SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

SMAPは貴族 (「ゴロウ・デラックス」 6/26)

オープニング。
セットの中に書初めの様な大きな紙が何枚も下がっています。
「前回『独身は麻薬』という名言を残した方が2回目の登場です。」(外山さん)
今回も名言に期待できそうです。

課題図書 : 「ジェーン・スー 相談は踊る」 ジェーン・スー

ジェーン・スーさんは現在TBSラジオの「ジェーン・スー 相談は踊る」という番組で大人のお悩み相談をなさっています。今回の課題図書は番組に寄せられたお悩みとスーさんの名回答が33個おさめられています。
スーさんは席に着くといきなり話し始めました。「前回稲垣さんとお会いして感動したんですよ。」と。吾郎が何のことか分からずにいると、
「前回お話した時に私が『こうなんですね?』と聞くと稲垣さんは『いやあ、そう言うとビックリしちゃう人もいるから…』と答えたんです。それを聞いて「貴族だな」と。見た事のない民、自分の領土の民が豊かに暮らす事を考えてる。SMAPって貴族なんだな、と思いました。」貴族、と呼ばれて吾郎はまんざらでもなさそうです。さらにスーさんから衝撃の告白(?)が。
「私、稲垣さんとお会いするの2回目なんですけど、本当は3回目なんです。」「新卒の時就職したのがレコード会社で、SMAPxSMAPの収録立ち合いに行ってるんですよ。で、撮ったVTRを皆さんが椅子に座ってチェックするんですけど、『椅子どうぞ』って私にも勧めて下さって。カメラが回っていない所でも本当に良い方達なんだなって。」これには吾郎もビックリ。
「ええっ?!どうしてこの前お会いした時言ってくれなかったんですか!」
「何だか隠しておきたかったの」とスーさんは恥ずかしそうでした。

「テレビは出たい人が出るメディア」とスーさんは言います。「分かるぅ!僕出たいと思わない。学芸会も嫌いだったし運動会も嫌いだったし、人に名前を覚えられたくなかった。」と吾郎が言ったので「なんでジャニーズに入ったんですか!」とスーさんはツッコミました。「うっかりしちゃったのかな~?(笑)」とスーさんはふざけましたが、その「うっかり」のお蔭で私は幸せなヲタ生活を送れているのだとしみじみ思いました。
「テレビは出るものではなく見て楽しむもの」というスーさんがなぜゴロデラに出て下さるかのかというと、
「私レコード会社で宣伝をやっていたんです。で、自分の担当するアーティストがテレビに出ないと言ったら超怒ると思うんですよ、CDの宣伝の時。そのブーメランが20年経って自分の頭に刺さった感じですね。本の紹介をして頂ける時には出よう、と。」ゴロデラに出て下さってありがとうございます。

番組に寄せられるお悩みを鋭く分析しユニークに答えるスーさん。セットの中の書初め(?)はスーさんの名言集です。例えば
「美魔女は暴走族」
「老いからものすごい勢いで逃げているんです。『美白上等』とか刺繍したのを着てパラリラパラリラ♪と。老いという支配からの卒業。」これには吾郎も外山さんも大笑いでした。
そんなスーさんには少し変わったお悩みがあるようです。ここで吾郎と外山さんが掛け合いで朗読。
SNSで時折見かける自己顕示欲に満ちた書き込み。読むとイライラしますが、スーさんはそのイライラが面白くなってついついそういう書き込みを読んでしまうのだそうです。
「『ネイルを変えました』とか言って車の所でネイルの写真を撮ってるんだけど、ハンドルのマークがポルシェとか。」と吾郎が言うと(詳しいなぁ!)
「そう。SNSでは特に『自分がどれだけイケてるか』を見せようとしますね。何だかそれが面白くて。」
イライラするのに面白いからつい見てしまう。確かに困った事かも知れませんね。

ここで突然駒田健吾アナウンサーが登場し、スーさんにお悩み相談をすることになりました。外山さんと同期だそうですが、駒田さんは自分をスーパーアナウンサーではないかと思っているそうで、その自己陶酔ぶりに外山さんは唖然。一方駒田さんも外山さんに鋭く突っ込んで、同期同士の遠慮ないやり取りが面白かったです。


拍手ありがとうございます


スポンサーサイト

「桜、ふたたびの加奈子」ブルーレイ&DVD再発売決定!

本当に嬉しいお知らせです。

「桜、ふたたびの加奈子」のブルーレイ&DVDの再発売が決定しました

「桜、ふたたびの加奈子」ブルーレイ&DVD (低価格版)
発売日 : 2015年9月16日(水)
ブルーレイ : 3500円
DVD : 2800円

一時はどうなる事かと思いましたが、やっと再発売が決まって本当にホッとしています。難しい著作権問題を解決して下さった関係者の皆さんに感謝します。

そして勿論買わせて頂きます


拍手ありがとうございます

【緊急】 明日の「めざまし」は要チェック!!

本日「HEAT」の制作発表会見があったそうなので、明日の「めざましテレビ」でその模様が流れます!
吾郎がなかなか上手に宣伝したらしいですが、どれくらい見られるでしょうか?
シッカリ録画しなければ!

もうお休みになられた方、お知らせが遅くなってすみません。


拍手ありがとうございます

魚をもっと美味しく食べるために (「ゴロウ・デラックス」 6/19)

オープニング。いつもとセットが全然違います。今回のゲストさんに合わせ、海辺の食堂のイメージらしいのですが…(金ダルマが鉢巻をしています)。これを見た吾郎は「安っぽい!」と一言でバッサリ。(折角の美術さんの努力が…)

課題図書 : 「ウエカツの目からウロコの魚料理」 上田勝彦

上田勝彦さんは元漁師で水産庁の役人も経験した「魚のプロ」。今の日本では肉の消費量の方が魚の消費量を上回っていますが、上田さんは魚食の復権の為に講演活動などを行っています。

登場した上田さんは「魚を食べてますか?」と質問。「外では食べるけど…」と吾郎と外山さんが答えたので
「今は量だけではなく食べる魚の種類が減ってきましたね。魚は昔は家のおかずだった。今では嗜好品になってきている。外で食べるものになっている。」と指摘しました。
吾郎の朗読。「足元にある豊かな恵みを無視し金を出して好きなものを輸入して食べている」日本の現状への危機意識が伝わってきます。
「本当は食べ方は沢山あるのに、決まった魚を決まった食べ方で食べている。僕は色々な魚を野菜と組み合わせながら食べる方法を伝えたい。食卓と魚を繋げなおすのが仕事だと思っています。」
漁師を経験した後水産庁に入庁し、ベニズワイガニの乱獲問題を解決する中で「値段が安いままでは漁師さんが食っていけない。(消費者に)美味しくたくさん食べてもらうにはどうしたらいいか。」と消費の問題に取り組むようになりました。
「この時今の活動のひな形が大体できたと思ってる。」と上田さん。

今回は「魚の伝道師」ウエカツさんが「5分でできる美味しい魚料理」を教えてくれました。
「しかも私たちの為に今朝魚の目利きをしてきて下さったんです」と外山さん。
VTRではウエカツさんが「このあたりではナンバーワン」という上大岡の魚屋さん(旧公設市場)へ。漁師姿のAD山田くんも一緒です。買ったのはカツオ、サワラ、アジ、タラ、イワシ。

いよいよスタジオで調理。調理法は「生・蒸・焼・煮」といたってシンプルな方法です。
その前に下ごしらえのコツから。魚は「流水3秒ルール」でさっと洗い吸水布で水気を取ると生臭さが取れるそうです。
メニューは
生:カツオのりゅうきゅう(=漬け)
蒸:サワラの炊かず飯
焼:アジの塩焼き
煮:タラとイワシの湯煮

今回は「5分で簡単にできる」という触れ込みなので、割烹着姿の外山さんがお手伝いしました。が、ウエカツさんは外山さんの実力をすぐ見抜いたらしく(笑)適当なところで切り上げさせてしまったのが可笑しかったです。それを横で見ながら「それ食べるの?」「なんかイヤだ」と厳しいツッコミを入れるスーツ姿の吾郎。今回吾郎がお手伝いすることはなかったのですが、このやり取りがツボでした。

最後に出来上がった料理と3人で試食。「美味しい!全然生臭くないね!」と吾郎は大喜びで、漁師姿の山田くんが入って来ても無視して食べ続けます。山田くんは「僕が来ることによって早く終わらせるという…」とくじけずに消しゴムはんこを披露し、ウエカツさんから賛辞を頂いたのでした。


我が家は全員魚好きですが、今回紹介された料理はアジの塩焼き以外は知らなかったので俄然作りたくなりました。で早速「タラの湯煮」は作りました。少しピリ辛のさっぱりした味が夏向きで美味しかったです。アジの塩焼きも「2段塩」(全体に塩をまぶし10~30分おいてから軽く弾くようにもう一度振る)のやり方を知ったので今度からは美味しく出来そうです。


拍手ありがとうございます


私の家族は全員魚好きですが、アジの塩焼き以外は初めて見る料理だったので俄然作りたくなりました。手始めにタラの湯煮を作ってみたらおいしかったです。アジの塩焼きも「2段塩」という10~30分おいて2回塩を振るやり方を初めて知ったので今度やってみます。

PV in USJ♪ (「スマスマ」 6/15)

スマさん in USJのリピが止まりません。ビストロ部分を早送りして最初と最後の部分だけを見たくなるのです。
でもビストロもちゃんと見ますよ、見ますとも。

そのビストロには今大活躍中の子役の皆さんが9人で来店。一番年上の松本來夢ちゃん(11才)が大人に見えます。高橋來くんは「アイムホーム」の良穂役で木村くんと共演していますね。皆可愛くてにぎやかです。
キッチンでは子役とSMAPが
「学校に持ってきてはいけないものを持ってきて先生に取り上げられ、必死で訴えてそれを返してもらい、先生が立ち去った後ニヤリと笑う」
という設定でお芝居を。途中先生に訴えるセリフはアドリブです。
トップバッターの加藤憲史郎くんは「稲垣さんでお願いします。」とはっきりとした声でご指名(お兄さんの清史郎によく似ていますね。)セリフ回しも堂々としていたし、途中泣き出すのも自然だったし、本当に驚きました。吾郎の演じる先生はちょっと怖くて威厳がある感じで良かったです。高橋來くんは剛先生に「返してくれないと怪獣になっちゃう…ガォー、ガォー」とユニークな訴えをしました。寺田心くんは木村先生を上手く手玉に取り(お芝居がうますぎる!)、住田萌乃ちゃんは自由すぎる慎吾先生に戸惑いながらも頑張りました。みんなすごい迫力で観ていて圧倒されました。他の4人(エヴァちゃん、柿本ライカちゃん、しずくちゃん、ハナちゃん)もお芝居したのでしょうか?見たかったです。そして見たかったと言えば全員でやったはずのゾンビゲームはどこに行ったのでしょう?先週の予告では確かやっていましたよね?
試食ではどちらのチームのデザートも美味しそうでみんな楽しく食べていました。でも判定はしなければなりません。心くんは相当迷いましたが、結局「きむら・かとり」ペアを選び、「きむら・かとり」ペアの勝ちとなりました。最後は子役の皆が書いたSMAPの絵をお礼にプレゼント。子役もスマさんも皆可愛かったです。

そしてPV in USJ
「Amazing Discovery」のPVをUSJの中で、しかもメンバー同士で撮る、というファンが泣いて喜ぶ企画です。2000年初めのスマスマで「Let It Be」のPVをメンバーで撮って以来ですね。
番組前半で撮影風景(メイキング)を見てから、後半で完成したPVを見るとSMAPのプロ意識と撮られるスキルの高さが分かります。本当に伸び伸びして楽しんでいるんだけど、瞬間瞬間できちんと画になるように映っている。しかも全員がそうだから感嘆するしかありません。吾郎を撮る剛監督の自由さと、吾郎監督の指示を拒否しつつも本番ではしっかりアイドルする中居くんは面白かった(ナカゴロ萌えごちそうさま♪)し、最後のバルコニーのシーンでカメラに背を向けて下のお客さんを撮影し続けた木村監督もとても「らしかった」です。慎吾監督は歌詞の内容から撮りたい画をイメージするんですね、さすがライブの演出家だけあります。
外の空気が似合うアイドル、SMAPの本領が発揮されたPVに大満足です
大満足と言えば、その後に流れた、ハリポタライドの感想を話しながら身振り手振りでさり気なく吾郎を脅かす木村くんもツボでした。ナカゴロ萌えもキムゴロ萌えもたっぷりあって有難い映像でした♪


来週は中居くんの特番「神センス塩センス」。そして29日は21時から2時間SP。予告で流れたチラリズム吾郎に今から期待が高まります


拍手ありがとうございます


詩人の朗読、役者の朗読 (「ゴロウ・デラックス」 6/12)

今回のゲストさんは大変ミステリアスな方です。男なのか女なのかすらはっきりしないペンネームで有名な詩人の方です。
「僕らは世代だからさ、この方の名前は絶対知ってるよね。それでいて誰も見た事がないという。」(吾郎)
「バラエティ番組初出演だそうですよ。」(外山さん)
「いいんだろうか、責任重大ですよ。」(吾郎)
吾郎も外山さんも緊張気味です。
そしてカーテンを開けて登場したのは落ち着いた感じの女性でした。

課題図書:「君のそばで会おう」 銀色夏生

銀色さんは緊張の面持ちで席に着きました。吾郎と外山さんが「どうして出て下さったんですか?」と聞いても「別に理由はないんですけど」と小さな声で答えただけ。でも吾郎が
「男性だと思ってた。こういう女性の気持ちも分かる中性的な感性の男性になれたら素敵だなと思ってた、中学生の頃。」と行った時銀色さんの顔がぱっと輝きました。
「君のそばで会おう」は1988年の初版以来増刷を重ね現在も売れ続けているベストセラー。銀色さんの詩集は写真も装丁も銀色さん自身が手掛ける写真詩集なのが特徴です。
先ず外山さんが朗読。女性の片思いと失恋の気持ちを綴った詩は誰でも共感できます。
「私は他人の気持ちが好きなのね。で共感する事も好き。(詩を作る時は)先ずその気持ちになってみてその時浮かんだ言葉を書いてる。」と銀色さん。それを受けて
「それってお芝居、役者に近いかも知れない。自分は冷静なんだけど入り込んで、その時自然に言葉が生まれる。」と吾郎が言うと銀色さんはにこっと笑って頷きました。
吾郎は表題作「君のそばで会おう」を朗読。吾郎の朗読は優しくて歯切れよくて聞き取りやすくて、役者の朗読だと思いました。
すると銀色さんは「私も読む」と言って立ち上がり本を手に取りました。「最近朗読するのが好きになったので。」と選んだのは「君へ」(「すみわたる夜空のような」収録)。人生を切り拓こうとする人の背中を押す応援の詩。小さな低い声で読んでいるのに力強い。吾郎へのメッセージにも聞こえました。そして読み終わった時の銀色さんの満面の笑みがとても印象に残りました。

銀色夏雄さんは大学4年の時作詞家としてデビューしました。「歌番組の歌が聞こえて来て、その歌詞を聞いた途端に『自分でも書けそうだな』と思った。」100個の詞を作りレコード会社に送ったところ連絡が来たのだそうです。特に有名なのが吾郎も好きだったという大沢誉志幸さんの「そして僕は途方に暮れる」。銀色さんの詞の不思議な感覚と大沢さんの声質が良く合っていて今聞いても素敵ですね。

22歳で作詞家デビュー、25歳で詩人デビューした銀色さんですが、31歳から出し続けているエッセイ「つれづれノート」シリーズでは詩の世界とは対極のご自分の日常を細かく記しています。例えば出産の様子や離婚の日の事など。

課題図書:「石とまるまる」 銀色夏生 (「つれづれノート」シリーズ最新作)

この中ではご自分の遺産相続について娘さんと息子さんに話したことが書かれています。娘さんと息子さんからのメッセージも紹介され、親子の楽しそうな様子が窺えました。
「旅する詩人」のイメージの衣装(スナフキンみたいな感じ)でAD山田くんが現れ消しゴムはんこを披露。銀色さんに喜んで頂けたようです。

今回一番印象に残ったのは銀色さんの表情の変化です。最初は緊張していらしたのが吾郎と話していくにつれて徐々に笑顔が出るようになり、話し声にも熱がこもって楽しいお話を聞かせて下さいました。銀色さんの心がだんだん開いていく様子が分かって嬉しかったです。

と思ったら番組の最後の最後に更なるサプライズが!
銀色さんの詩「さようなら」を吾郎が朗読したのです。
真っ暗な中に浮かんだ吾郎の横顔の美しさに見とれているとさらにカメラが引き…、何と!それはガラスに映った像で、手前に本物の吾郎がいたのです!!この演出だけで卒倒しそうになりました。声も画も美しい。ほんの短い時間ですが天にも上る心地を味わいました。
ゴロデラスタッフに心から感謝です♪


拍手ありがとうございます

「HEAT」情報

公式HPが更新され新しい情報が発表されました。

1. 7月7日スタート、初回は2時間スペシャル
初回は7月7日で2時間の拡大版です。日比野社長の出番はどれくらいあるのでしょうか?注目です。

2. 主題歌はEXILEのATUSHIさんとAIさんのコラボ曲「Be Brave」
主題歌も楽しみ。スマスマの歌ゲストに来て頂けたら嬉しいです。


拍手ありがとうございます

鼻歌で盛り上がるなんて♪ (「スマスマ」 6/8)

ビストロゲストは綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんの4人。映画「海街diary」の宣伝です。
女優さんが来ると華やかで本来のビストロらしくていいですね。
キッチントークで吾郎が広瀬すずさんに謝った経緯が少し分かりにくかったのですが、「心療中」で吾郎の娘役を演じた子が「幽かな彼女」の生徒役で出演していて、吾郎が探しに行ったんですよね。で、探している様子がガン見になり広瀬さんに威圧感を与えてしまった、という事でしょうか。
ゲームでは剛のボケが光っていて大いに笑いました。何と言っても「ムラムラする色は?」の問いに「白」と答えたのが面白かったです。「紫」と答えた吾郎の方が突っ込まれていましたが(笑)。スマさん達のわちゃわちゃ度が今回は高くて良かったです。
「鎌倉野菜を使った料理と肉料理」対決は木村・慎吾ペアの勝ち。…で終わるかと思ったらなんとゲストの4人が鎌倉のしらすを使った料理でSMAPをおもてなし♪ありがとうございました。

今回の新企画は「鼻歌で検索でSHOW」。鼻歌を吹き込むと曲名を検索してくれるというアプリを使ったゲームです。今回参加したのは木村くん、吾郎、慎吾、西内まりやさんの4人。人間ならある程度頭の中でメロディを補って推測しますが、アプリはほんのちょっとメロディやテンポがずれると検索できないので4人は予想外に悪戦苦闘。目を閉じて一心に集中して鼻歌を歌う姿がセクシーで不覚にも見とれました。10人連続クリアを目指すため、1人がクリアすると後の3人は椅子から立ち上がってガッツポーズ&拍手。西内さんがだんだん熱くなっていくのが可愛かったです。今度はSMAP5人でやって欲しいです。


歌のゲストはメーガン・トレイナーさん。「All About That Bass 」はコンプレックスを自信に変えて進んでいこう、と女の子を励ます歌。初めて聞きましたが楽しい歌です。全員の衣装がパステルカラー調で可愛かったです。そしてスタッフ渾身のワンカット撮影。ワンカットで見せる為にはセットがポイントになりますが、今回のセットも凝っていましたね。メーガンさんが、吾郎の肩に腕を置いたのはツボでした。だって2人とも可愛いんですもの(笑)。
エンディングトークも盛り上がりました。肩を上下させるダンスの話題になり、吾郎が「最初に肩を上げるのが難しかった」と実演して見せました。これ、ヒゲダンスだと最初に下げるんですね。そのイメージがあるので難しかったのでしょう。トレイなーさんも今回のパフォーマンスを楽しんでくださったようで良かったです。


さて、来週はビストロ子役スペシャル&USJコラボ企画。USJでMVを撮影したそうなので大いに期待しています。


拍手ありがとうございます

お弁当に込める思い (「ゴロウ・デラックス」 6/5)

すっかり周回遅れになり2週分の感想を纏めてあげようかと思いましたが、ゴロデラなのでやはり1周ずつ上げます。

オープニング。
吾郎のお弁当の思い出は高校時代の「堀弁」。「朝頼むとお昼に届けてくれる」そうですが、それはお弁当というよりは給食に近いのでは?と思ってしまってすみません。

課題図書:「お弁当が知ってる家族のおはなし」 清原亜希

清原亜希さんはファッションモデルで元巨人軍選手・清原和博の奥さんとして有名です。今回の課題図書は亜希さんの手作りお弁当に込めた思いと家族の物語を纏めた本です。
お母様が亡くなった事をきっかけにお弁当作りに更に思いがこもるようになったと話す亜希さん。私は義務感でお弁当を作っていただけなので、心構えの違いに正直びっくりしました。
亜希さんは手造りのお惣菜をバランス良く詰めた愛情弁当を毎日作っていますが、ハンバーグやカツなどのおかずは纏めて作って冷凍しておくなど合理的な工夫をしています。熱意だけで毎日続けるのは大変ですものね。
今回吾郎の朗読が無かったので物足りない感じがしましたが、番組後半で亜希さんの手作りお弁当に舌鼓を打つ吾郎が見られたのは楽しかったです。さらに亜希さんから「稲垣さんは温かい物しか食べないと聞いたので。お弁当があっても蕎麦を頼むとか。」と思わぬ裏話が聞けたのも収穫でした。亜希さんから手渡されたのは豚汁の入ったジャー。実は豚肉が入っていない豚汁だったのですが「それでも美味しい~!」と叫んだ吾郎が可愛かったです。

「大切な人に伝えたい思いをお弁当が運んでくれる」という亜希さん。私はそんな気合はゼロですが、皆さんはどうなんでしょうか。


拍手ありがとうございます

「催眠」「十三人の刺客」復活上映決定@ドリパス (追記あり)

おはようございます
また嬉しいお知らせです。
ドリパスで「催眠」と「十三人の刺客」の復活上映が決定しました!

6月13日(土)
13時~「催眠」
16時~「十三人の刺客」
場所 : 東京・お台場シネマメディアージュ


チケット購入は
「催眠」はこちら
「十三人の刺客」はこちら
チケット販売は6月8日(月)18:00までです。(5/31追記)

お時間のある方は是非いらっしゃってください。
特に「十三人の刺客」については「DVDで初めて見たけど良かった。映画館の大きなスクリーンで観たかった。」という感想もtwitterで見かけた事があるので、そういう方にもぜひ見て頂きたいです。


拍手ありがとうございます

言葉で響かせ合う関係 (「群像」7月号)

「群像」7月号の小野正嗣さんと吾郎の対話を読みました。
本当にワクワクして、しかも心が和みました。「ワクワク」と「和む」とは矛盾しているような感じですが、この対話では不思議と両立しているのです。

先ず感動したのは小野さんと吾郎が言葉でしっかり切り結んでいる事でした。前提としてお互いが対等でなければ「切り結ぶ」事は出来ません。小野さんと吾郎は対等の立場で自由に考えた事や感じた事を話し合っています。自由な精神の持ち主同志が言葉でお互いを響かせ合っているような、心地よい音楽を奏でているような対話です。
小野さんは事前に吾郎の映画評(an・an)を半年分読み、吾郎の映画の見方言葉の選び方などを理解した上で対話して下さっています。勿論吾郎も小野さんの小説を読み、小野さんの作品から感じた事を素直に話しています。表現者同士が相手に興味を持ち相手に敬意を払っているのが伝わってきて、心が温かくなりました。

お互いがこれほど深く自分を語り相手を理解しようとする対話は珍しいのではないでしょうか。この素晴らしい企画を実現して下さった「群像」編集部さんにはどれだけ感謝しても足りません。
そしてこのきっかけを作った「ゴロウ・デラックス」という番組は素晴らしいと改めて思いました。これからも応援の声を番組に届けようと思います。
それから、「an・an」に連載されている吾郎の映画評が本になっていない事に小野さんは驚いておられました。この書籍化はマガジンハウスさんにお願いしないといけませんね!

今はまだ一回読んだだけですが、繰り返し読めばその度に新しい発見をしそうです。
まだ買っていない方はぜひ買ってください。読んでください。
絶対おすすめです。


拍手ありがとうございます

今年も音楽の日

TBS系の音楽特番「音楽の日」が、今年も放送されます。
6月27日(土)に生放送。司会は勿論中居くんと安住アナの名コンビです。

番組企画(予定)
(1)これまでの『音楽の日』のコンセプト“音楽の力を結集し、日本を元気に"を今回も踏襲!東北3県(岩手、宮城、福島)からのライブを生中継。

(2)TBSテレビ60年を記念し、過去の音楽番組・名曲&ヒット曲を大特集!!
・TBS音楽番組の歴史を、秘蔵映像を交えて紹介!
・過去の人気音楽番組や名曲・ヒット曲の誕生秘話、裏話などを明かします!!
・TBSドラマ(番組)から生まれた大ヒット曲を、ドラマ映像を交えて紹介!

(3)演歌歌謡曲から最新Jポップ、アイドルまでジャンルを問わず、世代を超えた日本を代表するアーティスト・歌手による、豪華で華麗なライブスペシャル!!

(4)『音楽の日』ならではの特別編成アーティスト、マル秘ゲスト、一晩限定ユニットの登場も!?
(TBSHPより)

中居くんのコメントも載っていますのでこちらをご覧ください。

勿論SMAPも出演します!楽しみですね♪


拍手ありがとうございます

待望の吾郎舞台決定!

ついに、吾郎の舞台情報が解禁になりました
しかも演じるのはあの楽聖ベートーヴェンです

「No.9 -不滅の旋律-」
主演 : 稲垣吾郎
共演 : 大島優子
作 : 中島かずき、演出 ; 白井晃、音楽監督 ; 三宅純

東京公演 ; 10/10(土)~10/25(日)赤坂ACTシアター
大阪公演 ; 10/31(土)~11/4(水)オリックス劇場
北九州公演 ; 11/13(金)~11/15(日)北九州芸術劇場大ホール
チケット発売 : 7/18(土)


今回は大阪と北九州でも公演があります。そして何より早めに発表されたので予定も立てやすいですね(というよりこれが普通なのでしょうが)。
吾郎がどんなベートーヴェン像を作り上げるのか今から楽しみです♪♪♪

「No.9 -不滅の旋律-」公式HPはこちら


拍手ありがとうございます


プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる