FC2ブログ

「恋と音楽」 (12/8、12/11) 【後半にネタばれあり】

早いもので吾郎のミュージカル「恋と音楽」を観てから10日も経ってしまいました。
思い出すとまるで夢でも見たのではないか、とフワフワした気持ちになります。
本当に観られて良かったです

まず今回はパンフレットが素晴らしい。これからご覧になる方は是非お買いになって下さい。吾郎の写真の美しさ、インタビューの充実ぶり、出演者座談会の面白さ、どれをとっても楽しいです。私も読む用と保存用に2冊買いました。

8日(マチネ)は、2年前の「象」でご一緒したCさんにまたチケットを譲って頂いて吾郎誕生日に観る事が出来ました。Cさん本当にありがとうございます。しかもZ列(前から3列目)の中央という神席で間近に吾郎を見てきました。目の前に吾郎が来ると神々しすぎて胸がドキドキしました。何しろお辞儀をするとつむじが見え、椅子の上に立って歌うシーンでは口の中の上あごが見える位の近さです(笑)。美しいオーラを浴びた気分になりました。

11日(マチネ)ではK列下手(一番後ろのブロック)の席で、舞台全体を見渡す事が出来ました。8日ではひたすら吾郎を追いかけていましたが、この日は装置や照明にも目が届いて印象がまた変わりました。全然違う席で観られて良かったです。

ロビーにはお祝いの花があふれ、とてもいい香りがしていました。入口に一番近い所に成宮寛貴くんからのお花が飾られていましたが、なぜか吾郎へのお花は深紅で真飛聖さんへのお花が白でした(男女が逆では…)。その他各テレビ局や雑誌社などからのお花が並んでいました。その中で日テレとTBSのドラマ制作部署からお花が来ていたのが目を引きました。日テレは「in the Room」があるからですが、TBSはどういう繋がりでしょう?
それからファン有志グループからのお花も沢山来ていました。韓国や香港のファンからも来ていましたし、ロビーでは中国語も聞こえましたし、吾郎人気が海外でも広がっているのを感じました。
真飛さんにも沢山のお花が来ていましたが「贔屓」と書かれたお花があって、ジャニーズと宝塚の違いが興味深かったです。

さてこの後はネタばれを含む感想です。


拍手ありがとうございます

続きを読む »

スポンサーサイト