Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年09月

映画「おしん」情報

おはようございます
今夜はいよいよ4時間半の生放送「SMAP GO! GO!」ですが、映画「おしん」でも嬉しい情報がありますのでお知らせします。

1.中国本土最大の映画祭、第22回「金鶏百花映画祭」にて国際映画部門最優秀作品賞を受賞!
一般の人々も含め約4万人が参加するという中国最大の映画祭で、日本映画では初の最優秀作品賞を受賞との事、おめでとうございます!(サイドバーに「おしん」公式HPのリンクがありますので詳しくはそちらをご覧ください。)
「十三人の刺客」が公開直前にベネチア国際映画祭で好評を博し、それを機にがぜん盛り上がったのを思い出しました。
10月12日の公開を前に幸先の良いニュースです♪

2.映画「おしん」ナビ

10月6日(日)15:00~15:30 TBS

濱田ここねちゃん、上戸彩さん、泉ピン子さん、そして吾郎など「おしん」出演者の皆さんが色々と語って下さるそうなので注目です♪


拍手ありがとうございます


スポンサーサイト

スマステで稲垣吾郎の新企画始動!

今年になって「月イチゴロー」が2回しか放送されず淋しい思いをしていましたが、昨日のスマステで突然発表がありました。

稲垣吾郎の新企画「ムービージャッジ」が始まります!!
吾郎の映画コーナーが続くと分かってとても嬉しいです。

「話題の映画2本をどちらが面白いか判定する」企画だそうですが、月イチでやってくれるのかどうかなど、詳細はまだ分かりません。

映画が大好きで、どの作品でも良い所を見つけて褒める吾郎の良さが生かされれば良いなと思っています。

番組公式BBSには期待と要望を込めた応援メッセージを書き込んできました。
皆さんも是非番組に応援の声を届けて下さい。よろしくお願いします。


拍手ありがとうございます


ストスマの放送時間が変わります

おはようございます

一昨日のストスマの最後でお知らせがありましたが、10月(来週)からストスマの放送時間が変わります。

文化放送では毎週木曜日19:30からです。
それ以外の放送局についてはそれぞれご確認ください。

今までより2時間早くなるので、慣れないうちは聴き忘れる事があるかもしれません。
でももし放送を聴き忘れる時があっても、メールや葉書を出すのは忘れないようにしたいです。というのもここは野球シーズン中はナイター中継の時間帯だからです。
半年後、春の改編の時ちゃんと番組が残れるようにしっかり応援していこうと思っています。


拍手ありがとうございます

祝100回!そしてめざせ全国放送! (「ゴロウ・デラックス」100回SP 9/19)

本の著者の方をお招きして稲垣吾郎と小島慶子が朗読を交えてお話を伺う良質の深夜番組「ゴロウ・デラックス」が
めでたく100回を迎えました
おめでとうございます

ということで今回のゴロデラは100回SP。日本一の売り上げを誇る紀伊國屋書店新宿本店から始まりました。
お店の前で極小のくす玉を割った後(笑)吾郎と小島さんは中へ移動。そこには紀伊國屋さんが番組100回記念に作って下さった特別コーナーがあり、番組で取り上げた100冊の本がずらりと並んでいました。
懐かしそうにそれらの本を手に取る吾郎と小島さん。ちなみに吾郎が一番人に貸した本は宋先生のSEX本で「一番読みつくされて指紋がついてるのがコレ」だそうです(笑)。

そして100回目に相応しいゲストは、60年代から現在に至るまで最前線で活躍を続ける美術家の横尾忠則さんです!
吾郎と小島さんは横尾さんの個展が開かれている画廊へ。吾郎は以前にも番組で横尾さんとご一緒した事があり久しぶりの再会となりました。

課題図書 :「横尾忠則全装丁集」 横尾忠則

横尾さんは60年代に衝撃的なイラストを数々発表して以来、本の装丁、高倉健さんの映画ポスター、大阪万博繊維館の建築デザイン、テレビドラマのタイトルバック、絵画など幅広く活躍しておられます。
「本の装丁はほとんどがその本の著者から直接頼まれる事が多い。」と横尾さんは言います。そこへ先日のスタジオゲスト瀬戸内寂聴さんのVTRが流れ「私も横尾さんに自分の本の装丁をお願いしましたが、本屋で目立つんですよ。」とコメント。横尾さんの装丁した本は売れるそうです。
横尾さんのサイケデリック(死語?)なイラストはインパクトが強く、ミック・ジャガーがポスターに使いたいと言った程。横尾さんの交友関係は広く、三島由紀夫さんやジョン・レノン&オノ・ヨーコ夫妻など各界の著名人の思い出話が次々飛び出しました。

番組の後半では横尾さんのアトリエにお邪魔してお話を伺ったのですが、その前に横尾さんお気に入りのY字路を3人で見に行きました。Y字路は横尾さんが繰り返し描いているモチーフです。住宅街の中の一見平凡なY字路が横尾さんにインスピレーションを与えているのは面白いです。

横尾さんのアトリエは天井が高く広い窓の外には青々した緑が広がりとてもゆったりした空間です。
ここには横尾さんの作品や無数のパレット(=紙皿)その他の道具が雑然と置かれていますが(横尾さんすみません)本棚の上に「お宝」と書かれた箱がありました。中にはサイン入りの宝塚のポスターが何枚も入っています。
ここでも横尾さんの交友の広さを感じました。

交友といえば、横尾さんは先日ゴロデラゲストに来て下さった瀬戸内寂聴さんとも仲が良く、一緒にインドに旅行した事もあるそうです。その時の思い出話がそれぞれの口から(瀬戸内さんはVTR)語られたのが面白かったです。本当に楽しそうでした。

最後に横尾さんが見せて下さったのは分厚くて大きなサイン帳でした。ここには横尾さんが出会った色々な方のサインが残されています。「これはねクリエーターの方に書いてもらってる」と横尾さんがおっしゃる中に、吾郎のサインもありました!「稲垣芸術館」(2000年)に横尾さんがゲストで出て下さった時にサインしたのです。「こういうの自信がなくて」という通り吾郎のサインはページの下半分に遠慮がちに書かれていました。
今回は横尾さんも褒めて下さったAD山田くんの消しゴムはんこをページの一番上に押し、吾郎、小島さん、山田くんのサインをバランスよく配置しました。横尾さんのサイン帳に2度もサイン出来るなんて光栄な事ですね!


ところで紀伊國屋書店新宿本店のゴロウデラックス特設コーナーは10/9(水)までの予定だそうです。期間の残りが少なくなりましたが行かれる方は是非いらしてみて下さい(一応確認されてからお出かけなさる事をお勧めします)。


拍手ありがとうございます

30日の生放送で「古畑」生ドラマ!

今朝の「めざまし」や各スポ紙で発表されたので皆さんご存じと思いますが、30日の生放送「SMAP GO! GO!」内で
「古畑 vs. SMAP」の続編が放送されます!

三谷幸喜さんの脚本・演出で生ドラマ♪
ドキドキワクワクする企画です。

殺人を犯したSMAPの5人が収監中の刑務所から脱獄を謀るというストーリーですが、「刑務所を舞台にしたSMAP5人のドラマ」というのは先日のTVガイドのインタビューで吾郎がやってみたいと言っていた設定なので、偶然の一致かもしれませんが嬉しいです。
(前回の古畑ドラマで5人が殺人を犯してから14年経つので普通に考えるともう仮釈放されているはず…などというツッコミは脇に置いておいて・笑)

明日午後の「古畑」再放送はその宣伝も兼ねているのでしょうね。

なにはともあれ月曜日が楽しみです♪


拍手ありがとうございます

「古畑任三郎 vs. SMAP」再放送♪

関東ローカルかもしれませんが、「土曜ワイド」枠で「古畑任三郎 vs. SMAP」が再放送されます。

2013年9月28日(土) 15:05~17:30

三谷幸喜さん脚本の伝説のドラマです。最近SMAPファンになったのでまだ見ていない方には特にお勧めですので、是非ご覧ください


拍手ありがとうございます


TVガイドアンケート 「Actors SMAP」 (TOP記事)

現在発売中のTVガイドの特集は「Actors SMAP」。5人の俳優活動を詳しく取り上げています。
それに伴い「メンバーの代表作はこれだ!」と題したアンケートを実施しています。
これはSMAP全員で出演した作品、各メンバーが出演した作品の中からそれぞれの代表作を選ぶというアンケートです。ドラマ、映画、舞台が対象で、選んだ理由も書く事になっています。

センター閉じ込みに載っている俳優集団SMAPの出演作年表を読んでいるうちに段々迷い始めました。特に吾郎のはどれも思い入れが強くて簡単には選べません。
主演連ドラの中では

「心療中」

が一推しでしょう。吾郎の演技、脚本、演出とも質が高いからです。DVD化されているので吾郎のお芝居を今まで見た事のない人も見る事が出来ます。
吾郎の演技が絶賛され海外でも評価の高い

「十三人の刺客」

も推したい作品です。重厚な脚本とダイナミックな演出には映画ならではの魅力があります。
しかし吾郎の本領が一番発揮されるのは舞台だと私は思います。

「ヴァージニア・ウルフなんてこわくない?」

は是非再演して欲しい作品です。
でも考え方を変えて、まだDVD化されていない

「金田一耕助シリーズ」
「Dr.検事モロハシ」


に投票するのも良いかも知れません。DVD化や新作のお願いはまずTV局にしなければなりませんし、私も出してはいますが、もしこういうアンケートで1位になればその後押しになるかもと思うのです。

…という訳で吾郎だけでもこれだけ迷うのですから他のメンバーやSMAP全員の出演作の代表作を選ぶのはなかなか大変そうです。
投票は葉書、FAX、メール、twitterのDMで受付中で

9月20日(金)必着

です。
現在発売中のTVガイドをご覧になって是非皆さん応募して下さい。詳しい応募方法は「スマ新」のページに載っています。
スマ新へのご意見・ご感想もお忘れなく。


拍手ありがとうございます

天ぷらでお・も・て・な・し (「スマスマ」 9/16)

今回のビストロ別館のゲストはヒュー・ジャックマンさん。「レ・ミゼラブル」でおなじみで現在「ウルヴァリンSAMURAI」が公開中のハリウッドスターです。
とても華やかで楽しかったです♪
スタジオに登場するとヒューさんは「タクヤ」「ゴロウ」「ツヨシ」「シンゴ」と一人一人の名前を呼びながら握手。マナーがスマートで人の心を掴む魅力にあふれています。
オーダーは「最高の天ぷら」。4人のシェフがそれぞれ腕を振るいました。
ヒューさんの語り口は終始和やかでユーモアに富み面白かったです。特に俳優になったきっかけが大学で単位を取りたかったから、というのは意外でした。出席さえしていれば寝ていても(笑)2単位貰えるからと取った演劇の授業でなぜか演劇の主役をやる事になった(しかも教授のくじ引きで)、というのは不思議な話ですね。でも、人生を変えるきっかけって案外そんなちょっとした事かも知れません。ヒューさんの為に天ぷらを揚げている人達も元はと言えばお姉ちゃんやお母さんやおばさんが事務所に履歴書を送ったり、友達につきあって一緒にオーディションを受けたりした人達なんですから。
咳こむ中居オーナーを「マサヒロ、働き過ぎじゃないですか?」と気遣うヒューさん。とても優しいですね。そしてハリウッドスターに「働き過ぎ」と言われる日本のトップアイドルに改めて萌えました。
「ウルヴァリンSAMURAI」は日本が舞台なので、新宿や地下鉄など色々な所でロケをしたそうです。ヒューさんはタクシー運転手が白い手袋をしている事に驚き、地下鉄の駅が清潔な事に感心していました。
そして富士山にも登ったそうですが、ここで吾郎が「僕はプライベートで昔登った事はありますが仕事ではない」と発言。初めて聞く話ですけど?いつ誰と登ったのかが気になります。
そして吾郎が料理する番になった時、ヒューさんと剛のヨーヨー対決が始まり全員が席を立ったので吾郎は体面キッチンの中に一人ポツンと取り残されてしまいました。「これ対面キッチンの意味無いでしょ?!俺、何に向かって料理するの?」と吾郎が言うとヒューさんが笑って戻って来てくれました。
ヨーヨーもトークも盛り上がり、SMAPの「お・も・て・な・し」(流行語の予感)はヒューさんのお気に召したようです。
「最高の天ぷら」対決は慎吾の勝ちで「ウルヴァリンSAMURAI」でヒューさんが実際に使った金属の長い爪がプレゼントされました。良かったね慎吾♪

先週のノンストップ40分生スタジオライブ直後の5人にインタビュー。先週火曜に「めざましテレビ」で放送されたのとほとんど同じ内容でしたが、「6年後(の9月9日月曜日)には60曲目を出している頃かな…」(中居)「その時60曲だと今回みたいな事になるから、ちょっとずらそう」(慎吾)の会話に笑いました。

新企画「ダルマサンガコロンダ」はオネエ集団(クリス松村さん、IKKOさん、カバちゃん)と木村くん、吾郎、剛の6人での「密着ゲーム」。昔流行った「ツイスター」のデジタル版(?)みたいで予想以上に面白かったです。今度はSMAP5人だけでやって欲しいですね。吾郎の顔が終始キリリとしていたのも萌えポイントでした。

「ATARU」のコントと中居くんのソロ曲「ねぇ…」。土曜日に封切られた映画は早くも大ヒット確実の様で何よりです♪


9月30日の特番の予告もありました。午後7時から4時間半の生放送でタイトルは「SMAP GO!GO!」。フジテレビ秘蔵のSMAP映像や5人旅以来の新しい5人の企画などが見られるそうなので楽しみに待ちたいです。


拍手ありがとうございます

新橋のガード下から (「ゴロウ・デラックス」 9/13)

今回のゴロデラはロケです♪しかも新橋のガード下♪♪
古めかしい通路を歩きながら「平成25年ですよね」(小島さん)「しかもここ日本ですよ」(吾郎)とまるで異次元扱いです。
二人がたどり着いたのは「丸の内新聞社員食堂」という看板が掲げられた小さな食堂。「ここあまりゴロウ・デラックスとは関係ないみたいですけど」という吾郎に小島さんは「いえいえ、結構関係あるんですよ。」と意味ありげな発言を。この中で待っていた人物とは?!

課題図書:「月下上海」 山口恵似子

山口恵似子さんはこの作品で第20回松本清張賞を受賞した今注目の作家ですが、この食堂に勤める「食堂のおばちゃん」でもあります。山口さんは白衣と三角巾姿で小島さんと吾郎を出迎えて下さいました。
まずは山口さんが作って下さったポークジンジャーを二人は頂きました。「おいしい、家庭的な味」と吾郎は嬉しそうです。そしてその流れで山口さんにお話を伺いました。
山口さんは松本清張賞の授賞式でのスピーチが話題になったそうです。その時のVTRが流れましたが確かに自由奔放です。それを見た吾郎は「一発かましましたね。台詞が完全に頭に入ってるもんね。」と感心しました。
山口さんは元々脚本家志望でプロットライター(ドラマの筋書きを書く人)をしていましたが、40歳になった頃自分より若い30代の脚本家が活躍するのを見て、小説を書き始めました。そして55歳で松本清張賞を受賞されたのです。
食堂のおばちゃんになったのは30歳の時。理由は勤務時間が昼食までで、午後の時間は執筆に使えるから。「書く事」を優先させる生活なのです。
「月下上海」は戦時中の上海を舞台に、スキャンダルを逆手にとって人気画家になった多江子と4人の男たちの物語です。吾郎と小島さんが朗読したのは上海のダンスホールで多江子と中日友好協会の岸とが踊るシーン。意味深な大人の会話を楽しむ二人、が岸は多江子の秘密を知っているようで…!、という展開に、読み終わった途端ジャジャジャーン!と「火曜サスペンス劇場」のテーマ曲が鳴り響きました。
官能シーンも沢山あるそうで、「どんな恋愛をされてきたのかしら?」と小島さんが聞くと山口さんは
「恋愛はしたことありません」
とキッパリ。その途端吾郎がビックリして顔を上げました(ここが今回の私の一番のツボです)。本当に素で驚いていました。
「初恋はしたんですけど、それに比べると…。あれを恋だとするなら、これは恋愛の劣悪なコピーだな、と思って…」という山口さん。吾郎は「うーん、劣悪なコピーにすぎないって…。本当に大きな恋って何回したんだろうね。」としみじみと考え込みました。
授賞式のスピーチで山口さんは「(松本清張賞の)賞金(500万円)はすべて呑みます」と宣言しました。それについて山口さんは「賞金というのあぶく銭なんです。だから呑みます。でも私今すごく忙しくて、夜風呂上りに牛乳を飲むみたいに缶チューハイ2本をガーッと流し込んで寝てるんですよ。こんなちまちました呑み方をしていたら、500万円を使い切る前に私の寿命が終わっちまう」と率直に話しました。
「じゃあこれから呑みに行きませんか?」(小島さん)「新橋だしね、ここ!」(吾郎)という事で仕事終わりの山口さんと共に居酒屋に呑みに出かけました。
席に着くなり山口さんは地酒を注文。「『とりあえず』はないんですね」と吾郎は思わず笑いました。お酒を飲みながら山口さんのお見合い経験談も飛び出しました。

番組ではAD山田くんが食堂のアルバイトとなり山口さんのお仕事に密着したVTRも流れました。なかなか大変なお仕事ですが山口さんは辞めるつもりは無いそうです。「食堂のおばちゃんだから話題になるし、ゴロウ・デラックスにも取材に来て頂ける。そうでなければポッと出の新人なんて注目されませんよ。」と山口さん。「これからですよ」と最後に吾郎は温かい励ましの言葉をかけていました。


拍手ありがとうございます
以下お返事


続きを読む »

SMAP酔いに感謝! (「スマスマ」 9/9)

9月9日はSMAPデビュー記念日。番組が始まる前から胸がドキドキしていました。

シングル50曲をノンストップで約40分生スタジオライブ!!

ライブのメドレーでも40分間歌い続ける事は無いので正に前代未聞です。「果たして踊り歌い切る事が出来るのか?!」というバラエティ番組らしい予告に若干の不安を覚えつつも期待しながらTVの前に座りました。

そして…
想像以上に素晴らしかったありがとうSMAP

番組冒頭、5人の控室の外から榎並アナウンサーが小声で番組の紹介をしました。この時カメラが部屋に入らなかったのが良かった。5人のきりっと緊張した表情、張りつめた空気。それがそのまま伝わってきて、ライブが始まる前の高揚感をTVの前で味わいました。

ステージ奥のモニターに「Joy!!」から始まり各シングルのジャケット写真と共にカウントダウンが始まると観覧のお客さんのテンションは急上昇。そしてストスマのジングルでもおなじみの「Can't Stop! ~Loving~」のイントロが鳴り響いてライブがスタート!
衣装はシンプルな黒スーツですが裾が長くてフレアになっていてターンをするときれいに翻ります。当時のオリジナルの振付なので昔の曲の振りはとても可愛いです。そして「$10」以降のR&Bパートになるとがぜんカッコよく♪
SMAPの魅力が全開です
ステージ後ろや横のモニターには当時のライブ映像やジャケ写が映し出されました。そこにちゃんと森くんが入っていた事が本当に嬉しかったです。SMAPは6人で始まって今は5人になったけれどずっと同じSMAPなのだという事がやっと当たり前に認知されたのですね。
「はじめての夏」では一人一人の当時の映像(テレ朝の「桜っ子クラブ」)と今の彼らを並べて映しましたが、これは今の自分によほど自信が無いと出来ませんね。実際若いころより今の方がカッコいいですから!すごく良い年の取り方をしていますから!!(エヘン)
スタジオの中に作られた3つのステージを移動しながら途切れなく歌い、更にはスタジオを出て通路でも歌う。とても過酷な事なのに5人とも笑顔でやってしまうのがさすがです。「セロリ」を歌い終わって通路に出た途端吾郎が子供の様な無邪気な笑顔で猛然とダッシュした時の可愛らしさときたら!!一瞬の出来事ですが本当に幸せになりました
懐かしい曲を聴いているうちに懐かしい思い出がよみがえってきました。楽しい思い出も辛い思い出も全部SMAPの曲と一緒にあったんだなあ、SMAPと一緒に今まで歩いて来たんだなあ…。
SMAPと一緒の時代に生きていて良かったなあ。
そんな思いが頭の中を駆け巡りました。
(翌日の「めざましテレビ」の番組終了直後インタビューで吾郎がやはり「色々な思い出が走馬灯のように駆け巡りました」と言っていたのが嬉しかったです。)
メドレーも後半になって私は「大丈夫か?頑張って!」と思いながら見ていましたが、やはりSMAPはプロでしたね。途中少し疲れた感じも見えましたが最後の「Joy!!」では元気を取り戻し、会場と一体となってフルコーラスをじょいじょい♪しました。

見事歌い終わったSMAPはみんな良い顔をしていました。吾郎はノンストップで歌い踊っている間に髪がいい感じに乱れ額の汗がライトで光って実に色っぽかったです(本人にとって髪の乱れは不本意かもしれませんがファンとしてはとても美味しいですね)。中居くんもテンションが高く全員から「やり遂げた感」が感じられました。
吾郎がさりげなく言った「SMAP酔いした」という一言はスタジオとTVでこの番組を見た全ての人の感想でしょう
そして最後にはちゃんと東日本大震災支援金の呼びかけVTRもありました。これも良かったです。


予告で煽っていたようなバラエティ色はなく、とても質の高い歌番組でした。スマスマスタッフさん、ちょっと疑ってしまってごめんなさい。中居くんが言っていたようにスマスマを続けてきたからこそ出来た企画だと思います。そして「SMAPの魅力を見せる」という番組の原点に立ち返ったからこそ成功したのだと思います。
(小道具の椅子やスクリーンの背景色については違和感がありましたが…。中居くんが青で吾郎がピンクです。そこを直してくれたら100%原点回帰だと言えるのですが。)

そして翌日の「めざましテレビ」を見て確信しました。
ライブ終了直後の吾郎は神々しいまでに美しい!!

4月の「5人旅」と共に永久保存版決定です♪


拍手ありがとうございます







かっこいい奥さんが欲しいですか?! (「ゴロウ・デラックス」 9/6)

更新がすっかり遅くなってしまいました。実は今昨日(10日)のめざましテレビのSMAPインタビューを見ながらこれを書いています

今回のゲストはとてもカッコイイ女性です。

課題図書:「MY STYLE」 清原亜紀

主に雑誌で活躍するモデル、清原亜紀さんは1967年生まれで2人の男の子を持つ母親、そして元巨人軍の清原和博さんの奥さんです。黒のスーツに白いシャツを着こなし、颯爽と登場する姿はとてもカッコイイです。上のお子さんが5年生で下が2年生というのは小島さんも同じだそうで、話が合いそうな感じがしました。
アクセサリーは殆ど付けない清原さんのお洒落のポイントはストールだそうです。ここで色とりどりのストールがいっぱい入ったバスケットを持ってAD山田くんが登場。清原さんにストールの巻き方のコツを見せて頂きました。まず吾郎がカーキ色のジャケットに合わせて紫色のストールを選び自分のやり方で首に巻きました(これだけでも十分素敵です)。そこに清原さんがちょっとアレンジを加えるととてもお洒落になりました。
清原さんは鏡を見ないで、家を出て歩きながらストールを巻いてしまうのだそうです。実演して見せて下さいましたが本当にさりげなく巻くだけですごくお洒落になるのです。「5秒でカッコいい」と小島さんが言いましたが,これこそプロの技でしょう。小島さんもストールを巻いてもらってカッコ良くなりました。
吾郎も小島さんもファッションの話題に興味津々で目を輝かせていました。

そして朗読タイム。今回は小島さんが清原さんのお弁当のくだりを朗読しました。少年野球をやっている息子さんに手作りのお弁当を作り続ける清原さんの思いが伝わってきました。
そしてなんと、清原さんは吾郎と小島さんの為にお弁当を作って持ってきて下さいました。吾郎も小島さんも「おいしいおいしい」と言いながら、パクパクと食べました。思わず「結婚っていいなあ―!」と叫んだ吾郎。男性は胃袋を掴まれると弱いというのは本当みたいですね。ここ数年吾郎は「結婚したい」ニュアンスの発言を時々しますが本気で結婚したくなっているんでしょうか、気になります。

前半はおしゃれの話題で盛り上がり,後半は美味しいお弁当に舌鼓を打ち、本当に吾郎も小島さんも楽しそうでした。いつものゴロデラと少し雰囲気が変わって面白かったです。


話題は変わりますが、今週土曜(14日)のスマステでは残念ながら月イチゴローはないようです。久しぶりに見られると期待していただけにがっかり感が大きいです。今度はいつやってくれるのでしょうか(公式BBSには書き込みしてきました)。


拍手ありがとうございます

2020年7月24日に

SMAPは、そして私はどうしているだろう?と考えました。

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催決定おめでとうございます

その時の自分の年齢を考えてちょっとショックを受けつつも、見に行きたいと思ったり、その時SMAPはどうなっているだろうか、きっと今より輝いているんだろうと訳もなくワクテカしてみたり。この週末はお祭り騒ぎの興奮と不思議な感傷に包まれて過ごしました。

今日本は色々と深刻な問題に直面していますが、それらを乗り越えて、7年後には胸を張って世界中からゲストをお迎え出来るようになればいいと思います。


そして今日はSMAPのデビュー記念日。22歳の誕生日です。おめでとう。
今夜のスマスマでは40分のノンストップ生スタジオライブを披露してくれます。こちらも本当に楽しみです。


拍手ありがとうございます

雑誌情報、それから…

9/11(来週水曜日)は雑誌デーです

「TVガイド」「ザ・テレビジョン」は表紙&特集がSMAP。秋のお仕事情報に期待したいです。
「an・an」には「稲垣吾郎のシネマナビ」が。こちらも見逃せません。

それから、9/30(月)にはSMAPによる4時間超の生特番もあるそうです(フジテレビ公式HPより)。
詳細が出るのが楽しみです。


拍手ありがとうございます

火謡曲フィナーレ (9/3)

1年半続いた「火謡曲」が最終回を迎え、SMAPも出演しました。
オープニングはバトントワラーの先導でスマさんが登場、「Joy!!」で生放送の会場を盛り上げました。今回の衣装が全員お洒落で良かったです。吾郎のグリーンのトレンチコートは光る素材で華やかでした。
グリーン地のチェックのジャケットを着た中居くんに吾郎は「おそろいだね」と言い、いきなりハグしに行きました。当然会場全体が「キャー!!」の大絶叫。ナカゴロ萌えを提供した上見事に会場のテンションを上げるのに成功しました。さすが、吾郎はいい仕事をしてます

後半のさだまさしさんの歌の最中何回かスマさん達の表情が抜かれましたが、皆いい顔をしていました。歌に真剣に耳を傾け何かを考えている様でした。さださんの「風に立つライオン」も「主人公」も自分に引き寄せて聞ける歌ですよね。スマさん達もきっといろいろな事を思ったのでしょう。この時キムゴロが隣同士だったのが大変美味しかったです。
SMAPの歌が冒頭の「Joy!!」だけだったのは少しさびしかったですが、中居くんが司会を務めた歌番組の最終回をSMAP全員で見届けたのには感動しました。

「火謡曲」終了によって、TBSのゴールデンタイムの歌番組は無くなってしまいました。淋しい限りです。きっとまた復活すると信じて待っています。
「うたばん」「ミュージック・アワー」「カミスン」とTBSの歌番組の司会を務めてきた中居くん、ひとまずお疲れさまでした。


拍手ありがとうございます

イケメンとワイワイ、おにゃのことキラキラ♪ (「スマスマ」9/2)

ビストロ別館のゲストは小栗旬さんと三浦春馬さん。ですがどちらも「くん」づけの方がしっくりくるので以下「くん」づけにします。
オーダーは「ビストロならではの変わりハンバーガー」。SMAPと7人で並ぶと文字通り目の保養になります。そしてイケメン7人のトークはワイワイと楽しそうでした。
「好きな女の子はA、Bどっち?」は随分前に「ベビスマ」でやった企画です。番組同様この企画もどこへ行ったのかと思っていましたが、やっと日の目を見て良かったですね。一番盛り上がったのはビキニについての話で(まあ当然ですが)「ビキニで海岸を歩いても平気なのに、下着ではなぜダメなんだろう」という小栗くんの疑問には笑いました。これに「素材の違いだけだよね。」と即答した吾郎。きっと同じ疑問を持っていたのでしょうね(笑)。
「SMAPと一緒に遊ぶなら?」という質問も興味深かったです。小栗くんは自分の趣味に相手を誘うタイプ、春馬くんは相手の趣味に自分を合わせるタイプみたいです。ちなみに小栗くんは吾郎と登山を、春馬くんは吾郎と映画&お茶をしたいそう。どちらも絵になりそうですね♪
小栗くんは漫画が大好きですが、吾郎が好きな「エリア88」は読んだ事がないとか。是非読んでみて下さい(私も未読ですが)。
お二人が声優を務めた映画「キャプテンハーロック」の映像も少し流れましたが、すごくリアルなCGアニメなので驚きました。これからもどんどん技術は進歩していくんでしょうね。
「変わりバーガー」の判定は慎吾のチョリソーバーガーに軍配が上がりました。

来週月曜日は9月9日、SMAPデビュー記念日ですが11年前の9月9日も月曜日だったということで、11年前に放送された懐かしいデビュー記念日コントを再放送してくれました。デビュー記念日を忘れているメンバー全員につよぽんがハリセンを食らわせるコントです。これをブルレイで残せるのは有難いです。それにしても全員若い!今の方がカッコいいのですが、昔の方が何となく雰囲気が若い(当たり前か)。今は皆柔らかい表情をしています。そしてそのコントからの流れで次週の予告(11年越しの予告という事ですね)。40分のノンストップ生スタジオライブ!本当に期待しています。

歌コーナーのゲストはE-girls。EXILEの妹グループで歌もダンスも上手です。みんな若くて可愛くてキラキラしています。そしてその中に違和感なく溶け込んでいるアラフォーアイドルのおじさん達。違和感が無さ過ぎて探すのに苦労しました♪最近可愛いおにゃのこと共演する度にスマさん達が可愛くなっていく気がします。年と共に女子力が上がっているとしか思えません!
「心療中」で吾郎と共演した須田アンナちゃんはこのグループのメンバーだったんですね。「心療中」では殆ど笑わなかったので、今回の弾ける笑顔を見た時一瞬誰だか分りませんでした。ダンスも上手ですよね。
そんな中エンディングトークでは吾郎の「ウロウロしてる」ダンスが中居くんにネタにされましたが、あれはウロウロしているんじゃなくてメリハリを付けているんです!(笑)

歌コーナーのスマさんを見て来週の生ライブが益々楽しみになりました。来週はうんとカッコいいSMAPが見られると良いなあ♪


拍手ありがとうございます

9月14日は月イチゴロー!

スマステの公式サイトに予告が出ました。

9月14日に月イチゴローがあります!

「月イチ」と言いながらやっと今年3回目になります。本当に首を長くして待っていました。
何はともあれ楽しみです♪


拍手ありがとうございます

良き読み手、良き聞き手 (「ゴロウ・デラックス」 8/30)

本当にこの方がゴロデラのゲストにいらして下さって嬉しいです。
瀬戸内寂聴さん。おん歳91歳で番組最年長ゲストですが若々しくお元気です。
オープニングでは吾郎も小島さんもやや緊張気味。人生のよき先輩からどんなお話が聞けるでしょうか。

課題図書:「夏の終り」 瀬戸内寂聴

「日本語ってこんなに豊かなんだなあ」(吾郎)「色々な気持ちをこういう言葉で表現するのか、って」(小島さん)と二人とも瀬戸内さんの文章の豊さに感動した様子です。そしてスタジオに登場した瀬戸内さんは胸の前で合掌して優雅にお辞儀をしました。無邪気な笑顔も魅力的です。
「瀬戸内さんは稲垣さんとお会いになるのは?」と小島さんが聞くと「初めてです」と瀬戸内さんは微笑んで
「テレビは拝見していますよ。可愛らしい。」とおっしゃいました。「そう言われませんか?」と瀬戸内さんに聞かれた吾郎は「まあ、この歳ですから…。でも若いころの方が角があったかもしれない。若いころより今の方が角が取れて丸くなってきましたね。」と答えました。51歳の年の差を感じさせない自然な会話です。

「夏の終り」は瀬戸内さんの体験に基づいた私小説。妻子ある作家「慎吾」と年下の「瑛太」との間で揺れ動く「知子」の姿を描いています。
吾郎が朗読したのは知子が慎吾の妻が慎吾に宛てた手紙を読んでしまい、瑛太に感情をぶつける場面。感情をむき出しにした知子に瑛太は「出ていってくれないか」と言い放ちます。
瑛太の台詞の読み方が特に上手でリアリティがあるなあと私が感心していると、瀬戸内さんも「上手ですねぇ」と褒めて下さり「読み方が上手かったのと、今これを聴いて自分の文章が上手いと思った」と笑いました。文章のうまさを表現するのも良い朗読なんですね。初めて気づかされました。
「よほど魅力があるんでしょうね、二人の男性がこんなに狂ったように夢中になるなんて」と吾郎は感嘆しています。
「一人の夫だけを一生愛し続ける人なんて少ないんじゃない?」と瀬戸内さんがあっさりおっしゃった時吾郎はちょっと複雑な表情で考え込んだ様に見えました。
「今の時代では何人もの夫や恋人がいるのは当たり前だけれども、昔は夫以外の人を思うなんてとんでもないと思われていたの。その頃に夫以外の人を好きになって正直に言ってしまった(笑)」と瀬戸内さん。学者の夫が病気になった時家にやってきた弟子が「瑛太」のモデルだそうです。
「『慎吾』には口説かれた。『瑛太』は自分から好きになった。」という瀬戸内さんに吾郎は「口説かれるのと自分から好きになる方とどちらが多かったんですか?」と尋ねると「口説かれる方が多かった。」と瀬戸内さんは微笑みながら答えました。「僕も一緒です。」と吾郎はここぞとばかりに自分をアピールしました。

夫以外の男性と恋愛して駆け落ち、離婚を経て小説を発表し、人気作家になった瀬戸内さんは51歳の時出家。その転身ぶりに多くの人が驚きました。
「『流行作家』というのに嫌気がさしていたんです。自分にはもっと高い文学の理想があるのに、実際には『流行作家』という事になってしまっていた。」と瀬戸内さんはその理由を説明しました。「周りの人は止めたんじゃないですか?」と吾郎が聞くと
「円地文子さんは泣いて止めてくれましたよ、『あなたが私の娘なら絶対出家させない』って。男がいたけど(彼は)止めなかった。」と瀬戸内さん。「え?止めなかったんですか?」(小島さん)「だって会えなくなっちゃうじゃないですか」(吾郎)と二人が驚くと「いいきっかけだったんじゃないですか、別れる」と瀬戸内さんは淡々と答えました。
「でも誰かを愛するとか好きになるという気持ちはずっとありますよ。男性との関係は一度もないけれど。」出家して心が自由になれたからこそ言える言葉かも知れません。

番組後半は街の色々な人のお悩みVTRに寂聴さんが答えるという企画でしたが、正直なところもっと寂聴さんの本についてのお話を聴きたかったです。
とはいえ寂聴さんのお話からは自分の煩悩と向き合った末に本当の自由を得た喜びが感じられました。
「私はダメ人間だから戒律が守れない。『嘘をつくな』と言われても嘘はつくし、『人の悪口を言うな』と言われても、悪口を言いながら食べるご飯は美味しいでしょ(笑)。だから一番難しい事を一つ守ろうと思った、それが『Sexを断つ』という事。」
寂聴さんはお肉も食べるしお酒もたしなまれるそうです。「肉を食べないと頭が悪くなる。だから食べなさい。」と吾郎にアドバイス。「ブランデーがお好きなんですよね?」と吾郎が聞くと「昔はブランデーが好きだったけど今は何でも飲む(笑)。シャンパンが美味しいですね。」と寂聴さんは嬉しそうに答えました。

小島さんは以前寂聴さんの講演会を聴いた事があり、その時寂聴さんは「女盛りは60から」とおっしゃったそうです。「昔の60代はおばあさんだったけれど、今は子供が独立して責任が無くなり、夫がいる人は夫が社会的に高い地位にいてお金に余裕もある。だから綺麗にすればいい。」と寂聴さん。
「後20年ある」と小島さんは嬉しそうに笑いましたが私も元気が出ました。輝く60代を迎える為に日々頑張ります♪

最後にお坊さんコスプレの山田くんが「お肉を食べている寂聴さん」の消しゴムはんこを披露しましたが「可愛くないわ」と寂聴さんは一言。いつもは絶賛される事が多いのに今回は残念でしたね。


拍手ありがとうございます