バナナが起こした奇跡 (「スマスマ」 4/21)

間もなく今週のスマスマが始まります。完全に周回遅れになってしまいました(汗)。

どのコーナーもとても楽しかったですが、いざ感想を書こうとすると書きにくい。そういう時が時たまあります。今回は多分あのバナナのせい…(笑)。

新コント「SHINOHARA TV」。面白かったです。コントでは素人の篠原信一さんが本物のYou tuberみたいに見えます。弟信二(剛)とのとりとめのないやり取りが笑えました。真剣白刃取り最高!

ビストロゲストは山口智子さん、阿部サダヲさん、水原希子さん、藤木直人さんの4人。ドラマ「心がポキッとね」の宣伝です。山口さんは本当に変わらないですね。溌剌として若々しくてかわいい方です。水原さんと姉妹のよう。その水原さんは「セリフが多く喋り捲るので、プレッシャーがすごいです。」とのこと。舞台みたいなドラマだそうです。
キッチントークではジェスチャーゲームを。最近この種類のゲームやクイズが多くないですか?確かに盛り上がって楽しいのですが(特に今回はSMAPを含め全員が役者さんなので皆ジェスチャーがとても上手でした)本当はトークをもっと聞きたいです。SMAPと共演経験のあるゲストさんも多いし…。
「ポキッと折れた心を癒してくれる料理対決」はシンツヨペアの勝ち。「ロンバケ」のチューの再現は残念ながらなりませんでした。

「オドロキ隊!」は忘れた頃に萌えを投下してくれるコーナーですね。今回の破壊力もすごかったです。
登場したのはバナナ彫刻職人の山田恵輔さん。バナナを爪楊枝で彫るというユニークなものです。
今回はSMAP5人の顔を彫ってもらい、スタジオで紹介。5人が感心して見ていると田中アナウンサーが、
「どうですか?皆さん一口」といきなり話を振ってきました。それにいち早く乗ったのが吾郎。
「僕、木村くん食べた~い」これをきっかけにスマさん達は暴走(笑)。
「じゃ俺はつよぽん」(慎吾)「じゃ俺は慎吾」(剛)「俺は自分の食べる」(中居くんは流石に冷静ですね)「いや~ん、木村くんが僕のを食べる事になっちゃう」(吾郎)…流石スマさん達はテンポよく畳みかけてきますね(笑)。
「(変色を防ぐため)レモンを掛けてあるんですが、稲垣さんちょっと舐めてみてください。」何をやらせるんですか田中アナ(笑)。しかしその無茶振りにも臆することなく応えるのが稲垣吾郎。ちろっと舐めてみて(え/ろ/い)「ファースト・キスの味」と一言。これはあくまでレモン味を表現したのだと思うのですが(笑)こうなると流れはもう止まりません。一口食べて皆が微妙な顔をする中(もはや食べる為の物ではなくなっているので美味しくないのも分かります)木村くんは「吾郎の味」と。(木村くん照れてますね)
何だか見てはいけないものを見た感じがしてドキドキしてしまいました。いやあごちそうさま(笑)。

歌コーナーのゲストは久保田利伸さん。私は久保田さんが大好きで、ライブに行った事はないのですがアルバムは何枚か持っている、お茶の間ファンです。ですから本当に楽しかったです♪
久保田さんの曲とSMAPの持つグルーブ感はピッタリ合っていると思います。とても安心して見ていられます。それでいて程よい緊張感があってワクワクします。今回は吾郎のロングの衣装がヒラヒラと優雅に揺れてそれに目が釘付けになりました。
歌の後のトークでは、久保田さんはJ-POPはほとんど聴かないと発言。「聴くのは洋楽と俺とSMAP」と。トークのノリもいい久保田さん、さすがです。

昨日の「ベビスマ」では未公開トークでしたが、久保田さんは歌ゲストとして7回出演していてこれは最多記録だそうです。これも嬉しい事ですね。

さてあと7分程でもう始まります。今夜は障害物競走が楽しみです。


拍手ありがとうございます




バナナ彫刻職人 山田恵輔 夜空を見上げてる感じ イラッと 髪のハネの感じね 頭が長い
スポンサーサイト

緊急事態?!でも我ゴロデラを愛す (「ゴロウ・デラックス」 4/24)

スマスマの感想がまだ書きかけなのですが、先にゴロデラの感想を上げます。なぜなら今回は緊急事態が発生したからです。

今回のゲストは樋口卓治さん。「ぴったんこカンカン」「金スマ」「中居正広のミになる図書館」等14本の番組を手掛ける放送作家で、「天国マイレージは」3冊目の小説です。以前「僕の妻と結婚してください」を出された時でゴロデラに出演されています。

課題図書 : 「天国マイレージ」 樋口卓治

オープニングトークは無し。冒頭で吾郎と外山さんが本の感想を手短に述べ、ゲストの樋口さんを招き入れたところまでは辛うじていつも通りでしたが…。
「実は緊急事態なんです!」とゲストの樋口さんが切り出しました。それによると、今回ディレクターが出した企画が悉くプロデューサーに通らず、台本が白紙に。
「台本が白紙なので、1時間20分位で帰れるかと思った」(吾郎)
「僕も企画を出すのを手伝ったんですが、結局通らなくて。でも僕は放送作家で番組の構成を考えるのが生業(なりわい)なので、僕に任せてくれれば、台本も埋まって1時間20分位で帰れます。安心してください」(樋口さん)
という事で、樋口さんは吾郎にゴロデラという番組をどう思っているか質問し始めたのですが、話の流れが何やら不穏な方向に…。

;吾郎が
「僕はこの番組は好きですね。今までこれほど本を読んだことが無かったし、週に1冊読むというのがリズムになってるし。『見てる』って言ってくれる人が結構いて、業界人気が高いんです。作家の方とプライベートでお会いすることが増えたんですが、皆さん喜んでおられて。『こんなに本をじっくり読んでくれて;話を聞いてくれて宣伝してくれる』って。僕はこの形で細く長く続けていければいいなと思います。」
とこの番組への思いを語りました。吾郎がこの番組を大切に思っている事が改めて分かったのは嬉しいです。
それに対し樋口さんはこの「ゴロウ・デラックス」という番組が良い番組であり細く長く続けるのはいいと認めたうえで
「これはあくまで僕の放送作家としての勘ですが、プロデューサーに会った時(使命感を果たしたと感じているんじゃないか)を思ったんです。何か番組としてやり残したことってないですか?それをきちんとしないとお二人が後悔することになるんじゃないかと思うんですよ。」と言ったので
「それ、番組が終わるって事ですか?」と外山さんは不安そうな顔になりました。
「いや…。この番組は良い番組なんですが時々刺激があったほうがいいかと。番組から何か面白いキャラクターを打ち出してみるとか新しい作家を発掘するとか。また深夜番組をやっているといずれはゴールデンに行くとかあるじゃないですか。そんな中で細く長くって言っていると『何だかなあ』と上の方で思っているかも知れない。」(樋口さん)
どうやら樋口さんは、同じ事をずっと長く続けていると製作者のモチベーションが下がってくるのではないかと懸念しているようです。

番組の半分以上が過ぎたところで樋口さんが「ところで今日は朗読とかは無いんですか?」と尋ねました(いや、樋口さんがご自分の本と違う話題をずっと話していたからなんですが…)。吾郎は「それはもちろん。朗読の番組ですから。」と言い、朗読を始めました。生きている間に良い事をするとマイレージが貯まり、そのマイレージによって天国に行けるかどうかが決まる、というストーリーです。
「天国に行くか地獄に行くか、というのは子供の頃から自分の中に染み付いていますよね」(吾郎)
「笑っているだけでマイレージが貯まる、というのが良いですね。笑っているだけで人を幸せに出来るから、という。」(外山さん)
やっといつものゴロデラらしい雰囲気になって一安心、と思ったらまた緊急事態が。番組の台本が出来て無かった為にAD山田くんの消しゴムはんこもまだ完成していなかったのです。そこで吾郎たちが見ている前ではんこにインクをつけスケッチブックに押してやっと出来上がりました。
外山さんは「可愛い」と言い、樋口さんも気に入って下さったようでしたが、吾郎はスケッチブックを素早く机の上に伏せてニヤリ。いつも通りの終わり方にはしなかったのでした。


今回は正直ショッキングな展開ではありましたが、これ自体が番組への刺激になるかも知れずまたプロデューサーもそれを期待したのかも知れません。
基本的には吾郎が言う通りゴロデラはこの形で細く長く続けるのが正解だと思います。色々な作家の方が出演してくださるのは「あのゴロウ・デラックスなら出てもいい」と思って下さるからでしょう。その信頼はずっと同じ事を続けるうちに生まれてきたものだと思うのです。「ゴロデラ」は放送業界だけでなく出版業界からも高評価を得られる番組だと常々思っています。
とはいえ、深夜のバラエティ番組ですから視聴者に飽きられたらおしまいという宿命があるのも事実でしょう。そうならないためには「読書バラエティ」という今の形を保ちながら時には小さな変化球を投げる必要もあるのかな、とも感じました。

と、ここまで書いたところでちょっとした事を思いついたので、番組HPに書き込んできます。やっぱり一番大切なのは番組に感想や応援の声を直接届ける事ですね。
今回はその当たり前の事を改めて痛感しました。


拍手ありがとうございます

番組5周年記念?!赤坂MASTERSは名勝負 (「ゴロウ・デラックス」 4/17)

祝・ゴロデラ5周年!
「ちょっと毒舌な読書バラエティ」。吾郎にピッタリの番組が長く続いて嬉しいです。

課題図書 : 「勝負論」 青木功

今回のゲストはプロゴルファー青木功さん。「世界のAOKI」と呼ばれ、日本のプロゴルフ界を牽引してきた功労者です。
「勝負論」は週刊新潮での青木さんの連載「おれのゴルフ」を纏めたものです。

「お会いするのは初めてですね。僕が子供の頃からもう有名な…。」と興奮気味の吾郎に青木さんは「吾郎くん」と親しみを込めて声をかけて下さいました。吾郎は嬉しかったでしょうね、ゴルフが大好きですから。
先ず外山さんが朗読。「一流のプレーヤーはプラス思考でなければならない」と青木さんは言います。
「試合中に失敗するでしょ。すると色々な打ち方を試そうとして試合中なのに練習みたいな打ち方をすることがある。でも試すのは怖くないんですよ。ここを乗り越えれば勝てるとか上手くなるとか思えば怖くないんです。」
そんな経験から得た勝負論は「自分の現在の実力に疑問を持つ」。
「それでいいの?って」(青木さん)。(この時青木さんの目がキラキラ輝いていたのが印象的でした。)
「ゴールはないんですね。」(吾郎)
青木さんは22歳でプロテストに合格しましたが29歳まで勝つ事が出来ませんでした(意外ですね)。でも青木さんはこう言います、「チャンスを掴める人は我慢する時は最大限に堪え『ここぞ』という時に一気に攻める」と。
「闘争心が大事」とも青木さんは言います。「試合中にスコアボードはよく見るし、他の選手のスコアも気にする。」と。
「最近の若い人はスコアボードは見ない、人とは比べないと言うけど…」と吾郎が聞くと青木さんは
「まぁそれで勝てればいいけどね」と痛烈な一言。すかさず毒矢が飛んできました!

番組後半では「第1回赤坂MASTERS」と題して吾郎・外山ペアと青木さんとのパター対決。図らを被ったジャンボ山田ことAD山田くんがキャディさん役です。
「女子アナ界の古閑美保」と紹介された外山さんは高校時代ゴルフ部だったそうで。「ゴルフの上手さではSMAP(ジャニーズ?)随一」の吾郎と組んで青木さんに挑みました。
しかし、外山さんのパットは強すぎてオーバーしてしまいました。吾郎は青木さんに「絶対に入れる、って思うのが良いですか、それとも、入ればいいな、位でいいですか?」と質問。「入ればいいな」という青木さんのアドバイスと聞いて打ったのですが距離が足りず失敗。
それを見ていた青木さんが打つと、見事にカップイン!そして「あなた達が打つのを見てたから、どう打てばいいのか分かった。」と一言。さすがです。「最大の武器は記憶力」と自負していらっしゃるのも分かります。
もう一度別のカップでやってみましたがやはり青木さんの勝ち。すると青木さんは吾郎に「左手を離すから良くない」とアドバイスし、突然レッスンが始まりました(羨ましい!)。吾郎は打つ瞬間に左手を離してしまうらしく、そのために距離が出ないようなのです。青木さんに言われた通りに吾郎がボールを打つと確かに距離が伸び、カップの縁まで行きました。
青木さんに教えてもらえて吾郎はすごく嬉しそうでした。きっと吾郎には周りの人が助言したり助けたりしたくなるような雰囲気があるのでしょう。期せずしてそんな吾郎の魅力も垣間見ることが出来ました。

番組が始まって5周年ですが、もっと色々な人に見てもらいたいですし、出版業界とコラボするような新しい企画もしてほしいですし、これから更に良い番組に育ってほしいです。
その為にもずっと応援し続けます。
「ゴロウ・デラックス」大好きです


拍手ありがとうございます

木村くんウィーク♪

いよいよ始まりました。木村くんの新ドラマ「アイムホーム」。
それに伴っての番宣はとても華やかでした。先週のスマステから始まってほぼ毎日どこかの番組に出ていましたね。
これだけ宣伝してもらえるのは羨ましいですが、出演番組がそれぞれ面白かったので(見損ねたものもありますが)嬉しかったです。番宣が多過ぎるとそれだけで見た気になって本編を見たくなくなることがたまにありますが、今回は全然それを感じず、どんどん期待感が高まりました。テレビ朝日さんがそれだけこの「アイムホーム」を盛り上げようとしていたのだと思います。

そして「アイムホーム」本編が本当に面白い!!
今回木村くんが妻と子供のいるサラリーマン役と聞いてすごく楽しみにしていましたが、期待以上の出来ですね♪
爆発事故で記憶を失い、自分が何者なのか分からなくなった男の不安を木村くんが見事に演じています。
自分に離婚歴があり、前妻の娘は自分の実の子ではない、と知った時の驚き。しかも今の妻と息子は仮面を被っているように見える。会社では仕事をすっかり忘れて窓際族に飛ばされるが、実は昔は冷徹なやり手だったらしい…。
クラブのママに「また儲けさせてくださいよ」と意味ありげに耳打ちされたところから察するに、相当ヤバイ事もしていたかも知れない(証券マンとして)。女性関係も派手だったかも?もしかしたら今の妻子より昔の妻子の方を愛していたりして?
…と想像が膨らみ今後の展開が気になります。

それに加えてファンにとっての萌えポイントも沢山ありますね。料理、アイロンがけ、スーツ姿、パーカー姿、エプロン、…に半裸♪(「半裸にエプロン」ではないので注意。)
とにかくきめ細やかに作られているドラマです。
後半がストスマと被るのが困るのですが、録画しながら楽しむつもりです。

拍手ありがとうございます

日本一無愛想な映画監督と俳優たち (「スマスマ」 4/13)

今回のビストロゲストは超豪華でした。
北野武監督、藤竜也さん、中尾彬さん、安田顕さん、萬田久子さん。映画「龍三と7人の子分たち」の宣伝です。「暴力映画暴力映画と言われて段々エスカレートしてしまったから、一回元に戻そうと思って」(北野監督)という、年老いた元ヤクザたちが主人公のコミカルな作品です。
藤さんは出演依頼が来た時「出てくれ詐欺かと思った。それだけ出たい監督なんですよ、俳優としては。」と内心嬉しかった事を語り、同じく北野映画初出演の安田さんも「マジか!」と思ったそうです。安田さんは仕事帰りの電車の中でマネジャーさんから知らされたそうで「場所を選べ!と思いました」。
そんな俳優さん達は北野監督について「とにかく無愛想」と口を揃えました。「(撮影中)一度も目を見て下さらなかった」(萬田さん)「現場にもいない。(本部の)テントの中で一人でモニターを見てる」(中尾さん)等々。
それに対して北野監督は「監督と役者がコミュニケーションを取ろうとするからくだらない映画になるんだ。飯食ったり酒飲んだりすると情が出るでしょ。冷静に役者を見られなくなるから。」と説明。「役者を冷静に見る」事を心掛けている点は理系型の監督さんだなと思いました。
キッチントークでは「俳優さんとSMAPのYes/Noクイズ」が面白かったです。
「暴力シーンで本当に相手を殴ってしまったことがある」
「セリフは一言一句覚える」
「共演者を好きになった事がある」…
SMAPを含めて皆さんが同じ俳優同志対等な感じで(しかも礼儀正しく)話していたのが素敵でした。「セリフを音で覚える。歌の歌詞は間違わないじゃないですか。それと同じで。」という吾郎と「撮影が終わった後自分はしばらくの間衣装を着て(余韻に)浸ってるのに、相手役の女優さんは『おつかれさまでした~!』と先に帰っちゃう。」という慎吾の発言が印象に残りました。欲を言えば中居くんの答えも聴きたかったです。
今回の映画では「モノを食うということでは焼き鳥屋のシーンしかない」(北野監督)のでオーダーは「焼き鳥」。色々主糊口を凝らした焼き鳥が出ましたが、判定は3-2の僅差でシンゴローペアの勝ち。
最後に本人たちも言っていましたが、安田さんと吾郎は生年月日が同じなんですね。これをきっかけに何か一緒にお仕事できないでしょうか。

先日のシャーロット・ケイト・フォックスさんのビストロ未公開。「制限時間内に素足でビー玉を幾つ掴めるか?」というゲームです。剛も慎吾も負けてしまいましたが、健康には良さそうなゲームですね。(真似してやってみようかな)

スマ中コント。あいあいとこいこいの掛け合いが板についてきました。それにしてもあいあいは舞台度胸がありますね!本番に強そう。

歌ゲストはE-Girls。ごめんなさい、何回見ても誰が誰だか分かりません。全体として「可愛いな」とは思っていますが…。曲調、ダンス、ファッションなどはK-POP風に私には見えるのですが、EXILEファミリーなんですね。勢いのある可愛いお嬢さんたちと並んで絵になるSMAP(アラフォー)はやはり稀有な存在だと思います♪

来週の歌ゲスト、久保田利伸さんも楽しみです!


拍手ありがとうございます

「自分を信じた男」 (「世にも奇妙な物語」 4/11)

久々に吾郎が主演したドラマ、「自分を信じた男」。堪能しました、満足満足。

いわゆる影の薄い、存在感のない男二人が出会い、自分たちを無視する人たちを見返すため銀行強盗を計画する話。
そんな事実際にはあり得ないのですが、昔自分を「透明な存在」と感じて犯罪に走った人の例を思い出してちょっとゾッとしました。
マンガが原作とあってか、全体のテンポが良く、吾郎演じる薄井次郎と手塚とおるさん演じる影山守の掛け合いが絶妙で思い切り笑いました。話しているうちに自分たちが透明人間であると信じこみ、銀行のカウンターから粛々と(別の所で注目を集めている言葉ですね)札束を奪っても誰にも気づかれないあたりがいかにも「世にも奇妙な物語」らしかったです。
「自動ドアが反応しなくて開かない」とか、「いるのに気付かれなくて空手の試合が不戦敗になった」とかの伏線は最後に綺麗に回収されましたね。本物の(?)銀行強盗に近づいていく時足音がしないのも巧みな演出だったと思います。
吾郎ファン的萌えポイントは多く、白い空手着姿も素敵でしたが、私がキュンとしたのはバッティングセンターで野球のボールを額に受け倒れこむ時の脚の長さと、ラストシーンでの寂しさとあきらめが混ざったような横顔でした。あの哀愁漂う表情は稲垣吾郎の真骨頂ですよね。
やっぱり役者稲垣吾郎はいいなあ

他の作品も面白かったです(怖いのは苦手なのでチラ見ですが…)。制作陣が面白い原作をより面白くしようと努力したのでしょう。見応えがありました。


拍手ありがとうございます


新人へのエール (「僕らの音楽 2015 翔びたつ君に」 4/10)

フジテレビの入社式にSMAPが登場!社員の皆さんはビックリしたでしょうね。これを見て「自分もフジテレビに入りたい!」と思った学生さんも沢山いたかも知れません。
それより剛が8年連続でフジテレビ入社式の司会を務めていた事に驚きました。8年続けられるってすごいですよね。

番組はゲストのライブと新入社員からの質問にゲストが答えるコーナーとで構成されていました。
この質問コーナーはどうしても社内行事の感じになるので、ライブの豪華さとは温度差があった気がします。
サラリーマンと芸能人は違うから、芸能人からのアドヴァイスが役に立つのか?と最初は思いましたが、ゲストの皆さんはとても真面目に答えていました。

中居くんの「仕事の時は好きな人も嫌いな人もも作らないようにしている」という言葉も
木村くんの「自分の評価を探すといいパフォーマンスは出来ないと思います」という言葉も
剛の「人は何度でも生まれ変わることが出来る」という言葉も重みがありました。
そして吾郎の「自分が評価されたければ自分を変えるしかない。自分との約束だけは守って続けていけばいつか分かってもらえる」という言葉も真っ直ぐでした。
谷村新司さんもさだまさしさんも人生の大先輩。長年芸能界でキャリアを積み第一線で活躍できる人には、自分の経験から得た自分の指針があるんですね。今回改めて思いました。

そして歌
オープニングの「ユーモアしちゃうよ」で華やかに弾け、他のゲストさんとのコラボではメンバーそれぞれが持ち味を生かして聴く人を楽しませる。これもプロの仕事ですね。衣装は全員赤スーツでお祝いモード全開でした。そして「ユーモア~」では吾郎の脚が高く上がっていてダンスのキレがすごく良かったです!

ゆずx慎吾「栄光の架橋」
E-Girlsx中居くん「おどるポンポコリン」
谷村新司x吾郎「いい日旅立ち」
さだまさしx木村くん「案山子」
全員「世界に一つだけの花」

全部SMAPが絡んだコラボでしたね(剛のコラボが無かったのは司会だったからでしょうか)。
ゆずと慎吾は声質が合っていてとても自然な感じでした。吾郎は歌詞の意味を噛みしめるようにしっかり歌っていたのが印象的。「ただただ緊張しました」と本人は言っていましたが、歌はとても良かったです。
最後全員で歌う「世界~」は、普段とまた違う感じになって新鮮でした。

今回入社した新人の皆さんは将来何らかの形でSMAPと関わり一緒に仕事をするでしょう。SMAPがこれからもTVの世界で輝き続けられるかは皆さんにかかっています。どうぞよろしく♪
最後に月並みですが、頑張れ新人諸君!!

拍手ありがとうございます



未知の領域とのコラボ

スマスマとゴロデラの無い週に「僕らの音楽」と「世にも奇妙な物語」がある。有難い殊です。
そう思ってワクワクしていたら、今朝ビックリするようなニュースが飛び込んで来ました(最近こればっかり)。

SMAPがNHK「のど自慢」放送開始70年記念キャンペーンの顔を務めます
慎吾がスペシャルMCとして番組に登場します(4/12放送「茨城県神栖市」の回。その後も数回出演の予定)。
その他にもメンバー全員が出演するスペシャルバージョンも放送される予定だそうです。
(詳しくは日刊スポーツのこちらの記事をご覧ください)

番組の宣伝スポットは既に放送が始まっています(今日の夜6時59分に偶然見ました)。
12日、つまり明後日の放送が早くも楽しみです。スマステの翌日にのど自慢、と生放送が続きますが慎吾頑張れ!

それにしても。
またしても不意を突かれた感じです。「まだその未知の領域があったか!!」と。
物心ついた時からずっと放送されていて(当たり前ですが)歌番組という認識がなかった「のど自慢」とSMAPのコラボ。誰が想像できたでしょうか。
一体どうなるのか今はまだ予想が付きませんが、とても面白くなる気がします。
SMAPの新しい姿が見られると思うとまたワクワクします。


拍手ありがとうございます

17年ぶりに

事務所の後輩、戸塚祥太くんがディープ山崎を演じる、という事は少し前にtwitterで見て知っていました。
演出は先輩の錦織一清さん。
その時は「ふーん、そうか…」位にしか思っていなかったのですが…。

そのパンフレットに、戸塚くん、錦織さん、吾郎の鼎談が載っている、という情報が入って来たので、俄然興味が出てきました。

正直に言うと、後輩くんの舞台を見ようと気にはまだなっていません。
以前このブログでも感想を書きましたが、稲垣吾郎の「広島に原爆を落とす日」を見た衝撃はあまりに大きく、その思い出をいつまでも大切に取っておきたいという気持ちがあるからです。
でも、17年経った今、吾郎があの舞台について何を語っているのかは知りたい。
つまりパンフレットは欲しいのです(笑)。

公演中であれば劇場でパンフレットだけを買う事も出来るという話も聞きました。
買いに行こうと思っています。

検索した所、京都公演は明日6日まで。その後広島、神戸、静岡、愛知、東京(4/14~)でも公演します。
興味のある方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。


拍手ありがとうございます



週末も情報ラッシュ

私が番組の感想を滞らせている間にも新しい情報が目白押しで、ついていけなくなっています。

1. フジテレビ入社式にSMAP登場、生ライブ♪(4/1)
これは羨ましいですね。この模様は「僕らの音楽~羽ばたく君へ」(4/11 23:00~23:58)で放送されます。

2. 「ブラタモリ」新シリーズのナレーションを剛が担当♪
これも嬉しいですね。新シリーズではタモリさんが全国を旅するそうなので、どんな番組になるのか注目です。

3. 4月5日(日)16:20~19:00 慎吾主演映画「人類資金」がBS日本映画専門チャンネルCH255で無料放送
この放送は明日です。BS放送ですが無料ですので見られる方はチャンス♪

あともう一つありますが、それは記事を分けます。


拍手ありがとうございます

SMAP新時代の幕明け? (「スマスマSP」 3/30)

今回は掛け値なしに楽しかったです!最初から最後まで無邪気に笑えてハッピーになれるスマスマって最高ですね

収録に参加した皆さんが口を揃えて「楽しい!」と仰っていたスマスマ大運動会。本当に楽しかったです。
出演者が総勢74名、観覧のお客さんが約6300名というのはスマスマの歴代の企画の中でも間違いなく最大ですよね。私が子供の頃TVで放送されていたレコード会社対抗オールスター大運動会を思い出しました(古!)。
入場行進の時から輝いているSMAP。吾郎の指さしにまずハートを鷲掴みされました。しかもよく見ると半袖!中居くん、木村くん、剛の3人は下に黒の長袖シャツを着ているのに吾郎と慎吾は生半袖!私の大好きな吾郎の血管の浮いた腕が見放題です!!でも見所はそこだけじゃなかった。いえ、他の見所がどれも素晴らしかったです。

先ずはSMAP5人の50m走。「SMAP最速の男が決まります!」と司会の三宅アナが煽る中「決めるの遅すぎませんか?」(木村くん)「みんな、いつまでも(SMAPが)若いと思ってるけど、初老はじまってるから」(中居くん)とスマさん達は冷静です。そこへチーム稲垣の森脇健児さんが「SMAP最速の男は森くんです、森且行くんです!」と入って来て会場は一気にヒートアップ(森脇さんありがとうございます)。
スタートのピストルが鳴ると勿論全員全力疾走。中居くんが転んでしまう一方で、すり足走法(?)の吾郎が飛び出しするするとトップに!最後は剛に抜かれましたが2位と大健闘!剛は「勝ったのは嬉しいけど、吾郎さんが超早いのでビックリした!SMAPずっとやってて知らなかった!」と驚き吾郎は「みんなもビックリしすぎ!」と観覧のお客さんに突っ込む。会場を盛り上げるトーク力はさすがです。とどめはロハス兄弟で顔を見合わせての「がんばろうね~」の可愛らしさ!殺す気かー?!
次の綱引きではチーム草彅が優勝し順調に得点を重ねていきます。チーム草彅とチーム稲垣の活躍が目立つのでとてもワクワクしました。
大玉転がしでは吾郎が率先して玉の中に入るという男気を見せて健闘。でも終わったらやや裏返った声で「やっぱり入らなきゃ良かったぁ!」と叫んでお客さんを笑わせる事も忘れません。スマさん5人共活き活きしていましたが、特に吾郎が伸び伸びしているようで、見ているうちに幸せな気分になってきました。
「ダンシング玉入れ」もユニークな競技でした。「恋するフォーチュンクッキー」を踊る皆さんが可愛い♪チームによって雰囲気が違うのも面白かったです。選手の皆さんは大分疲れたようでしたが。

とこの間にビストロが挟まれました。今回はビストロはやらずに全編運動会でもよかった気がしますが、こちらも楽しかったです。
ゲストはシャーロット・ケイト・フォックスさん。NHKの朝ドラ「マッサン」で半年間ヒロインを務めた女優さんです。私は「マッサン」は見ていませんでしたが、初めて来た日本での半年以上にわたるドラマ収録話を楽しげに語るシャーロットさんはとても可愛らしくて魅力的な方でした。そして紹介VTRの中で一瞬映った「VENUS IN FUR」のヴァンダ役の姿には興奮しました(変な意味ではなく・笑)。アメリカの舞台でヴァンダ役をなさっていたんですね!番組の中ではこの話は出ませんでしたが、吾郎も「VENUS IN FUR」を演った事がシャーロットさんに伝わったらいいなと思いました。
「日本の朝ご飯」対決は木村・慎吾ペアの勝ち。

さて運動会はいよいよ花形のリレーへ。女子と男子、それぞれのレースを行いました。必死で走る皆さんの姿が美しい。そして男子チームのアンカーは勿論SMAP。
トップでバトンを受け取った吾郎はすり足走法で文字通り爆走。そのままゴールテープを切りました!本当に嬉しかったです。でも慎吾が転んでしまったのでヒヤッとしました(危ない転び方でしたが大丈夫だったのでしょうか)。
「女子が2位だったので、女子と男子と別々ではなくて、女子のバトンを男子が受け取って頑張りました。」という吾郎のコメントが紳士でしたね。
皆で楽しくじょいじょいした後で結果発表。リレーの1位が功を奏し、チーム稲垣が鮮やかな逆転勝利を収めました♪
そしてMVPもなんと吾郎!「SMAPの中でスポーツで一番になったのは初めて」と驚いていましたがとても嬉しそうでした。おめでとう吾郎!
と思えば次の瞬間「CGで髪の毛(の乱れ)を直してください、このお金(副賞10万円)を使っていいから。」と見事な落ちをつけました。カッコイイ姿でばっちり決めたかと思えば必ず笑いを取る。そのバランスが絶妙です。
なのでそろそろバラエティと役者仕事のバランスもとって欲しいですね。


先週の「中居正広のISORO」に続き、今週も吾郎の美味しい映像を沢山見られてとても得をした気分になりました。
障害物競走の模様は「近日放送」だそうなので、期待して待ってます。


拍手ありがとうございます




結局、居候って何? (「中居正広のISORO」 3/23)

実はこの番組の録画に失敗しまして。(当日の朝までおまかせ録画予約が出来ていたのに)
twitterのフォロワーさんに送って頂いてやっとリピできました。
大変遅くなりましたが、放送前も後も反響が大きかった番組なので手短に感想を纏めます(おそらく皆さんの感想とあまり変わらないだろうと思いますが。)

一言で言えば宣伝文句と実際の中身が全然違っていました。というか制作陣は最初何を作りたかったんでしょうか(苦笑)。
正直最初の方は不愉快でした。まず「同性愛疑惑」という言葉にカチンときたのです。だって「疑惑」って悪い意味に使う言葉ですから。
そもそも同性愛は悪いことなのか?そんなはずないだろう!
とムカムカしながら再現ドラマを見ていました。

でも吾郎とヒロくんのVTRがとても楽しかったので、再現ドラマの底意地の悪さも気にならなくなりました。
ヒロくんの敷地400坪の豪邸のお庭でのんびり寛ぎ、食材の調達のため長野県佐久までドライブ。イチゴ狩りを楽しみ知り合いの農家さんから新鮮な野菜を分けて頂いて、ヒロくん宅に帰ったらその野菜を料理してゆったりとディナータイム。セレブな休日を見ているとこちらの気持ちも豊かになる気がします。
ヒロくんはSMAPのライブに何回も来ていて、メンバーにも会っているんですね(ここを突っ込むと番組の前提そのものが崩れるかも知れないのでこれ以上触れませんが)。SMAPライブDVDを二人で見ている図はちょっと不思議な感じがしました。イメージからすると映画のDVDを見ていそうな気がしますが、ライブのジャンクション映像の撮影裏話が少し聞けたので、今回はこれが正解だったのでしょう(←上から目線失礼)。

ゆとりがあって博識で料理が上手くて多趣味なヒロくんは吾郎と波長が合うんだろうな、と感じました。吾郎はとてもリラックスしていましたね、こういう時間でリフレッシュして良いお仕事ができるなら一番いいと思います。
ファンとしては、吾郎の伸び伸びした笑顔が沢山見られて大変うれしかったです。
ただ、ヒロくんは一般人。顔出ししてしまって大丈夫なのか気になりました。


拍手ありがとうございます




プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる