SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

TVガイドとオリスタ

ちょっとのんびり出来る休日、TVガイドとオリスタを眺めてニマニマしています。
グラビアはどちらも「朝」をテーマにした爽やかな感じです。

ガイドの吾郎の衣装はパッと見た時(パジャマ?)と思ったのですが、よく見たらエンジとブルーと紺(?)の横縞のシャツとジャケットのシックなアンサンブルでした。朝ごはんを食べBGMをかけながらお風呂に入っているという吾郎。忙しいのに優雅な朝を過ごしているらしく、それに比べて私は何をしているんだろうと思ってしまいました。

オリスタのインタは一問一答形式。
吾郎は「5人で走り続けていられる事が、いわば僕らの夢なんですよね」と言いました。その「僕らの夢」についていく事が私達ファンの喜びなのです
2012年のSMAPは“再スタート”だという吾郎。また新しい顔を見せてくれると信じています。

オリスタの慎吾のインタからは、慎吾がもうライブの構成を考えているらしい事が窺えます。こちらにも期待しています♪


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

意外や二塁打♪ (「CDTV」 4/29)

「さかさまの空」プロモーション週間最後の出演はCDTV。これが思いの他良かったです。
「火曜曲」ではBLITZでのライブでしたが、こちらはそれとは別にスタジオセットで撮影したもの。照明も明るく、カメラワークも面白くて楽しかったです。途中木村くんがマイクスタンドにぶつかるという珍しいハプニングもありましたが、それすら見どころにしてしまうのがスマさんのスゴイ所です。

最後散らばっていく5人(この演出が好きです)を斜め上のカメラから撮ったのがユニークでした。しかも吾郎のぷり…いえ、後ろ姿を長い時間拝めたので大満足です

なので、勝手に二塁打に認定致します!


拍手ありがとうございます

良く頑張った♪ (Mステ 4/27)

新曲が出ると一番緊張するのがこの番組です。なにしろ生放送ですから。
今回の新曲プロモーションのほぼ最後になるこの番組、果たして歌の出来は?
ドキドキしながら見守りましたが、良かったんじゃないでしょうか。

1番の木村くん、中居くん、吾郎は音がやや下がり気味でしたが、逆に○パクではないと分かって良かったかも…(苦笑)。でも2番になったらみんな安定してとても良かったです(ホッ)。

吾郎は終始お疲れ気味に見え、ソロでも声が出ていませんでしたが、他のお仕事が忙しいのでしょうか?


拍手ありがとうございます

ごろーがおじさんになっても (「ゴロウ・デラックス」 4/27)

えー、その前に、ストスマでなんと私のメールが…。
応援メッセージも兼ねて「Dr.検事モロハシ」の感想を送ったら読まれました!しかし吾郎に名前を呼ばれた途端舞い上がってしまい、その後吾郎が何を話したのか全然覚えていないという…(汗)。失礼しました。

さてゴロデラですが、今回の著者もユニークな方でした。この番組では時々とてもマニアックな本を書いた方が登場しますが、共通して独特の明るさがあると思います。世間の目など気にしない自由さからくるのでしょうか。

課題図書:「おじさん図鑑」 なかむらるみ

スタジオに入って来たなかむらさんは、吾郎と小島さんにイラストをプレゼント。「20年後におじさんになった吾郎さん」のイラストが面白かったです。吾郎の実年齢を考えれば本当は今もうおじさんなのですが、「20年後」という所がおかしい。吾郎は(スマさん全員がそうですが)実年齢より20歳若く見えるのでしょうか?(さすがにそこまでは無理かな、10歳くらいかな。)
ゆったりマイペースで話すなかむらさんは、多摩美術大学の卒業制作で早くも「おじさん」をテーマにしたそうです(現在32歳)。その作品「山手線おじさん考現学」もスタジオに持ってきて吾郎と小島さんに見せました。
吾郎のお父さんが新宿系おじさんというのが興味深かったです。
そして今週最大の萌えは、吾郎が「ゴルフ場で見かけるおじさん」の真似をしてくれた事♪
まず普通になめらかなゴルフスイングをしてみせた後、「おじさんは体重が前の脚に乗らなくて…」と反っくり返り気味に両腕を振りまわして見せたのです。吾郎本人もツボに入ったのか、3回も繰り返したので私は大笑いしました。中居くんが時々野球選手のバッティングフォームを真似してみせますが、あれに匹敵する位面白い形態模写です。絶対ウケルと思います!(どこで?)
おじさんを愛すべき存在として、写真に撮りそれをイラストにしているというなかむらさん。「ハイウエストおじさん」「帽子のおじさん」「酔っ払うおじさん」等、どこかで見かけた事のあるイラストが次々と出て来ます。本当に観察眼が鋭い方です。
そこで実際にスタジオでなかむらさんがおじさんのイラストを描いてくれました。モデルは「TV業界おじさん」、Goro's Barの古谷プロデューサーと「警備おじさん」渡辺さんです。「でも古谷さんは僕と同じ年なんだよね。」と吾郎がポツリと言いました。そう世間一般のアラフォーはあんな感じです。それに比べると吾郎は…。「おじさんはゆっくり描く方がいいんですよね」と言いながら、なかむらさんはあっという間に描き上げました。どちらもとても良く特徴を掴んで味があるイラストです。
そんななかむらさんのおじさん観察にAD山田くんが同行。日比谷公園ではサラリーマン、赤坂では犬を連れた高齢者、そして西川口では昼間から飲み屋で飲むおじさんを観察しました。
西川口に来る理由は「オートレース場があって、ギャンブル場の周りには良い飲み屋があって、おじさんが昼間から飲んでいるので…」。川口のオートレースといえば森くん♪僅かですがそこで森くんと繋がったのが嬉しかったです。

番組最後に吾郎が「なかむらさんは左手に指輪をされていますね。結婚されているんですね。」と質問。「はい結婚してます。」となかむらさんは、芸能人の結婚会見の時の様に左手の指輪をカメラに向けてみせました。しかし「お相手はやっぱりおじさんなんですか?」との吾郎の質問に「いいえ、年下です。」と衝撃の答えが!!
おじさんは異性として好きなわけではないのですね。


拍手ありがとうございます

濃い?それとも… (スマスマ 4/23)

ビストロゲストは阿部寛さん。意外やビストロには初登場だそうです。
映画「テルマエ・ロマエ」で古代ローマ人を演じましたが全く違和感なく、メイクをしない方が自然だと言われたとか。そう聞くと俄然映画を見たくなりますね。
イタリアでの試写会に行って来た阿部さんのオーダーは「パスタ」。阿部さんの映画の裏話はとても面白かったのですが、キッチントークの途中でメンタリストのDaiGoさんが登場してから雰囲気が不可解に…。どうしてこの方が?と思ったら番組の内容が頭に入らなくなってしまいました。
「カッコ良くて面白い俳優・阿部寛」の魅力をもっと見たかったと思いました。トークの中で少し話題になりましたが、阿部さんはつかこうへいさんの舞台「熱海殺人事件」に主演して絶賛されました。その点で剛と吾郎とは共通点があるので、そっちへ話が膨らむかとかすかに期待しましたが…やはり無理でしたね。
料理の判定は吾郎・剛チームの勝ち。…とすたすたと帰ってしまおうとする阿部さんが面白過ぎる!天然なんでしょうか。勝利チームへの御褒美はシックでゴージャスなバスローブ(これには二人とも「舞台やライブで使える」大喜び)とエプロン。吾郎のエプロンは白ビキニ(?)の女の子柄のジョークエプロンでしたが、吾郎はちゃんと着て「ヤダーン♪」とはしゃいでみせました(可愛い)。
最後はスマさんでしっかり締めたのが良かったです…。でもDaiGoさんの未公開を近日放送って??

「体感エレベーター2012」。これをビストロの間に挟んだ構成も不可解ではありました。
熟年編(失礼!)なのか真矢みきさんのエレベーターガールがややお色気過剰な気がします。それはそれで良いとしても、最後の「ご利用ありがとうございっした~」を歌うように言う必要があるのかな?と思います。もっとあっさり淡々と言う方が面白いと思うのですが…。

歌は「さかさまの空」。スマさんの歌を続けて聞けるのは本当に嬉しいです。
一方、今週MJ、HEYxHEYxHEY、スマスマと見比べて、カメラワークの違いを実感しています。MJは「聴きやすく見やすい映像」に徹し、HEYxHEYxHEYは「客席との一体感を見せる」映像で、スマスマは…。以前から感じていましたが、「美しい画を撮る」事を優先していますね。だから照明が暗かったりカメラの切り替えが早くてチラチラした映像になったり。肝腎のスマさんが見づらいこともあります。今回は曲調に合わせて照明は明るめですが、やはりちょっと見づらいですね、何が原因かはよく分かりませんが。
でも新曲推しはやはり嬉しい。ここはリピして楽しまなければ


拍手ありがとうございます

ああ、ダブルプレー (「火曜曲」 4/24)

鳴り物入りで始まった注目の新番組ですが、正直な感想は「やっちまったな…」。
TBSさんは「ATARU」でクリーンヒットを打ったのに、この「火曜曲」でダブルプレーを食らった感じです。

一番の問題は、総武線沿線系劇団型ガールズユニットの番組での位置づけでしょう。MCとなっていますが、最初と最後に歌ったりするのは完全にゲスト扱いです。番組の内容も歌番組なのかバラエティ番組なのか中途半端で、どういう方向を目指しているのかよく分からなかったです。歌よりもゲームやお笑い中心になっていった後期の「うたばん」みたいで、ちょっと心配になりました。

今回のゲストはSMAPだけで、BRITZからのライブ(収録)なので期待したのですが、客席に比べステージが高くなかったのでメンバーの歌う姿が見えづらかったのと、カメラの切り替えが細か過ぎたのとで楽しめなかったです。
「FIVE RESPECT」「This is Love」「さかさまの空」と3曲歌ってくれて、衣装も黒地にゴールドのモールやトゲトゲをあしらったワイルドなもので見応えがあったのに勿体なかったです。

スタジオトークも中途半端で…「卒業」つながりで森くんの話になったのは嬉しかったですが、吾郎をオチにされたのは嫌でした。今までにも似た様な事があって私はその時にも感想に書いたのですが、内輪でうけるネタが外でそのまま通じるとは限らないのでそこは考えて話して欲しいです。


日曜のMJは別格として、昨日のヘイヘイヘイは三塁打、昨日の歌謡曲はダブルプレーでした。
さて金曜のMステはどうなるでしょうか?


拍手ありがとうございます
以下お返事
続きを読む

ダウンタウン x SMAP (HEYxHEYxHEY 4/23)

怒涛のスマ露出週間が始まっています。そしてこの番組も凄かった
ダウンタウンとSMAPがボケとツッコミの応酬で笑いっ放しでした。どちらも臨機応変にトークを切り返すから本当に面白かったです。

もう全てが萌えポイントと言えますが、吾郎ファンとしての萌えポイントを2つ。
①収録開始前、スタッフさんが吾郎にマイクをつけるのを見ながら、
「吾郎ちゃんもうええんとちゃう?マイク」(浜ちゃん)
「ちゃうよ、吾郎ちゃんめっちゃ喋るよ」(松ちゃん)
「マジで?」(浜ちゃん)
松ちゃんは吾郎の面白さを分かってくれている!と思っただけでテンションが上がりました。松ちゃんと吾郎のトークはWボケで面白いのですが、松ちゃんが上手く吾郎の面白さを引き出してくれている気がします。

②吾郎のXジャンプのときの臍チラ
何回もリピしました。普段はジャケットの前を何度も合わせ直したりしてガードが固い(笑)のですが、興奮して思わず無防備になったのか、イイものを見せてもらいました
吾郎の中学時代の思い出の曲はX(現X JAPAN)の「紅」。当時ヘビメタやハードロックが好きだった、と色々な所で吾郎は話していますね。木村くんを誘ってXのコンサートに行ったのもファンの間では有名な話です。しかし今回は木村くんが「僕は初めて行ったんですけど、Xジャンプをする曲になったら、隣の吾郎が、この吾郎がですよ、ビヤッ!(両腕をXに交差して)とやるんですよ!そういう奴なんだ…と思って」と話を盛り上げました。そこで吾郎が大ノリでXジャンプを披露して、浜ちゃんは「そういう子だったんだ」と面白がってくれました。
さらにギターの話題になり、「中学時代に木村くんと一緒に始めたんですけど…」と吾郎が言うと、浜ちゃんは「なんなの君たちは?!」とキムゴロを交互に指さし(浜ちゃん、珠玉のツッコミありがとう!)木村くんは真面目な顔で「何かというと声がかかる」と答えていました。(最近の「何か」はゴルフですね、分かります。)
それにしても吾郎が「最近はギターを弾いていない」と言ったのは気になりました。ゴルフに夢中でギターに興味が無くなってしまったのでしょうか。吾郎にまたギターを弾いて欲しいのですが…。

ギター弾き語り漫談(?)のAMEMIYAさんが作った「SMAPにささげる歌」はスマさんの昔の失敗談や思い出話を上手く盛り込んでいました。「全部あってます」とスマさんも驚いていましたね。最後まで気持ち良く笑えたのはAMEMIYAさんがSMAPに敬意を持って作ってくれたからではないかと思います。

で、最後はオールスタンディングの観覧のお客さんの前で「さかさまの空」のライブを。この番組の照明は夕方っぽい感じが多いと思うのは私だけでしょうか。5人を後ろから映したカメラワークが面白かったです。そしてその時しっかりカメラに目線を送る中居くんもさすが!
今まで何回か歌番組やスマスマでこの歌を歌っていますが、吾郎がいつも満面の笑みを浮かべて歌っているのが嬉しいです。この歌を好きなのかな?


拍手ありがとうございます


【皆さんにお願い】 TV誌のドラマ人気投票

「ハングリー!」を始め各ドラマが最終回を迎え、各TV誌のドラマ人気投票が始まりました。
毎度こちらでお知らせしていますが、雑誌をお持ちの方は、今回も作品賞は「ハングリー!」助演男優賞は吾郎への投票をお願いします。

2.「TV navi」ドラマ・オブ・ザ・イヤー2012(1月~3月期)
ハガキに現在発売中の「TV navi」についている応募券を貼り、必要事項(選んだ作品や俳優へのコメントも)を書いて投票して下さい。詳しくは本誌をご覧ください。
締切:4/24(火)当日消印有効。

もし他に情報があれば順次追加していきたいので、ご存じの方は下のコメント欄からお知らせいただけるとありがたいです。
皆さんのご協力をお願い致します。


拍手ありがとうございます

トークも歌も楽しかったMUSIC JAPAN (4/22)

初めて見た番組ですが楽しかったです。いや楽しいを通り越して有難かったです。
35分番組のうち25分がSMAP特集。しかも「ドラマ」とテーマを絞ってじっくりトークしてくれたので聞きやすかったです。Perfumeさんが司会しているのを初めて見ましたが、3人でしっかり回してくれてそれも良かったです。

まずメンバーが出演したNHKのドラマを紹介。慎吾や中居くんが出演したドラマは初めて見たので面白かったです。慎吾は紹介された他に「怪談にせ皿屋敷」というBSドラマもあったと思います。
「最後に稲垣さんのドラマを」と紹介されたのは「陰陽師」「青春家族」そして「ホシに願いを」。入浴シーンを取り上げてくれたのは、スタッフの中に吾郎ファンがいたからではないでしょうか。時間の関係か「炎立つ」(93年大河)「さよなら五つのカプチーノ」(98年)が取り上げられなかったのは少し残念でしたが、「稲垣さんは沢山やってる」(中居くん)「数では一番やっているかもしれませんね」(吾郎)というやり取りがあったのが嬉しかったです。
意外な事に木村くんはNHKのドラマに出演した事がなく、つよぽんは慎吾の「新撰組!」にゲスト出演しただけ(つよぽん曰く「ほんのワンシーン」)ですが、そのシーンもちゃんと流れました。

でも感謝したいのはこれから後です。
「SMAPの皆さんがドラマの中で演じられた役柄を見てみましょう」
「皆さん沢山あるので、連続ドラマに絞って10本ずつ選びました」
…殆ど民放のドラマなのに、大きなパネルに一覧表を作ってくれて、しかも選んだ基準もハッキリ説明してくれて、さすが皆様のNHK!公明正大なNHKです!
吾郎が演じたのはソムリエや弁護士、法医学者など「頭が良さそうで専門職」が多くその為「セリフが専門的で大変」だそうです。
木村くんが演じたのは「皆が憧れる職業」で「他に代わりがいない(総理大臣)」。木村くんは「ドラマで体験した事が実際に起こっているんだな、例えばパイロットの役をやってからは空港へ行った時に『今頃あれやっているんだろうな』と思えるようになった。」と話していました。
慎吾の役はキャラものが多く「だからセリフが少なくて『ウキャー』とか言っていればいいので楽」と笑っていました。
その点中居くんは色々なタイプの役を万遍なくやっている感じですね。

更にSMAPの連ドラ主題歌もパネルにして紹介(本当にありがとうございます!)。
「草彅ドラマの主題歌をSMAPが歌うとヒットする」と中居くんが言うと(有名なジンクスですね)「たまたま僕がドラマをやる時に新曲が出る事が多いんですよ」とつよぽんは謙遜していました(いい人だ♪)。

そして最後に「さかさまの空」をフルコーラスで
白くて広々としたセットに明るい照明、メンバーの衣装は青、白、黒ですっきりまとめてカメラワークは見やすく…。メンバーのニコニコの笑顔とかわいい振り付けを堪能できました。
本当に楽しい番組を有難うございます


拍手ありがとうございます

スマスマ本発売決定!

もう皆さんご存じと思いますが、TVガイドからスマスマの歴史を振り返る本が出版されます

「SMAPxSMAP新聞コンプリートBOOK(仮)」 (全5冊)

第1弾は中居くん特集で5/29発売。以後6月に木村くん特集、7月に吾郎特集、8月に剛特集、9月に慎吾特集が発売されます。コントキャラ満載の他メンバーの座談会も掲載されるそうです。

とても楽しみです。きちんと予約して買わなくては


拍手ありがとうございます
 

「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」DVD

ゴロデラがない今週、「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ ディレクターズエディション」のDVDを観ました。
セブンネットに特設されたSMAPショップで10%引きで買ったのです。
2005年の秋に放送された時に観て、それから録画したビデオを何回も観て、今回久しぶりにDVDで観た訳ですが。

ただただ大泣きでした。
吾郎の抑制の効いた演技とナレーションが素晴らしいです。

セブンネットから「感想を送って下さい」とのメールが来たので、送ろうと思います。

まだ観ていない方はぜひご覧になって下さい。


「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ ディレクターズエディション」
定価7980円
セブンネット価格7182円(店頭受取の場合送料無料)


拍手ありがとうございます

Memo (関東)

新曲「さかさまの空」発売に合わせて露出ラッシュです


【CD】4/25(水)発売「さかさまの空」(初回限定盤はPV+PVメイキング映像つき)

【TV】
4/22(日)18:10~18:40 NHK総合「MUSIC JAPAN」 SMAP特集(NHKドラマ出演映像あり)
4/23(月)19:00~20:54 フジ系 「HEY HEY HEY SP」
4/24(火)21:00~21:54 TBS系 「火謡曲」
4/27(金)20:00~20:54 テレ朝系「MUSIC STATION」

【雑誌】
現在発売中 TVガイド 「SMAPがんばりますっ!」未公開シーン集
4/25(水)TVガイド  表紙 SMAP
4/27(金)オリ★スタ 表紙&巻頭 SMAP


拍手ありがとうございます

裏切らなかった裏切り者 (スマスマ 4/16)

本題に入る前に、日曜深夜の「べビスマ」が面白かったです。
前回の「全国一斉スマスマテスト」の未公開集でしたが、ゲストの倉木麻衣さんが、「新しいコントを考えて来ました」と自分のアイディアを披露してくれました。
可愛いノートにメンバー別のコントのアイディアを書きつけていた倉木さん(まさにネタ帳!)。
本当に使えそうなアイディアもあったし、「?」なものもありましたが、「それぞれのメンバーがこんな事をやったら面白いのではないか」と一生懸命考えてくれた事はよく伝わってきました。ノートを見た木村くんが「自分の中で出来てるね」と感心した位です。
倉木さんは本当にスマスマが好きなんですね。TVの前のファン目線で応援してくれているのが分かって嬉しかったです。

さて、ここから本題。
ビストロゲストは山田優さん親太朗君姉弟。お姉さんは最近小栗旬くんと結婚して一段ときれいになった感じです。弟の親太朗君は「ゴロデラ」のAD役で毎週吾郎と共演しているので、吾郎ファンにはおなじみですね。
すごく仲が良いのは微笑ましいのですが、親太朗君が「姉ちゃんの暴露話」で引っ張るので段々疲れて来ました。中居くんも言っていましたが、他のネタも探した方が良い、このままでは姉ちゃんのイメージダウンになるのでは?と他人事ながら心配になりました。
キッチントークでは吾郎と番組で共演している事(他局なので「ゴロデラ」の名前は出しませんでしたが)、一緒に食事に行った事がある事、「山田くんはとても優しくて必ず誕生日にはプレゼントを」くれる事が話題に出ました。観覧に行った方のtwitterによると、「交流がある筈の吾郎さんもほとんどスルー」だったそうなので、多分放送された分が話題のすべてではなかったかと思います。
今回のオーダーは「ごはんとおかず」というシンプルなものだったので、家庭的な感じの料理が並んだと思います。納豆キムチは合わせて40分置く、と…。
判定はキムゴロペアの勝ち。優さんに御褒美のキスをしてもらった後、一瞬キムゴロがくっつく所がツボでした。

今回の目玉は「裏切り者2012」。黒スーツの5人のギャングが登場する伝説のコントが復活です!冒頭のタイトルバックの5人の後ろ姿が貫録たっぷりで歳、いえキャリアを感じさせました。
「みんな生きていたとはな」
「お前は2年前の仕事でくたばったって聞いたけどな」
「早く仕事を済ませてバラけようぜ」(←ミスターピンクのこの台詞には別の意味がありましたね!)
前フリの芝居がとにかくカッコいいです♪
そしてマスターが運んできたピザを食べる5人。今回はみんな辛そうな顔をして食べていました。特に辛そうな顔をして食べていた中居くんは、ピザを少し残すという芸の細かいところまで見せました。「どうして残すんだ、全部食べろ。」と吾郎に言われて「ダイエット中だ。」と切り返すなど、会話を聞いているだけで笑えました。
時間が来て5人が店の外に出て行き…帰って来たのは吾郎!クールな顔で水を飲み干した後、
「昔より辛くなってるー!俺よく当たるんだよねー!吾郎ちゃん面白ーい!」と豹変!!
これには中居くんも思わず「こいつバカだな」と嬉しそうにつぶやきました。
以前に比べて5人とも貫禄があるし、何より芸が細かくセリフが面白くなっていました。SMAPは確実に進化しているのです!だからもっと面白いコントが作れるはずです!

最後は「さかさまの空」。スマスマでは初披露です。このカメラをークがねえ…。文句は言いたくないけれど、どうして吾郎のアップが少ないのかとため息をついてしまいました。歌も振り付けも大好きだし、最後全員がいなくなる、という演出も面白かったのですが(「裏切り者」のミスターピンクのセリフはこの事を指していたのか!)、カメラ割りが何とかなりませんかね?

今回は期待を裏切らず昔よりずっと面白くなって「裏切り者」が帰って来たのが嬉しかったです。ですから倉木さんのアイディアも借りて、本格的に新しいコントを作ったらどうでしょう、スマスマスタッフ様。


拍手ありがとうございます

楽しい未公開集 (「スマステ 4/14」)

今週のスマステは先週の「がんばりますっ!」の未公開集でした。各メンバーのチャレンジの「放送したかったベスト3」というだけあって、どれも面白かったです。

吾郎のカラオケについては、森昌子さんの「僕の半分」が聞けて良かったです。予告で少し流れて楽しみにしていたら本編ではカットされていたので。この日初めて歌ったとは思えない程上手かったです。「夜空ノムコウ」のデュエットも良かったです。スマスマの歌コーナーでもいつも思いますが、吾郎の声は誰の声とも綺麗に調和しますね。今回は順位に関係なく(笑)、いい歌でした。
そして吾郎の爆笑ボヤキ集(笑)。2番の歌詞が分からず「知らない歌」だとか「(キーが)高い。喉を壊す。」だとか、色々な名言がありましたが、全体的にキーが高い事は分かりました。今年のライブは頑張ってね!

慎吾、いや、綾小路しんまろの本番ではセリフが飛んでしまったのですね。でも必死で間を持たせながら、なんとか思い出して続けた舞台度胸はさすがでした。

木村くんのバイトはただ素晴らしいの一言です。どんなバイトでもあっという間に要領を掴み、皿洗いの合間にゴミを捨てるなど細やかな心配りが出来る。色々な仕事をオールマイティにこなす木村拓哉の秘密の一端を見た気がしました。
そういえば木村くんが上げたアドバルーンのさくらパンダはツイッターとフェイスブックにアカウントを持っていて、この時の事を書いています。木村くんにハグしてもらって嬉しかったようです。


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む

波乱の銀座ロケ (「ゴロウ・デラックスSP」 4/13)

今回のゴロデラは1時間SP。去年の秋に出演して下さった伊集院静さんが銀座を案内して下さるという特別企画でしたが、さすが伊集院さん、というかさすがゴロデラ、普通の番組にはなりませんでした。

課題図書:「続 大人の流儀」 伊集院静

感想を一言で言ってしまうと…私は伊集院さんは苦手なタイプです。「若者は何も持っていないからこそ無限の可能性がある」とか「大人の酒の飲み方(人の悪口を言わない)」とか、考え方に賛成できる部分もあるのですが表現の仕方のせいでしょうか、素直に共感出来なかったです(これは前回の感想でも同じ事を言った気がします)。もし私が伊集院さんと話をしたらきっと怒らせてしまうだろうなと思いました。多分私が伊集院さんのいう「女こども」だからなのでしょう。

伊集院さん行きつけのお寿司屋「くわ野」で伊集院さんのお話を聞いている時、事件が勃発。吾郎の曖昧なものの言い方を批判した伊集院さんを小島さんが庇おうとしたら伊集院さんを怒らせてしまい、「今日はやめよう」と伊集院さんが席を立ってしまったのです。吾郎を庇おうとしてくれたのは有難いですが、ゲストに対して「うるさい」等と言ったのは失礼だったと思います。言葉のプロであるアナウンサーとしては残念な言葉遣いでした。
プロデューサーが一緒に外に出て話をしている間気まずそうに黙って待っている小島さんと吾郎。吾郎は腕組みをしながら店の外をじっと見ていました。この時吾郎がずっとカメラに背を向けていたのが印象に残りました。カメラを置いた位置の関係上偶然そうなったのでしょうが、カメラを意識せず何もしない、それで平気でいられるのは度胸があるなと思ったのです。多分その時の吾郎は伊集院さんの事を真剣に心配していたのではないかと思うのです。変にカメラの前で取り繕わなかった所が吾郎らしくて良いなと思いました(ハラハラはしましたが)。

そして2時間後に、場所を伊集院さん行きつけのバー「いのうえ」に移して撮影再開。戻って来た理由について伊集院さんは「電話したら『後処理が大変だから出ろ』と言われたから」と少し照れくさそうに話しました。家の中では奥さんの篠ひろ子さんに頭が上がらない様子が他のお話からも伝わってきて、それは微笑ましかったです。
吾郎は終始ニュートラルで、撮影が再開した後も伊集院さんへの接し方がが変わる事はなく、落ち着いて話していたのが良かったです。伊集院さんも吾郎の方に体を向けて話していましたから、吾郎とは話しやすいと感じていたのでしょう。伊集院さんと吾郎と2人だけで対談したらどんな感じになるのか見てみたいと思いました。

今回伊集院さんのお話の中で一番良かったと思ったのは「知人にお店を紹介された時の流儀」でした。
「お店の名刺を貰っても直接電話してはいけない。紹介してくれた人に電話して『また行きたいのですが連れて行って下さい』と頼む。その人とおのお店とが作ってきた関係で他の人が立ち入ってはいけないものもあるから。そうやって半年くらい連れて行ってもらって、紹介してくれた人が『もう直接お店に電話していいよ』と言ってくれたら初めてお店に電話する。」
これはお店だけでなく個人でも大事なことだ、と以前私は知り合いの方から聞いた事があります。友達に友達を紹介された時に気をつけなければいけない事としてです。友達の友達に会いたい時は必ず紹介してくれた人に連絡してその人と一緒に会う事。それを何回か繰り返して、紹介してくれた人が「貴方達が直接連絡すればいい」と言ってくれたら初めて直接連絡する事。人付き合いの基本だけど日本人は意外と出来ないのよね、とアメリカ生活が長かったその方は言っていました。


ところで、西村賢太さんはや岩下尚史さんは「ゴロデラ」に出演された後色々なTV番組に出演されています。多分「ゴロデラ」がTV業界で注目されていて、人材発掘(?)の役割を果たしているのでしょう。それなら尚更、全国放送になるよう色々要望を出さねば、と思います。


拍手ありがとうございます

an・an

現在発売中の「an・an」に吾郎のシネマ・ナビが載っています。
今回取り上げたのは「アーティスト」。アカデミー賞を受賞した話題作です。

映画がサイレントからトーキーへと移っていく時代にトーキーを断固拒否したサイレント映画のスターを描いた映画だそうです。今の時代に敢えてサイレント映画を作ったのが面白いそうです。

モノクロのサイレント映画には独特の趣がありますね。吾郎に似合いそうな気がするので、是非見てみたいです。


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む

泣き笑いで、うん、がんばれる! (「SMAPがんばりますっ! 2012」 4/7)

スマファンのお楽しみ、「SMAPがんばりますっ!」が今年も放送されました。毎年楽しく質の高い番組を作って下さるテレ朝さんには本当に感謝しています。

土曜日は途中からリアルタイムで見て、昨日から録画をリピし始めました。今もリピしながら書いています。3時間ほぼ全てをSMAPで進行し(大下さんの司会はSMAPを上手く喋らせている感じがします)、全てが面白い番組は貴重ですね。

中居くんとつよぽんのドッキリ企画はチャレンジといえるか未だに分からず、私はあまり好きではないのですが、つよぽんの好感度が上がる様に中居くんが上手くプロデュースしていると思います。
木村くんの24時間アルバイトは「がんばりますっ!」の面目躍如と言えるでしょう。「やりますか?」「やめてもかまいません」と木村くんを追い込んでいくスタッフ。それに乗せられて「やめねえよ!」とむきになる木村くん。全力を尽くした記録のVTRの殆どが放送されないというお約束にムッとする木村くんがかわいいです(木村くんゴメン)。
慎吾の漫談チャレンジは慎吾にとってとてもいい勉強になったと思います。綾小路きみまろさんのライブはとても面白くて大笑いしたし、その後で慎吾が真面目に漫談に挑戦する姿が爽やかで良かったです。
吾郎の「SMAPのシングル曲を通信カラオケで歌って全国1位を獲る」は一番盛り上がった気がします。スタジオでVTRをみている4人がなぜか楽しそうで、木村くんからドヒャヒャ笑いも飛び出しました。順位が上がるとニヤついて音程が乱れてしまい順位を下げるのがおかしかったです。吾郎の声質に合っているのが「Fly」(4度下げ)だというのは意外でしたが。それにしても謎のカラオケ自慢smappyさんは、自分が全国放送でここまで話題になるとは思ってもみなかったでしょうね(笑)。

今年のもう一つの目玉企画は交換日記。交換ではなく一方通行だったので厳密に言えば手紙ですが、それに対してスタジオトークで直に反応が返って来たのが良かったです。ワチャスマが沢山見られたし、初めて聞いた話もあったので面白かったです。中居くんから吾郎への「ごめんなさい」は最後に反転して吾郎に「謝れ」というものでしたが、吾郎が中居くんに話そうとした用件が、ライブの打ち合わせに関して意見が食い違い中居くんが「いじけてしまった」(by 吾郎)から、と聞いて私はジンときました。交換日記部分で私が一番リピしたのはこのくだりです。
剛と吾郎の「ありがとう」の日記ではそれぞれの事件に触れていましたが、避けるのも不自然ですからあれはあれで良かったと思います。剛から吾郎への「ありがとう」を聞いた吾郎が涙ぐんでいたのは自分自身の体験を重ね合わせていたからでしょう。吾郎の日記VTRを見ている時中居くんは真剣な表情をしていましたが、VTRが終わった途端、「覚えがありません。」「悪いけど他の誰かじゃないでしょうか。」と照れていたのがすごく可愛かったです。
とても微笑ましい光景でしたが、剛と吾郎の事件について触れるのはもうこれで最後にしても良いのではないでしょうか。去年の「プロフェッショナル」と今回の番組で本人の口から思いがハッキリと語られたので、区切りをつけていい時だと思いました。

最後の中居くんの手紙から歌のコーナー、そしてエンディングへの流れは最高でした。中居くんの手紙には泣かされ、そして笑わされました。新曲披露はカッコよく(なんと吾郎がセンターで踊るパートもあり!)「俺たちに明日はある」「ありがとう」は明るく(でも慎吾が涙声になる場面も)華やかに締めくくってくれました。

色々な事があっても前を向いて輝きつづけているSMAP。彼らのファンでいて良かったとまた思いました。
泣いたり笑ったり色々な事がありますが、彼らを見て、私もまたがんばります。


拍手ありがとうございます
以下お返事



続きを読む

春の楽しみ


今日撮った桜です。
私の地元では今だいたい五分咲きから七分咲き位ですが、この木は満開になっていました。
桜の花を見ると春が来たと実感して嬉しくなります。

明日は「SMAPがんばりますっ!」の日。「さかさまの空」がTV初披露されるそうですから楽しみです


拍手ありがとうございます

実家を守る気概 (「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」 4/5)

面白かったです、吾郎のストスマ!
録音できなかったので細かい内容は書けないのですが、ファンからのお便りを読みながら沢山話してくれました。

今までのストスマでは7分程の番組で曲をフルコーラスでかける事も多く、「やる気あるのか?!」と感じる事もあったので、「一人で30分の番組を持つとどうなるのか?」という不安と「いよいよ吾郎も単独のラジオ番組を持てる!」という期待が半々でドキドキしましたが…。

初回を聞いた感じではネ申番組になりそうです
オープニングから最後までテンション高くやや早口でしゃべる、しゃべる。始めに新曲「さかさまの空」をフルコーラスでかけた後は、全く曲をかけず喋りとおしました。ファンからのお祝いメッセージも沢山届いたそうでそれも嬉しかったです。
今まで23年続いた「STOP THE SMAP」という伝統ある番組を引き継いだ責任を吾郎は充分感じていると思います。実家を守ろうとする気概が吾郎の声から感じられました。

キャチスマのコーナーは残りますし(昨日は剛からでした)、他のメンバーの話もするつもりの様ですから、他メンファンの皆さんにも是非聴いていただきたいです。

そして番組にハガキやメールを送らなくてはさて何を送りましょうか


拍手ありがとうございます


「さかさまの空」♪

こんにちは
昨日は全国的に暴風雨の一日でしたが、皆さん大丈夫でしたか?
私の所は今日は真っ青に晴れ渡っていますが、まだ風は強いです。出かける時には注意が必要ですね。

ところで2日から放送が始まった「梅ちゃん先生」でSMAPの新曲「さかさまの空」が流れていますね
とても良い歌で毎日これを聞けたらご機嫌で一日を過ごせそうです。
2日と3日に放送されたタイトルバックを編集して、繰り返し聴いています(←まさしくヲタ・笑)。

「女性への応援歌」というので「Dear WOMAN」と比較されますが、デアウの歌詞がどちらかというと抽象的で理屈っぽかったのに比べると、今回は具体的で日常的な表現をしていて内容が身近に感じられます。「さかさまの空」というタイトルもインパクトが強いですね。そして何よりもメロディが良い綺麗で明るくて。アレンジも華やかな感じですごくいいと思います。

SMAPメンバーが出演しないドラマでSMAPが主題歌、というのは初めてではないでしょうか。
それも嬉しい事ですね


拍手ありがとうございます

J-webで慎吾ブログ

4月になりました。いよいよ春本番、色々なものが動き出す季節です。

最近J-Webをあまりチェックしていなかったのですが、お知らせメールを見て驚きました。
J-Webで慎吾がブログ「SD慎語事典」を始めました!
メンバーブログがほぼ休止状態になっていましたが、まさかの新展開です。
どんなブログになるか楽しみです。

吾郎もブログをやってくれないでしょうか?


拍手ありがとうございます
プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる