Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年12月

ピストル持って全国放送に殴り込み?! (「ゴロウ・デラックス」 12/29)

楽しみにしていた「ゴロウ・デラックスSP」。
何と言っても初の全国放送です!ゴールデン進出です!ゴロデラの良さを日本中の皆さんに見てもらえるチャンスです!!
冒頭のアニメが可愛いのですが、いつもの毒矢から今回はピストルにパワーアップ!いよいよ全国に殴り込みだぁ!!と期待していたら通常放送とは少し趣が違っていました。深夜の通常放送のままでは地味過ぎて数字が取れないのでしょうか…。

まず違っていたのはスタジオに観覧のお客さんが入っていた事です。それも中途半端に地味な50人。吾郎も「なぜ50人なんでしょう。普通は100人位は…。すぐそこでSMAP SHOPもやっていますし声をかければ何とか…。」と口走った程。観覧を入れた理由は後で分かりましたが…。
コメンテーターの様な役割のゲストさんが複数いたのも通常放送と違う所でした。でもこれもスタッフが工夫してくれた事なんですね。

でもでも、一番の違いは課題図書が無かった事!これだけは本当に残念でした。ゴロデラの特徴は何と言っても課題図書ですから。トークを中心にしたかったのでしょうが、これがないとゴロデラらしさが感じられないのですよ。

しかし内容自体は見応えがありました。最初のゲストは俳優の山本太郎さん。最近では反原発運動に積極的に関わっていますが、なぜそこに至ったかを生い立ちを含めて語ってくれました。ここでは小島さんが最小限度の進行をするだけで吾郎の発言はありませんでした。仕方がないと思います。アイドルだしグループの一員だし、一人で政治的な発言は出来ませんから。スタッフがこの問題を取り上げたい気持ちは分かりますが、ゴロデラの中で位置付けるには(しかも課題図書なしでは)少し難しかったかもしれません。
この後評論家の森永卓郎さんが入って山本さんと2人だけで反原発について議論しました。その間吾郎と小島さんは観覧のお客さんの中に入って一聴衆として聞いていました。この為に観覧が必要だったのですね。
森永さんも山本さんも原発依存から脱却すべきだという点では同じですが、主張するやり方が違いかなり激しい議論になりました。番組としては濃い内容になって良かったと思います。
これから日本では新しい原発は作れないから脱原発しか道はないだろうとか、でも代替エネルギーの研究開発が進んでいないからすぐには無理だろうとか、しばらく今のまま原発を使うとしたら何か安全対策は出来ないのかとか、色々な事を考えさせられました。
山本さんは雑誌のお仕事でチェルノブイリに取材に行かれましたが、ゴロデラスタッフもそれに同行!この辺りにゴロデラという番組の志の高さを感じました。
後半のゲストは以前通常放送にいらした占い師のゲッターズ飯田さん。前回と同じく仮面で顔を隠しての登場でしたが今回仮面についての説明はなし。著書の紹介も無しでしたが、こちらの方が本来のゴロデラの雰囲気に近かったです。吾郎も小島さんもリラックスしていましたから。
杉本彩さんや岡本夏生さん等の女性タレントを飯田さんが占って言いたい放題。吾郎も思わず天井を向いて笑ってしまう場面もありました。
しかし盛り上がってきた所でAD山田くんがイラスト入りのフリップを持ってきて「時間です。」と強制終了。「この続きは今度」となったのですが、「今度」は全国放送ではないのですよね。これはもしかして視聴者に「続きを見せてくれ!」と各地方のTV局に要望を出させる為の作戦ですか?

…色々注文をつけましたが、今回全国放送された事はとても嬉しいですし、TBSさんには感謝しています。
「ゴロウ・デラックス」という番組がある、という事をまず多くの視聴者に知ってもらわなければ反響も起こりませんし、放送を要望する声も増えません。
番組を放送するかどうかは各地方局の判断によるそうです。今回折角全国放送されたのですから、ここは是非各地方局に「ゴロデラスペシャルが面白かったから、是非毎週放送して下さい!」という要望を出して下さるようお願いします。
私も番組あてに、「面白かったからこれからも頑張って続けて下さい」という感想を送ります。それから第2の案として、BS放送でやってもらえるようBS-TBSにお願いを出して来ます。


さて、これが多分今年最後の記事になると思います。出来ればもう一つくらい書きたいのですが時間が取れるかどうか分からないので、一応ここでご挨拶をさせていただきます。
今年も当ブログにお越し下さった皆さん、本当に有難うございます。
皆さんのお役に立つレポも、萌えと楽しみがこもった創作もない当ブログに多くの方がいらして下さる事にいつも感謝しています。
今年はtwitterとブログのバランスをどう取るかでかなり悩みました。今も迷いはありますが、「書きたい時に書きたい事を書く」というスタンスはこれからも続けて行きたいと思いますので今後ともよろしくお願い致します。
では皆さん、どうぞ良いお年をお迎え下さい。


拍手ありがとうございます


スポンサーサイト

Memo (関東) 【追記あり】

年末年始の出演情報の追加です。

【TV】
12/31(土)23:45~    CDTVカウントダウンスペシャル SMAP (司会:中居正広)
1/2 (月)22:00~23:30 新春オープン!スターに逢えるお喋り商店街 向井理、稲垣吾郎
1/5 (木)12:00~    笑っていいとも! テレフォンショッキング:稲垣吾郎

【ラジオ】
1/3 (火)13:00~   キラキラ(TBSラジオ)ゲスト:稲垣吾郎(映画紹介)

今年もCDTV年越しライブへの出演が決まりました!期待しましょう!!
年が明けるといよいよ「ハングリー!」番宣関係の露出が始まります。こちらも楽しみですね♪
そして、紅白ではスマさんが大トリです頑張って

【追記】1/3のTBSラジオ「キラキラ」にも吾郎が出演します。聞ける方は是非!


拍手ありがとうございます

化学反応成功! (「ほこxたてスペシャル」 12/18)

順番が前後してしまいましたが「ほこxたてスペシャル」の録画をやっとリピ出来ました。
実は年末の特番の中で私が一番期待していたのはこの番組で、実際に見たら想像以上に楽しかったです
皆さんもご存じだと思いますが、この「ほこxたて」は以前月曜の23時に放送されていて、私はスマスマからの流れで何回か見た事があり面白い番組だと思っていました。なので、この番組に吾郎が出たら楽しくなるだろうと思っていましたが、実際は想像以上に楽しかったです。

今回は吾郎と滝川クリステルさんがゲスト。ゲストの2人は、対決でどちらが勝つのか意見を一つにまとめなければいけません。ところが2人の意見が悉く食い違い、しかも滝川さんがマイペースで全然歩み寄ろうとしないので(天然なんですね)吾郎が何とかまとめようとアタフタしたのがおかしくて笑ってしまいました。
対決企画は「何でも切れる万能カッターvs絶対に切れないワイヤーロープ」が面白かったです。人間の感覚で判断するものより、技術対技術の方が客観的に分かって盛り上がりますね。吾郎からは「滝川さんの心のワイヤーロープを切りたい。」という名言も出ましたし(笑)。

しかし一番盛り上がったのは番組の最後です。司会のタカアンドトシのお二人が「稲垣さんはこの番組名物の「見極め」を自分は出来る、とスマスマの控室でおっしゃったそうですね。」と突然話を振ったので吾郎はビックリ。「というかそういう話をスタッフがするんですか?」と追及しようとしましたが上手くかわされ、大福の食品サンプルと本物との見極めに挑戦する事になりました。
ここから吾郎の面白さが全開。ガラスケースに顔をくっつけるようにして大福を覗き込み、「リアルに時間どのくらいあります?後2分位良いですか?(「いいですよ」とスタッフの声)皆さんスケジュールがお忙しいから。」と言ってスタジオを笑わせ、挙句選んだ大福がサンプルだったと分かると竹楊枝を無理矢理突き刺そうとしてまわりに止められ、と大暴走。本当に笑わせてもらいました。
吾郎のバラエティセンスがいい形で引き出されて、見ていて楽しかったです。
またこの番組に出て欲しいですね。

この時期の出演なので1月ドラマ「ハングリー!」の宣伝かと思いきや、新曲と北京DVDの宣伝をしていました。
それなのに当日のJ-Webメールで出演のお知らせが無かったのはあまりにひどくないですか、事務所様。(今更言っても仕方ないけど、ここでひっそり言っておきます。)

拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む »

愛憎半ばするクリスマス?! (「さんスマ」 12/25)

毎年この番組をどう見たらいいものかと迷います。SMAPの生番組にハズレ無しの筈で昔はこの番組もそうでしたが、いつからか胃を痛くしながら観る番組になってしまいました。それでも所々に萌えはあるし、何より5スマのビジュの良さを楽しめるしで、やはり観てしまいます。
とはいっても今年はまだ通してリピはしていません。というか、リピする気になれないのです。リアルタイムで見た感想だけで言えば今年が一番つまらなかったように感じます。

具体的な内容には特に触れませんが「さんま&SMAPを大嫌いな芸能人」というテーマがまずおかしい。さんまさんとSMAPへの愛が感じられません。折角のクリスマスなのだからもっと楽しくハッピーになるテーマは考えられなかったのでしょうか。そんな中慎吾が大嫌いとして登場した山本耕史さんが「僕は香取慎吾を愛しています!」と叫んだときにはネ申に見えました。

罰ゲームも見ていて不愉快です。今年の「人間熱湯しゃぶしゃぶ」はお湯に肉が浸かっても色が変わらないので「熱湯」が熱湯でない事は分かりました。安全面には一応配慮したのでしょう。
でも一昨年の木村くんの熱湯風呂にしろ、去年の吾郎の鼻ザリガニにしろ、今年の慎吾の人間熱湯しゃぶしゃぶにしろ、一番大事な番組のオチをスマさんのリアクションに頼るのはあまりに安易な番組の作り方ではないですか?グダグダにとっちらかったまま「また来年!」と叫んで番組が終わってしまっていいのでしょうか?番組の視聴率を私は知りませんが、こんな作りでは来年本当に番組が出来るのか不安になります。

ゲストの人数も少なくして、さんまさんとSMAPのトークを中心にした番組は作れないのでしょうか。昔のクリスマスファッションショーの様なシンプルで面白い企画をまたやって欲しいのですが。

目下の私の悩みはこの番組の録画をどうするかです。HDDの空きが16時間余りしかないので(DRモードで)、一刻も早く空けたいのですが、丸ごとダビングしてHDDから消去するか、編集して残した萌えポイントだけダビングするか、生ライブだけ残してダビングし後はサクッと消去するか、どうしたらいいのでしょう?

これに比べ直前の「バンキシャ!」での生番宣は本当に面白かったです。「稲垣さん、SMAPの中で一番嫌いな人は?」と司会の福澤さんに聞かれ「メンバーの前で言いづらいのですがなかいまさひr」と答えた吾郎をフリップではたく中居くん、の連係プレーがおかしくて何度もリピしました。
今年の「さんスマ」の最大の萌えはこれだったかも?


拍手ありがとうございます

裁判から見えるもの (「ゴロウ・デラックス」 12/23)

オープニングトークの2人は心なしか晴れ晴れとした表情です(小島さんは鼻声でしたが)。

小「今年の放送も今日で終わりです。」
吾「ホントに長く続いて良かったですよ。このシリーズ割と短命なんで。」
小「あら!」
吾「Goro's Barという番組は長く続いたんですけど、その後がちょこちょこと番組名が変わって…。だからこの番組はちゃんとやってたんですけど。」
小「御蔭様でスペシャルもありますよ。(「ゴロウ・デラックスSP」12/29 22時~ の字幕)。」
吾「ねえ。」
小「スペシャルだけじゃなく、来年のスケジュールもある。」

29日のスペシャルも来年も楽しみにしています

さて、今年最後のテーマは「裁判」。

課題図書:「裁判狂事件簿」 阿曽山大噴火

スタジオに入ってきたゲストの阿曽山大噴火さんは、脱色した長髪に帽子、青のトレーナーにスカートという変わったいで立ちです。その格好で毎日裁判所に通って裁判を傍聴し、それで本を書いたりネタにしたりする「裁判傍聴芸人」なのだそうです。
吾郎は法廷の様子に興味がある様です。
「裁判ドラマというのはある種普遍的なものですが、やっぱりあんな感じなんですか?」
「裁判のドラマなんか見ると良く出来ているなあと思いますね。実際の裁判はグダグダですから。」少し意外ですね。「検事さんはドラマで見る感じなんですか?鋭く突いてくるとか。」吾郎は役者として興味津津みたいです。
「今日見た裁判なんですけど、すごく綺麗な女性の検察官がいるんですよ。今日なんかレザーのスカートをはいて来て。覚せい剤の裁判だったんですけど、検察官が裁判長に証拠としてこうして(両手で差し出す仕草)提出するんです。で裁判長が確認して「確かにこれが覚せい剤ですね」と言って返すんですけど、その時こう(両手で受け取る仕草)受け取ればいいのに、その女性検察官は左手でこう(人差し指と中指で挟む)受け取ったんですよ。「カッコイイー!」と思いましたね。」と阿曽山さんは興奮気味です。「それは相当(自分に)酔ってますね。」と吾郎は冷静に毒矢を飛ばしていました。
「ここまで人間が身ぐるみはがされる所は他にない、しかも全てがホントですから。」阿曽山さんが裁判の傍聴に引きつけられるのはそういう理由だからなのですね。裁判の傍聴に通う為に家賃を節約しようとホームレスになってしまったというのはすごすぎますが。

今年の裁判の特徴として「地震は避けて通れないですね。」と阿曽山さん。義援金詐欺や募金箱泥棒の事件はニュースで報道されましたが、裁判はニュースにはなりませんでしたね。また「ボランティアをします」といって情状酌量を図ろうとする被告もいるそうです(あまり見え見えだと却って裁判官の心証を悪くしそうですが)。
ここで山田くんが登場してVTRへ。山田くんは阿曽山さんと裁判の傍聴へ行って来たのです。この日は民主党の小沢一郎氏の裁判があるという事で阿曽山さんは興奮気味。傍聴券を求めて抽選をすると何と二人とも当選!
しかし裁判所の中は撮影禁止なので、ここからは山田くんのイラストとナレーションで解説。入り口でボディチェックを受け、中にある公判予定を見て、どの裁判を傍聴するか決めます。抽選が必要な公判以外は誰でもいつでも聞きたい裁判を傍聴できます(←ここ非常に重要)。で傍聴を終え裁判所の外に出て来た山田くんの感想は「小沢さんの裁判は何が問題になっているのか全く分からないので全然言っている事が分かりませんでした。でもいい勉強になりました。」…余りに支離滅裂なVTRだったので吾郎は呆れてものも言えません。

裁判では被告だけでなく、裁判官や検事の人間性も表に出るようです。阿曽山さんは自分が膨張して面白かった裁判の様子をスケッチブックに書いて、紙芝居風に話してくれました。絵も字も上手で、話も楽しくすごく分かりやすかったです。
最後に吾郎が「髪を切って感じを変えてみたらどうですか。顔も良いし。感じを変えて裁判に行ってみて下さいよ。」とアドバイス。阿曽山さんは「傍聴で終わる男じゃないって事ですか?人生相談みたいな番組ですね。」と照れていました。

テーマにタブーを設けず、吾郎と小島さんとスタッフの心意気が伝わって来る「ゴロウ・デラックス」。来年も応援しますのでこれからも長く続きますように。


拍手ありがとうございます
大変遅くなりましたがお返事です


続きを読む »

生歌番組にワクワク

Merry Christmas
スマさんは連日怒涛のTV出演で、私はついて行くのがやっとです。この季節になると歌番組に集中して出てくれるのが嬉しいです。お声がかかるのが有難いですね。

・HEYxHEYxHEY SP 12/19
SMAPがこの番組に出るのは14年ぶりだそうですが、私は15年前「青イナ」での出演の時のことしか覚えていません。どっちにしろSMAPとダウンタウンの共演は貴重です。
今回特に嬉しかったのは松っちゃんが吾郎に絡んでくれた事。「青イナ」で出演した時にも感じたのですが、松っちゃんは吾郎が気になるみたいで何かと話しかけては弄っていました。前回の時は吾郎はそれについていけなくてフガフガモゴモゴしていましたが、今回は上手くそれを受けられるようになっていて、大いに笑わせてもらいました。松っちゃんと吾郎なら物凄くシュールで独特の笑いの世界が作れそうな気がします。今後何かの形で共演して欲しいと思いました。
歌はスマらしい生歌で、新鮮な感じがしました(←褒めてます)。白ジャケットに蝶ネクタイの衣装はあまりに会っていませんでしたが…。スマスマやFNSで着ていた制服風の衣装の方が私は好きです。

・Mステスーパーライブ 12/23
年末のお楽しみの一つ。Mステスーパーライブ。今年も楽しかったです。
登場の時はヘイヘイと同じムード歌謡風白ジャケットでしたが、歌の時は赤のタータンチェックを基調にした可愛らしい衣装に着替えて来ました。全員デザインが違う所がお洒落です。
歌は「僕の半分」と「オリジナル・スマイル」。僕半は全員の音程が安定していて、今までで一番上手く歌えました。吾郎の声もきれいで良かったです。オリスマはステージを駆け回って客席と一体となる感じがまさにライブ。見ているだけで盛り上がれました。今年は音響トラブルが無かったのも良かったです。
今回は特別ゲストとしてレディ・ガガも出演し圧巻のパフォーマンスを見せてくれました。番組のエンディングにはガガ様も登場しましたが、この時ステージにSMAPはいなくて、ガガ様は「Hi,SMAPSMAP!」と言いながら辺りを見回していました。きっとスマさん達を探していてくれていたのだと、私は勝手に思っています(笑)。すごく嬉しいですが、でも…
Their name is SMAP, not SMAPSMAP, Lady Gaga!
(彼らの名前はSMAPで、SMAPSMAPではありませんよ!)

次の生歌番組はいよいよ紅白歌合戦。大晦日も今回のいい感じで素晴らしいステージを見せて欲しいです。


拍手ありがとうございます


SMAP PAPERとTV GUIDE PLUS

一度ざっと目を通しただけなのですが、どちらも素晴らしいです。

12月21日付朝日新聞朝刊に折り込まれたSMAP PAPERは彼らの歩みとこれからの決意が伝わってきます。三谷幸喜さんがコメントを寄せて下さっていて、その中で「十三人の刺客」での演技を褒めて下さったのが嬉しいです。

TV GUIDE PLUSはとにかくグラビアが美しい各メンバーへのインタビューも充実しているし、座談会(?)もあるし、何より30ページも特集を組んでくれて上質の紙を使ってくれて(笑)、500円玉でお釣りがくるお値段なのが素晴らしい感謝感謝です。

どちらの特集からも、SMAPにとって20周年が新しいスタートである、というメッセージが伝わってきます。私もSMAPと共に新しい気持ちで来年に向かいます。

そして今夜はMステスーパーライブです。これも楽しみ。


拍手ありがとうございます。
コメントへのお返事はもう少しお待ち下さい。

スマスマまとめ感想

すみません、遂にやってしまいました。スマスマの感想が周回遅れになってしまいまして…。他の番組では周回遅れでまとめて感想を上げた事がありますが、スマスマは初めてではないかと思います。他にも「ほこたて」「HEYxHEYxHEY」も楽しかったですし、これからMステスーパーライブにスマフェッショナル完全版にゴロデラSP(全国放送!)に紅白…。楽しみが沢山で心拍数が上がります。それから今日はシングル「僕の半分」と「TVガイドPLUS」(SMAP特集が30ページ!)も発売されますから、スマファンは忙しいですよ!

猫にごはん (12/12)
ビストロが面白かったです。香里奈さん、吉高由里子さん、前田敦子大島優子さんがゲストでテーマが女子会。女優さんとトークをする華やかなビストロはやはり「らしくて」好きです。特に今回のキッチントークは心理テストだったので楽しめました。心理テストって必ず盛り上がりますよね、ハズレなし(笑)。以前のエンディングトークでスマさん5人で心理テストをしていた事を思い出しました。ここで中居オーナーは吾郎弄りを始め(最近のビストロのお約束ですかね)吾郎もそれに乗っかって笑いを確実にとります。この二人のコンビネーションは完璧です。
試食では中居オーナーが暴走。吾郎・剛ペアのイノシシ鍋(前田大島さんのリクエスト)を見て「俺一口もらうべ」。剛が「ちょっと、オーナー!後で後で」と制止しますが、オーナーは「いやこれはですね、非常に興味がありましてね。」と鍋の隣に来てしまいました。中居オーナーがある程度自由に動くと面白くなりますね。更にオーナーは木村・香取ペアのごはんを狙います。それを見て木村くんは「レストランの前の子猫みたい。お前メシ食ってないだろ、って。」と笑いましたが、「できればマグロ茶漬けでいきたい」とオーナーが手を伸ばすとすかさず「黒猫!」と頭をはたきました。結局オーナーは金属のボウルに入った(猫の器?)マグロ茶漬けを貰って美味しそうに食べました。ゲストさんも楽しそうだったし、なによりわちゃスマが沢山見られて最高でした。
SMAVEX DANCE CONTESTは予想以上に大掛かりな企画になっていました。元々は中山さんとゴロクミちゃんのコントなのに、TRFさんや松平健さんまで出演して下さって何だか申し訳ない様な…。しかも一番印象に残ったのがきゃりーぱみゅぱみゅ(今回初めてご本人を見ました)とごりーぱみゅぱみゅの共演だったので更に複雑な気持ちに…(だって可愛かったから…ごりーもしっかり踊っていましたし。)。

・グレーゾーンでいいじゃない(12/19)
クリスマスSPと銘打った割にはあまりクリスマスらしさは感じられませんでした。そんな中冒頭のSMAPXAKBの歌のコーナーは華やかで良かったです。何と言っても赤チェックのスーツのスマさんが可愛かった。曲も「オリスマ」や「shake」などのスマ曲が入っていましたからね。twitterで「AKBがあれだけ衣装を替えているのにスマは一種類だけ?」といった感想を見ましたが、私はあれで良かったと思います。だってその方が目立ちますもの
今回一番面白かったのは「ちょっとだけ会いたい人」のコーナー。声優の三ツ矢雄二さんと日高のり子さんがゲストでしたが、三ツ矢さんのワンマンショーでした。スマさんとは昔ミュージカルで共演して、当時は「まともに歩けなかった」「台本が読めなくてどうしようと思った、しかもそこ平仮名だろ!みたいな」と昔のスマの話をして下さったのが嬉しかったです。吾郎につきっきりで稽古の面倒を見ていたら「三ツ矢さん、お話があるんですけど」と廊下の隅に連れて行かれ「三ツ矢さんが僕の事を好きなのは分かりますけど、僕は三ツ矢さんだけのものじゃないですから」と吾郎に言われたという話で座は一気に盛り上がりました(笑)。「冗談ですよ」と吾郎は言い訳しましたが「その頃のお前が言える冗談のレベルか?」と木村くんに突っ込まれて赤くなっていました。「グレーゾーンの方々からアプローチを受けた事はある」と吾郎が正直に認め、そこから三ツ矢さんのグレーゾーン論(?)に。三ツ矢さんはおネエキャラとして最近注目されているそうですが「グレーゾーンでいいじゃない、男とか女とか関係なく好きなの!」という結論には説得力がありました。吾郎に好き好き光線を発していた三ツ矢さんでしたが、恋人にするなら慎吾で結婚相手はつよぽんだそうです。吾郎は?という質問に「愛人」と答えたから吾郎は愕然。「愛人?!遊びだったんですか??」と絶叫していました(おかしくて思わず笑っちゃいました。ごめんね、吾郎)。
さてSMAVEX DANCE CONTESTの後半では、予選を1位で勝ち抜いた中山さん率いる昭和時代が登場。いよいよ大団円かと思いきや、本番中に中山さんがぎっくり腰に襲われ無念のリタイヤとなりました。そして1位になったのは掃除のおばさんとして登場していたあき竹城さん率いるOBBA。あきさんにバカにされ、中山さんがOBBAへのリベンジを誓う…という展開になりましたが…まだ続けるんですか?もう止めませんか?CCBゴローにしろカニ蔵にしろ、引っ張れば引っ張る程つまらなくなったじゃないですか。程々の所で止めて新しいコントをやったらどうですか?最近ではコントの書ける放送作家さんがいないのでしょうか。第一CCBゴローやカニ蔵をつまらないとスタッフが思っていないらしいから尚更問題なのでしょうね…。

次回はもう来年。文句を言いつつも今年一年スマスマには楽しませてもらいました。何と言ってもSMAP全員が揃う唯一のレギュラー番組ですから。来年も楽しめる番組になりますように


拍手ありがとうございます

未公開という名のお宝 (「ゴロウ・デラックス」 12/16)

先週のスマスマの感想をまだ書いていませんが、周回遅れになってしまったので後日2週分まとめて感想を上げます

ということでゴロデラの感想を先にあげる事にします。
今回は番組初の未公開特集。「吾郎の未公開にハズレ無し」と以前から言われていますが本当にそうです。
なんといっても木村くんの未公開が沢山!「こんなことまで話していたんだ」と驚きました。一番印象に残ったのは二人の出会い(?)の話。二人が同じ日に事務所のオーディションを受けた話は有名ですが、その1週間後位に社長にラーメンを連れて行ってもらい、皆が食べ終わって席を立とうとしている時に木村くんがまだ食べていた吾郎に「ちゃんと食べろよ」と声をかけたという話は初めて聞きました。吾郎は「その時に僕と木村くんの関係性が決まったんです。」と言います。その時の光景が目に浮かぶようです。
あと、吾郎が木村くんの「開放区2」の中から好きな写真を選らんたのも面白かったです。普通あり得ないでしょう、アラフォー男(失礼!)が男性の写真集を見ながら「この写真いいね」なんて言うのは!木村くんは相当照れくさそうでした。
次に登場したのは伊集院静さんの未公開。本放送では言いたい放題の様に見えましたが、実はとても真面目な話をしていらしたのでした。「友達というものは…年に一度しか会わなくても彼に恥じない生き方をしたいとか、もし手を差し伸べる事が一生に一回でもあればその時にきちんとできる自分でありたいとか…」というくだりには強く共感しました。こういう事を子供に教えられる父親は尊敬されますね。
3番目に登場したのは芥川賞作家の西村賢太さん。「最近初めて会う人が皆『○○を読みました』じゃなくて『ゴロウ・デラックスを見ました』と言うんですよ。ですから目下の僕の代表作は『ゴロウ・デラックス』です。」と嬉しいコメントをして下さいました。そういえば人嫌いだと仰っていたのに、最近は時々TVに出演されていますね。是非またゴロデラにもいらして下さい。
3番目はもっこりカメラマンこと野澤さんの真面目なお話。地下鉄サリン事件(95年)の時、現場の車両に乗り合わせ目の前にサリンがあったのに、意識を無くしかけていて病院に運ばれ、決定的な写真が撮れなかったというのです。「報道カメラマンとして悔いが残る」と仰っていました。本放送の時「報道もやっています」と仰っていましたし、私は9月にユニセフの東日本大震災写真展で偶然野澤さんの撮った写真を見ました。もしかしたらサリン事件の時の悔いがあるので今も報道写真を撮り続けていらっしゃるのかな、と思いました。
これだけでも盛りだくさんでしたが、最後に吾郎が木村くんの話題で締めてくれました。番組収録後吾郎が駐車場に向かっている時木村くんから「今日は楽しかったぞ!」というメールが来たそうです。余りに早く来たので驚いたと吾郎は言っていました。

…なんか、本放送より密度が濃かったようにも感じましたが…。それだけゲストさんが積極的に喋って下さっているという事ですね?吾郎と小島さんがゲストさんから話を引き出しているという事ですね?それが分かって嬉しいです。

是非長く続いて全国放送になりますように!


拍手ありがとうございます

月イチゴロー ~ 今年の終わりに (12/10)

今年最後の月イチゴローはなぜか5本全てが日本映画でした。

冒頭の大下さんと吾郎の会話が嬉しかったです。

大「今回は非常に話しづらい月イチゴローになると思いますが」
吾「分かります?」
大「邦画といえば、あっちの現場、こっちの現場でもご一緒するであろう…」
吾「ほんとに言われるんですよ結構。友達を減らしたくないじゃないですか」
大「いいえ大丈夫です。稲垣さんの批評には愛がありますから。」
吾「じゃ今回も思い切り斬っていきますよ。」

この短い会話に今まで吾郎ファンが思っていた事が全て詰まっていた気がします。
俳優でありながら人様の映画を批評する難しさは多分私達が想像している以上のものでしょう。月イチといえば辛口でバッサリ斬るイメージがありますが、実際は沢山褒めているそうで(番組HPで大下さんがそう語っています)編集のやり方でことさら辛口に見せている部分もあるかもしれません。そういう事情もあって、吾郎ファンの中には月イチゴローの仕事はやって欲しくないと考える方々もいます。私は月イチゴローを楽しみにしていますが、そう思う方々の気持ちも分かります。
人様の映画を斬るという事は俳優としての自分のハードルを上げる事でもあります。そのプレッシャーに負けず(或いはそのプレッシャーをバネにして)「十三人の刺客」で素晴らしい演技を見せてくれたのは本当に誇らしいです。

すみません、すっかり脱線してしまいました。本題に戻ります。
今月のランキングは以下の通り。

1.ヒミズ
2.friends もののけ島のナキ
3.ワイルド7
4.仮面ライダーx仮面ライダー フォーズ&オーズ
5.RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ

全体的にお疲れ気味で言葉少なだった今月の月イチゴローでしたが、1位の「ヒミズ」を語った時の熱のこもった言葉には引きつけられました。大体こんなコメントでした。

「これほどエネルギッシュで強烈な印象を受ける映画はない。主演の2人が素晴らしい。参りました。考えようによっては悪影響を与えかねない、危険な映画。これほど残酷で、痛みがあって、ピュアで美しい映画は初めて。主演の2人が本当にきれいだった。ありがとう、おやすみ!」

スタジオの慎吾もゴローさんの「ありがとう」には驚いていました。これだけの熱意をもって語ったのですからもしかしてコトイチ映画かも知れませんね。
慎吾が吹き替えをした「friends もののけ島のナキ」は惜しくも2位。「SMAPのコネが…!」と慎吾は残念がりましたが、「声優の職人として仕事をしていた」と褒められていました。


拍手ありがとうございます
ついでに「十三人の刺客」について嬉しいニュースを。

続きを読む »

SMAP SHOP・続


スマショで私が買ったものです。

フォトブックと390円CDはショップ限定グッズ。私がスマショに行くのはこれを買う為です。
今回のフォトブックは北京のオフショット。ライブのリハ風景や、TVの取材風景、観光中の様子など、いい写真が沢山あります。記者会見やホテルなどで見せる緊張した表情と、時折見せるリラックスした表情とのギャップがたまりません。遠方でショップに来られない方々の為にもこれは是非通販して欲しいです。
「ブルドクター」DVD-BOXも買いました。DVDはいつもはCD屋さんで買うのですが、今回は買いそびれていたのでここで買いました。吾郎ファンであるというアピールもできますしね(←誰に)。

商品を2種類買うと特製カレンダーが頂けます(上段右)。今回私は3種類買ったので1枚頂きました。
上段左のカードは慎吾が吹き替えをした映画「Friends もののけ島のナキ」の宣伝用カードで、1会計につき1枚付いてくるようです。(こうして事務所に積極的に宣伝して貰えるってイイですね…)

これらを買う為に賭けた時間と労力を考えると「戦利品」と呼びたくなる品々です(笑)。


拍手ありがとうございます


SMAP SHOP

スマショ前から速報で記事を上げてから時間があいてしまいました。画像のアップにあっぷあっぷしています。(しかも上手く上がらなくて諦めたものも…すみません。)

朝8時35分に列に並んで、10分か15分後には整理券が貰えました。16時台の入場です。係の人に「15分前(=15時45分)までにここに来て列に並んで下さい」と言われました。時間帯によっても違うそうですが、1時間当たり100枚程度配っているそうです。
すぐ後にいらして整理券を貰ったゴロ友さんと1時間ほどお茶してから、別れて私は六本木ヒルズで「タンタンの冒険」を見ました。スマショに来る時は、整理券を貰ってから入場するまでの間に何をするかの計画も一緒に立てなければいけません(苦笑)。今回は初六本木ヒルズで映画を見る事にしました。映画が終わりお昼ごはんを食べた後目の前のテレ朝へ行き、スマタイムズを貰おうとしましたが既に無くなった後で貰えませんでした、残念!
朝はさほど寒さを感じませんでしたが午後になると急に冷えて来たので、ずっとテレ朝1階のロビーのソファ(?)で座っていました。3時過ぎにテレ朝を出て赤坂へ。でも六本木ヒルズは広いですね。横切って地下鉄の駅に行くだけでも結構時間がかかり、スマショに着いたのは15時45分ギリギリでした。

列の流れは比較的スムーズで、16時10分か15分頃にはお店に入れたと思います。
今回のテーマカラーは鮮やかなブルー。気持ちが明るくなります。
(注:写真をクリックすると拡大できます)
2607.jpg
2606.jpg

カウンターの後ろにはモニターがあって、メンバーからのメッセージと出演CMがエンドレスで流れていました。
床は陸上のトラックの様になっています。そこにメンバーの足形と衣装が。
2608.jpg先ず中居くんと木村くんの足形。中居くんの衣装はスマスマの「しょうわ時代」(写真が無くてすみません)、木村くんは西武園ファンミでの黄色の衣装です。
2610.jpg
2616.jpgそしてこれが吾郎の足形です。ちなみに衣装はごりーぱみゅぱみゅ!(なぜ?)
2615.jpgごりーの足は大きい!でも小道具のステッキは可愛いです。
2617.jpg
2618.jpgつよぽんの足形。衣装はスマスマコントの「グッスリーズ」でした。
2621.jpg慎吾の足形と…
2620.jpg慎吾の衣装はファンパでの(伝説の)ピンクコートです。でも私の携帯では何度撮っても赤く写ってしまいます。「TVで見たのと違う!」と言わないで下さい" border=。TVが正しいのです。
店の奥の壁にはモニターが何台か埋め込まれていて、年代別にPVが流れていました。写真は上手く撮れませんでしたが、自分がファンになる前の過去映像が見られたのは嬉しかったです。
衣装を見終わり買い物をする為カウンターに並んでいる時、モニターから吾郎のメッセージが流れました。が、音が小さかったのか私が興奮していたのか、何を言っていたのか良く思い出せませんでも吾郎がとても柔らかな表情で穏やかに笑っていたのが印象的でした。
最後にゴロ友さんと自分の欲しい物を買ってお店を出ました。お店の中には20分位いたと思います。
2628.jpg
今回は冬休み前の平日に行った為か、思ったほど待たずに入れたようです。またお天気にも恵まれてラッキーでしたが、これから行かれる方は防寒対策を充分にしてお出かけ下さい。
2629.jpgちなみにこの写真は整理券を貰えなかった方の為のキャンセル待ちの列の案内です。御参考までに。


拍手ありがとうございます

SMAP SHOPに来ました


朝7時に家を出て赤坂までやって来ました

8時35分に列に並んで、16時台の整理券を貰いました。

今六本木ヒルズにいます。お昼を食べて少しブラブラしたら赤坂に戻ります。

写真は今朝撮った赤坂サカスです。バックに木村くんを入れて撮りました。


拍手ありがとうございます

左利きだから右… (「ゴロウ・デラックス」 12/9)

今回のゴロデラは珍しかったです。結果的にオープニングが一番面白かったという点で(え?)。

「昨日12月8日は吾郎さんの38歳のお誕生日です。おめでとうございます。」という小島さんのお祝いの言葉で番組はスタート。「ありがとうございます。38歳に相応しい大人になりたいと思います。」と首相に挨拶した吾郎ですが「本当はあまり年齢にこだわらないので、『年齢に相応しい大人になりたい』なんて嘘だから。」とすかさず毒矢を放ちました。
そこへAD山田くんが何かを持って登場。額に入れて赤いリボンをかけた吾郎のイラストです。が!なぜか全裸…。
「乳首が38になってます。」と小島さん。吾郎は「これ右曲がりになってますけど。僕が左利きだから右曲がりなの?」と指摘。山田くんは「はい、左利きだから右曲がりです」と落ち着いたものです。「ド下ネタです」と小島さんが突っ込むと吾郎は小島さんの顔を覗き込んで「左利きだから、右曲がり」と悪戯っぽく強調しました(←中学生のワイ談じゃないんだから)。小島さんは思わず笑ってしまいましたが、何とかこらえて「知ってるよ」と切り返しました。
このくだりが一番面白かったです。でも本題はこの後なんですね。

課題図書:「板谷式つまみ食いダイエット」 ゲッツ板谷

フリーライターのゲッツ板谷さんのダイエット体験記だそうです。「吾郎さんはダイエットなんてした事ないでしょ。」と聞く小島さんに「ありますよ。」と吾郎は答えました。「どういう時に?」「僕は顔が…。エラが張っているので丸く見えちゃう。だから、下から撮るなっつうの!」とスタッフに毒矢を放つ吾郎。ここでゲストの板谷さんを紹介しました。
板谷さんはダイエット前の自分の等身大パネルを抱えて入って来ました(こういうのは珍しいですよね)。
「つまみ食いダイエット」とはつまみ食いで痩せるのではなく、色々なダイエット法をつまみ食いの様にちょっとずつ試して痩せる方法。板谷さんは1年間に1カ月ずつ12種類のダイエット法を実行し、リバウンド無しで20kgの減量に成功したそうです。パネルの写真と並んで立つととても痩せた事がよく分かります。
板谷さんが試した中で楽だったダイエット法のベスト3を紹介。

1.耳つぼダイエット
2.ダンスダンスレボリューション
3.長距離カラオケダイエット

3位は「4.5km離れたカラオケ屋さんに歩いて行って2時間歌って歩いて帰って来る」という方法。週3回やると100km歩く事になるので痩せたそうです。2位はダンス好きな板谷さんにとって楽しい方法だったそう。運動する事は大切ですね。1位の耳つぼダイエットは、食欲を抑えるツボや脂肪の燃焼を促すツボ等をマッサージしテープを貼るだけで効果があるとか。耳つぼ刺激は気持ち良さそうで健康にも良さそうですね。
吾郎も「これ最高じゃないですか」と興味を持ったようでした。
板谷さんの以前の食生活も紹介しましたが、1日8800カロリーはあまりにも食べ過ぎです。今では本当に食べる量が減ったそうで、食事がいかに大切かも分かりました。

ところが、後半になるとなぜか板谷さんのご家族の話に…。板谷さん曰く「バカ一代」だそうでユニークな御家族のエピソードに大いに笑いましたが、ダイエットとは関係ない様な…。吾郎も段々興味をなくしていったのではないかと思いました。勿論笑ってはいましたが。
今回本の朗読が無かったのも物足りなかったです。やはり吾郎と小島さんの朗読あってのゴロデラでしょう!

あ、でも、つまみ食いダイエット自体は悪くないと思いました。一つの方法を1カ月続けるなら飽きないし、新しい方法を始める度に「痩せよう」と改めて思うので決意が長続きするし。奇抜なようでいて実は合理的な方法かも知れませんね。


拍手ありがとうございます

an・an

もう皆さんお買いになっていらっしゃると思いますが、現在発売中のan・anはお宝物です!
SMAP特集のグラビアはうっとりするほど美しいし、木村くんはインタビューの中で「十三人の刺客」について嬉しいコメントを話してくれています。
さらに「稲垣吾郎と読者が選ぶ2011シネマ大賞」という企画まであります(この企画は今年初めてではないでしょうか?)勿論こちらの吾郎のグラビアも文句無しです。さすがファンション誌ですね
もし未だお買いになっていらっしゃらない方がいらしたら、すぐ本屋さんにGo!して下さい。
年末で次の号が早めに出るかもしれませんので、本当にお急ぎくださいね。

「ゴロデラ」も「月イチゴロー」も見ましたが、感想は後で。今ダビングとHDD整理に追われているのです(苦笑)。


拍手ありがとうございます

切なくて楽しくて (Mステ 12/9)

FNS歌謡祭に続き、2度目の歌番組出演、しかもまた生放送です。やはり緊張しましたが、2日前のFNSに比べ全体的に皆の歌が安定していたので安心しました。聴く程に切なくなってどんどん好きになります。「夜空ノムコウ」を聴いた時と同じような気持ちになるんですよね。大化けしそうな予感がして楽しみです。twitterやブログで皆さんがおっしゃっていますが、ギムナジウムの制服の様な衣装もとても素敵です。
トークでもスマさん達が大活躍でした。先ず後輩キスマイくんからは「僕たちはデビューしてから体を張った仕事が増えましたが、SMAPさんは体を張った仕事はやりましたか?」との質問。これには中居くんが「俺は今年になってから熱湯風呂に3回入ったよ!来年四十だよ、前厄だよ!」と笑わせてくれました。次に歌番組初出演の女優武井咲さんが「歌番組ではカメラが多すぎてどこを見ていいのか分からない」と言うと、つよぽんは「僕の20年やっているけど良く分からなくて…。」と得意のボケを発揮。
更にスマさんの歌前トークで吾郎のお誕生日についても触れてくれました。それを受けて吾郎が話したのはなぜか先月の木村くんのお誕生日の事。木村くんに写真付きで「お誕生日おめでとうメール」を送ったのですが…。木村くんによると写真が添付されていなくて、それを吾郎に言った所「今度こそ」と自宅にある花と吾郎自身が扮しているキャラの写真を送ってきたそうです。これってノロケですか?吾郎を中心に話が盛り上がったので面白かったです。でも慎吾が喋る機会がなかったですね。
吾郎をはじめ皆ビジュが良かったのも嬉しかったです。

19日のHEYxHEYxHEY(生放送)にSMAPが出演する事が決まりました!(番組HPより)14年ぶりの出演だそうでこちらも期待したいですね


拍手ありがとうございます

FNS歌謡祭 12/7

楽しかったです。やはり生の歌番組はいいですね。この番組を見るといよいよ年末だと感じます。

毎年過去の歌番組の映像を沢山流していましたが、今年は4時間色々なコラボに趣向を凝らしてとにかく歌を聴かせる事に徹していました。最初のうちは詰め込み過ぎのようにも感じましたが、だんだん慣れて来て中盤からは楽しめました。中には「どうしてこのコラボなの?」と思う企画もありましたが。
我らがSMAPは22時台に久保田利伸さんとのコラボでまず登場(この部分は録画だったのでしょうか)。「TIMEシャワーに射たれて」が特に良かったです。久保田さんのテンポの速いラップをきちんとこなした慎吾はさすが!他の皆も歌を自分の物にしている感じがしました。逆に久保田さんの歌う「ダイナマイト」もスマとはまた違う味があって良かったです。スマだけで歌った「がんばりましょう」は安定していて嬉しかったです(笑)。
その後はBEGIN&明石家さんまさんと一緒に「笑顔のまんま」(名曲です)を明るく盛り上げ、トリでいよいよ新曲「僕の半分」を生で歌いました。
FNSでも紅白でもトリは緊張するものですが、今回はまだ歌いこんでいない新曲なので尚更ドキドキしました。多少音程がふらつきはしましたが(吾郎も)、予想していたよりは上手に歌えてよかったです♪素直で綺麗なメロディなので歌いやすいのかも知れませんね。これからも頑張って!
衣装も学生の制服みたいで上品で若々しい感じがして好きです。
これから年末にかけて色々な歌番組に出てくれると思うとワクワクします。


拍手ありがとうございます

Happy Birthday, Dear Goro


吾郎、38歳のお誕生日おめでとう
今年は「十三人の刺客」での毎日映画コンクール男優助演嘗受賞に始まり舞台「ぼっちゃま」「泣き虫なまいき石川啄木」ドラマ「ブルドクター」と、役者の活動が目覚ましい一年でした。貴方が舞台やテレビや映画で輝いているのを見るのが私の何よりの喜びです。これからも身体に気をつけてもっともっと素敵になって下さい。
その為には日焼けは大敵ですよ(笑)
素晴らしい一年になりますように。

写真は今日初めて行った喫茶店です。昔のジャズが流れ古いピアノが置かれた哀愁探偵さんがフラリと入って来そうなお店で、一人で吾郎のお祝いをしました。


拍手ありがとうございます

新曲♪新曲♪ (「スマスマ」 12/5)

今回の楽しみは何と言っても新曲「僕の半分」の本当のお披露目。前回が肩透かしだったので、今回こそは!と思っていたら期待以上でした。
でもその前に…。

しょうわ時代の「Mr.Taxi」は今週も絶好調です。でも前フリのコントの中山さんは痛々しくて段々笑えなくなって来ました。でも次回はいよいよSMAVEX DANCE CONTESTなので、このコントももう終わりですかね。
ビストロゲストは舞台「8人の女たち」から浅野温子さん、荻野目慶子さん、加賀まり子さん、大地真央さん、戸田恵子さん、マイコさん、牧瀬里穂さん、南沢奈央さんの8人(五十音順)。女優さんをおもてなしする本来のビストロの形が戻って来ました♪でも一度に8人というのは初めてですね。華やかですが、司会の中居くんは気を遣います。オーダーは8人の好みが万遍なく入る様にと「具沢山のスープ」です。
キッチントークでは吾郎と牧瀬さんの共演ドラマ「二十歳の約束」の映像も流れたので嬉しかったです(取り上げられ方はともかく)。「Yes/Noクイズ」の「好きな共演者とのキスシーンでは気持ちが入る」との質問で「No」へ行こうとした吾郎を押し戻す中居くんが面白かったです。しかも吾郎が素直に従い、中居くんの指令通りに動くからそれがまたおかしい。「キリヌケトオル」でしたね。
試食では加賀さんの好みに周りの女優さん達が合わせていたのが面白かったです。芸能界は厳しいですね。判定は全員一致で(?)木村・吾郎チームの勝ち。4人ずつに分かれて木村くんと吾郎に御褒美のキスがありました。キッチントークで木村くんとの共演願望を事細かに語っていた大地さんはもちろん木村くんにキス(笑)。まあそうですよね。
「プロフェッショナル 草の流儀」。先日のNHKの番組を丸々パロった企画ですが、東京ドームのファンパの映像を流してくれたのはとても嬉しかったです。ピンクコートのスマは最強!!でも少し見るともっと見たくなるので、是非是非DVD化して欲しいです。
そして、ここで懐かしのエンディングトークが復活!時間は短かったですが、メンバーの新曲への意気込みが伝わってきました。皆今度の新曲「僕の半分」を本当に好きだそうです。
それからいよいよ新曲TV初披露でしたが……いい、これは本当にいい!大好きです♪切なくて美しくて、ずっと聞いていたい曲です。「夜空ノムコウ」に雰囲気が似ているというのが第一印象です。しかも今度はギター担当の木村くん以外の4人が踊るという斬新な試みもあってみても楽しめます。ヒットの予感がしています♪

来週はいよいよSMAVEX DANCE CONTEST!中山さん率いるしょうわ時代とごりゅーぱみゅぱみゅことゴロクミとの対決…と思っていたら、もっと大掛かりなイベントのようです。どうなるのか注目したいと思います。


拍手ありがとうございます

合コンでヲタ全開 (「べビスマ」 12/5)

合コン企画の最終回。今回は3人の女性に共通点があまり見当たらず、あんぽんたんズ(中居、吾郎、剛)は大苦戦です。
女性側から、「中居くんの理想の女性は?」という質問が。(これは聞きたいですよね。)中居くんが吾郎の方を向いて体育座りをしたまま、「俺の理想の女性は…今まで付き合ってきた中から言うと…」ともじもじ話していると突然つよぽんが画面に割り込み、
ヤンキーでぇーす」と叫んだから中居くんは「殺すぞ!」と怒りました。つよぽんは「オチ泥棒」と涼しい顔をしていましたが、中居くんは「しかもスベってるし…」とダメ出しを。笑いにはどこまでも厳しい我らが中居リーダーです。
そろそろ女性たちの職業を当てる時間になり、3人は意見を交換しました。「肉体的に辛い」「女性として扱ってもらえない」「お尻の皮がすり向けた」などの女性たちの話から、吾郎は航空自衛官、つよぽんはレスキュー隊、中居くんは警察官と推理。でも答えは一つにまとめなければならないので、最終的に「警察官」という答えに落ち着きました。
ここでついに正解発表。彼女たちの職業は…
「海上自衛官」
吾郎は身をよじって悔しがっていました。「くーっ、かすってたじゃんよ…!」
つよぽんが吾郎の肩を叩いて慰めます。「でも方向性は合ってたよね。」
ここで3人のお仕事をVTRで紹介。空手と歌の上手な女性は音楽隊、良く食べるので太るという女性は給食班(=調理のお仕事)そして腕に筋肉がつくので洋服選びに苦労するという女性は航空整備課。航空機のコクピットの計器類を整備するお仕事と聞いて、吾郎のスイッチがオン!
「かあっこいいーー!いいなーーー!!ほわぁあ~!!!」そして
「P3Cオラリオンも整備するんですか?」と尋ねました。「そのP3Cオラリオンの整備をやっているんです」と聞くと更に興奮。「64式(自動小銃)も?」「はい」「(身を乗り出して)じゃ組み立てとか分解とかも?」「やります」「おぉうぃ~!!」吾郎は一人で大喜び。女性も「良くご存じですね」と驚いていましたが、中居くんとつよぽんは全然話についていけません。合コンでヲタク全開では女性に引かれてしまいますよ、吾郎(苦笑)。

女性たちの職業を当てられなかったので、3人は罰ゲームのベビシューを食べました。深夜1時に御苦労さまです。

最後にこの合コン企画をスマスマに出荷できるか3人が話し合いました。つよぽんは「1回スマスマでやってみたらいいんじゃない?」といい出荷が決まりかけましたが、「いや、サブにいるヤツ(新人ディレクター)にこの世界が甘いと思わせちゃいけない」という中居くんの文字通りの鶴の一声で、「修理が必要」と判定されました。
最後まで笑いには徹底して厳しい中居リーダーでした。
とても楽しい企画だったと思います。

次回はどんな企画が登場するか楽しみです。


拍手ありがとうございます




負け美女の宴 (「ゴロウ・デラックス」 12/2)

今回のテーマは「負け美女」。美女なのに負けているってどういう事なんでしょう?

課題図書:「負け美女 ルックスが仇になる」 大山紙子

スタジオに入ってきた大山さんは確かにお綺麗ですが…。
「でもクラス一番の美人さんがモテるとは限らないでしょ」(小島さん)「そうですね。モテるのは2番目だったり、手の届きそうな存在だったり」(吾郎)…そういうことですか。
大山さんが飲み歩いているうちに仲良くなった美女たちのエピソードをまとめたのがこの本だそうです。大山さんによれば「負け美女」とは「幸せな恋愛が出来ていない美女」。彼氏がいない女性、彼氏がいてもDV男だったり、不倫だったりすれば負け美女なのだそうです。
ここで山田くんが「負け美女」のイラストを持って登場しました。スタッズ(何ですかそれ)とアイフォンを持ち、スカート丈は短めでブーツとスカートの裾の間の「絶対領域」(この言葉は吾郎に大ウケしていました)が広く、無意識のうちにドヤ顔をしている事が多く、スタイルが良くてお洒落。でも良い恋愛が出来ないうちにアラサーにさしかかると「負け美女」になるのだとか。そんな負け美女たちの口癖は、

「あの人を好きになれたら幸せなのに」
「下手な男なら女といる方が楽しい」
「まあ、本気で彼氏を欲しいとは思ってないけど」
「よく考えてみたら好きじゃなかった」

「自分の言葉の様にサラッと言えてた」と吾郎が言った位に小島さんがリアルに朗読しました。(お陰でなぜ彼女たちが負けるのか分かった気がします)

さらに大山さんのお友達3人がスタジオに登場し、小島さんも加わってさながら女子会の趣になりました。
文学ヲタクで太宰治が好き過ぎるタレント兼作家の木村綾子さん、派手な見た目と職業のイメージから結婚相手として見てもらえないAVライターのアケミンさん、自信がなく「さみしガーリー」の歴ドル美甘子さん。
美甘子さんと小島さんは自己防衛の強さで意気投合。「男性と良い雰囲気になってくると貧乳自虐ネタを振ってた」という小島さんに吾郎から「それを毎週聞かされる僕は?おっぱいおっぱいって…」と毒舌が飛び出しました。そして「男性とそうなりそうになると『イイ体じゃないけどすみません』と言ってしまう」という美甘子さんには「それは絶対言っちゃダメ。そうなる事が前提でもそうじゃない振りをしないと。(男性が体を見て)ガッカリする事はあるかもしれないけど、それを補ういい所があるはず」とアドバイス。
アケミンさんの悩みは、付き合ったり連れて歩く相手にはされても結婚相手にはされない事。これについて吾郎は「僕には連れて歩くという発想がない。いかに隠れるか。」と笑わせていました。
木村さんはありのままの自分を好きになって欲しいと思うあまり、太宰の話題を出して男性に引かれてしまうようです。「頭が良過ぎる女性って敬遠されるのかな。太宰の話題ではかないっこないもんね。」と吾郎。「好きな男性と太宰の話題抜きで話せないんですか?」と小島さんが尋ねると「太宰込みの私を愛して欲しい!」と木村さんは叫びました。これには「俺、楽屋帰っていい?」と吾郎も呆れていました。

ここでタイプ別負け美女攻略法。(…負けている人を攻略するって??)
派手系美女(アケミンさん?)には
「今度恵比寿でファミリーセールがあるけど一緒に行かない?」
ファミリーセールとはアパレルメーカーの社員や関係者だけが入れる特別なセールのこと。つまり特別扱いするという事ですね。
地が可愛く一番ハードルが高いカジュアル系美女には
「お前女の子なんだから夜道とか気をつけろよ」
女の子らしさをくすぐるのが有効だそうです、特にアラサ―になると。
そしてサブカル系乙女美女には、ずばり
「君って変態でしょ」
えええ?と思いますが、大山さんによればサブカル系美女は、自分の変わっている所を認めてもらいたい欲求がありそれがエロさと結びつくと変態になるそうです。美甘子さんは「変態と言われたい」と目をキラキラ。「変態。マジで目が変態」と吾郎に言われて喜んでいました。
この3つの科白を読む時の吾郎がイキイキしていて良かったです。

最後に大山さんは「デートの前日には皆で集まって女子会で作戦会議をするのですが、そこに男目線が入ると参考になる。心強いです。」と言ってくれました。
小島さんが最後に「吾郎さん、一般論でなく吾郎さんも変態でしょ?」と話を振ると吾郎はいたずらっぽく笑って「うん、変態って言って。」とおねだり(この時の顔が可愛い♪)。小島さんから言ってもらった「変態」を素早く美甘子さんに「変態!」とパスしてしっかり笑いを取ったのはさすがでした。


拍手ありがとうございます




【至急】今夜のCDTVで

SMAPの新曲「僕の半分」が紹介されるそうです。
(0:58~1:43)


拍手ありがとうございます

Memo (関東)

早いもので今年も12月になりました。

この時期には年末年始の特番や来年の新番組の情報が出て来ます。今日現在分かっているものをまとめます。


【TV】
12/7 (水)19:00~23:18 フジ系       「FNS歌謡祭」SMAP
12/9 (金)20:00~20:54 テレ朝系      「ミュージックステーション」SMAP
12/10 (土)23:00~23:54 23:30~0:24 テレ朝系 「スマステ」月イチゴロー
12/18 (日)19:00~20:54 フジ系      「ほこxたて」稲垣吾郎
12/23 (金)10:05~ NHK総合     「プロフェッショナル SMAPスペシャル」(再)(「とっておきサンデー増刊号」内)
12/24 (土)19:00~22:00 NHKBSプレミアム 「プロフェッショナル SMAPスペシャル完全版」
12/25 (日)21:00~23:24 日テレ系     「さんま&SMAP」
12/29 (木)22:00~23:24 TBS系      「稲垣吾郎と小島慶子の毒毒デラックス(仮)」
12/31 (土)19:15~23:45 NHK総合     「紅白歌合戦」

1/10 (火)より フジ系 「ハングリー!」

【CD・DVD】
12/7 (水)DVD 「Thanks to BEIJING! 」
12/21(水)新曲「僕の半分」

【雑誌】
12/7 (水)an・an 巻頭スペシャル SMAP
12/16(金)オリ☆スタ 表紙 SMAP


この中で注目したいのは、「毒毒デラックス」。特番という形ですが全国放送されるので期待したいです。そして大晦日の紅白に今年も出られるのは嬉しい事です。
今月も楽しくなりそうですね


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む »