやにはならないですよね?」(外山さん)
「いや、つやつやになるらしいですよ。若返りも可能になる。」(角田さん)

AD山田くんの消しゴムはんこも喜んで頂いて、番組は締めへ。
「めんどくさい人だと思ったけど面白かった」(外山さん)
うん、本当にそうでした(笑)。


拍手ありがとうございます

コロボックルは時代を超えて (「ゴロウ・デラックス」 2/5)

オープニング。ロケです♪
「あら、こんな所で…」(吾郎)
「今日は横浜元町に来ております。ゴロウさんは横浜に何か思い出はありますか?」(外山さん)
「デートで良く来たね」そう言って吾郎はいたずらっぽく指を折ってみせました(いつも思うのですが吾郎は指が綺麗ですね
「今日は日本を代表する児童文学作家の方がゲストです。この近くに事務所があるそうなので行きましょう。」
さて今日はどんなお話が聞けるのでしょう?

課題図書 : 「誰も知らない小さな国」 佐藤さとる

「誰も知らない小さな国」は1959年に発表された「コロボックル」シリーズの第1作で日本初のファンタジー小説と言われています。作者の佐藤さんは今年で88歳。国際アンデルセン賞を初め数々の賞を受賞されている児童文学の第一人者です。
佐藤さんの事務所でお話を伺いました。

ここ3年くらいテレビを見ていないのでゴロデラを知らなかった佐藤さん。ちょっと緊張の面持ちです。
「僕は妖精(フェアリー)が大好きで、妖精が飛び回って人間と関わる話をを書きたかった。」でもフェアリーは西洋のものだから書いてもしっくりこなかったそうです。そして「日本の土着の妖精の話を書きたくて」生まれたのがコロボックルでした。

コロボックルと人間セイタカとの出会いから始まる物語は後半コロボックルの住む小山に高速道路計画が持ちあがる展開になります。そこの部分を吾郎が朗読。時代は高度経済成長期で自然破壊が深刻な問題になっていました。佐藤さんはファンタジー小説にリアリティを盛り込んだのです。
佐藤さんは「大きな嘘をつくためには他では嘘をついちゃいけない」と仰いました。すると吾郎は
「僕はゴジラ映画でそれが気になる。ゴジラは体長80mあるんですよね。そのゴジラの足に踏まれるシーンで人間が大きすぎるんじゃないかと気になると一気に興冷めしちゃう」と言いました。佐藤さんはうなずいて
「すごく重要な事を貴方は今言ってるのよ。ファンタジーというのは一か所引っかかったら全部が冷めます。」
「細部が大切という事ですね。」吾郎も納得しています。
因みにコロボックルの山は佐藤さんが生まれ育った横須賀の安針塚がモデルだそうです。そこから秘密の基地などの話で吾郎と盛り上がり 「あなたと感性が似ているな」と佐藤さんは嬉しそうに言いました。最初の緊張がすっかり解けてニコニコと笑ってくださったのが嬉しかったです。

コロボックルシリーズは1987年に第6巻の「コロボックルむかしむかし」で完結しましたが、2014年に有川浩さんが書きつぐ形で再開し現在に至っています。
ここで有川さんが「ゴロデラ」に出演された時のVTRを紹介。子供の頃夢中になって読んでいたコロボックルの話を自分が書く事になるとは思わなかった、大変名誉な事で小学生の自分に教えてあげたい、と有川さんは興奮気味に話していました。
佐藤さんは有川さんの「フリーター家を買う」を4回読んだそうで、コロボックルを書いてみたら?と勧めたのだそうです。
「自信があったんだろうな。出来たものを読んだら何が何だか分からないくらい面白かった。」と佐藤さん。年齢は離れていてもお互い名誉だと思っていることが感じられました。

「誰も知らない小さな国」を出版した時、佐藤さんは実業之日本社で編集者をしていました。その頃担当した作家が三谷晴美さん。現在の瀬戸内寂聴さんです。
「三谷さんはまだ小説で食べられなかったので、『少女の友』の連載で女優さんにインタビューしてもらった。あの人カツ丼が好きでね。今でも若い事は若いけど、昔はもっとふっくらして明るい人だった。」と貴重なお話を聞かせて下さいました。
瀬戸内寂聴さんも「ゴロデラ」に出演してくださいました。出演VTRが貴重なアーカイブスになっているのも「ゴロデラ」の特徴ですね。

最後AD山田くんの消しゴムはんこも気に入って頂けて良かったです。


拍手ありがとうございます



拍手ありがとうございます

「恋と音楽FINAL」無事開幕おめでとうございます!

日付が変わってしまいましたが、

「恋と音楽FINAL」無事開幕おめでとうございます!!

こんな時期でも舞台の上の吾郎は変わらず輝きかつ可愛かったようで(twitter情報)ホッとすると同時にやっぱりと思いました。どんな時でも舞台に立てば観客を魅了し夢を与える。それが役者稲垣吾郎の実力だと私は思っています。
そんな吾郎の晴れ姿を私が見られるのはまだ先ですが、今からものすごく楽しみです。指折り数えて待っています。

素晴らしい舞台だそうなので。映像化とサントラの発売を事務所とPARCO劇場にお願いしようと思います。


拍手ありがとうございます

ピンチはチャンスの逆転人生 (「ゴロウ・デラックス」 1/25)

オープニング。
「今日は人がたくさんいらしてて。特にスーツ姿の方が多かったですね。」(外山さん)
「厳戒態勢なんですよ。」(吾郎)
いつもとは雰囲気が少し違うようです。そのわけは…

課題図書 : 「運は創るもの」 似鳥昭雄

今回のゲストは「お、ねだん以上。ニトリ」のCMでお馴染み、大手家具製造販売会社「ニトリ」の創業者社長の似鳥昭雄さんです。
そして課題図書は日経新聞の連載「私の履歴書」を書籍化したもの。 「波乱万丈な体験をされてますね。壮絶というか…そういう方の言葉はズシンときますね。」と吾郎。
そして似鳥さんが登場…しかし狭い入り口のカーテンが引っ掛かったのか中々通れません。やっと登場した似鳥さんに吾郎は「すみません、ここの家具安っぽいんです」と壁をドンドン叩きました(←壊れちゃうんじゃないかとヒヤヒヤしました。)
似鳥さんはビジネスマンらしくさっと名刺を差しだし、更に「お買い物優待券」まで二人にくださいました。吾郎も外山さんも大喜び。さすが社長さんです。

似鳥さんの人生はピンチの連続だったそうです。
先ずは極貧の子供時代のくだりを吾郎が朗読。北海道生まれの似鳥さんは子供の頃親の手伝いで米の配達に行きましたが冬は犬ぞりが道から転落し親が助けを呼んでくるまで1人で何時間も待たねばならず死にかけたといいます。「最初のピンチが死にかける、ですからねえ」と外山さんは驚いていました。22歳の時「近所に同じような店が無く儲かりそうだから」と家具店を始めましたが接客が苦手で苦戦。しかし結婚して奥さんが接客を引き受けてくれたので自分は商品開発に専念できるようになりました。
「人生って自分の長所を探す旅だと思うんです」と似鳥さん。 
その後経営難に陥った時「藁をもつかむ気持ちで」アメリカ視察ツアーに参加し、「アメリカの豊かな生活を日本でも提供したい」という思いにめざめ、家全体を同じシリーズの家具でコーディネイトする「ホームファニシング」を取り入れます。ピンチに陥る度柔軟な発想でそれを乗り切りチャンスを掴んできた、まさに逆転人生です。

そんな似鳥さんにはもう一つの顔があります。それは、歌手。あの川中美幸さんとデュエットした「めおと桜」という曲も出しています。「芸能界では僕の後輩になりますね。」とすかさず吾郎が先輩風を吹かせました(笑)。「そうですね。」と似鳥さんもニコニコ嬉しそうです。
ここで似鳥さんのご自宅拝見。東京で単身赴任中の似鳥さんの立派なお宅は勿論ニトリの家具でトータルコーディネイト。大好きなセブンイレブンのおでんをつつき、カラオケでご自分の持ち歌「めおと桜」を熱唱。とてもお上手です。

最後に、似鳥さんはニトリのお店をなんとTBSに持ってきて下さいました。リハーサル室が「ニトリ赤坂TBS店」に大変身、「吾郎さんのイメージに合わせた」スタイリッシュ家具がずらりと並べられました。吾郎がソファの座り心地を確かめているといきなり似鳥さんが「ベッドへ行きませんか」って…おいおい(笑)。似鳥さんがご自身で開発した自信作らしいです。「人間工学に基づいているんですね」と吾郎が上手にフォローしました。ワイシャツの上からバスローブをはおり、吾郎はなぜか似鳥さんとベッドイン(爆)。「ヒロくんに怒られちゃう」と最後までお茶目な所を見せたのでした。

拍手ありがとうございます

プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる