明日はいよいよ

今年の最後の月、12月の始まり。

そして吾郎主演のミュージカル「恋と音楽」の初日です。
久々のラブストーリーだそうなので期待が高まります。無事成功しますように
そして5日からはスマショが始まり、年末年始の特番も始まります。
ライブDVDの発売、そしてなぜかその後でライブは札幌でファイナルを迎えます。

慌しいけれど楽しい事が沢山ある12月です。
皆さん、元気で楽しみましょう


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

人の輪と酒が作るデタラメな番組? (「ゴロウ・デラックス」 11/29)

今回はとてもディープで濃い雰囲気になりました。これは深夜番組でなければ出来ないかも知れません。
いつもと違ってオープニングの背景は黒一色。吾郎と小島さんは並んで立っています。
「今日はいつもと感じが違くない?」(吾郎)
「今日は伝説のフォーク歌手の方がゲストです。」(小島さん)
「だからこんな歌セットみたいな。ミュージックフェアみたいな…。ノー編集で行きますって言われたのに変なこと言ってごめんね。」(吾郎)
「ではライブです」(小島さん)
そこへゲストの友川カズキさんが登場。ギター1本で歌い始めました。

「生きてるって言ってみろ」

初めて聴きましたが魂から絞り出したような歌で、放心状態になりました。吾郎も「魂の叫びですね」と一言。
「見た目穏やかな感じでいらっしゃるんですけど」と小島さんが言うと「穏やかです。十何年ぶりのテレビです。最後です。」と微笑む友川さん。歌とのギャップが魅力です。

課題図書:「友川カズキ歌詞集 夢は日々元気に死んでいく」友川カズキ

友川さんがゴロデラへの出演を決めた理由はなんと西村賢太さん。友川さんは西村さんの小説が好きだそうですが、偶然つけたテレビに西村さんが出ていてお酒を飲んでいた。それでゴロデラを知ったそうです。人の輪が番組を作ったんですね。とても嬉しい事です。
そこへAD山田くんが「良かったらどうぞ」と西村さんが飲んだと同じカップ酒を持ってきたので皆大笑い。友川さんは嬉しそうにそれを開けながら「デタラメな番組ですね」と一言。ギャンブル好き、お酒好き、友達がいない、と西村さんとの共通点が多く、小説の登場人物が自分のようだという友川さん。「夢は日々元気に死んでいく」の中でも西村さんと対談しています。
しかしそんな友川さんは一流の方々との交流も多いのです。
まずちあきなおみさん(ちあきさんも伝説の歌手です)。テレビで歌う友川さんを偶然見て翌日電話をくれ、「カブト虫のような車が迎えに来た」。そしてお酒を飲んでグデングデン状態で作った「夜へ急ぐ人」をちあきさんがその年の紅白で歌ったのですが、司会の山川アナウンサーが「気持ち悪い歌ですね」とコメントした、というエピソードです。「えー、司会者の方が?!」と吾郎は驚きましたが、「感動しましたね。本当の言葉じゃないですか。」と友川さんは語りました。
友川さんは「3年B組金八先生」(1980年)にも出演した事があります。脚本家の息子さんが友川さんの歌を聞いていて、ライブハウスで歌うシーンが作られました。そこへ金八先生がそっと入ってきて、歌を聞いていた生徒(三原じゅん子さん!)に「かきむしられる歌だね」とささやくのです。「これもアドリブですよね」と吾郎。
更に友川さんは赤塚不二夫さんとも飲み歩いていたそうです。実はタモリさんと一緒にお昼のワイドショーか何かでテレビデビューする筈だったのですが大きな事件が起きて出演がお流れになり、近くのレストランで赤塚さんと3人で食事をしたという話です。赤塚さんがタモリさんを見出したのは有名な話ですが、友川さんも見出していたとは!才能にあふれた友川さんもすごいけれど、それを見出した赤塚さんもすごいですね。
友川さんはもう歌をやめようと思っていたそうですが、ナインティナイン岡村さんが友川さんの歌にハマって自分のラジオ番組でかけた事から若者たちの間で人気になり、今では沢山の若者が友川さんのライブを聞きに来るそうです。それがとても嬉しいそうです。

CMを挟んでAD山田くんがギターを下げて友川さんの自宅を訪問(VTR)。どこでも見かける町の小さなアパートです。お部屋は6畳間で、部屋のテレビには見慣れない画面が映っています。実はこれは競輪の予想(?)の画面。友川さんに教わって山田くんも競輪に賭けてみましたがあえなく外れ。全く何が何だか私には分かりませんでしたが、山田くんがギャンブルにハマりやすい性格らしい事は分かりました(笑)。
VTRを見た吾郎は「僕には全然分からないけど…」と戸惑い気味ですが、友川さんはとにかくギャンブルが大好き。テレビに出てギャラが入ると「これでギャンブルが出来る」と思うとか。
「ギャンブルをしている自分を見ているもう一人の自分がいる。それが濡れるのよ。エクスタシーだね。精液が噴き出すのよ。噴火、噴火!」と大興奮する友川さんに
「セックスよりいいですか?」と小島さんがすかさず質問すると友川さんはしばし無言になり
「…申し訳ないけど同等だな。」
友川さんの素の表情を引き出した小島さん、さすがです。

課題図書から吾郎が「トドを殺すな」の歌詞を朗読した後、友川さんが歌いました。これは「金八先生」でも歌われた歌です。吾郎の詩の朗読も良かったですが、人の声でメロディに乗せるとまた違った迫力が生まれます。
最後に吾郎が言った「ずっと歌って欲しいですね」という言葉に実感がこもっていました。


拍手ありがとうございます

稲垣ゴロ子さんとハッピーサプライズ (「おじゃマップ」 11/28)

いやー、本当に楽しかったです。バラエティ番組を見る一般視聴者としても吾郎ファンとしても大満足です。

今回の企画は神奈川県の東海大学近くで38年間とんかつ店を切り盛りするお母さんへの感謝のサプライズでした。依頼人は息子さん(長男・42歳)で、店主のお父さんも仕掛人として協力します。これを吾郎がお手伝いするという訳です。
冒頭登場した吾郎はお顔がすっきりと締まってクールかつ爽やかな感じ。全体に身体も絞っていますからビジュは完璧です。依頼人さんも吾郎に会うなり「顔つきがキレイ」と正直な感想を(笑)。一般の方が素直に褒めて下さったのでとても嬉しかったです。
最初に慎吾、ザキヤマさん、吾郎の3人はばれない様に入念に変装しました。メイク中の映像が少し流れましたがとにかく吾郎がきれい!鏡に映った顔も横顔も溜息が出るほど美しかったです。慎吾も綺麗な顔だなあ、と改めて思いました。しかし出来上がって見ると慎吾は色黒の疲れた感じのおっさん、そして吾郎はグラサン姿のクールな美女でした。吾郎は「なぜ僕だけ女装なの?」と納得がいかない様子でしたが、慎吾は嬉しそうで「僕は小学生の時から吾郎ちゃんと知り合いだけど、改めて脚きれいだね。」とこれまた正直に褒めてくれました。
先ず慎吾がお店に潜入してお母さんとお話しながらとんかつ(しかもなぜか満腹セット)とビールを堪能し、次にザキヤマさんと吾郎が夫婦役に扮してお店に入ってお母さんから38年間の思い出話を聞きましたが、番組のハイライトはこの女装吾郎だったと言ってもいいでしょう。
席に着いた2人を見て、モニター室の慎吾は「稲垣ゴロ子さん入りました!」と大喜び。そして「注文は吾郎ちゃんがしてもらえますか」と指示を出しました。それに応えて「生姜焼き2つ、お願いします♪」と優しい声で注文する稲垣ゴロ子さん。モニター室の慎吾は「声がおネエだよ!」と大笑いしました。
それでスイッチが入ったのか稲垣ゴロ子さんは大暴走(?)。
「ご夫婦でやっていらっしゃるんですかぁ?」
「仲良くて羨ましい。ワタシ達喧嘩ばっかり…。昨日も、ねぇ(ザキヤマさんの顔を見る)」
「そんなこと言うもんじゃないよ」ザキヤマさんがボソボソとたしなめます。(ここのやり取りが一番面白かったです)
その後も稲垣ゴロ子さんは大きな身振り手振りで、また時に立ち上がって、お母さんに話しかけます。ついにモニター室の慎吾が「うるせえ客だなー」と呆れるほど。
しかし一番辛かった事としてお母さんが「息子(次男)の事かな。半分死んだ。」と口にした事から、息子さんが交通事故で1ヶ月間意識不明になり、助かった後も感情のコントロールが出来なくなってしまったという話が開かされました。そんなつらい体験も笑顔に変えて学生さんたちにおいしいとんかつを食べさせてきたお母さんは学生さんたちにも卒業生にも慕われています。
その後はお店の常連さんだった卒業生の方々や現役の東海大生の皆さんが次々押しかけて、お店が人でいっぱいになった所でネタばらしの為慎吾が登場。慎吾が大好きというお母さんは訳が分からずびっくり。更に女装の吾郎を見て大喜び、お母さんは稲垣吾郎だとは気付かずオネエだと思って、あえてその点には触れなかったのだそうです(笑)。

お父さんからのお手紙に号泣し、次男さんへの正直な思いを語るお母さん。そしてご夫婦でファンだという布施明さんが登場しての生歌に大喜びするお母さん。人柄の良さが画面から伝わってきて心が温かくなりました。
最後の「おじゃマップ!」の決めポーズではお母さんも慎吾も吾郎も本当にいい笑顔になっていました。
こういうバラエティ番組っていいですね。


拍手ありがとうございます

SMAP SHOP今年もオープン

スマファンにとっての冬の風物詩が今年もやってきました。

今年のテーマは「GIFT from SMAP SHOP」。
実施期間:2012年12月5日(水)~2013年1月6日(日)
営業時間:11:00~21:00
場所:赤坂サカス内

オリジナルグッズの他SHOP限定390円CDやSHOP限定盤ライブDVDも販売されるそうです。

また7年目の今年は期間限定のHPをオープンし、整理券情報や品切れ情報をリアルタイムで更新するそうなのでそちらもチェックして見て下さい。

詳しくはJ-NetまたはJ-Webをご覧ください。


拍手ありがとうございます

稲垣さん、御指名入ってます! (「スマスマ」 11/26)

最近、いえ今年のスマスマを見ているとそう言いたくなります。今週もそうでした。
番組自体はあまり期待していなかった分楽しく見られました。

ビストロゲストは映画コメンテーターのLiLiCoさん、現役高校生で「ネガティブモデル」の栗原類くん、そして先日歌ゲストで出演したゴールデンボンバー(以下金爆)の皆さん。共通点は「今年ブレイクした方々」というだけなので面白くなるのか心配でしたが、結果的にはごった煮みたいな楽しさが感じられました。
ハイライトはキッチントークでした。栗原類くんのおしゃれセンスが光るプレゼントやLiLiCoさんの洒落心あふれるプレゼントはさすがだと思いました。素直に喜ぶスマさん達が可愛かったです。
その後に披露された金爆さんからのプレゼントはジョークが入っていて面白かったです。吾郎へのプレゼントはドラマーの樽美酒さんが実際に使っているドラムスティック(スポンジ製)。「CCB吾郎は僕と同じエアドラムだから」という理由ですが、それを手にした吾郎は一言、
「東京都の条例ではこれは燃えるゴミ?燃えないゴミ?」
…しっかり笑いを取っていました。吾郎は相変わらずいい仕事をしています。
そしてなぜかビストロの途中で挟まる金爆さんとCCB吾郎のコラボ映像。コントとしては全然面白くないのに、一瞬だけ出てくると笑えるんですよね。やはり出オチネタなのだと実感しました。
「煮た肉を使った料理」というオーダーに応えて吾郎・剛ペアが作ったのは「チムタック」という韓国料理。試食の時剛は「チムタック」とはっきり発音していましたが、吾郎はわざと曖昧に発音しここでも笑いを取っていました。吾郎の笑いのセンスはどんどん進化しているようです。
判定で勝った吾郎・剛ペアにはLiLiCoさんから唇にご褒美のキス。大人のキスという感じでなかなか良かったです、むふふ。

「オーバー40ダンスコンテスト」…これ、スマスマでなく他の番組でやったら素直に楽しめたのに、と思います。出場者の皆さんはとても上手くて楽しく見られました。でもスマスマでやらなくてもいいのにと感じたのも事実です。なので審査員の吾郎・剛と中山さん&しょうわ時代の表情とコメントを楽しむ事にしました。吾郎も剛も美麗で目の保養になりました。
「殿リーマン」コントを挟んだ表彰式ではトロフィを手渡す吾郎と剛に優勝チームの女性たちが集まって握手していたのが微笑ましかったです。よっ、モテ男!(笑)

「負けず嫌い殿リーマン」は今回最大のハードルでした。CCB吾郎同様、出オチネタなのに延々と引っ張っているコーナーです。しかも今回は事務所の後輩、タッキーが白塗りで登場とあって、どうなることかとハラハラしながら見始めました。タッキーの役は武田秀明で、上杉家の子孫の吾郎と張り合うという展開。上杉家と武田家の対決という設定は面白かったですが、コント自体は相変わらずで…。最後タッキーが「先輩が普通にやっているから断れなかったんです。」と素に戻って走り去り、一人残された吾郎が「ごめんねタッキー」とこれまた素に戻るオチでしたがコントとしてこれでいいんですかね?でも白塗りをした吾郎とタッキーはとてもよく似ていて、正統派ジャニーズの同じ系統の顔なのね、と妙に納得しました。

歌コーナーは慎吾x山Pのユニット「The MONSTERS」が「MONSTERS」をスマスマで初披露。ちょっと驚く位にリミックスされていたのは他局ドラマの主題歌という事情もあるかもしれませんが、出来上がりはカッコよかったです。スマ曲にもこれ位力を入れてくれれば…。

最近のスマスマのお笑いは吾郎が担っている感じがします。吾郎がほぼ全部のコーナーに出ている事も珍しくなくなりました。吾郎をずっと見られるのは嬉しい反面、何かスッキリしません。CCB吾郎も殿リーマンも正直私は面白いとは思いませんが、一般受けするのならやってもいいでしょう。でもこれだけは言いたいのです。

吾郎がスマスマを盛り上げる為に貢献しているのだから、それに見合うだけの扱いをしてもらいたい。要するに番組の中で吾郎の個人活動の宣伝をきちんとして欲しいです。今週末(土曜日)から始まる吾郎のミュージカル「恋と音楽」の告知がなくても驚かなくなった自分が悲しいです。来年4月6日の映画公開に向けて、ビストロゲストに広末さんを呼んでくれるよう今からお願いした方がいいのかと思ってしまいます。


話が脱線してしましたが、今回の様にごった煮風味のスマスマもたまには良いかも知れません。もう少しスマさんを主役にしてくれれば、ですが。


拍手ありがとうございます

TV fan

現在発売中のTV fanがとても良いです
絶対お勧めです

吾郎の新撮6ページのグラビアがとにかく美しい。あの「馬耳東風」以来のヒットではないかと思います
インタビューも読み応えがあります。インタビュアーの方はストスマをよく聞いて下さっていて質問がきめ細かいので吾郎も色々な話をしてくれています。
ファンの間で波紋を呼んだ腰痛の事について吾郎は「隠し通す美学もないし言う事でもない」と言っています。自分からは言わないけれど分かってしまったら否定しないという意味だろうと思います。中居くんは吾郎のそんな性格を分かった上でライブMCで話してくれたのかも知れません。

他にも去年の9月から不定期で連載された5人のインタビューも再掲載されていてそちらもとても面白いです。
こんなに読み応えのある特集を組んで下さったTV fan編集部さんに感謝です。感想を送ろうと思います。

今回の美麗な吾郎の写真を見ているとやはり写真集を出して欲しいと思いますよね
改めてストスマにメールを送るつもりです。


拍手ありがとうございます

やり逃げの次は乗り逃げ、或いは社長代理をタク送 (「ゴロウ・デラックス」 11/23)

今回はロケです。ゴロデラのロケに外れなし
小島さんは品のいいグリーンのケープ、そして吾郎は見覚えのあるグレーのスーツです。
そこへサッとやって来たのは一台のタクシー。降りてきたドライバーさんは短髪を赤く染め目鼻立ちのはっきりした男性です。そして誰かに似ている…。

課題図書:「タクシーほど気楽な商売はない!」 下田大気

「先日は父がお世話になったみたいで…」とあいさつする下田さんは作家・志茂田景樹さんの息子さんです。
「お父さんに似てますね」と吾郎が言うと「『くりそつ』と言われます」と下田さん。
年収800万円のカリスマドライバーという下田さんは笑顔が華やかな感じのよい方です。
タクシーに乗り込むなり社内のカメラに鼻をくっつけて遊ぶ吾郎(こらこら!)。吾郎のかわいらしい顔がどアップになってドキドキしました。鼻を離すと指できゅっきゅとカメラを拭きましたが、汚れが少し残ってしまいました(笑)。
赤坂TBSを出発してタクシーで色々なところを走りながら、渋滞回避の技やタクシードライバーの穴場仮眠スポットを巡るロケはなかなか楽しかったです。とはいえ私は都心の道を走ったことがないので、華麗な車線変更の技を見てもなかなかピンと来ませんでした。でも吾郎と小島さんはよく知った道らしく感心する事しきり。吾郎は「マネージャーさんを乗せればよかった」と思わぬ本音を漏らしました。
下田さんは高校生の時「親の七光りで大々的に」役者としてデビュー。TBSの連ドラ「アリよさらば」(矢沢永吉さん主演)で生徒役を演じましたが「この世界は実力がないと消えるので」早くに諦め(この時吾郎が少し複雑な顔をしたような気がしました)、芸能マネジャーをしたり自分で会社を作ったり、「紆余曲折を経て、やることなくなったらタクシードライバーになろうと思っていたので」この仕事に就いたそうです。

「(タクシードライバーの)面接も厳しいそうですよ。」吾郎が意外な事を知っていました。「タクシー会社の社長さんが友達なんで…。」
「また交友関係が広くて…」と小島さんが笑うと
「この番組でも時々話題になる、週に4回位うちに泊まりに来る…」
「ヒロくん?!」
「そうヒロくん」
「ヒロくん、タクシー会社の社長さんなの?!」
「そう」
また各方面で話題になりそうな話ですな(笑)。

それはともかく、最初の乗務で会社で2番の成績を上げ、3か月から半年位で東京でトップクラスのタクシードライバーになったそうですから下田さんはすごいです。何の世界でも一番になれる人は普通の人とは違う何かを持っている気がします。
下田さんオススメの休憩スポット、隅田川のほとりの遊歩道に行くとそこではタクシードライバーのコスプレをしたAD山田くんが待っていました(最近は山田くんのコスプレが番組の恒例になっていますね)。
そこで小島さんが課題図書を朗読。女性を家まで送ってそれから自分の家まで行こうとする男性の車内での行動を鋭くユーモラスに観察しています。吾郎が思わず「ふふっ」と笑ってしまったのは男性の本音なんでしょうねぇ。
続いて下田さんがお気に入りの仮眠スポットへ移動。山手線沿いのごく普通の通りに見えますが、緩い上り坂なので、路肩のパーキングエリアに車を止めて運転席を倒すとちょうど身体がフラットになるのです!吾郎と小島さんも寝てみて、「わあ、フラット!」「スーパーフラットシートですよ」と大はしゃぎしていました。傾斜の角度や静かさ(車の通りが多いとうるさくて眠れない)が仮眠スポットに適していて、夜になるとタクシーの行列ができるそうです。
さて、ロケが終わり下田さんが「ではTBSまでお送りしますので」というと吾郎が「僕、次の仕事がもうすぐなんでそこまで送ってもらえますか?」と言い出しました。何かとても急いでいるようです。
あの社長代理のお仕事ですね!
20分ほど走って目的地に着き下田さんがドアを開けると、降りた吾郎は「今日はどうもありがとうございました」と下田さんと握手をして、「じゃ、さよなら!」とパタパタと走り去ってしまいました。
残された小島さんはちょっと茫然として「吾郎さんがお財布持ってたのに行っちゃいましたね…。」下田さんも「これ無賃乗車で一緒に警察へ行かなきゃいけない…」と苦笑い。「最悪の客でしたね。」と小島さんが言うと、「まあ、乗り逃げですね。」と下田さんは笑っていました。

やり逃げの次は乗り逃げですか…いや、社長代理が乗り逃げはまずいだろう!(笑)


拍手ありがとうございます
以下お返事



続きを読む

雑誌情報

雑誌発売情報が幾つか入ってきましたのでまとめておきます。

11月24日(土)TV fan 新撮ショット:稲垣吾郎
  27日(火)Look at Star インタビュー:稲垣吾郎x鈴木聡「恋と音楽」
      Best Stage
  28日(水)an・an スペシャルインタビュー:SMAP
12月7日 (金)オリ☆スタ 表紙&グラビア:SMAP


拍手ありがとうございます

ストスマで募集中♪

ここに感想は上げていませんが、ストスマは毎週楽しく聞いています。

そのストスマで「今年のコンサート『GIFT of SMAP』であなたが思い出に残った曲とそのエピソード」を募集しています。日替わり曲でも良いそうです。

詳しくは当ブログのサイドバーのリンクにあるストスマHPをご覧ください。
私は…何にしようかな?

今夜のストスマも楽しみです


拍手ありがとうございます

ごりーとモテ高校生 (「スマスマ」 11/19)

今週のスマスマはいきなり「ごりーぱみゅぱみゅ武道館乱入」のドキュメントからスタート。
前回の予告を見て(大丈夫かなあ…)(注:色々な意味で)と思っていましたが、実際に見たら素直に楽しめました。「きゃりーのライブをぶち壊してやるのよ!」と息巻いていた割には完全なアウェイ状態に緊張し、「これはヤバいわ、完全に空気出来上がってるわ」と素の稲垣吾郎の声でビビっていたのが面白かったです(=鬼ファン)。
しかしステージに出るとさすがに度胸が据わったのかトークも冴えて(うっかり「ボク」と言ってしまうハプニングはありましたが)、ダンスもきっちりきれいに踊っていました。温かく受け入れて下さったきゃりーちゃんのファンの皆さん、そしてきゃりーちゃん、ありがとうございました。お陰でウチのごりー(?)も楽しかったようです。
でもワールドツアーへの乱入はしなくていいです(笑)。

ビストロゲストは安田成美さん。番組初登場というのは意外ですが、結婚されたのが18年前でその時はスマスマがまだ始まっていなかったと考えると納得です。終始楽しそうにコロコロと笑ってこちらも何となく幸せな気分になりました。お顔も勿論ですがとても声が可愛い方ですね。
つよぽんの映画「任侠ヘルパー」の宣伝でしたが、キッチントークで盛り上がりました。
3人のお子さんを持つ安田さんが今気にしているのは高校生の息子さんが彼女を家に連れてこない事。「モテないのでは?」「モテるにはどうしたらいいか?」という質問からなぜか吾郎の高校生時代の話に。
「高校の時の吾郎ちゃんはとっかえひっかえの時代でしたね」(慎吾)
「高校の時の吾郎さんは本当にモテたんですよ」(剛)
「朝ドラやってたからね」(中居くん)
「高校の時は僕らの世代(1学年下)からもすごい人気で。僕の学年の子も『稲垣さんと仲良くなりたい』って。」(剛)
「それをお前に言ってくるの?」(木村くん)
「そう僕に!」(剛)
と全員で吾郎に突っ込みまくりました。とても面白かったです。
(それにしても「吾郎さんがモテた」発言で「えー」と声を上げた観覧の皆さんは何を考えていたんでしょうね、何か間違ってませんか?)
その後も「でも優しくない男について行っちゃう女の人って多くないですか?」と話しながら慎吾がさりげなく吾郎を指さしたり、それに吾郎が気付いてわざと大げさに驚いてみせたり、わちゃすまがたっぷり見られて楽しかったです。
そして試食の時間では慎吾が昔懐かしい「ドク」に扮して登場。慎吾は安田さんとこのドラマで共演したんですよね。更に慎吾は吾郎のバイト先の店長に仕立てて小芝居をやってみせ、笑わせてくれました。料理の判定では負けてしまったけれど、シンゴロがきゃいきゃい楽しそうだったので今回は満足です。

歌ゲストはファンキーモンキーベイビーズ。スマスマではおなじみのゲストになりつつあります。
私は「あとひとつ」が大好きなので、この歌をスマとファンモンで歌ってくれるだけで嬉しいです。しかも吾郎のシュッと締まったお顔でビジュが満点であればもう言う事なしです。照明もあまり暗くなくて見やすかったので、すごく良かったと思います。
ごりーとモテ高校生とカッコよく歌う姿と。全部同じ人です。それだけ幅が広い人なんです、稲垣吾郎は。

さて来週の「SMAPからのBIGニュース」って何でしょう?おそらくシークレットパーティ関連のお知らせでしょうか。去年のファンパのお知らせの後ずっと電話をかけ続けてもつながらず寝不足になっただけだった苦い記憶がよみがえりますが…。嬉しいお知らせならいいですね。


拍手ありがとうございます

28日はan・anとおじゃマップ!

おはようございます

来週28日(水)は要チェックです。
1.an・anでSMAPスペシャルインタビュー
2.おじゃマップに吾郎が出演

おじゃマップでは待望の女装吾郎(特殊メイクなしの)が見られるそうです。
今日のおじゃマップ終わりの次回予告を録画してみます。


拍手ありがとうございます

爆笑、しみじみ、そして、やり逃げ?! (「ゴロウ・デラックス」 11/16)

吾郎はグレーのスーツ。社長代理の衣装に黒縁眼鏡です(この説明で分かるかな…)。
「今日のゲストは私の大好きな方で…。この方の本を読んで『もう会社を辞めちゃおうかな』と思って辞めちゃったり(笑)。影響を受けてますね。」と小島さん。そうだったんですか?!

課題図書:「生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント」 西原理恵子

「悪知恵」と言うと強烈ですが、処世術と言う事らしいです。「必要なことかもしれないですよね」と吾郎。
登場した西原さんはほわんとした穏やかな感じの方ですが、発言内容はなかなかカゲキです。
「びっくりすることが多かったですね、恋愛編とか。」と吾郎が言うと「恋愛と言うと皆さん真剣になるでしょ。でもこれから40年位一緒にいる相手を選ぶのに、もっと卑怯な手を使ってもいいと思うんですよ。」と西原さん。

そんな西原さんの本の朗読タイムですが、こんなに笑ったのは初めてです。朗読が罰ゲームになってる!
西原さんが吾郎に呼んで欲しいとリクエストしたのは、男性にとっては切実な、しかし言葉に出せない悩み。吾郎も読みづらそうでしたが何とか読み切りました!そしてフォローのコメントがさらりとしていて「春風のようですね」と西原さんも褒めていました。
小島さんが朗読したのは女性の悩み。これについて西原さんは「月に一度は海外旅行して、そこで待ち合わせして、やらなきゃ殺されるみたいな状況を作っては?」とアドバイス。西原さん自身、原稿書きの為に出版社が用意してくれた高級ホテルの部屋に当時付き合っていた男性を呼んで…(以下自粛)、という体験談を話してくれました。

大胆な発言が次々飛び出す西原さんの人生体験は波乱万丈。中でも夫のアルコール依存症が一番のピンチだったそうです。「あれはお酒が覚せい剤になってしまう病気です。…死んでほしいと思ってましたけど、治療して帰って来た姿を見たら穏やかに笑ってたんで『だからこの人を好きになったんだよなあ』って思って。『あんなこと出来るのは人間じゃない、だから病気だったんだなあ』って思ったら苦しかった6年間がすうっと消えて理解が出来ましたね。」アルコール依存症を克服した時にはがんを発症していて、家族が穏やかに暮らせたのは半年でした。「最後一緒にご飯を食べられる家族になったので幸せです。記憶は上書きできますよ。終わりよければすべて良しで、どうにかなるんですよ。」と西原さんはしみじみと語りました。

後半はAD山田くんが街に出て聞いた一般の方の悩みに西原さんが答えるコーナーでしたが、ここでもまた過激な言葉が西原さんからポンポンと…「くわえたち○こは離さない」「ち○こは道に落ちてません」「やっとけ」など(他にもありましたが)。でも最後には前向きな結論になるところが西原さんの魅力だと思いました。
面白かったアドバイスは「夫の携帯に希望ナシ」。夫の携帯を見てしまった女性に対するアドバイスですが、それを聞いた吾郎は「(携帯を)見られた事はあるけど見た事はないな。」これってさりげなく爆弾発言ですよね。ゴロデラでは話の流れの中で吾郎からこの手の爆弾発言(あるいはポロリ)があるので見逃せません。

「一番大切なのは自分が幸せになる事ですよ」と言う西原さんからは優しさが感じられました。最後に小島さんにプレゼントした似顔絵には「生き残る」吾郎にプレゼントした似顔絵には「やり逃げ」と描かれていました。「(吾郎さんは)今いい流れに乗っているからそのままふわ~っと行っちゃってください」という意味だそうです。
力を抜いて一歩ずつ前に進んで行ける感じが伝わってきました。


拍手ありがとうございます

ドラマアカデミー賞@週刊ザ・テレビジョン

おはようございます。めっきり寒くなりうちの近所でも紅葉が始まりました。

さて現在発売中の「週刊ザ・テレビジョン」でドラマアカデミー賞が発表されています。
ドラマソング賞は「さかさまの空」。SMAPを代表して吾郎がコメントしています。
そしてトロフィーを持った吾郎の写真も。SMAP代表としてではありますが、吾郎がこのトロフィーを持つのは初めてなので感無量です。

それにしても「梅ちゃん先生」が5冠(作品賞、主演女優賞、ドラマソング賞、脚本賞、監督賞)というのはすごい


拍手ありがとうございます

吾郎へのバースディメッセージをスマ新が募集中♪

気が付けば吾郎のバースディまで1カ月を切りました。

現在TVガイドのスマ新では、吾郎へのバースディメッセージを募集しています。
ストスマや事務所にバースディメッセージを送ろうとしている方は多いと思いますが、お手の空いた方はスマ新へも是非送ってください。よろしくお願い致します。

ハガキ:〒119-0311 週刊スマスマ新聞「稲垣吾郎くんハッピーバースディ」係
FAX:050-3156-1299
E-Mail:sma@tokyonews.co.jp

〆切:11月30日(金)必着

詳しい送り方はTVガイドのスマ新をご覧ください。


拍手ありがとうございます

ボーナスタックル! (「スマスマ」 11/12)

楽しかったです!

久々の「体感エレベーター」は香里奈さんがエレベーターガール。可愛くて少しクールで、なかなかはまっていました。台本がもう少しコンパクトでテンポが良ければ言う事なしだったのですが。でもドラマ「PRICELE$S」の宣伝とあって「これはおカネでは買えないぜ」というオチはきいていました。

ビストロゲストはジャニーズ事務所の大先輩、近藤真彦(マッチ)さんと野村義男(ヨッちゃん)さん。「たのきんトリオ」のお二人です(一人足りませんが)。
中居オーナーは最初から緊張気味。「無事に終わる事が出来ればいいのですが…」とやや弱気な発言を。でもしっかり番組を進行したのはさすがです。アイドル全盛時代の芸能人運動会や水泳大会のお話は面白かったです。マッチさんとヨッちゃんは話が上手ですよね。でも昔のVTRを見てもあまり「すごい!」と思えなくてすみません。やっぱり私はジャニヲタじゃないんです。むしろアンチジャニーズだったのでたのきんトリオを全然見ていなかったんです(「金八先生」は見ていましたが)。
でもキッチンに降りてのマッチイントロクイズは楽しかったです。スマさん5人が子供みたいにワーワーキャイキャイ盛り上がるのは一番楽しいです。特に吾郎は「ハイハイ!ハーイハイ!!」とピョン跳ねしながら手を上げて可愛かったです。(本当はボタンを早押ししなければいけないのに・笑)
最後は「ボーナスタックル」だの「スーパーハイパータックル」だの訳の分からない盛り上がり方になり、クイズが終わって見ればマッチ・ヨッちゃんチームの勝ち。スマさんは罰ゲームとしてマッチさんの新曲「Let's Go!」のタイトルを自分の番組や舞台で言う事になりました。吾郎はゴロデラでいつ言うのでしょうか?それもチェックしないといけませんね。
今回のオーダー「麺とカレー対決」はしんつよチームの勝ち。
最近では珍しく先輩の前で緊張するスマさんが見られて楽しかったです。初心忘れるべからず、ですよね。

歌コーナーのゲストはJUJUさん。確か2回目の出演ですね。歌はいいし、スマさんは皆カッコ良かったのですが…なぜ吾郎のアップがあんなに少なかったんですかね?久しぶりにカメラワークにイライラしました。今吾郎はすごく細くなって美しさに磨きがかかっているのでもっと映して欲しかったなと言うのが本音です。でも今回はシンゴローのダンスが見られたのでそれで良しとします(上から目線)。

それよりも、来週ですよ!来週はごりーぱみゅぱみゅ in 武道館が見られるそうなので楽しみです。


拍手ありがとうございます

木村くんお誕生日おめでとう!

木村くん40歳のお誕生日おめでとうございます
木村くんはまぎれもなく日本のアイドル像を変えた素晴らしい人です。
現役トップアイドルとして24年間最前線を走り続けられる人が他にいるでしょうか(これは他のメンバーにも言える事ですが)。
アイドルとファンが共に歳を重ね成長していく、という新しいアイドルの姿を作った木村くん。
現在出演中の「PRICELE$S」ではスーパーヒーローではないけれど、苦境にめげず自分の周りでささやかな奇跡を起こすかっこいい男を演じています。
これからも身体に気をつけて新しい魅力を見せて下さい。

そして吾郎をこれからもよろしくお願いします


拍手ありがとうございます

J-Webスタッフレポート更新 (11/12)

J-Webスタッフレポートが更新されました。
タイトルは「近況報告」。吾郎の近況がまとめて報告されています。

1.神奈川県でおじゃマーップ。サプライズをしかけたり変装したり(現在発売のTVガイドに写真が出ていますね)、そうかと思えば「おじゃマップ最大の危機が」…。これは見ずには居られません!
放送は11月末の予定だそうです。

2.ゴロデラロケ。タクシーに乗ってのロケだったそうです。本の著者があの有名作家(最近ゴロデラに出演された)の息子さんというからちょっとビックリ。
11月22日に放送されます。

3.そしてミュージカル「恋と音楽」。只今稽古真っ最中
「お洒落なミュージカルになりそうです」との事。期待しましょう


拍手ありがとうございます

亜土たんワールドにドンズバ! (「ゴロウ・デラックス」 11/9)

オープニングトーク。
画面左右から出てきた吾郎と小島さんは青いキャスケットにボーダーのTシャツ、デニムのカバーオール。そう水森亜土さんのファッションです。小島さんは「リスペクトを表現する為に」顔にそばかすを描いています。そして吾郎は明らかに亜土さんよりもマリオに似ています(笑)。お互いに見つめ合って思わず噴き出してしまったのも当然でしょう。

「水森亜土さんといえば吾郎さんは世代でしょ?」
「世代ですよ」
「吾郎さんのお姉さんも?」
「うちの姉はもう、ドンズバ!

でも私の子供のころから水森亜土さんのイラストは周りにたくさんありました。亜土さんイラストのメモ帳とか小物とかをプレゼントにもらった事もあります。
それもそのはず、水森亜土さんは約50年にわたり(!)女性の心をとりこにしているイラストレーターにして天才画家。舞台女優やジャズ歌手としても活躍しさまざまな分野で才能を発揮しておられます。
スタジオに入って来た亜土さんはやはり全然変わっていません。

「水森さんの事はどうお呼びすれば…?」(小島さん)
「亜土たんで」(水森さん)

亜土たんは年齢不詳の永遠の少女ですね。
亜土たんと言えばスマスマのアニメ歌謡祭に出演して吾郎と共演なさいましたが、
「すごくツンツンしてた。感じ悪かった。」といきなり爆弾発言。
それに対して吾郎は
「水森さんのジャズコンサートに僕らのファンの方がたまたま行って、そのコンサートのMCで、『スマスマに出たんだけどみんなテンションが低くて、本番になった途端にテンションが上がって、テレビの人って怖い』っておっしゃってた、とファンから聞きました。」
「ああ、ごめんなさい!」と謝る亜土たんに
「いやかえって失礼な事をしたかなって、僕たちも。」と吾郎も謝りました。吾郎は更に続けて
「本番ではすごくテンション高かったですよね、き~たぞきたぞあ~られちゃ~ん♪(満面の笑みでいぇいいぇい♪という感じで身体を揺らしながら)」
「OKで~す」(小島さん)
「…お疲れさまでした(素の表情に戻る)」
でもとにかく誤解が解けて良かった、良かった♪

課題図書:「水森亜土 (らんぷの本)」 水森 亜土 著、内田 静枝 編集

小島さんはこの本の中から女の子が綺麗になるコツの部分を朗読。その文章からは、自分に自信は持っても傲慢にはならない、亜土たんの絶妙なバランス感覚が伝わってきます。
そして亜土たんを一躍有名にしたNHK「たのしいきょうしつ」の話へ。両手でお絵描きするパフォーマンスはオーディションの時にとっさに思いついたものだとか。1分半の間に描きあげる為に両手で書いたのだそうです。
そして吾郎と小島さんも亜土たんに教わって両手でのお絵描きに挑戦しました。
両手お絵描きのコツは利き手でない方の手に神経を集中する事。亜土たんの真似をして吾郎と小島さんも数字を書いてみますが…。亜土たんは左右対称に掛けるのに2人は上手く書けません。実は左右対称に描くのが、早く仕上げるコツなのだそうです。
続いて○と□で猫ちゃんを描く事にチャレンジ。亜土たんは楽しそうに喋りながらあっという間に2匹の可愛い猫を描き上げました。仕上げにスプレーで色を入れると華やかになりました。吾郎が描いた猫は1匹は笑っていて1匹は仏頂面(?)。亜土たんは「上手じゃないけどいいと思う。」(笑)小島さんの絵は上手でした。亜土たんは描き上がった6匹の猫を見て、「寝ている感じの猫がいいな」と吾郎の描いた猫を褒めました。「でもあれ、僕は怒った顔のつもりで描いたんですけど。」と吾郎が言うと「そう?確かに鬼みたいな感じがする。」と亜土たんも納得したようでした。
そんな亜土たんの才能が開花したきっかけはハワイ留学。お母様との唯一の約束が毎日絵日記を描いてそれを日本に送る事だったそうです。当時の絵日記を見ると今とは絵の描き方が違います。「大急ぎで描くから2頭身になったの。描きやすいし2頭身だと安らぐ。」
スタジオには亜土たんのイラストが沢山飾られていましたが、初期のイラストは2頭身で、段々2頭身でなくなっていきます。そして亜土たんのイラストは男の子と女の子がチュウしている絵が多いですが、「でも唇と唇があっていないの、全部。」と亜土たん。「チュウはね、唇と唇があわないほうがロマンチックかな。」というところに亜土たんの美意識を感じました。

更に亜土たんのアトリエの写真も番組で披露しました。都内の日本家屋で亜土たんのかわいらしいイラストは生みだされているそうです。最後に門外不出の原画もスタジオで見せていただきました。グレーがかった夜空を女の子が飛んでいる絵で、見慣れた亜土たんのイラストとは一味違っています。亜土たんワールドの奥深さが見えた気がしました。


拍手ありがとうございます


NHKの「とっておきサンデー」で

12月24日(月)10:25からNHKで放送される「とっておきサンデー」で「あなたがもう一度見たい今年放送されたNHKの番組」を募集しています。
吾郎ファンとしては当然「サラリーマンNEO Gold」ですよね?
締め切りがはっきり分からないので早めにリクエストを送りましょう!

URLはこちらです。直リンは貼りませんので、お手数ですがコピペしてアクセスして下さい。

https://www.nhk.or.jp/program/totteoki/form/index.html


今朝のめざましでは残念ながらごりーぱみゅぱみゅの映像は流れませんでした。スマスマで放送される事を期待しています。


拍手ありがとうございます

今日のWSにごりーが登場?!そして番組情報

今日武道館で行われたきゃりーぱみゅぱみゅさんのライブになんと、ごりーぱみゅぱみゅがゲスト出演したそうです。今日(7日)のWSではきゃりーさん武道館ライブの映像が流れるそうなので、もしかしたら(あくまでもしかしたら)ごりーも見られるかもしれません。
スマスマのキャラなのでフジテレビを録画するのが確実でしょうか?

番組情報をもう一つ。
9日(金)15:50~16;20の「女神のマルシェ」(日テレ)でセブンアイの冬ギフトを特集します。夏ギフトの時はSMAP大試食会の映像が流れましたが、今回も同じような映像が流れるのでしょうか。関東ローカルだと思いますが、見られる方は是非録画してみて下さい。


拍手ありがとうございます

スマスマはスマスマ (「スマスマ」 11/5)

楽しい事は楽しかったけれど…スマスマでなくてもいいんじゃない?(いきなり毒)

ビストロゲストは明石家さんまさん。一年に一度の出演が恒例になりつつあります。でも他局のクリスマス特番もありますからスマスマには特に出なくても…。その方がクリスマス特番のスペシャル感が高まると思うのです。
そしてこの間ビートたけしさん(北野武監督)がゲストにいらした時もそうだったのですが、どうして27時間テレビの続きをスマスマでやらなくてはいけないのでしょう?深夜に生放送を頑張った中居くんには悪いのですが、27時間テレビのBIG3を見なかったので、さんまさんのラブメイトと言われても私には何の事かさっぱり…。
それでもさんまさんの意中の女性(?)に電話してスマさんに色々な役をやらせるさんまさんの持ち込み企画には笑わせてもらいました。木村くんの平泉成さん、中居くんの坂東英二さんのモノマネは上手かったし、剛の韓国人留学生、慎吾のゲイバーのママは感じがよく出ていたし。そして吾郎の「滑舌の悪いプロデューサー」(一番分かりにくい設定・笑)は低音の美声でした。でも私が一番笑ったのは電話の相手がSMAPだと分かって女性の声がパッと明るくなった時でした。失礼ですがさんまさんと話している時より明らかにずっと嬉しそう(笑)。正直で良いなと思いました。
…でもスマスマでやらなくてもいい企画なような気がします。

最近のスマスマはごりーぱみゅぱみゅ(キーボードで打ちづらい名前です)推しですね。前回の岸本加代子さんも今回のかたせ梨乃さんも元々お美しいのでぱみゅっても可愛いんですが、この企画でどこまで引っ張れるか疑問です。新しいオリジナルのコントを考えて下さいよ、スマスマスタッフ様。

でここでビストロの試食(この構成変ですよね)。オーダーは「世界のスーパースターが愛した料理」。今日だけ個人戦なんですね。吾郎が作ったのはマイケル・ジャクソンが好きだったフライドチキンとセブンアップ。スマスマに出演した際楽屋に用意するようリクエストされたものがフライドチキンとセブンアップだったそうです。吾郎の口からそういう裏話が聞けたのは楽しかったです。
レディ・ガガのピザも、マイケル・ジョーダンのステーキも、ジョン・レノンのアップルパイ(万平ホテル名物)も皆美味しそうでしたが、判定は後ほど(この構成変ですよね?)。

歌ゲストはLOVE PSYCHEDELICO。この歌コーナーが一番素直に楽しめました。「This is Love」のコラボ最高!映画任侠ヘルパー主題歌の「Beautiful World」もすごくいい曲ですね。スマさん5人の衣装もカッコよく、そして吾郎はすっきりと締まったお顔で凛々しく美しく、で大満足でした。
これでデリコさんとのトークがあれば言う事なしだったのですが。「スマスマ喫茶」はもうやらないんですか?毎回やって下さいよ!お願いします!

最後にビストロの判定(だからこの構成は変…)。結果は、予想通りでした。中居くんも「これはねぇ…」と思わず口走った位ですから(笑)。


拍手ありがとうございます

社長代理♪

今日、日本音楽著作権協会(JASRAC)の特別表彰式があり、「世界に一つだけの花」が特別表彰金賞を受賞しました。これは過去30年間で最も著作物分配額が多かった作品に贈られる賞で、「花」がそのランキング1位になったのです。
そして我らが吾郎がジャニーズ出版ジャニー喜多川社長の代理として表彰式に出席しました。その模様は午後7時と9時のNHKニュースでも流れました。

明日のWSでも流れる可能性は大きいと思いますので、今からでも録画セットする方がいいと思います。
以上、スマスマ中に失礼しました。

ちなみにオリコンの記事はこちらです。


拍手ありがとうございます

「Gift of SMAP」 ライブDVD発売決定!

先程twitterで知りましたが、「Gift of SMAP CONCERT 2012」のDVDが発売されます。

発売日:12月5日(水)
DVD3枚組+全32ページブックレット封入
(※初回プレス分のみ SMAPシークレットパーティー招待抽選応募券封入)

詳しくはビクターHPをご覧ください。

勿論すごく楽しみですが、札幌ライブの様子も見たいです。これだけ別にDVD化してくれないでしょうか?


拍手ありがとうございます

情熱は詐欺? (「ゴロウ・デラックス」 11/2)

この番組での吾郎のファッションはいつも遊び心に満ちています。今回もオーソドックスなスーツのようでありながら中に着ているベスト(?)がちょっと変わっていました。しかし今回のゲストさんのファッションはもっと変わっています。
「今回のゲストは元高校の先生で怖い人みたいです。」(小島さん)
「えー、また怖い人ですか?…僕は平気だけど、怖い人に(小島さんは)ヒヤヒヤするような事を…」(吾郎)
さてどんな方なのでしょう?

入って来たのは角刈りに金縁眼鏡、着流しに羽織り姿の「伯父貴」といったいでたちの方です。小島さんが言う通り「仁義なきといった感じの」ファッションです。

課題図書:「やくざ監督と呼ばれて」 野々村直通

野々村さんは島根開星高校野球部の元監督。部員15人の弱小野球部をわずか6年で甲子園に導き、その後9回甲子園に出場させた名将です。プロ選手を4人育てた実績もあります。しかし2年前の春の選抜高校野球で21世紀枠の対戦相手に敗れた時「腹を切りたいです。死にたいです。もう野球なんかやめたいです。」「21世紀枠に敗れた事は末代までの恥。」と発言して非難を浴び監督を辞任したという経歴の持ち主です(のちに監督に復帰)。

吾郎がその「舌禍事件」のいきさつ部分を朗読。敗戦の瞬間カッとなってしまい、思わず「腹を切りたいです。死にたいです。もう野球なんかやめたいです。」と口走ってしまった野々村監督。「いつもそうですが、負けた時は狂いますよ、2~3日位。悔しくて。」だからそれが問題となり叩かれることになるとは「全く思っていなかった」そうです。しかし学校には抗議の電話が殺到。「それこそ罪のない事務員の方や他の教員が電話(の対応)で。切ってもすぐに次のがかかってくる。3本回線があるのに全部ふさがって。それを見た時申し訳ない、と。」犯罪者扱いされたあげく監督を辞任することになりました。

しかし選手たちは監督を信頼していました。小島さんが朗読したのは監督辞任から復帰するまでのいきさつの部分です。監督の復帰嘆願書には開星高校の保護者や関係者だけなく、対戦相手の高校の保護者も署名しました。12月に校長先生に呼ばれ正式に復帰を告げられた後グラウンドで練習する野球部の生徒たちを見て思わず嗚咽した、という話です。野々村さんが監督を辞任した直後、夏の甲子園への出場を決めると野球部の生徒たちはまっすぐ野々村先生の家に訪ねてきてくれたそうです。生徒たちの先生への信頼は揺らぐ事はありませんでした。それがとても嬉しかったそうです。

弱小野球部を甲子園に導く為にさまざまな尽力をした野々村監督。良い選手をスカウトする為に、「考えます」と返事した他の優秀な選手の名前を出して「あいつも来るからお前もどうだ」と口説く事もあったそう。「否定されていない訳だから、僕の中ではもう来る、と思っているから。」という理由ですが、小島さんは「屁理屈です。こじつけです。」と爆笑。
それを聞いた吾郎が「プロポーズする時にさ、『幸せにするよ、一生』とか言ってさ、本当はそんな保証ないのに、それでも命をかけて、というのと似てるかな。」と一言。小島さんが「そんな言葉を言う時が来るのかしら?」と言うと吾郎が「しょっちゅう言ってるよ」と答えたので、野々村先生は思わず「詐欺だ!」と突っ込みました。「その割には形になってない気がするけど。」との小島さんのが追及に「ま、最終的には形になってないけど…。」と吾郎も苦笑していました。いいタイミングで爆弾を落とす吾郎はナイスです!

その他に電車を占拠したヤンキー達を一人で退治した話とか、やくざ風の奇抜なファッションが生徒たちとのコミュニケーションのきっかけになったとか、面白いお話が沢山飛び出しました。
野々村先生がやくざ風ファッションに目覚めたきっかけは大学生の時見た映画「仁義なき戦い」。「これじゃ!」と思い床屋に行って「菅原文太にしてくれ」と頼んだそうです。それをずっと貫くのは情熱が要りますね。

そんな野々村先生の本業は美術教師。卒業の時には生徒たちの似顔絵を描いて贈るそうです。そして今回、吾郎、小島さん、AD山田くんの似顔絵を描いてきて下さいました。手渡す時何となく卒業式の様な雰囲気になって、見ていてグッときました。
野々村先生ありがとうございました。これからもお元気でご活躍なさってください。


拍手ありがとうございます




FNS歌謡祭にSMAPが出演

早いもので11月になりました。

11月の声を聞くと年末年始番組の情報が入ってきます。
今年のFNS歌謡祭は12月5日(水)午後7時から4時間超の生放送です。

司会はつよぽんと高島彩アナウンサー。SMAPも出演します。この時期恒例のお楽しみですが、毎年出演できるのは有難いですね。
吾郎はミュージカルの最中なので体調にくれぐれも気をつけて欲しいです。

詳しくはこちらから。出演者はこれからも追加発表されるそうです。


拍手ありがとうございます


プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる