SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

皆さん、良いお年を!

改めましてこんにちは
大晦日になりました。一年が過ぎるのは本当に早いものです。

今年もSMAPと吾郎を追いかけているうちにあっという間に過ぎました。その間、ライブや舞台、ドラマにラジオ(ストスマ)と楽しい事が本当に沢山ありました。ファンとしてとても幸せです。

年明け早々吾郎の連ドラが2本始まります。1月6日にはバラエティ特番「ゴロケン」もありますし、4月には待望の映画「桜、ふたたびの加奈子」も公開されます。来年もまだまだ吾郎とSMAPは走り続けるでしょう。
来年もそんな彼らの輝く姿にときめきたいです。

夜、紅白を見ながらこちらを更新するかもしれませんが、ここで一応皆さんにご挨拶を。

本年中は当ブログにお越し下さって有難うございました。来年もよろしくお願い致します。
では皆さん良いお年をお迎え下さい


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

「Gift of SMAP」ライブDVD

実は「何か書き忘れた事がある」とここ何日か気になっていました。
大晦日だというのに何かを忘れているような…。
で、気が付きました、まだライブDVDを見ていないという事に
このままでは年は越せないでしょう

という事で、Disk3の特典映像だけは観ました。
リハーサル風景を見ると、SMAPが観客を喜ばせる為にどれだけのエネルギーを傾けてくれているかが伝わってきて胸が熱くなります。MCでの彼らの屈託ない笑顔に癒され、日替わり曲に懐かしさを覚え…色々な楽しさが満載です。

一つ残念だったのは、「moment」吾郎ソロのカメラワークでしょうか。上半身のアップが多いのですが、前に身体を折る振りの時吾郎がフレームアウトしてしまっています。一方剛の映像の同じ箇所では、動きに合わせてカメラが下に振られているので、フレームアウトしていません。(ちょっとした違いなんですが。)

良かったのは舞台裏のスタッフの映像です。SMAPの楽しいライブを支えてくれてありがとうという気持ちになりました。メンバー、スタッフ、そして観に行くファンも全て含めて「チームSMAP」なのでしょう。

Disk1と2を観るのは年が明けてからのお楽しみにします。

それから札幌ライブもDVD化して欲しいですね。


拍手ありがとうございます

キムゴロとスマシプ (「火謡曲」 12/25)

に尽きるでしょう

今回の火謡曲の目玉の一つだったジャニーズメドレー。ジャニーズには興味がない(というよりむしろアンチジャニーズに近かった)私には正直な所微妙でしたが、キムゴロの「Time Zone」には痺れました。イントロが終わって歌い出す直前に舌舐めずりする木村くん、挑発的過ぎます。吾郎の小首傾げもセクスィです。フェロモンが画面から漂ってくるようで、ゴールデンタイムに放送していいのか?!と思いました。
スマシプの「NAINAI16」は一転してコミカル。さすが、視聴者を笑わせるツボを心得ています。この2曲だけで十分楽しめました。
勿論白スマが歌うらいハも良かったし、最後の「moment」も盛り上がったし、慎吾と山PのThe MONSTERSもカッコ良かったし、スマファンとしては満足できる番組でした。

年内の歌番組はあと紅白を残すのみになりました。その紅白では大トリを務めます。ミュージカルで鍛えられた吾郎の歌い納めに期待しています。


拍手ありがとうございます
以下お返事
続きを読む

J-Webスタッフレポート更新 (12/27)

J-Webスタッフレポートが更新されました。
「恋と音楽」レポートです。(2回目ですね)

スタッフも思わず歌い出す位このミュージカルがなじんできたようです。
「セッティング完了」の印としてドラムに置かれるカエルの話は微笑ましいです。
ちょうど東京千秋楽が終わった頃ですが、年が明けると大阪、仙台の公演が待っています。
カエルさんは大阪と仙台にも行くのでしょうか?

そして何よりここ数年で一番過密なスケジュールの中コンディションを保ちながら舞台を務めた吾郎に拍手を送りたいです。
来年の公演も頑張ってね、吾郎。


拍手ありがとうございます
以下お返事
続きを読む

舞台の前に映画を語る (「月イチゴロー」 12/22)

今年最後の月イチゴローは、吾郎のミュージカル「恋と音楽」が上演されている渋谷PARCOからのロケ。PARCO劇場の下階の「atari cafe」で収録しました。テーブルにはクリスマスの飾りつけが置かれ華やかな雰囲気です。
吾郎はいつもより声を抑えて静かに話し始めました。「今日も数時間後に舞台ですものね」と大下さんが言うと「はっきり言って今日の舞台の方が大切」と吾郎はいきなり本音を。ええ、舞台の方が大切ですよね(笑)。

で、今月のランキングは以下の通り。
1. レ・ミゼラブル
2. 恋のロンドン狂騒曲
3. 東京家族
4. 恋愛だけじゃダメかしら?
5. フリーランサー NY捜査線

5位について吾郎は開口一番「もうダメですね、この映画」とバッサリ。主演のロバート・デ・ニーロをはじめ「オスカー俳優が多数出ているのになぜ?」と首をひねっています。警察官の腐敗を描いたこの映画のチラシには「日本もひとごとではない」と書かれているそうですが、「日本の警察官が怒っちゃうよね」と吾郎は鋭く指摘。「不安要素を煽るだけでなんっっっの為にもならないっ!!!」と思わず大声を出してしまいました。
4位はキャメロン・ディアスとジェニファー・ロペスが主演するラブコメディ。「こういう映画のお約束で、俳優がみなイケメン」と吾郎は言います。「女性の願望を満たすためですかね」と大下さんが分析すると「ポルノのにおいがする」と吾郎は暴走。「本当に気楽に観る映画。ちょうど待合室に雑誌があるでしょ、あれをぱらぱらめくる感じ。(読んだ後)覚えていないじゃないですか。」(おいおい…。)
3位は小津安二郎監督の名作「東京物語」をベースに山田洋次監督が現代の日本の家族の姿を描いた映画です。
「ホントに素晴らしい」と吾郎。「家族に会いたくなりました。親も子供も共感できる映画。」と絶賛です。「こういう映画は日本人にしか作れない。和食映画。秀作です。」とオススメしていました。
2位はウディ・アレン監督(77歳)の作品。大人のカップル達がそれぞれ違う人を好きになるという物語だそうです。吾郎の第一声は「僕は好き。」大下さんが「お好きですか?」と聞くと「最近のウディ・アレンは好きですね。いくつになっても色気が大事、と渡辺淳一さん(79歳)が言っていましたよ。」(これは年明けに放送されるゴロデラの収録で出た話でしょうね)
アンソニー・ホプキンスの色気が特にすごいそうです。「ああいう円熟した年になってむんむんした色気の女性にときめく気持ちが分かりますか?」と大下さんが尋ねると吾郎は力を込めて「分かる!」と断言。「今から分かるんですか!」と大下さんを笑わせていました。
そして1位は予想通り(?)「レ・ミゼラブル」です。「ミュージカル映画には今まで抵抗があったけれど、これは本当に良かった。」と吾郎。「2時間40分。長い!けど、凄い!!」「原作が凄いんですね。人間の色々な愛の形が凝縮されてる。」「俳優陣が素晴らしい。」歌の吹き替えは無く俳優全員が自分で歌っています。「(主演の)ヒュー・ジャックマンの歌がいいですね。排気量の違いを感じました。」そして最後に
「本当に観て下さい。いいですから。」と締めくくりました。

それから吾郎はカフェを出てPARCOの上階に向かうエスカレーターに乗り、手を振りながらPARCO劇場へと向かいました。

スタジオでは慎吾が(今回はゲストはなし)「レ・ミゼラブル」についてこう話しました。
「TVでスポットを見た時、最初のワンカットで『何だかこの映画すごいぞ』と思って見ていったら「レ・ミゼラブル」だったんです。たったワンカットで『これすげー』と思わせる映画ってめったにないですよ。吾郎ちゃんが『本当に観て下さい』と言ったのは初めてじゃないですか?」と興奮していました。
「レ・ミゼラブル」も「東京家族」も観たくなりました。今月は豊作だったようですね。


ところで次回のスマステは1月12日放送で、ゲストはキスマイ玉森くんと及川ミッチーさんです。「信長のシェフ」の番宣ですからこれも要チェックですね。


拍手ありがとうございます


吾郎がテレ朝深夜連ドラにも出演!

今朝本当にビックリするニュースが飛び込んできました。
吾郎が1月期のテレ朝の連ドラに出演します。日テレの主演ドラマ「in the Room」とかけもちで出演!もちろんこんな事は初めてです。

「信長のシェフ」(1月11日スタート、毎週金曜日23:15~0:15「金曜ナイトドラマ」枠)


戦国時代にタイムトリップしたシェフが信長の料理番として仕えるという話で主演は事務所の後輩キスマイ玉森くんです。吾郎は明智光秀役。信長役は及川光博さんで、ミッチー信長とゴロー光秀の共演はすごく楽しみです。
「金曜ナイトドラマ」枠は今までに「特命係長只野仁」や「時空警察」などの実験的で面白い作品を放送してきたので、この「信長のシェフ」も面白い作品になるといいなと思います。

「十三人の刺客」以来吾郎の役者のお仕事が随分増えた感じがします。「刺客」での演技が評価されたと思うととても嬉しいです。
それにしても連ドラかけもち(しかも片方は主演)は体力的に大変です。特に「信長~」は京都太秦での撮影なので、身体だけはくれぐれも気をつけて頑張って欲しいです。


拍手ありがとうございます

ブラックサンタの夜 (「さんスマ」 12/23)

またまた順番が逆になりますが「さんスマ」の感想から先に上げます。
「月イチゴロー」の感想はいつになるやら…(もちろん忘れてはいないのですが)。

とはいっても、「さんスマ」には時に描くべき感想は最早ないような気がします。
折角のクリスマスに「大嫌い」(去年)とか「嘘」(今年)とか後向きのテーマで人を落とす話で3時間の番組を作る意味が私には分かりません。昔のクリスマスファッションショーは楽しかったのですが、ああいう無邪気な企画はもう通用しないのでしょうか。

吾郎の「嘘」と告発(?)したのはハリセンボンの春菜ちゃん。ゴロバーの女芸人さん達との飲み会の時「吾郎さんはワイン通だから美味しいワインを飲ませてくれるに違いない」と期待していたら鍋料理の店でワインを飲ませてもらえなかった、という他愛もない話でした。でも春菜ちゃんと吾郎との間には信頼関係があるので、二人のやり取りは聴いていて微笑ましかったです。

歌コーナーのスマさんはやっぱりカッコイイ。ここだけは何度もリピしたくなります。

しかし最後の罰ゲームは毎年不愉快です。なんでここまでしなきゃいけないのか正直なところ分かりません。木村くん→吾郎→慎吾、ときて今年は中居くんでしたから、来年は多分彼、と見当が付いてしまいます。
木村くんが発した「そんなことよりお前、明日はライブだからな!」という言葉は中居くんにというよりはスタッフに向けられていた気がします。

キラキラしたSMAPがワチャワチャする姿が見られるのは有難いと思う反面、色々残念な面もある「さんスマ」。なかなか思いは複雑で何と言っていいのか分かりません。


拍手ありがとうございます
以下お返事
続きを読む

聖なる夜を雪で遊ぶおっさん達と (「スマスマ」 「笑っていいとも!」 12/24)

順番が逆になりますが昨日の「スマスマ」と「いいとも」の感想を先に上げます。
「月イチゴロー」と「さんスマ」はリピしてから感想を上げたいと思います(といってもリピする時間がとれるかどうか分かりませんが…)。

一言で言うなら「生放送ありがとう!SMAP最強!」でしょうか。
冒頭、雪合戦に興じるSMAPが最高でした。口火を切ったのは木村くん。「雪で遊ぶおっさん達!」と自分で叫んでいましたから、木村くんはどうすればファンが喜ぶかを分かった上でやったのでしょう。最初は木村くんと中居くんで雪を掛け合っていましたが最後には全員が巻き込まれ頭から真っ白になってしまいました。この後メイクさんに怒られたかも(笑)。

今年最後のビストロゲストは藤本敏史さん木下優樹菜さんご夫妻。ユッキーナさんは以前「G.I.ゴロー」で吾郎と共演しましたが、今やお母さんです。主導権はしっかり嫁が握っていて楽しいご家庭だという事は伝わってきました。
「超豪華スイーツ」対決はキムゴロペアの勝ち。吾郎はユッキーナからご褒美のキスを貰うとすぐ藤本さんの目を見たので、藤本さんがびっくりしていました。こういう所が小悪魔的ですね(笑)。

ビストロの後はふたたび札幌ドーム内からの生放送。スマスマ直前に放送された「PRICELE$S」の生の部分の話や、「いいとも」を途中で抜けて駆けつけた慎吾が遅れた事など、色々な話が出ました。「慎吾が札幌ドームに向かっている時5万人のお客さんが待っていたからね」と木村くん。そもそもは無理なスケジュールを立てた事務所に責任があると思いますが、剛は「5万人が待っててくれたんだからいいよね」と前向きにとらえていました。
そこへナイナイのお二人が登場し「めちゃイケ」の告知を。中居くんの「日本一周」で中居くんが氷水に4回くらい入ったと言っていました。そしてライブ乱入の話も。これには皆さん色々な意見があると思いますが、番組を見てみないと何とも言えませんね。

そして待望の札幌ライブの映像も流れました。しょうわ時代の中山さん+少女時代のコラボと、ライブのクリスマスソングメドレーの部分です。特にクリスマスソングメドレーは見られないだろうと思っていたので本当に嬉しかったです。ベルベットのスーツに身を包んだスマさんは本当に輝いていました。吾郎のアップも多かったので良かったです。皆いい顔をしていました。吾郎の笑顔を見ると胸が高鳴りました。
最後「良いお年を!」のご挨拶の時吾郎だけがキチンとお辞儀をしたのが印象に残りました。やはり礼儀正しい人ですね。それにしてもものすごく痩せて、特に首が細くなっているのでちょっと驚きました。

その「いいとも」ですが最後の部分で札幌ドームを中継を結び4人が出演しました。慎吾が中座したのでその埋め合わせかもしれませんが思いがけないクリスマスプレゼントでした。「今日のコンサートは4時からです。香取くんは間に合わないと思いますね。」と中居くんは言いましたが、実際間に合わず開演は30分遅れたようです。
ともあれ今年のライブツアーは楽しく終了しました。SMAPやスタッフには心から「ありがとう」と言いたいです。


とはいうものの、私はライブツアーが「無事」終わったとはまだ思っていません。今日の午後2時に吾郎がPARCO劇場の舞台に立って幕が開いて初めてツアーが本当に終わるのだと思います。
まだまだハードスケジュールが続く吾郎。あと少し頑張って!

そしてMerry Christmas

今日の「いいとも増刊号」で

慎吾がライブの裏話をしてくれました。

慎吾は今年のテーマ「Gift of SMAP」にちなんで、「プレゼントの大きな箱が開いて中からSMAPとバックダンサーが出て来る」演出を考え、その感じを伝えようと、大きな箱の中に小さな人が入っている絵を描きました。するとそれを見たスタッフが「これはちょっと…」と難しい顔をします。慎吾は「でもこれをやりたいから、作ってくれ」と頼みスタッフも「分かりました」と答えました。
しばらくして出来上がったと連絡が入ったので見に行ってみると「それがとてつもなく大きな箱で」。「いくらなんでも大き過ぎる」と慎吾が言うと、スタッフは「でもあの絵の通りにやりました。」と答えました。その時慎吾は自分が描いた人が小さすぎた事に気が付いた(笑)、という話です。

慎吾はファンを楽しませる為のライブの演出をいつも一生懸命考えてくれています。スタッフもそれが分かっているから慎吾の無茶ともいえる要求に応えようとしてくれたのでしょう。

明日のファイナル in 札幌でも熱い思いのスタッフ達がライブを盛り上げてくれるでしょう。
私はこれからライブDVDを見るのですが(汗)、スタッフの事も思いながら見ようと思います。


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む

1年で40冊の出会い (「ゴロウ・デラックス」 12/21)

今回は今年最後の放送という事で、未公開集でした。
冒頭今年紹介した本が机の上にずらりと並び、それを眺めながら
「1年で40冊ですよ。」(小島さん)
「これだけ本を読んだと思うと嬉しい。」(吾郎)
と話したのが印象に残りました。
40冊の本、40人の著者と出会ったんですものね。

未公開集の中では三谷幸喜さんのスタジオトークが面白かったです。華々しい経歴の三谷さんですが、放送作家時代には3年間1度もアイディアが採用されない事もあったとか。どんな人にも他人には分からない苦労があるものですね。
劇作家で演出家の本谷有希子さんはめったにテレビに出ない理由を「テレビに出られる人が信じられない。人間としてどこか破たんしていないとお芝居なんて出来ない。」と話したので、吾郎が「なんだこのやロー」とキレる一幕もありました。
その他岩下尚史さんとの料亭遊びでお札を芸者さんや小島さんの襟元に入れる吾郎、という美味しい映像もありましたが、これは本放送でもありましたよね?

最後のスタジオトークでは、1人でロケに行かされる事も多いAD山田くんが来年の目標を「D(ディレクター)になる」と発表し、小島さんと吾郎の笑いを誘っていました。

来年の放送は1月10日から。ゲストは渡辺淳一さんです。正直この方の小説を私はあまり好きではないのですが、大人の意味深な話になりそうなのでそれに期待します。


拍手ありがとうございます
以下お返事


続きを読む

圧巻のMステスーパーライブ 12/21

まだMステスーパーライブの生放送中ですが、SMAPの出番は終わったようなので、簡単に感想を。
良かったです!カッコよかったです!!やはり5人揃ったSMAPはザッツ・エンタテインメントです!!!(←意味不明)

歌は「triangle」と「gift」のメドレー。なぜ今年「triangle」なのか?と思いましたが、twitterでは「今の日本だからこの曲なんだろう」という意見が多かったです。スマ曲の中で一番社会性の強いメッセージソングですからね。
で今回もスマさんは果敢に生歌でした。音程のぶれ、声のかすれ、それも生の迫力です。それよりも歌っている彼らをリアルタイムで見られる喜びをかみしめました。
そんな中、吾郎の歌唱力は想像以上に素晴らしかったです。音程があまりに正確なので口●クにも聞こえましたが(吾郎ごめんね)、CDより声が太くてしっかり出ていたので生歌だったと思います。こんなに歌がうまくなるなんてミュージカル効果はめざましいですね。紅白とCDTV年越しライブまでこの状態を保って欲しいです。
そしてステージ奥で見せた小首傾げの色っぽさときたら!私はもう倒れそうでした。そうかと思えば「gift」では花道でキラキラの爽やかな笑顔で客席に手を振る。短い時間の中で自分の魅力を最大限に見せる方法を知っています。(これはSMAP5人ともそうですが)。
SMAPを見ていると本当に楽しい。いつ見ても飽きません。年末はこういう番組が沢山あるので、とてもありがたいです。

さあ、あとは札幌入りするだけですね♪


拍手ありがとうございます
以下お返事
続きを読む

いよいよファイナルラップ

おはようございます
今年も残す所11日となり、SMAPの年末ラッシュがいよいよ始まりました。

吾郎の「恋と音楽」は今日は12時開演。そして今夜はMステスーパーライブに生出演します。
明日は札幌ライブ。
明後日は東京に戻って「さんスマ」。その後の「スマステ」では月イチゴローがあります。
明々後日はまた札幌ライブ&「スマスマ」一部生放送。
25日は「恋と音楽」の後「火謡曲」に生出演。
31日は「紅白」「CDTV年越しライブ」と生の歌番組が続きます。

そして勿論その間にはドラマ「in the Room」の撮影も…。

今一番の気がかりは気象庁が長期低温情報を出すほどの寒さです。札幌への飛行機が予定通り運航されますように、そしてライブが無事行われますように祈っています。


拍手ありがとうございます
以下お返事
続きを読む

「恋と音楽」 (12/8、12/11) 【後半にネタばれあり】

早いもので吾郎のミュージカル「恋と音楽」を観てから10日も経ってしまいました。
思い出すとまるで夢でも見たのではないか、とフワフワした気持ちになります。
本当に観られて良かったです

まず今回はパンフレットが素晴らしい。これからご覧になる方は是非お買いになって下さい。吾郎の写真の美しさ、インタビューの充実ぶり、出演者座談会の面白さ、どれをとっても楽しいです。私も読む用と保存用に2冊買いました。

8日(マチネ)は、2年前の「象」でご一緒したCさんにまたチケットを譲って頂いて吾郎誕生日に観る事が出来ました。Cさん本当にありがとうございます。しかもZ列(前から3列目)の中央という神席で間近に吾郎を見てきました。目の前に吾郎が来ると神々しすぎて胸がドキドキしました。何しろお辞儀をするとつむじが見え、椅子の上に立って歌うシーンでは口の中の上あごが見える位の近さです(笑)。美しいオーラを浴びた気分になりました。

11日(マチネ)ではK列下手(一番後ろのブロック)の席で、舞台全体を見渡す事が出来ました。8日ではひたすら吾郎を追いかけていましたが、この日は装置や照明にも目が届いて印象がまた変わりました。全然違う席で観られて良かったです。

ロビーにはお祝いの花があふれ、とてもいい香りがしていました。入口に一番近い所に成宮寛貴くんからのお花が飾られていましたが、なぜか吾郎へのお花は深紅で真飛聖さんへのお花が白でした(男女が逆では…)。その他各テレビ局や雑誌社などからのお花が並んでいました。その中で日テレとTBSのドラマ制作部署からお花が来ていたのが目を引きました。日テレは「in the Room」があるからですが、TBSはどういう繋がりでしょう?
それからファン有志グループからのお花も沢山来ていました。韓国や香港のファンからも来ていましたし、ロビーでは中国語も聞こえましたし、吾郎人気が海外でも広がっているのを感じました。
真飛さんにも沢山のお花が来ていましたが「贔屓」と書かれたお花があって、ジャニーズと宝塚の違いが興味深かったです。

さてこの後はネタばれを含む感想です。


拍手ありがとうございます

続きを読む

笑顔があればチョモランマ♪ (「スマスマ」 12/17)

今週はカッコ可愛いSMAPが堪能できました。

ビストロゲストは木村くんドラマ「PRICELE$S」から藤ヶ谷太輔くん(25歳)、前田旺志郎くん(12歳)、田中奏生くん(6歳)の若手(?)3人。来週最終回を迎える「PRICELE$S」の番宣です。子役の前田くんと田中くんはとてもお喋りが上手で感心しました。
前田くんによれば木村くんはいつも「木村拓哉!」という感じでデレッとした所がない、と。力を抜いてもフニャッとならないのだそうです。(吾郎も以前同じ様な事を言いましたね。)田中くんはあいさつの仕方を教わったそうで、今では「はい!」と元気よくお返事が出来ます。子役をしつけるのも大人の役目ですね。
あまりに子役2人の話が上手いので、藤ヶ谷くんは「今日の僕のポジションは…?」と戸惑い気味。基本的にボケなんですね。
一番面白かったのは「PRICELE$S」チームとSMAPチームに分かれてのカーリング対決でした。SMAPチームは今をときめくスマッホチーム。この3人のわちゃわちゃがとても贅沢でpricelessだったのです。
PRICELE$Sチームの木村くんが投げる時、吾郎が「線から出ちゃダメだよ」と注意しました。そうかと思えば藤ヶ谷くんには「お前、線から出んなよ!」と上から目線。藤ヶ谷くんをスマッホ3人で取り囲んでプレッシャーをかけたり、木村くんに追い払われてアタフタしたり。すごく楽しそうでした。
ゲームは一応SMAPチームが勝ったのですが、前田くんが「もう一度お願いします」と頼んだために再試合になり、祭gとは「PRICELE$S」チームが勝ちました。前田くん、田中くん、欲しい商品が貰えてよかったね。
試食タイムの美味しいリアクションでは慎吾が500円玉に扮し、珍しいコインを見せてくれました。印字がずれたコインはなんと80万円するそうです!!
「僕たちが本当に食べたい料理」対決は木村・剛チームの勝ち。まあ、当然ですよね。
「クイズカニ蔵に聞きました」。カニ蔵も本来出オチネタなのに延々と引っ張っていますね。CCBゴローと同じく、もうやめて欲しいです。
歌ゲストは木村カエラさん。とても可愛いです。そして一曲目はなんと、「チョモランマの唄」でした!テレビで歌われるのは初めてでしたが、なかなか面白かったです。でもやはり汚れメイクにTシャツにカバーオールの労働者風の恰好で歌う方がえになりますね。カエラさんの「WONDER Volt」もいい曲でした。吾郎がニコニコの笑顔で歌っていたので私のテンションはチョモランマになりましたよ

来週は「PRICELE$S」の一部が生放送、そしてスマスマも一部が生放送になるそうです。札幌ライブの日なので、どんな放送になるか楽しみです。


拍手ありがとうございます

パリピア改めスマッホ

ソフトバンクのお店に既にポスターが貼られているので皆さんご存じだと思いますが、吾郎、剛、慎吾が出演する新CM「スマッホ」が18日(本日)より放送されます。

ソフトバンクのHPにアップされた「楽屋」編はとても楽しくて、立て続けに3回リピしてしまいました。楽屋で吾郎がフリップを使いながら「スマッホ」について説明する、というもので、3人のトークが楽しめます。そして合間にはいかにもアイドルらしくかっこつけた3人の姿も♪パリピア改めスマッホと本気で呼びたいです。

HPによれば、「楽屋」編に加え「撮影」編、その他のヴァージョンもあるそうなので、今後のシリーズにも大いに期待できそうです。
詳しくはソフバンHPへ。

それから、ソフバンHPについて皆さんにお願いがありますので追記します。


拍手ありがとうございます


続きを読む

師匠出番です♪ (「ゴロウ・デラックス」 12/13)

オープニングトークで登場した吾郎がメガネをかけていないそれだけでテンションが上がります。
とそこへAD山田くんが「何か変なおばあちゃんが…」と言いながら女性の手を引いて入ってきました。
そのおばあちゃんこそ今週のゲストさん。漫才協会名誉会長にしてtwitterばあちゃんと呼ばれる、御歳90歳の内海桂子師匠です。吾郎と小島さんは慌てますが、桂子師匠は若いイケメンの山田くんに手をひかれて嬉しそう(うふ)。

課題図書:「師匠!」 内海桂子

内海桂子師匠のtwitterアカウントは7万人以上にフォローされているそうです。実は私もそのフォロワーの一人。桂子師匠のつぶやきは日常生活から仕事の事、政治の事まで及んでいますが昔の日本人が大事にしていた「筋」が通っている感じがして好きです。
そしてその桂子師匠のtwitterでのつぶやきを纏めたのがこの「師匠!」です。最近はこういうtwitter本が多いですね。
「twitterなんて全然知らなかったのよ、でもつぶやいてたの、そしたらうちの骨拾いが広告の裏紙に書いてそれを勝手にtwitterに載せちゃったの。」仕掛け人は師匠のマネジャーにして御主人の成田常也さんなのだそうです。
そこで成田さんもスタジオに登場。何と師匠より24歳年下の御主人です。
知り合ったきっかけは26年前。成田さんは小学生の頃から内海桂子・好江の漫才コンビのファンでしたが、航空会社勤務でアメリカにいた時日本文化をアメリカに紹介したいと思って、桂子師匠をアメリカに呼んだのだそうです。そこで一目で恋に落ちた成田さんは、毎日桂子師匠に手紙を送りました。その数何と300通!そしてある日色の違うレターが来て、「結婚して下さい」と書いてあったそうです。しかし「娘と同い年だったの」と桂子師匠。「娘の上にせがれがいたんだけど、『俺より年下の親父はいやだ』って言って。」最初は取り合わなかったようです。
「この人ならいいかも、って思い始めたきっかけは何ですか?」と小島さんが聞くと
「私にエサを毎日持ってきてくれたの。男の人は3~5日はやるけど毎日する人はめったにない。その時せがれが病気だったんだけど、ちゃんとその面倒も見てくれた。で、せがれが目をつむる前に『お袋よろしく』って言ってあっちに行ったの。」
軽妙な語り口の中にも息子さんを亡くした悲しみがさらりと盛り込まれて私はジーンときてしまいました。

小島さんと吾郎が朗読したのは御夫婦の仲の良さが伝わるつぶやき。師匠が寝坊して布団の中にいると旦那さんの手がすっと入ってきて…1時間たっぷりマッサージしてくれたとか、寄席の舞台に出た後飲んでお風呂の中でついウトウトしていたら「こら!」と起こしに来てくれたとか。
「チュウなんてしない」と師匠は言いましたが成田さんは「忘れない程度にやってるんです」と照れくさそうに言いました。
そんな桂子師匠は今でも現役の漫才師として舞台に立っています。相方の好江師匠は亡くなって、今はあしだ順子さんとコンビを組んでいます。その映像も流れましたが、AKB48ネタで踊りも入れながら客席の笑いを取っていました。VTRを見て吾郎も思わず「面白~い♪」とつぶやいたほどです。
桂子師匠は前田敦子さんのソロ曲「君は僕だ」のPVにも出演し、前田さんとも共演しています。
スタジオで都々逸を披露する時もAD山田くんに興味を持ったようで「あらいい男。お坐りなさいよ。」とすかさず声をかけます。これがなかなか色っぽくて「さすが師匠!」と思いました。
この後VTRで山田くんと花やしきに出かけた映像が流れましたが、お手手つないでまるでデートです。師匠は本当に楽しそうでした。
最後に成田さんは師匠にこの番組に出た感想を聞きました。「ゴロウさん、って名前はちょっと駄々っ子みたい…。慶子さんはね、名前が同じだから…。レディ見たいな感じだね、レディース慶子。(番組に出た感想はどうですか?と聞かれ)わたしゃ嬉しいよ。」それらの言葉を紙に手早くかきつける成田さん。「これを後でまとめます。これでちょうど140字位になりますから。」一見ごちゃごちゃしたメモの様ですが、成田さんが桂子師匠の言葉遣いまできちんとチェックしているのです。

桂子師匠と成田さんがお互いに信頼し合っている姿が見られて心が温かくなりました。
桂子師匠、これからもどうぞお元気で♪

拍手ありがとうございます


SMAPってすごいなあ (「スマスマ」 12/10)

と改めて感じました。
今回はビストロ2本立て+歌コーナーという構成でしたが、それぞれでSMAPが全然違う顔を見せていたからです。
事務所の後輩Sexy Zoneがゲストのビストロでは、自分たちのデビュー当時の話をまるで昨日の様にはしゃいで語り、ヒュー・ジャックマンとアマンダ・セイブライドという海外スターにはエンタテインメント魂全開でおもてなしし、歌コーナーのプリンセスプリンセスとのコラボではカッコいいオーラを発して見る物の目を釘付けにする。期せずして(?)SMAPの色々な魅力がギュッと詰め込まれていたと思います。

特に良かったのはプリプリの皆さんとのトーク(「スマスマ喫茶」)のコーナー。16年ぶりに期間限定(年内)で再結成したプリプリの皆さんは本当に仲が良くて、昔は5人でいつも一緒にいたそうです。「何で解散したんですか?」と中居くんは突っ込みましたが、グループを続けていくのは難しいのでしょうね。
「SMAPはプライベートで5人が会う事がない、だから解散しないのかも知れない。」
と言う中居くんの言葉には考えさせられました。すごく仲がいいのに解散したバンドとプライベートでは会う事がないけれど解散しないアイドルグループ。後者の方が絶対に稀有ですよね。
「解散は考えた事がないですね。」(中居)
「でも…週刊誌には2年に1度くらい書かれるよね。」(木村)
「その週刊誌見て会社の人に確認するの、『解散するんですか?』って。」(慎吾)
そうやって笑い飛ばせる位のパワーを持ち続けているSMAPはやはり只者じゃありません。

吾郎関連のツボだけを拾うと…
・ドラマ「ハングリー」で共演したセクゾンの佐藤勝利くんに「お寿司を御馳走してもらえるって聞いたんですけど…口だけなのかなって…」と突っ込まれアワアワするくだり(親子ほども年が離れているのに・笑)。
・セクゾンマリウスくんを子供の頃から知っていると自慢げに話すくだり。マリウスくんのお母様(元宝塚)と知り合いなのだそうです。
・ヒュー・ジャックマンとの押し相撲対決で、ヒューから真っ先に指名される吾郎。「ヒュー・ジャックマンが勝ちに行ってるよ」と木村くんにからかわれる中健闘するも、最後は期待通りの結果を出す(笑)。
・木村くんとの押し相撲に敗れたアマンダに靴をはかせてあげるヒューを見ながら「稲垣さんは普段はこんな感じですよね」と言う中居くん。曖昧に否定しない吾郎。吾郎のパブリックイメージで遊んでいる感じ(笑)。
・歌コーナーでの吾郎のカッコよさは完璧。横顔のアップがまるでギリシャ彫刻の様でした


拍手ありがとうございます

ソフバン120秒CM、明後日(16日)オンエア!

今朝のめざましテレビで発表されましたが、SMAPが出演するソフバンのCMがオンエアされます。

120秒バージョンは16日(明後日)の「THE MANZAI」(フジ系)の中で1回限り放送されるそうです。
録画をお忘れなく


拍手ありがとうございます

バラエティ番組の裏側 (「ゴロウ・デラックス」 12/7)

吾郎のミュージカルを8日と昨日観てきまして、まだポヤーと夢心地です。その間に番組はたまり、感想はほぼ周回遅れの状況に…(汗)。

オープニングでいきなり「僕今モニターの中の自分を見てるの」と吾郎が発言。ナルシスト宣言か?と思いきや、「丸い黒縁の眼鏡をかけたからどうかと思って」。似合うかどうか気になるようです。なぜ丸い黒縁かというとバラエティ色を出したかったようで…。
ということで今日のゲストは放送作家の方です。

課題図書:「僕の妻と結婚してください」 樋口卓治

最近テレビに出る放送作家さんもいらっしゃいますが、スタジオに入って来た樋口さんはとても緊張しています。SMAPの番組は今までに何本も手掛けていらっしゃいますが、吾郎と会うのはこれが初めてだそうです。
最近手がけたSMAPの番組はテレ朝の「がんばりますっ!」(それを聞いた途端私の樋口さんの好感度がアップしました)。最初吾郎の企画は「AKB48になる」(完全にメイクして踊りも覚えてMステに出る)だったのですが、震災の為規格変更になったのだそうです。そこで小島さんが
「私は吾郎さんが泳ぐ所を見たいな。ぶはっ!って息継ぎするのを見たい。」と言ったので、
「そんな事言ったらやらされるでしょ!」と吾郎はキレ気味になりました。(でも吾郎は泳ぐのは得意なんですよ、小島さん)
ところで今回の課題図書「僕の妻と結婚してください」は樋口さんが初めて書いた小説です。主人公の放送作家が余命3カ月と宣告され、自分の最後の仕事として妻の再婚相手を探すというバラエティ企画を考えます。悲しい状況を何とか笑いに変え、遺される家族を幸せにしようとする物語です。
「もし吾郎さんにパートナーがいるとして、自分の方が先にいなくなっちゃうかも知れないとなったら、そういう風に考えますか?」と小島さんが聞くと、
「さあ、そこまでは考えないな」と吾郎。
「私は、子供がいるせいかな、(この人だったらいいかな)って具体的に考える事がある」と小島さんは答えました。(私も吾郎と一緒であまり考えない方ですね。もしいい人がいれば再婚して幸せになって欲しいとは思いますが。)

吾郎の朗読部分は小説の冒頭。主人公が自分のネタ帳に「余命3カ月」と書きこむところから物語は始まります。そこでAD山田くんが樋口さんのネタ帳を持って来ました。
「ネタ帳を持っている人なんて僕の周りでは中居正広だけですよ」と吾郎。ここですかさず中居くんの名前を出してくれるのが嬉しいです。
小島さんの朗読部分は妻の気持ちを綴ったくだりです。夫と妻の両方の気持ちを描いていて面白そうな小説だと思いました。

さらに小説の生原稿も披露されましたが、当然のことながら編集者の修正がびっしり書き込まれ真っ赤になっています。中には「全然面白くない」という書き込みまであります。「さすがに落ち込みますよね。」と樋口さん。
「企画会議なんかで若い放送作家の方に『全然面白くない』って言ったことありますか?」と小島さんが聞くと
「言葉の少しずつの積み重ねで、最後にそう言った事はありますけど、いきなり言った事はないです。」と樋口さん。自分が言われる立場になるとやはりショックだそうです。

樋口さんは番組に出ているタレントさんの気持ちが気になるそうで、吾郎と小島さんに質問を始めました。
「普段笑い慣れていない人が笑おうとして余裕がなくなっているのが気になる」と小島さんが言えば、
「そうだよね、(ヘッドフォンを片手で耳に当て、片手でメモを取る真似をしながら)ハハ、ハハハ…とか」と吾郎。スタッフのわざとらしい笑いが気になっているのでしょう。
樋口さんが吾郎に「カンペとかどうですか?」と尋ねると、
「僕は出して欲しいですね、ガイドとして。必要ないと思えばやらないし。ただガイドとしてどんどん出してもらった方がやりやすいですね。」と吾郎。
「取捨選択は自分でするからとにかく出して欲しい、ってことですね。」と樋口さんは興味深そうでした。
「トラウマになるようなカンペを出されるといやになる事もあるみたいですね、『揉めて下さい』とか」と樋口さんが言うと「僕はそういう扱いはされてないから…」と吾郎。さすがSMAPですね!
最後は放送作家とタレントとの打ち合わせみたいな感じになって面白かったです。


拍手ありがとうございます

1月からの深夜連ドラに吾郎が主演!

ミュージカル「恋と音楽」、ライブDVD発売(私は買ったもののまだ見ていません・汗)と嬉しいニュースが続いていますが、またまたビッグニュースが飛び込んできました。

「in the Room(仮)」1/12(土)スタート深夜0:50~(日テレ系・30分番組)

スポ紙(デイリーとニッカン)によると、海外ドラマのリメークで、吾郎の役は高校のスクールカウンセラー。生徒たちの悩みを解決しながら自分の病気を克服しようとする役だそうです。
カウンセリング室での生徒との会話を軸にした心理サスペンスというのが面白そうです。生徒役にはジャニーズJr.が多数出演するとのこと(もともとジャニーズドラマの枠だそうです)。その他の共演は酒井美紀さん、浅野ゆう子さん。こちらも楽しみです。

久々に「苦悩する主人公」が見られるようなのでとても期待しています。何より「佐々木夫妻の仁義なき戦い」以来8年ぶりの連ドラ主演というのが一番嬉しいです。脚本の青柳祐美子さん、よろしくお願いします。

一つ気になるのはデイリーではこのドラマを「関東ローカル」と伝えている事です。放送が予定されていない地域もあるそうなので、各ローカル局へのお願いが必要だと思います。あと日テレに今からDVD化をお願いしないといけませんね。


拍手ありがとうございます 

39回目のお誕生日に

吾郎、39歳のお誕生日おめでとう
この嬉しい日に貴方の舞台を見られて本当に幸せです。

舞台の上の貴方は笑顔が弾け瞳がキラキラ輝いていました。
軽快な歌と鮮やかな衣装が貴方を一層引き立てていました。
カーテンコールが終わり貴方が舞台下手へ引っ込もうとすると、客席から「おめでとうー!」の声が次々に上がりました。すると貴方は客席の方を向いてこう言いました。

(以下は大体の内容です)

「えー、ありがとうございます。今日で39歳になりました。今年はサンキューゴローでいきたいと思います。(客席拍手)今日はこの後もあるので、喉を使い過ぎるといけないのでこれで失礼します。本当にありがとうございました。お気をつけてお帰り下さい。」
最後にお手振りもしてくれました。

飾らない言葉で喜びを表すのも素敵で私は益々好きになりました。

これからも色々な魅力を私達に見せて下さい。

最後にもう一度、お誕生日おめでとう


拍手ありがとうございます

ストレートに楽しめるっていいな (「スマスマ」 12/3)

早いものでもう12月。スマスマも2012年をあっという間に駆け抜けた感じです。
今週のスマスマは変にひねった所がなく素直に楽しめました。もしかしたらゲストの皆さんがストレートに楽しんでいたからかもしれません。

最初のコーナーは「だれの恋バナ?」。ブサイク芸人さんの恋愛体験談をスマさん達が演じ、後でご本人に登場して頂いて話を聞く、という企画です。何の事はない「本恋」を手直ししたものじゃないか、と思いましたが、実際に見てみると面白かったです。勿論それは演じた木村くんや相手役の加藤あいさんの演技力によるところが大きいのですが、話自体にもぐっとくるものがありました。スタジオ観覧のお嬢さんが思わずもらい泣きする中登場したのはドランクドラゴンの塚地さん。塚地さんにスマさんは色々と突っ込みましたが、木村くんの再現ドラマを見た後ではスマさんは勿論塚地さんもかわいらしく見えました。塚地さん、いい恋をしたんですね。ただこの企画を今後もやるらしい事が唯一の不安材料です。1巡(つまり5回)でさっと切り上げてくれればいいんですが…。

ビストロゲストはSKE48の皆さん。名古屋を本拠地に活動するAKBの姉妹グループで、今年の紅白に初出場します。初めて見ましたが、すごく面白いお嬢さんたちですね。
何が面白いってヲタクがいるところ。それもイラストがプロ並みだったり、小学4年生でロボットを作ったり、宝塚のベルばらごっこが好きだったり、かなりディープです。4コママンガは吾郎が主人公(というか吾郎しか出てこない)でオチが負けず嫌い殿リーマン。ベルばらごっこではアンドレ役に吾郎が指名され、バスチーユ事件で撃たれる名場面を再現しました。もしかしてSKEには吾郎びいきのお嬢さんが多いのでは?と思って嬉しかったです。ロボットが出て来た時には吾郎は「おお!」と小さい声で反応し少し身を乗り出しました。バッテリーが切れるアクシデントはありましたが(笑)、「花」の振りを完コピできる精巧さはなかなか素晴らしかったです。
判定が引き分けだったのは珍しかったです。(もしかして真野響子さん以来かも?)

歌コーナーは葉加瀬太郎さんがゲスト。「情熱大陸のテーマ」に合わせてガシガシ踊るスマさんがカッコよかったです。津軽三味線の吉田兄弟の演奏に合わせて「ダイナマイト」を踊った時と同じ位うっとりしました。一人一人のダンスは決まっていますが、全体はバラバラというのもスマさんらしくていいです(これ褒めてます)。「らいハ」での吾郎ソロはミュージカル中(収録時は稽古中?)だけあってとても安定して上手でした♪

来週は時間拡大のスペシャルなんですね。いよいよ年末と言う感じがします。


ところで私は明日(8日)と11日には「恋と音楽」を観に行きます♪またスマショにも寄れたら行こうと思っていますので、ブログの更新がまた遅れると思いますがご了承ください。


拍手ありがとうございます


明日の「めざまし」でミュージカル吾郎

吾郎主演ミュージカル「恋と音楽」が無事幕を開けました。
昨日観た方の感想を少し見ましたが、とにかく吾郎が可愛いらしいです。
私の初日は8日マチネですが、今からワクワクしています。

ところで明日の「めざまし」でこの舞台の囲み取材の映像が流れるそうです。
他のWSも要チェックですね!


拍手ありがとうございます
プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる