去り行く2013年に感謝を♪

紅白でのSMAPのパフォーマンスが無事終わりました。
吾郎のビジュ麗しく、みんな元気で盛り上がって良かったです。
サブちゃんの「祭り」も心に染みました。
今年も楽しく締めくくれそうです。

吾郎ファンとしては1月期の「心療中」「信長のシェフ」から始まり映画「桜、ふたたびの加奈子」「おしん」、ドラマ「TAKE FIVE」舞台「VENUS IN FUR」と役者の様々な顔を堪能できて幸せでした。
来年はこれに加えてライブがあると信じています。
また楽しい一年になる事を祈っています。

現実を見ると必ずしも良い事ばかりではなく厳しい事もありますが、とにかく負けないで前に進んでいきたいです、皆さんと一緒に。

最近は更新が遅れがちですが、こちらを訪ねて下さる皆さん方に本当に感謝しています。
いつもありがとうございます。

来年もどうそよろしくお願い致します。
皆さん良いお年をお迎え下さい。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

ムービージャッジ 12/28

前回の構成に改良を加え少し見やすくなりました。「2つのうちどちらが面白いか判定する」事にまだ違和感はありますが…。
2回目のムービージャッジは「全米大ヒット お正月映画対決」。「ブリングリング」と「ゼロ・グラビティ」を吾郎が批評しました。ジャッジするのはストーリー、出演者、音楽の3点で、最後にファイナルジャッジをします。

[ストーリー]
「ブリングリング」…ハイブランドが次々と出てきてファッション好きにはたまらない。見ているうちによだれが出てくる。以前シャネルのお店で(スタジオゲストの)成宮寛貴くんに会ったがよだれが出ていた(小窓の中の成宮くんは「ないです、ないです」と全力で否定)。パリス・ヒルトンが自宅を撮影の為に提供したのが面白い。なんかかんか言いつつ、皆セレブの事には関心があるじゃないですか。そういうセレブブームを肯定したいのか否定したいのかが分からない。そういうものの上に成り立っている映画なのに、社会派ぶって否定しようとしているのが鼻につく。
「ゼロ・グラビティ」…ストーリーは何か不思議な感じ。特に何かがあるわけではないのに、いまだに感動を覚えている。3D映像が素晴らしい、「アバター」を超えている。(「見ているうちに段々息ができなくなってきました」と大下アナ)そう、90分がちょうど良い長さ。120分見たら吐きますよ。こう言うとなんかすごいホラーのように聞こえるかも知れないけど、この映画の素晴らしさは最後に感動させてくれる所。良かったですね。

[出演者]
「ブリングリング」…主演はエマ・ワトソン。「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー役から脱却してセクシーな大人になってきている。将来有望そうな若い俳優を多く起用した。(「稲垣さんは注目の役者さんを発掘したそうで…」と大下アナ)ケイティー・チャン(18歳)はアジア系で雰囲気のある人。有名な人はエマ・ワトソンだけですね。
「ゼロ・グラビティ」…出演者はほぼサンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーの2人だけ。なぜサンドラ・ブロックかと思ったがやはりこの人はすごいんですね、演技が。必死さが伝わってくる。ジョージ・クルーニーも良かったですね。

[音楽]
「ブリングリング」…ソフィア・コッポラ監督には独特の選曲センスがある。今回は若さを表現するのにピッタリの音楽になっている。ファッションの感じに合っていると思う。
「ゼロ・グラビティ」…音のない宇宙空間を表現する為の音楽がとても良かった。今までにない感じの音楽ですね。

[ファイナルジャッジ]…「ゼロ・グラビティ」
だって観終わって「観なよ」と普通にメールしたもん(笑)。(「ブリングリング」には)全く共感できない!


これを受けてスタジオでは「ファッション好きとしては「ブリングリング」も気になるでしょ」(慎吾)「ソフィア・コッポラですしね」(成宮くん)「でも吾郎ちゃんの話を聞いた結論では「ゼロ・グラビティ」だな」(慎吾)と話を纏めていました。


ちなみに私は「おしん」の初日舞台挨拶の時「ブリングリング」の予告を見て面白そうだと思いました。ですから今回私が見たいのは「ブリングリング」です。「ゼロ・グラビティ」も興味はありますが私の場合3Dで見たらめまいを起こしてしまうかも?
吾郎の映画批評では、判定で負けた映画でも良い所は褒めています。だから負けた映画の方も観たくなる。本当に映画を愛している吾郎ならではのコメントを引き出してくれる企画構成になれば有難いです。


拍手ありがとうございます



Mステスーパーライブ 12/27

いよいよ年末が迫りこの番組がやって来ました。Mステスーパーライブに毎年SMAPが出られるのは嬉しい事です。

オープニングの先頭で登場したSMAPはとても輝いていました。黒スーツに身を包んだキムゴロの並びがアップになっただけで満足です(=安いファン)。
歌は「BATTERY」「がんばりましょう」「らいおんハート」「シャレオツ」という珍しい選曲のメドレー。「がんばりましょう」は久しぶりに聴いたせいか新鮮でした。途中木村くんが客席に入って行った時は夏の時のスタジオライブを思い出し「大丈夫か?」と一瞬心配しましたが、今回は大丈夫で良かったです。最後の「シャレオツ」のジャケットプレイは特にカッコよく、吾郎の最後の決めポーズがいつにもましてセクシーで溜息が出ました。
生放送でお顔がすっきり締まって美しかったので良かったです。大晦日の紅白とCDTV年越しライブも楽しみです。

SMAP以外で録画を残したのは斎藤和義さん、E-Girls、Kinki-Kids、JUJUさん、VAMPS。VAMPSはいままであまり気に留めなかったのですが、今回聞いて初めて(いいな)と思いました。今年のMステの私的収穫です。


拍手ありがとうございます

バラエティ番組さくっとまとめ (スマスマ 12/16.、12/23、「お試しかっ!」 12/23)

すっかり遅くなりましたが、バラエティ番組の感想を纏めて手短に(焦)。

スマスマ 12/16、23
2週続けて総集編の様な構成でちょっともったいない感じがしました。クリスマススペシャルを放送してくれていた頃が懐かしいです。多分メンバー全員が忙しいからなのでしょうが…。吾郎も「福家警部補の挨拶」の撮影に入っていますし…。(ビストロ総集編の感想は省略します。)
16日の放送では「本恋」が印象に残りました。特に吾郎が出演した妄想壁の激しい彼氏の話には(もし自分の彼氏がこんなだったら絶対別れるよね)と思いながら笑ってしまいました。特に大杉漣さんの演技はおかしかったです。VTR明けに中居くんが「大杉漣さんの演技が楽しくなってきた」と言いましたが正にその通り。私も台本を最初に読んだ時の大杉さんの反応が知りたいと思いました(笑)。
27時間テレビのビストロは今振り返ると良い企画だったと思います。生SMAPに会えて素直に大喜びする女芸人さんのお母様方。そして親孝行ができて思わず泣き出す女芸人さん。幸せな気持ちが画面から伝わって来ました。

23日の放送では5人旅と50曲スタジオライブの総集編がありましたが、欲を言えば未公開シーンが見たかったです。
キスマイ戸の歌コラボは楽しく、特に中居くん吾郎剛が参加した舞祭組は良かったです。エンディングトークで吾郎は「なぜ僕が選抜されたのかな。僕ブサイクじゃないよ。」と言っていましたが、吾郎の眼鏡スーツ姿はものすごくきまってましたよ、ブサイクじゃないです!

「お試しかっ!」 12/23
「帰れま10」に吾郎がフル参戦。SMAPからは中居くん、木村くん、慎吾に続き4人目です。「俺のイタリアン」で人気メニュー当てに挑戦しました。
2回順番が回って来てどちらもベスト10は当てられませんでしたが、途中ヒントを掛けたフランスワインのテイスティングでは見事に正解し、カッコいいところも見せました。
FNS歌謡祭の前日(終わったのは当日早朝)に、立ち食いスタイルで長時間のロケに挑んだ吾郎。お疲れさまでした。


ところでお正月も吾郎はバラエティ番組に出演します。

1/1(木) 0:45~2:15 フジ系「YOUコントしちゃいなよ!」
1/1(木)19:00~23:10 フジ系「ホンマでっか!?TV」
1/4(土)18:30~20:54 フジ系「めちゃ2イケてるッ!」

「ホンマでっか!?TV」は1月期新番組の出演者が集合するスペシャルです。他の2つもドラマの番線でしょうか。
楽しみですね。


拍手ありがとうございます


あの人が遂に登場! (「ゴロウ・デラックス1時間SP」 12/19)

今年最後のゴロデラは豪華2本立て。
まずは緑豊かな栃木県那須から。今回は初の地方ロケです。アウトドアに相応しく吾郎はブルーデニムのつなぎ、小島さんは白いつなぎを着ていて二人とも良く似合っています。広々とした森は高級リゾートホテルの敷地だそうです。
今回は木の上に家を作るツリーハウスの第一人者の方がゲストで、実際にツリーハウスを見せて頂くのです。

課題図書:「ツリーハウスを作る愉しみ」 小林崇

小林さんと合流し森の中を歩いて行くと、木の上に小さな小屋が見えてきました。緑の中に自然に溶け込んでいますが支柱を立てた上に建てられていてしっかりした家です。
ツリーハウスは生きている木を使って建てる家で、最近注目を集めています。小林さんが建てたツリーハウスは20年で100棟!まだ着工していない案件も5件あり、日本だけでなく海外からも発注が殺到しているのだそうです。
今回見せて頂くツリーハウスはリゾートホテルの宿泊客が散歩の途中で休憩できるようにと作られたもの。「大きいですね」と吾郎が感心すると「これでも小さい方ですね」と小林さん。このハウスは1~2人用で「茶室」とイメージして作ったのだそうです。
階段を上がり切った枝を利用した小さめの入り口を入ると、暖炉とソファが置かれた快適空間です。吾郎と小島さんはソファに落ち着いています。「壁の模様は何ですか?」と吾郎が聞くと「これは断層ですね」と小林さん。自然を最大限に生かし自然と調和するように作られているのが分かります。大人の為の贅沢な秘密基地ですね。
「吾郎がツリーハウスを作るならどんなのがいいか?」と希望を聞いてみると「鏡張り」「ワインセラー」「冷暖房完備」などかなり我儘な条件が揃ったので、(それはツリーハウスじゃなくて普通の別荘じゃないか)と私は内心突っ込んだのですが、小林さんは「薪ストーブでお湯を沸かしてそれを床と腰高までの壁のパイプに回して床暖房にする」とか「ワイン樽を壁に埋め込む」とかいろいろな工夫で条件をクリアし、デザイン画も描いてくれました。ちなみに小林さんは設計図は引かずデザイン画だけでツリーを作るそうです。
小林さんが初めて作ったツリーハウスは実は東京の原宿にあります。当時経営していたお店の前の木に作った物だそうです。吾郎は「へえ、知らなかった」と感心していました。
ツリーハウスの中で小林さんのお話を伺っている間、AD山田くんはアウトドア料理作り。鶏の丸ごとハーブ焼きとクリームシチューに全員で頂きました。「美味しい、美味しい」と吾郎も大喜び。自然の中でのびのびしたせいかいつものスタジオとは違うちょっとワイルドな表情になっていて、ドキッとする位素敵でした。

さてスペシャルの2本目はいよいよお待ちかねのあの人!と思いきやもう机に着席して吾郎と小島さんを待ってる?!
オープニングからして予測不能な予感が…。

課題図書:「服バカ至福本」 香取慎吾 (ネット書店で予約受付中)

「今回この本を出したという事で来てくれたのかな?」(吾郎)
「そうです。ずっと出たかったんですよ。ゴロウ・デラックスの大ファンですから。」(慎吾)
「割とちゃんと見てくれてるよね。」(吾郎)
「この番組に出てからの稲垣吾郎は変わりましたね。」(慎吾)
「そうですか?」(小島さん)
「(SMAP)5人でバラエティで喋ってても今までとは違う稲垣吾郎。」(慎吾)
慎吾はそういう風に見てくれていたんですね。嬉しいです。

慎吾はダボッと大きな白地の編み込みセーターに太いデニム、つま先にメタルが付いたゴールドの靴に黒縁のロイド眼鏡。とても似合っていて素敵です。
「今日のこれも私服だよね。僕のは衣装だけど。」と吾郎が言うと慎吾は突然吾郎のジャケットの胸元をめくり「GIVENCHY」と呟きました。それからシャツ、ネクタイと次々チェックしてブランドを言い当て「この3つは全部違うブランドですね」と言いました。更に屈みこんで吾郎のベルトを外し始めたので「ちょっとちょっと!」と吾郎は大慌て。
「ベルトはLANVINですかね」(慎吾)「ベルトはいいんじゃないか?」(吾郎)それでも慎吾はファッションチェックを止めません。吾郎の黒い靴の裏まで調べています。
「この靴は私物だから」と吾郎が言うと「さすが、ちゃんと自分に似合うものが分かってる。」と慎吾はしげしげと眺めています。
しかしこれではきりが無いので「とりあえず座ろうか」と吾郎が声を掛けました。
すると慎吾は立ち上がってくるりと振り返り、今度は小島さんの服をじっと見つめました。「え?なんですか?」と思わず動揺する小島さん。慎吾は女性タレントの着ている服も気になるのだそうです。

今回慎吾の私物を持ってきてもらい、事前にスタジオセットの中に慎吾自らの手で飾ってもらいました。
普段本棚になっている所には帽子や眼鏡や靴が並び、正面奥のいつもは金だるまが鎮座ましましている所にはジャケットやシャツ類が掛けられて、セット全体がお洒落なショップのようになっています。
それを見ながら慎吾と吾郎と小島さんが色々と話しましたが、「服バカ」を自認する慎吾は話し始めると止まらず、すっかりマイペースになっていました。
普段TVに出ている時の慎吾はその場の雰囲気や話のリズムに気を遣っていますが、服の話になると一切そういう事を考えなくなるようで、話したい時に話したい事を話すので、いつもとはテンポや間が違っていました。ちょっと間延びしたり、会話のタイミングがずれたりしたのが新鮮な感じでした。

朗読もちゃんとありました。吾郎が朗読したのはファッションに興味を持つようになったきっかけについて。
慎吾は十代の頃から、女の子達が自由にお洒落を楽しむのが羨ましかったようで、金髪に染めたり古着屋でスカートを買って着てみたりしていました。それがファッションに目覚めるきっかけだったそうです。
「確かに私も思いますよ、男性は可哀想だなあって。大体同じファッションじゃないですか。」と小島さんが言うと
「だからこの20年位で変わりましたよね。男の子もおしゃれを楽しむ様になって嬉しいですね。」と慎吾。「メンズの服を見た後そのお店のレディースの服も一着ずつ必ず見ます。」実際にレディースの服も着ているそうです。

そこへAD山田くんが黒い帽子の箱を持って入って来ました。しかし慎吾が「普段なら絡めるけど、今日は服の事で精一杯でごめんね。」と言ったので帽子の箱を机に置いてサッサと退散。
箱を開けると上品なキャメル色の帽子が出てきました。慎吾が被ると実にお洒落です。これは吾郎からのプレゼントで「ある日突然吾郎ちゃんが楽屋に持って来たんです。吾郎ちゃんが何かをくれる事も楽屋に来る事もまずないのに、突然来て『これ似合うと思って』って。気持ち悪い気持ち悪い。」(慎吾)
「これの黒を僕はある方から頂いたんです。でも僕はあまり似合わなくて、慎吾なら似合うかなと思って。でもそれをあげるのもなんだから…。その方にお願いしたんです。」(吾郎)
「それは被っているんですか?」(小島さん)
「1回だけ被りました(笑)」(慎吾)
「普通貰ったら被って見せに来るじゃないですか。でもそういう事をしないのもらしいのかなって。でもこの本の中には載っていないなって。」(吾郎)
「載ってますよ!ここに!!」(慎吾)(本の裏表紙を指さす)
「ホントだーー!!」(小島さん)
本の裏表紙には服や小物が山のようになった写真がありますがその山の中に確かに吾郎からのプレゼントの帽子があります。買った方は裏表紙のやや左下の部分にご注目ください。

この日の慎吾は話し方も表情もやや子供っぽい感じで、終始可愛い弟の様でした。吾郎お兄ちゃんとのやり取りがとても可愛らしく微笑ましかったです。
一年の最後が萌え満載で本当に面白かったです。

来年のゴロデラにも益々期待しています。


拍手ありがとうございます


年末の歌番組いろいろ

年末と新曲のプロモーションが重なり、SMAPが色々な歌番組に出演したので楽しかったです。

・Mステ(12/13)
番組直前の「ミニステ」が面白かったです。この日CDデビューした事務所の後輩、舞祭組とのやり取りには笑いました。
「僕ら姿勢が悪いんです」という舞祭組に「仕事に向かう姿勢が?」と突っ込む中居くん。そうかと思えば吾郎は「腹筋に力を入れて…」と真面目にアドバイスを始め、面倒見のいいところを見せていました。
歌前のトークで「今年の漢字」を聞かれ「縛」を上げた吾郎。舞台「ヴィーナス・イン・ファー」の話を少ししましたが、女装はしてませんから!最近の吾郎は面白くしようとするあまり話を盛る傾向がありますね。どれだけバラエティセンスを磨いてるんでしょうか?!(笑)
歌のスマさんはいつも変わらずにカッコ良いです。特に吾郎のスタイルの良さに目が釘付けです。ジャケットの丈のバランスも良いのでしょう。「シャレオツ」のジャケットプレイは本当にセクシーです。吾郎ファンの立場から言えばカメラワークで惜しいところが一か所ありましたが…。

・CDTV (12/15)
歌前トークは木村くん・剛・慎吾が前列でナカゴロが後列。そうなれば中居くんはやりたい放題で、吾郎の方を叩いて「アイーン」をしてみせます。すると吾郎もすかさず豚鼻をしてみせたり、小学生レベルのふざけ合いを始めました。そして最後に前列の3人に言いつける吾郎。最後まで笑わせてくれました。
歌ではあのカメラワークがやっぱり惜しかった。でも最後の吾郎の決めポーズはとても絵になっていました♪

・Sound Room (12/17、12/24)
10月から始まった中居くん司会の歌番組にSMAPが2週連続で出演!白ニットのカーディガンに赤い蝶ネクタイの衣装はキティちゃんのイメージです。
もう一人のMC、リリー・フランキーさんとSMAPは縁が深いです。リリーさんはしんつよのラジオの構成作家を務めたり(12年前に辞めたのですが剛は今までその事を知らなかった)、木村くんのアルバムソロ曲の作詞をしたり。番組では話題になりませんでしたが、吾郎とは「稲垣芸術館」(2000年)で共演しています。
吾郎はあまり喋りませんでしたが木村くんの隣で終始ご機嫌そうでした。赤い蝶ネクタイが良く似合って可愛かったです。
歌は1週目が「シャレオツ」で2週目は「ハロー」でした。「ハロー」はTV初披露です♪吾郎が歌いだしで、優しく包み込むような癒し系の歌です。CDで聴くたびに好きになって行きます。今では「シャレオツ」よりも好きかも。もっと色々な所で歌って欲しいです。

年末年始の歌番組は金曜日のMステスーパーライブ、大晦日の紅白、CDTV年越しライブが残っています。
全部生番組なのでワクワクドキドキします。頑張れ我らがSMAP!!


拍手ありがとうございます

金田一耕助映像読本

現在発売中の「映画秘宝ex 金田一耕助映像読本」に、稲垣金田一シリーズの稲田秀樹プロデューサーと星護監督のインタビューが載っています。

読んでいたら感動して涙が出てきました。特に稲田Pの稲垣金田一シリーズへの熱い思いには心を動かされます。
過去作品のDVD化について「忙しさに負けタイミングを逃しています」とおっしゃっていますが、ファンは今日か明日かと待っているのです。タイミングも何もありません。一日でも早く出して頂きたいのです!
「続編については神のみぞ知るですね」とのことですが「いまだにご要望の声を頂きますし」ともおっしゃっています。毎月フジテレビに送っているお願いはちゃんと届いているのだなと感じました。

星護監督のインタでは「獄門島」の映画化企画があったことが語られています(稲田Pもその事に触れています)。これは絶対実現して頂きたいです。一つ一つの作品に対する星監督の思いの強さにも感動しました。

インタビュアーの方も過去作品のDVD化と新作を強く望まれていてその点も好感が持てました。
とにかく一行一行が心に響くインタビューです。

フジテレビには新たな気持ちでDVD化、新作(特に映画)のお願いを出していきます。


拍手ありがとうございます

ヨコのものをナナメにしてみた

220.jpg スマショグッズのハンカチを

219.jpg カラーコピー(A3→A4に縮小)して

221.jpg 斜めに使い手帳(A6判)に合わせてカットすれば

222.jpg 手帳カバーの出来上がり。

以前twitterのフォロワーさんがやっていて良いなと思ったので真似してみました♪


拍手ありがとうございます

SMAP SHOP に行って来ました

番組の感想が滞っていますが、こちらの記事を先に上げます。歌番組(Mステ、CDTV、Sound Room)とスマスマの感想は纏めて上げますのでしばらくお待ちください。

19日(木)にスマショに行って来ました。今年は皆さんの出足が早いので整理券が貰えるのか不安でしたが、この日は雨で寒かった為か9:10頃に行って17時台の整理券が貰えました。

ショップの入り口 183.jpg 

今年のテーマは「share-otu」 180.jpg 181.jpg

集合時間の16:45頃にはあたりはすっかり暗くなっていました。雨がシトシト降る中待つ事30分位。やっとショップの入り口に辿り着きました。

186.jpg 入り口脇に「安堂ロイド」の衣装。肩や袖などの破れ方がリアルです。横から見ると本当に細い!

187.jpg" border= 手前から中居くん(「Joy!!」)木村くん(「Battery」)吾郎(「Joy!!」)の衣装。

192.jpg 194.jpg 198.jpg 吾郎のゴールドの靴がきれいでした。

剛の衣装は「Mistake!」でしたが、私の携帯カメラではどうしても色が変になってしまいここにはあげられませんでした。剛ファンの皆さんごめんなさい。

そんな中私が注目したのは
196.jpg 197.jpg 慎吾の「ハロー」衣装(キティちゃんスーツ)。初お目見えですよね。

188.jpg 191.jpg 衣装後ろのボードにサイン。左が木村くん、右が吾郎。

衣装展示の左隣にモニターがありメンバーからのメッセージが流れていました。吾郎のオススメグッズはスケジュール帳。来年のドラマ「福家警部補の挨拶」のPRも勿論していました。

200.jpg ショップ中央のガラスケースにはグッズが陳列され

201.jpg 199.jpg レジ後ろの壁にもグッズなどが飾られていました。吾郎出演の「桜、ふたたびの加奈子」「心療中」「TAKE FIVE」のDVDが目立つように置かれていたのが嬉しい♪

202.jpg お買いものゾーン(?)を抜けるとメンバーの写真やCDのジャケ写などをオサレに飾ったスペースが設けられていました。後ろの鏡の様な物は実はモニターで、「シャレオツ」のMVが流れていました。でもハーフミラーなので写真は撮れないようになっています。
204.jpg

一昨年や去年よりも今年の方が盛況のようです。スマスマの5人旅がいい影響を及ぼしたのかもしれません。一人で来ている男性もいて、ファン層が広がっている感じがしました。
寒くてちょっと大変でしたが、楽しかったです。


203.jpg



拍手ありがとうございます

新曲到着


我が家にも「シャレオツ/ハロー」のCDが届きました。
今回は初回盤Bと通常盤(初回限定フォトブック付き)を買いました。「ハロー」MVはテレビで流れていないので見るのが楽しみです。


拍手ありがとうございます

Memo (関東)

年末も間近に迫り、特番ラッシュの季節になりました。
TV誌の年末年始号等で皆さんご存じだとは思いますが、主に吾郎関連の特番を纏めます。

12/22 (日)13:15~14:00 日テレ 「さんスマ傑作選」
23 (月)18:30~21:48 テレ朝 「お試しかッ!3時間SP」稲垣吾郎
  24 (火)21:00~23:24 日テレ 「さんスマ 2013」
27 (金)19:00~23:10 テレ朝 「Mステスーパーライブ」
  28 (土)23:30~24:24 テレ朝 「スマステ」稲垣吾郎のムービージャッジ

1/14 (火)21:00~21:54 フジ系 「福家警部補の挨拶」第1話


拍手ありがとうございます


楽しくワイワイガヤガヤ (「スマスマ」 12/9)

楽しかったです。全体としてスマさん達がゲストさんとワイワイガヤガヤしていて賑やかでした。

今週はビストロのオープニングから中居オーナーが満面の笑顔で声も優しい(笑)。そう、中居オーナーが大好きなゲストさんなのです。
ボストンレッドソックスの上原浩治投手。巨人から大リーグへ渡り、今年ボストンレッドソックスへ移籍。昨シーズン最下位だったレッドソックスをワールドチャンピオンに導く大活躍をしました。
キッチントークでは野球に詳しくない(はずの)吾郎と慎吾が興味津々で上原投手に質問しました。「子どもの頃から野球が上手かったんでしょ」という吾郎の質問に中居くんが「甲子園に行ってないの」「浪人してるの」と説明。上原投手は元々先生になりたくて(教員免許も持っています)浪人して大学に入ったそうです。「甲子園へ行って高校で一番でプロ野球に入って…という事ではなくて?」と慎吾が聞くと「甲子園で一番になって大学の野球でも一番で…っていうんじゃない。だから『雑草魂』って言うんだね。」と中居くんが更に補足しました。
成程、いわゆる野球エリートではないから『雑草魂』なんですね。偶然一緒に見ていた娘は「去年最下位だったチームを優勝させるなんてすごいねぇ」と感心していました。
それにしても木村くんが指摘したように、中居くんが全部喋ってましたね。上原投手は「僕の事何でも知ってるんですね」と笑っていました。超ご機嫌な中居オーナーをはじめ皆が和気藹々と楽しそうに話していたのが印象的でした。
「肉料理」対決はしんつよペアの勝ち。

先週に続いての本恋。今回は木村くんと剛の「上司に奪われた恋」。今までで一番現実感が薄いというか「ホントにそんな事あったの?」という感じがしましたが、ドラマとしては楽しめました。
VTR明けに中居くんが「男同士で恋の話とかしないよね。メンバー同士でも全然しないよね。稲垣さんだけはいろいろ(話が)入ってくるけども。」と突っ込みました。「いやいやいや」と止めようとする吾郎に「ホントは恋愛禁止なんですけどね」と悪戯っぽく笑う中居くんも可愛らしかったです。
先週も言いましたがソファでのフリートークの方が採点方式より断然面白いです。これからもこの形でやって頂きたい!

今回の「シャレオツ」は「独身貴族」のダイジェストを間に挟んだドラマヴァ―ジョン。最終回を目前に控え盛り上げていますね。曲は聞くたびに好きになって行きます。吾郎のカッコよさは言うまでもありませんね。

あっさりとした感想ですが、本当に楽しめました。


拍手ありがとうございます

【至急】 明日のMステ、土曜日のCDTVにSMAPが出演♪

明日の Mステ と土曜日深夜の CDTV にSMAPが出演します

年末の特番ラッシュに新曲のプロモーション。楽しみが尽きませんね


拍手ありがとうございます

銀座で学ぶ大人のしきたり (「ゴロウ・デラックス」 12/8)

夜の銀座四丁目交差点。そう、今日はロケなのです♪
オープニングのご挨拶をする吾郎の肩をポンと叩いたのは、作家の岩下尚史さん(以下ハコちゃん)。ゴロデラの準レギュラーですね。

課題図書:「鳩居堂日本のしきたり豆知識」 監修・鳩居堂

今回はハコちゃんが案内役になり、銀座鳩居堂を見学しながら日本のしきたりについて学びました。

お店に入ってまず見たのが「金封」。お馴染みの慶弔用のものから可愛いポチ袋まで色々な金封が並んでいます。ポチ袋の使い道はお年玉を入れる位しか知りませんでしたが、硬貨専用のものやお札を二つ折りにして入れるポチ袋は色々な使い道が出来そうです。
「よく行くお店の黒服さんには、何かしてもらってももらわなくても、顔を見たりあげるようになさった方がいい、金額は少しで構わないから。あげたりあげなかったりが一番良くない。口を塞ぐにはこれ(金)しかないです。」とのハコちゃんのアドバイスにニヤリとする吾郎。
ハコちゃん、ウチの吾郎に変な入れ知恵をしないでください!(笑)

次に見たのは懐紙。お茶のたしなみのない私にはまず縁がありませんが、食事の時に果物の種や魚の骨などを取るのに使うと良いのですね。ティッシュよりもしっかりしているから、使いやすいかも知れません。
化粧紙は更に薄くて肌触りが良さそうです。「夜の生活に使うと良いんですよ。」というハコちゃんに「夜の生活?!」と吾郎は興味津々です。と、小島さんが以前見た映画の話をしましたが実に深夜番組らしい話なので「どんな映画観てるの」とハコちゃんに突っ込まれていました。一方吾郎は化粧紙を1枚取り出して、そーっとハコちゃんの顔をなでまわします。ハコちゃんは思わずうっとりしながらもカメラに向かい「気持ち悪い?」と聞きました。このあたりのやりとりは絶妙です。
ところで慶弔袋や贈り物に欠かせない水引。結婚祝いやお香典等二度あってはいけない事には結びきり、入学祝いや出産祝いなど何度あってもいい事には輪結び、という決まりがあります。鳩居堂では水引を掛けてくれるサービスをしています。そのコーナーでAD山田くんと合流し、水引を結ぶベテランの方の名人芸(?)を見せて頂きました。ちなみに鳩居堂の店員さんは全員水引を結べるそうです。

次に見に行ったのは便箋・封筒・はがき。
私は鳩居堂の一筆箋と罫入りはがきが使いやすくて好きです。銀座のお店にはなかなか行けないのですが、他のお店で見かけた時には買うようにしています。なのでとても興味深かったです。
ハコちゃんは「ここぞという時は手紙です。この賞が欲しいとか(笑)」と言います。
「ラブレターをもらったことありますか?」という問いに吾郎は「ファンから貰ったファンレターは全部ラブレターだと思っている」とアイドル優等生な答えを返しました。
はがきは季節ごとに変わるそうで、常時200種類以上(年間1000種類位)あるそうです。吾郎と小島さんは「あれがいい、これもきれい」と色々と選んでいきます。吾郎がふと「タイムセールにたかる主婦みたい」とユニークな一言を。こういう事を自然に言えるのが吾郎の個性ですね。
「じゃあ好きなはがきを選んで年賀状を書きましょう。」とハコちゃんが提案。さてどんな年賀状になるのでしょう。

この後筆や硯を見て(ここでも隈取り用の筆で吾郎がハコちゃんの顔をナデナデ)、お香の売り場で「聞香」を初めて体験。鳩居堂は元々お香のお店だそうで、売り場の空気にも伝統が感じられました。
お作法を見て「香を聞く」という言葉の意味を実感しました。嗅覚を表すのにあえて聴覚の言葉を使うのは、多分五感をフルに働かせるという意味なのでしょう。
日本文化の奥ゆかしさに触れた一行は、三島由紀夫が通ったという洋食店・銀座キャンドルへ移動。名物のチキンバスケットを味わいながら年賀状を作りました。ハコちゃんの年賀状にはすがすがしい筆の後で一言「吾郎様」。
小島さんも達筆です。そんな中山田くんの消しゴムはんこに吾郎も小島さんもビックリ!!迫力満点の午(馬)のはんこを見て「これマジでヤバい」(吾郎)「番組で売ろうよ」(小島さん)と驚きました。
そして吾郎は自分の年賀状を見てすごく恥ずかしくなったらしく
「謹賀新年 昨年はお世話になりました。 本年もよろしくお願いします。 いながきごろー」と小学生の様な滴らずの口調で読み上げました(カワイイ)。

楽しくてためになる30分でした。来週のゴロデラはお休みで19日が1時間SPです。


拍手ありがとうございます

溜息とときめきと… (「FNS歌謡祭」 12/4)

この番組を見るといよいよ年末だと思います。毎年恒例の「FNS歌謡祭」。SMAP我毎年出られるのは有難い事です。

ここ数回はオープニングとトリにSMAPが出る事が多く、今回もオープニングが「SHAKE」、トリが「シャレオツ」でした。オープニングの赤いスーツもトリの白スーツ(裏は白黒のストライプ)もSMAPに良く映えてカッコ良かったです。

今回もSMAPのコラボ企画があり、吾郎はオリジナル・ラブの田島貴男さんと「接吻」を歌いました。出だしの音程が外れかけましたが、段々落ち着いてきて最後はとても良かったです。吾郎の持つしっとりとした大人の雰囲気が曲のイメージにぴったり。声とまなざしに色気があって、ドキドキときめいてしまいました。
慎吾はゆずのお2人と「桜木町」を熱唱。どちらも横浜出身とあってアットホームな感じがしました。そしてエンディングでの慎吾のハモニカは初々しくて可愛らしかったです。
木村くんはエレファントカシマシ宮本さんと「今宵の月のように」でギター共演、剛はTRFの皆さんと「EZ DO DANCE」でダンス競演(歌よりダンスがメインでしたね)。それぞれの個性を生かしたコラボで楽しかったです。
で、中居くんのコラボですが、これは後輩の舞祭組を守り立てる企画ですよね?舞祭組くんはすごく中居くんに可愛がられていると思いました。これだけのチャンスが与えられたのだから自分達の力でそれを活かすよう頑張って下さいね。

番組自体は最近はコラボばかりを詰め込んだ感じなので全部見ると疲れてしまいますが、SMAP出演部分は楽しかったです。生放送だとSMAPは特別なオーラを発しますね。


それからこれはtwitterで知ったのですが、この番組で歌われたコラボ曲の中で、放送後iTunesで一番売れた曲は「接吻」だったそうです。吾郎と田島さんが歌った事でこの歌の良さが多くの人に伝わったのなら嬉しいです。
詳しくはこちら

Happy Your 40th Birthday, Dear Goro

吾郎、40歳のお誕生日本当におめでとうございます

気が付けば、伝説のドラマ「嘘でもいいから」で貴方と出会ってから丸二十年が経ちました。
二十年もの間一人の芸能人に魅了され続けるなんて、自分でも想像していませんでした。

でも貴方は益々輝きを増しています。
特に今年は「心療中」で久しぶりに連ドラに主演し、その他にも「信長のシェフ」「TAKE FIVE」の2本のドラマ、舞台「VENUS IN FUR」、映画「桜、ふたたびの加奈子」「おしん」と 俳優のお仕事で大活躍しました。
貴方の新しい表情を発見する度に、また貴方を好きになります。
これからもずっと応援していきます。

年明けからはドラマ「福家警部補の挨拶」が始まります。身体に気をつけて頑張って下さい。

素晴らしい40代になりますように


拍手ありがとうございます

その時ゴローは何を伝えたかったのか? (「スマスマ」 12/2)

楽しさ満載でした。ビストロではわちゃスマを、本恋再現ドラマではハラハラと萌えを、最後の歌では完璧なカッコよさを堪能しました。

ビストロゲストは上戸彩さん。映画「武士の献立」の宣伝らしく淡い色合いの上品なお着物で登場です。オーダーは「カレー」。食べ過ぎると太るので(ドキッ!)なかなか食べられないようです。
「武士の献立」と同時に「おしん」も撮影していた上戸さん。「吾郎さんと『忙しい時ってどうしてこう重なるんだろうね』って」話していたそうです。吾郎もドラマを3本抱えて大変な時期でしたものね。
キッチントークでは上戸さんからの一足早いクリスマスプレゼントがSMAPに贈られました。しかし上戸さんが余りに自由なのでスマさん達は振り回され気味。目のマッサージ器を木村くんに試させ、そのまま贈るのかと思ったらそれが中居くんへのプレゼントだったり。「あの木村拓哉さんが使った」と上戸さんは高級感を強調しました(?)が中居くんは「プレミアつくぜ~!って、おかしいでしょ」と当惑顔です。吾郎へのプレゼントの加湿器には皆が食いつきました。皆が「シュー」と呼ぶのが可愛かったです。吾郎も勿論「シュー」は使っているのですが上戸さんのプレゼントは最新型らしくとても喜んでいました。剛には「ドラマのロケなどで長い時間車に乗っても疲れない」クッション、木村くんには「ONE PIECE」のレリーフ入りのバカラのグラスと、それぞれに相手に合わせた言いプレゼントなのですが、渡し方がスリリング(笑)なので、スマさん達は終始笑い転げていました。ここでわちゃスマが見られたのはとても嬉しかったです。
上戸さんは「婚カツ!」で中居くんと「おしん」で吾郎と共演したのでリラックスして話していました。和気藹々とした雰囲気で微笑ましかったです。
料理の判定は木村・剛ペアの勝ち。

先週の予告で「本恋」が復活すると聞いた時は正直微妙な気持ちでした。今まであまり楽しいと思えなかったからです。
でも今回は思ったより楽しめました。ポイントは「見せ方」なんですね。
今までは多数のゲストによる採点方式でしたが、今回はLiLiCoさんと土屋アンナさんをゲストに全員でソファに座ってフリートークをしました。このやり方の方が良いと思います。採点方式だとどうしても順位が気になってやきもきしてしまいますが、フリートークだとリラックスした気分で見られますから。
で再現ドラマは吾郎&中居の「義兄との恋」。というといかにも誤解しそうな内容ですが(笑)、吾郎演じる男の婚約者と中居演じる男の姉婿(=義兄)が何かおかしくなりそうに見せておいて、実は一家を上げてその女性が「我が家の嫁」に相応しいかどうかテストしていた、という話。ラストでの「義兄」の豹変ぶりが見ものでした。あの一家をシメ、いや、纏めているのは間違いなくあの義兄ですね(笑)。
もう一本の剛主演の再現ドラマは最初からオチが読めました。好きになった男性が自分の実の父親だったらショックですよね。

そして歌コーナーのゲストはレディ・ガガ。前回の出演からもう2年経つとは驚きです。
今回は「Venus」と「Applause」の2曲を披露。タランティーノ監督の「Kill Bill」を思わせる豪華なセットと照明の中にすっくと立つガガ様は圧倒的です。そして「Venus」の後半でSMAPが登場。赤と黒の衣装に身を包みスターオーラを発する5人の姿が眩しくて、私は思わずゾクッとしました。いつも思うのですが、5人揃った時の空気感は独特で、ガガ様の存在感に負けていません。ダンスとコーラス、そしてキムゴロの旗振り。全て見応えがあってまさにエンターテイメント!ガガ様xSMAPのコラボは永久保存版です。

歌の後ガガ様とSMAPとのトークがあったのも嬉しかったです。番組スタッフとSMAPメンバーへの感謝を丁寧に話すガガ様とガガ様への敬意を素直に述べるSMAPとの間にとてもいい関係が出来ていると感じました。
例によって中居くんが吾郎をいじろうとしましたが、こういう特別なゲストの時には止めて欲しいですね。ガガ様が素早く吾郎の側に寄って、耳を近付けた仕草は可愛かったですが。
吾郎がガガ様の耳元で何を囁いたのか何を伝えようとしたのかを知りたくて、何度もリピしましたが、中居くんの声に掻き消されて聞き取れませんでした。残念!
CM明けにテレビから流れてきたのは、
「僕が一番嬉しかったのは、僕の名前を覚えてててくれて、僕を抱きしめてくれて。…ガガ、またかわいくなったね」
ザ・イナガキ全開の言葉でした。
色々あってもキメるときはキメる。うちのゴローはさすがです

ガガ様は歌だけ?と思ったら、そんな訳ないですよね。この後ビストロも収録しました。
その模様はお正月SPでのお楽しみです。


拍手ありがとうございます

深夜の特別授業 ~タブーなきジャニーズ~ (「ゴロウ・デラックス」 11/29)

いよいよ12月になりました。その最初の記事がこれなんですが、気にせず行きます(笑)。

「今夜のゲストは、芥川賞も取られた大学教授の方です。」(小島さん)
「じゃあなんかこう、アカデミックな方ですか?」(吾郎)
「…まあ、知識は増えると思いますよ。知識は…」(小島さん)
小島さんの意味あり気な笑顔の意味とは…?

課題図書:「えろたま」 荻野アンナ

荻野アンナさんは1991年に「背負い水」で芥川賞を受賞し、現在は慶応義塾大学文学部教授。金原亭馬生師匠に弟子入りし落語家(二つ目)としても活動していらっしゃる多才な方です。
「さっきご挨拶しましたが…この本のイメージと結びつかない。」と吾郎。「この本をもらって夜ベッドで読んでたんですが、なんかザワザワしましたね。やっぱり元気じゃなきゃいけないなって。」更に「俺はたってるぜ!(注:画面の字幕は漢字でしたが、ここでは検索よけの為に平仮名にします)」とシャウト(笑)。
吾郎をそこまでさせる本っていったいどんな本なのでしょう?

荻野さんの専門はフランス文学。「おフランス文学という感じで高尚に思われがちですが、漫談の様な部分もあるんですよ。それが落語ともつながるんですね。」と荻野さん。
「えろたま」は荻野さんが東スポ(あの!)に連載した文章を本に纏めたものです。元々金原亭馬生師匠が東スポに連載していたのを荻野さんが引き継ぎました。「最初は時事ネタで月イチで、という事だったですけど…。」内容が変わっていったんですね。
「東スポを読む人は学会誌を読まないし、学会誌を読む人は東スポを読まないから大丈夫、と言っていたんですけど、あるパーティで赤ワインのグラスを持った先生がいらして、『荻野さんって幅広いよね』と言われて…。」(荻野さん)
「読まれた?!」(小島さん)
「偶然目にしたらしくて…。思わず持っていたワインを落としそうになりました。」(荻野さん)
幅広くてもいいじゃないですか!

小島さんが朗読したのは「熟女のたしなみ」についての文章。荻野さんが温泉で出会った還暦のお姉さまが女性としてのお手入れをきちんとしていた、つまり現役だというお話です。
「性の為だけにそこまでするというのはちょっと怖いですね」と吾郎はやや引き気味でしたが。
そしてここから「オギノ式深夜の特別授業」が始まりました。古今東西の性にまつわるディープで意外なお話が聞けて面白かったです。ここでの吾郎の一番のヒットは「フォックスでお尻を拭く」発言でしょう。いや、詳しくはあまり書けませんが…。

吾郎の朗読部分は荻野さんがネタを仕入れによく行く「ある薬局」について。それは「赤ひげ薬局」という精力剤専門の薬局で、荻野さんは現在2種類の精力剤を飲んでいるそうです。
ここからはAD山田くんと荻野さんのロケ映像です。山田くんは荻野さんと一緒に横浜の「赤ひげ薬局」へ。表におかれた白衣の人形の胸にはしっかり「絶倫」の2文字が書かれています。と同時に「入りにくい人の為に」(by 山田くん)「入口は2か所あります」という紙もドアに貼ってあります。その裏口から2人はお店の中に入り、お店の方に色々な精力剤を見せてもらいました。(終始メモを取り続けていた荻野さんはさすがです。)2人で精力剤を試飲(?)させてもらい、山田くんが「ゴロウさんと小島さんに…」とお土産を選びました。(「ゴロウさんは、あくまで僕のイメージですけど草食系で…」と山田くんは言いましたが、そんなことはないと思いますよ。)

そしてそのお土産をスタジオで披露。「これ、飲んじゃってください。」と山田くんから精力剤のドリンクを手渡され、「番組で精力剤を飲むジャニーズって僕だけだよ?!」と言いながらも吾郎は男らしく一気飲みしました。「あ?!キターーー!」と大げさに反応してみせた後、「でも普通に、栄養ドリンクと同じ味ですよ。美味しい。」と冷静に言う吾郎。そこへ山田くんが「それからゴロウさん、『二回戦』です。」ともう一本の精力剤を渡したので、吾郎も小島さんも荻野さんも爆笑しました。(『二回戦』ってすごい名前ですね。)
番組の本番で精力剤を2本も飲んだジャニーズは確かに吾郎位しかいないでしょう。タブーなきジャニーズ!体張ってます!!

ところで、この「えろたま」のゲラチェックをしている時荻野さんに大腸ガンが見つかったのだそうです。
「手術をするとどうしても体力は右肩下がり、元気がなくなるんですよ。そんな時看護婦さんに『何か(ネタは)なぁい?』とそういうお話を伺っていると、不思議な事に何か(病気に)効くんです。やはり下ネタというのは自由で平等で、元気になるものなんだと思います。」と、荻野さんは優しく上品な微笑みを浮かべました。

どんな際どい下ネタを話しても、精力剤を飲んでギラン!と反応しても全然下品にならないのは吾郎ならではでしょう。本当は吾郎にロケに行ってもらいたかったのですが、スタジオのトークが楽しかったので、今回はこれで良かったと思います。


拍手ありがとうございます

プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる