FC2ブログ

永遠の演劇青年 (「ゴロウ・デラックス」 4/19)

不思議なもので、その人の佇まいや雰囲気って外見に表れるものですね。
今日のゲストさんは俳優。しかも30年前の演劇学生の雰囲気をそのまま残している方です。
今や刑事ドラマの鑑識員役で大人気のあの方。そして今クールでは「TAKE FIVE」で吾郎と共演しているあの方。その為か吾郎も小島さんも今日はリラックスしていたようです。

課題図書:「三角でも四角でもなく六角精児」 六角精児

前屈みでカーテンをくぐる姿はまるで居酒屋の暖簾をくぐるよう。いい感じに力が抜けています。
そんな六角さんに対して「ここまででたらめな人だとは思わなかった。でたらめな感じのキャラクターにしているんだと思った。」と吾郎が一言。今までの六角さんの破天荒な半生が書かれた本なのですね。
どれくらい破天荒かというと…。

六角さんは今までに4回結婚していますが、吾郎が1回目の結婚の切ない話を朗読しました。酒とギャンブルに浸っている六角さんを一人暮らしさせる為に彼女が愛車のスターレットを売ってしまった話です。
「坂道を転がるように結婚するんですよ」と説明する六角さんに「どういう結婚なんですか!」と思わず叫ぶ小島さん。六角さんはいつも結婚を申し込まれる方なのだそうです。「六角さんは入り口は狭いけど、そこをくぐりぬけて中に入ると抜けられなくなる(魅力がある)気がする。」と小島さんも少し納得したようでした。
「結婚すれば変わると思ったんでしょうね。」と六角さん。しかしギャンブル大好きで毎晩飲み歩く癖は変わらず、酔って知らないあじさんを連れて来て泊めてしまうので離婚に至る…を今まで3回繰り返したのですね。ちなみに今の奥さんは2回目の奥さんとの再婚だそうです。
小島さんが朗読したのは借金の話。かつて渋谷駅近くに1回から最上階までサラ金の入ったビルがあったが、その全部のサラ金から借りていた時期があったそうです(最大の原因はギャンブル)。
「よくドラマで、サラ金の怖い人が出てくるじゃないですか。本当にそんなことあるんですか?」と吾郎が訊くと「パンチパーマの人が出てくる事はありますよ。渋谷のそのビルの最上階にあったDという所ではイチジク柄のネクタイを初めて見ましたね。Dは奥に本当に仏壇がありました。」そしてサラ金と闇金の金利(利子)にやたら詳しい六角さん。とほほ…。

そんな六角さんは芸能界きっての大の鉄道ファン。AD山田くんが持ってきたJR時刻表を手に、ヴァーチャル旅行の案内をしてくれました。六角さんのお勧めコースは鹿児島の秘境駅を巡る旅。途中の景色も素晴らしいそうです。
「絶対行きたい。TAKE FIVEの撮影中に行く。」と冗談めかして吾郎が言うと、六角さんが間髪をいれず羽田発の飛行機の時刻、鹿児島空港への到着時刻、列車の時刻を言ってみせたので吾郎はやや引いてしまいました。

その他にも六角さんが長年住み愛してやまない街下北沢のディープスポットを紹介してくれて、とても楽しかったです。AD山田くんが消しゴムはんこで作った六角さんの似顔絵もとても似ていて味があって良かったです。

六角さんが芝居を始めたのは30年位前。私も30年前は大学生でしたが、周りには破滅型の演劇青年みたいな人が確かにいました。六角さんはそのままプロになって成功した方の様に思います。だから見ていて何となく懐かしい感じがしました。
そういえば、あの人達今頃どうしているかなぁ…。


拍手ありがとうございます







スポンサーサイト



ツボが多すぎて… (「スマスマ」 4/15)

リピが止まりません。
そうこうしているうちに吾郎舞台の先行抽選の申し込みが始まり昨日は電話をかけるのに追われヘロヘロになって(何しろ電波が悪くて通話がブツブツ切れるのです)、寝落ちしてリアルタイムで観られなかったゴロデラを今見ながらこの記事を書いています。

でスマ5人旅の後篇はUSJ完全版。ものすごい数のギャラリーが見守る中広報担当の方に案内されてまずはグッズが売られているショップへ。USJ限定の「Battery/Mistake!」のCDを感心して見るスマさん。もしかして実物を見るのは初めてなのかな?そしてなぜか5人はカチューシャを選び始めたのですがこの件が萌えの宝庫でした。
中居くんは迷うことなくスヌーピーのカチューシャを選び何の躊躇いもなく吾郎の頭へ。吾郎は一瞬嫌がりましたがそれを手に取り自分で頭に付けました。
続いて中居くんは木村くんの頭にカチューシャを…と同時に木村くんも中居くんにカチューシャを。木村くんがボソッと「買おうよ」と言っていたのがツボですね。
中居くんが剛の為に選んだのはキティちゃんの真っ赤なリボンのカチューシャ。剛は真っ赤な革ジャンを着ているので良く似合います。吾郎と違い剛は素直に頭を下げて中居くんに付けてもらっていました。そしてスパイダーマンのマスクを見つけて買う慎吾。お買い物をしているだけでなぜこの人達はこんなに可愛いのでしょう!
次に一行が向かったのは「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」(ハリドリ)のバックドロップ。ここで5人はUSJの社長さんの出迎えを受けました。そしていよいよ乗り込む段になって「僕はスターターを。」と吾郎はさりげなく辞退しようとします。「ダメだよ、乗るんだよ!」と中居くんが叱り、「20年前の再現です」と慎吾が社長に説明する絶妙なチームワークはさすがです。
結局吾郎と中居くんがスターターになり、木村くん、剛、慎吾の3人がジェットコースターに乗り込みました。5つのBGMのうちSMAPの「Battery」が1番というのはすごい。そしてここからはジェットコースターでテンションMAXになる3人と、「あいつら楽しそうで良かったな」と子供を遊園地に連れてきたお父さんの佇まいの中居くんと、青ざめた顔で見ている吾郎と表情をじっくりと鑑賞しました。
吾郎は見ているだけで気分が悪くなるのか途中カメラからフレームアウトしてしまいました。それでも5人全員の画が撮れない事に「申し訳ない、申し訳ない」と繰り返し謝っているのが健気でしたね。
続く「スパイダーマン」の3Dアトラクションで吾郎は勇気を振り絞って乗りこみました。しかし案の定大変な事に…。後ろの座席から中居くんに手を掴まれ木村くんに縋りつく姿を見て一瞬羨ましくなりましたが、吾郎本人は必死です。
降りた後放心状態の吾郎の背中を、木村くんと中居くんがねぎらうようにポンポン♪人生最大の冒険をやり遂げたのだから、これ以上「ジュラシックパーク」を無理強いするのはやめて下さい、お願いします(でも「イー!」と強張った顔でVTRを見ている吾郎には思わず笑ってしまいましたが)。

その後有馬温泉に向かう車の中で中居くんと謎の女性(おばさん)メグミちゃんとの会話もツボでした。中居くんの大阪弁が新鮮で萌えましたね。
この後温泉でのカラオケ(中居くん号泣への道)を振り返りましたが、本当に楽しかったですね。客観的に見れば、まあ、正直な所、ただの酔っ払いのおじさん達の宴会なのですが(笑)、いきなり本格的に踊りだすから不思議な人達です。その魅力から目が離せません。

最後は慎吾のスマホで取った5人の写真で締めくくりましたが、皆いい顔をしていました。吾郎が木村くんを押さえつけているように見えるのですが、木村くんは大丈夫だったでしょうか。

5人を外で放牧する企画に外れが無いと改めて思いました。楽しい企画をありがとうございます、スマスマスタッフ様♪


拍手ありがとうございます