FC2ブログ

ベテラン女優の風格 (「スマスマ」 3/19)

土曜日の夜になりましたが、私はまだ月曜のスマスマの感想を書いています。実は半分ほど書いたところで原稿が飛んでしまい、最初から書き直しています。
急いでいる時程こんな事が起きるものですね。

ビストロゲストは樹木希林さん。私は「寺内貫太郎一家」のお祖母ちゃん役のイメージが強いのですが、当時まだ31歳だったとは驚きです。
全く飾らない方で仕事の事、夫・内田裕也さんの事、娘婿・本木雅弘さんの事等、ユーモアを交えてざっくばらんに話して下さいました。
困難な事があっても「私は不幸だと思ってない。このトラブルのどこに面白さがあるのか…」という言葉には、謙虚な自信が感じられました。
更に嬉しかったのは、キッチントーク。樹木さんは吾郎についてこうおっしゃったのです。
「市川準監督が以前『太宰治の映画を撮りたいんだけど太宰役が出来るいい役者がいない』と仰ったので、私は『稲垣吾郎さんがいい』ってキャスティングしたの。監督がお亡くなりになったので結局実現しなかったんですけど。」
一度も共演した事のない吾郎を推薦して下さったのは、吾郎のドラマか映画を見て下さったのでしょうか。それが嬉しかったです。先輩からこうした応援をして頂ける事は吾郎にとって励みになる事でしょう。

他のメンバーにも優しい言葉をかけて下さって、終始和やかなキッチントークでした。

以前私は「ビストロは人柄が表れる番組」と書きましたが、今回もそれを実感しました。樹木さんの人柄の良さが随所に表れていて、私は樹木さんが益々好きになりました。

歌コーナーのゲストはソナーポケット。私は初めて聴きましたが素直によく伸びる声が綺麗で歌詞もストレートでなので中高生に人気なのも頷けます。吾郎の羽織った青いロングジャケットがとても綺麗で見とれました。吾郎ソロの時吾郎をちゃんとアップにしてくれたのも嬉しかったです。当たり前と言えば当たり前なのですが、カメラワークも素直なのが一番だと思いました。


次回(といっても明後日ですが)は2時間超スペシャル。昔の映像をBDに残せるチャンスです♪現在のスマスマスタッフが昔のコントなどから色々勉強してくれれば、と老婆心ながら思っています。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト