FC2ブログ

「桜、ふたたびの加奈子」前売り券発売開始

おはようございます。
本日「恋と音楽」仙台公演開幕おめでとうございます。
仙台は大変な雪だそうですが、観劇される皆さんは足元対策寒さ対策にくれぐれもお気をつけて楽しんできて下さい。

ところで「桜、ふたたびの加奈子」の前売り券が今日から発売されます。
限定数量ポストカード付きの前売り券もあります。
詳しくは「桜、ふたたびの加奈子」公式サイトの劇場情報、および(株)メイジャー(映画前売り券販売)サイトをご覧ください。当ブログのサイドバーにリンクを張ってあります。

桜の季節に向けて映画もいよいよ始動しました。楽しみですね。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト



2匹目のどぜう?! (「ゴロウ・デラックス」 1/25)

いきなり外ロケからスタートです。吾郎は茶色のスーツ、小島さんは白地にチョコレートブラウンの大きなチェックのコート。「おそろいですね」等と言っていると後ろに見覚えのある緑色のタクシーが静かに止まりました。
そして降りてきたのは、そうあの方。
「稲垣様、小島様。本日は東京無線杉並交通をご利用いただきありがとうございます。」
カリスマドライバー下田大気さんです。

「私が以前出させていただいた回がなんと最高視聴率だったそうで。」そういう下田さんはとても嬉しそうですが、そうなんですか?!はっきり言って意外です。「でまた呼ばれちゃいました。」
「寒いですからとりあえず車へ」と促す下田さんに吾郎は逆らって(?)
「視聴率が良かったから同じ事やればまたいいだろうって事ね。」とカメラの前で毒舌を一言。
はい、そういう事です(毒)。

とはいうものの、今週はレポする事が殆どないのです。「カリスマドライバーが都会の抜け道・裏道を伝授」と言われても、渋谷や麻布十番を私が運転して走る事は多分一生ないでしょう。負け惜しみになりますが今週だけは関東ローカルの番組で良かったかもしれません。
そんな中吾郎は窓の外を眺めて興味津々。タクシーが渋谷パルコ近くで細い裏道に入ると「この辺は良いレストランがあるんだよね」「ファッション関係のお店が沢山…」等々、街に詳しい所を見せます。途中麻布十番で待機さんのお父様志茂田景樹さんを見かけ、吾郎と小島さんは爆笑しましたが、大気さんは華麗にスル―して走り去ります(笑)。それにしても狭い住宅街の中をすいすい走り抜けるテクニックはさすがカリスマドライバーです。
ちなみに窓から見える公園や駐車場にはまだ雪が残っていました。つまりつい最近のロケだったんですね。
下田さんは「(座席を倒すと)スーパーフラットになり駐車も出来て、トイレもあり、近くにお弁当屋さんもある、僕が名付けた『ゴールデントライアングル』にご案内します。」と言って、お勧めのお弁当屋さんに吾郎と小島さんを案内しました。そこで買ったお弁当(どちらも500円以内!)を吾郎と小島さんが車内で試食。と、メンコロ(メンチとコロッケ)弁当を食べていた吾郎が「からし付けちゃった。」衣装にからしを付けてしまい必死でふき取っていました。(やっぱりおこちゃまだ…。)
お弁当も食べ終わってタクシーが着いたのは、下田さんの勤める東京無線杉並交通の営業所でした。そこにいたのは黄金ダルマを白いタオルでせっせと磨くタクシードライバー姿の山田くん。吾郎はその山田くんを軽くスル―して、課題図書の朗読を始めました。

課題図書:「タクシーほど素敵な商売はない!」 下田大気

ゴロデラで同じ本を2回取り上げたのは初めてですが、今回吾郎が読んだのは吾郎いわく「刺激的な」くだり。五反田で乗せた「上から目線風で大きなボストンバッグを持った女性」がSMの女王様で、車内のケータイの通話でそれが分かってしまった、職場の先輩から後で聞いた話では五反田にはSMクラブの事務所が沢山あるらしい、という話です。
「スタッフが読めと言ったところです」(吾郎)「自分が希望した所ではなくて」(小島さん)「そう。ここはOAして下さい。」(吾郎)というやり取りの後、しかし吾郎はこう言ったのです。
「SMのホテルって、営業を上手くやると儲かるんですよね。でも結構危険だからなかなか出来ない。命の危険があるから。」そして「どうでもいいですよね」と付け加えた所で番組は終わりました。
しかし最後の言葉はとても自然で本や雑誌などで仕入れた知識(?)でもなさそうです。タクシー会社社長のお友達(ヒロくん)がいる位ですから、吾郎にはホテル経営者のお友達もいるのでしょうか?


拍手ありがとうございます