FC2ブログ

光秀様再来 (「信長のシェフ」 #1 7/10)

ついさっき「主役はいい!」と言いながら、今度は脇役を絶賛します(笑)。
主役も脇役も出来るのが役者稲垣吾郎の強みですから。

「信長のシェフ」が帰ってきました。今シリーズは木曜の19:58スタート。めでたくゴールデンタイムに昇格です。
光秀様は最初に甲冑姿で現われました。かっこよすぎです。いきなりこれで登場するなんて萌え死にます!
主人公ケンに「御館様(=信長)の命を狙っている敵は外だけではないぞ。中にもいる。」と謎めいた言葉をかける光秀様。ケンはその言葉が頭から離れなくなってしまいます。
次に光秀様が登場したのはちょうどドラマの真ん中あたりでした。ケンが未来から来たなら、自分たちがこれからどうなるか知っているはずだとケンに鎌をかける光秀様。さすが切れ者です。
「歴史は変わる。いやこのわしが変えてみせる。」と呟きケンが顔色を変えると、「ほう、やはりわしは歴史に名を残すようだな。」と興味を示します。
前回のシリーズでは信長の家臣らしく振舞い謀反の気配は見せなかった光秀様ですが、今シリーズでは初回にして既に何やら怪しい気配がします。もう心の中で謀反を企てている感じもします。
ラストシーンで信長が比叡山焼き打ちを家臣たちに命じるのを廊下で聞いた光秀様は
「仏の罰が当たらなければよいが…。いや、当たるだろうな。たぶん。」と意味ありげな微笑みを浮かべます。
光秀様、もうお心は決まっているのではないですか?

初回2時間スペシャルでしたが、光秀様の出演シーンは僅か4分程。でももっと長く出ていたように感じました。存在感があるからでしょう。(ファンの贔屓目も入っているかも知れませんが。)
今回のシリーズで本能寺の変まで行くのかが気になるところです。


本能寺の変と言えば、今日(正確には昨日)の大河ドラマでもやっていて、信長役は江口洋介さん、光秀役は春風亭小朝さんでしたが、私の脳内では及川ミッチーと吾郎に変換して観てしまいました


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト