FC2ブログ

ロケの空気がゴロウを自由にする (「ゴロウ・デラックス」 5/3)

「ゴロデラの外ロケに外れなし」のジンクスは今回も健在でした
実に楽しかった

オープニングで吾郎と小島さんは東京オペラシティの外で立っています。空は青くとても気持ちのいいお天気ですが、吾郎は「風が強い。僕のロケの時は風速3メートル以下で!」と早速不平を。
そんな吾郎を小島さんが促して、二人はオペラシティの中へ入ります。そこでは今日のゲストさんが二人を待っていました。

課題図書:「のと」 梅佳代

今日のゲストは写真家の梅佳代さん。現在東京オペラシティギャラリーで個展が開かれており、吾郎と小島さんはそこへお邪魔したのです。会うなり「じゃ記念撮影を」と梅佳代さんは言い、個展入り口の大きなパネルを背景にして吾郎と小島さんを激写。
この後吾郎と小島さんは梅佳代さんの個展を鑑賞しました。「能登」「男子」「じいちゃんさま」など、テーマ別に梅佳代さんの作品が沢山並んでいます。どの写真も楽しさや元気といったものがあふれています。
吾郎と小島さんが盛り上がったのは「男子」シリーズ。小学生男子を撮ったシリーズで、梅佳代さん曰く「おバカでかっこいい年頃」なのだそうです。小島さんはご自分にも小学生の男の子がいるので随分共感していました。
小島「息子の遠足の集合写真を見ても必ず誰かが白目をむいていたり…。吾郎さんは白目向きませんでした?」
吾郎「むきませんよ(キッパリ)。それってアピールだよね。僕はアピールしたくないの、今も。何でタレントやってんだか(笑)。」

この後AD山田くんと一緒にゴロウ撮影会となったのですが、これが本当に面白かったです。梅佳代さんオススメの撮影エリア上野で気の向くままゴロウを撮る梅佳代さん。最初に行ったデパートの屋上は昭和のレトロな香りが一杯で、童心に戻って徐々にテンションが上がっていくゴロウを絶妙なタイミングで撮っていきます。
梅佳代さんは普通の会話をしながらさりげなくカメラを構え、タメ口で話しながらドンドンシャッターを切ります。それで撮られる方も構えず楽しく撮ってもらえるのかもしれません。
一行は更に不忍池に行ってボートに乗る事に。「スワンの所に立って、ゴロウさん。」というリクエストに応えて、スワンボートの間に立ち更に(「明星」風に)スワンにキスするゴロウ。梅佳代さんは大喜びです。さらにボートに乗り込もうとしてへっぴり腰になったゴロウや、ボートを漕ぐのに疲れたゴロウや、足こぎスワンボートで接近してきた小島さん&山田君など、梅佳代さんの撮影は好調に続きました。
夕方になり、最後は太陽を背にしてゴロウ、小島さん、山田くんの3人を記念撮影して撮影会は終了。「本当に楽しかった」とゴロウは満足そうでした。

梅佳代さんの撮ったゴロウは今までの稲垣吾郎の写真とは一味違って見えました。稲垣吾郎にはまだまだ知られていない素敵な顔があるのでしょう。そんな顔をもっと見たいですね。


拍手ありがとうございます





スポンサーサイト