Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年07月

ザ・ナカゴロ祭り (「中井正広のブラックバラエティ 7/24、31」)

先週の黒バラの感想をup出来なかったので、2週分まとめての感想を。でも萌えポイントが多すぎて、とても覚えきれません

・7/24分
前回の放送で勝俣さんや辺見えみりさんにさんざん子供呼ばわりされた中井さん。という訳でトークのテーマは「大人について」。
「いつ頃自分が大人になったと感じたか」という質問に対して吾郎は「昔は年上の友達が多かったけど最近年下の友達が増えて来て色々相談されるようになった」と答えます。まあ会社員なら管理職になっていておかしくない年齢ですからね。一方中井さんは、事務所の先輩(Mさん)が苦手で食事に誘われても行かないと発言したので、更に集中砲火を浴びる事に…。
話の流れで、「街で芸能人に会ったら挨拶するのか」「お中元はお歳暮は贈るのか」などなど中井さんの疑問は尽きません。前者の話では吾郎と辺見えみりさんが、「恋の片道切符」の撮影中、偶然街で会った時の話が面白かったです。どうやら辺見さんも吾郎も一人ではなかった為に気まずかったみたいです。でも「今だから言ってもいいと思う…男性といたよね」と吾郎がサラリと言うと角が立たないから大人だなあ、と感心しました。
吾郎と中居くんがゴルフ場で会った時の話も大笑いしました。プライベートの時に偶然会うとどんなテンションで話していいのか、中居くんは分からないそうです。でも、吾郎も戸惑っていたようですね。

・7/31分
今日で吾郎のゲスト出演も最後。その代わり、今までで一番吾郎が喋りました。というより中居くんが意識的に吾郎に話を振ってくれた感じです。
「番組の中でキスしてドキドキしないのか」という中井さんの疑問から、話題はラブシーンについて。中居くんがラブシーンを演じた時の恥ずかしい気持ちを話しながら、吾郎をチラチラ見たり指さしたりしたのがツボでした。そして映画「プライベート・レッスン」の撮影裏話が聞けたのがとても嬉しかったです。吾郎と女優さんとの入浴シーンを見て中居くんはすごいと思ったとか。吾郎は今の方がラブシーンは照れると言っていましたが、今だからこそ前バリありの映画を…(以下略)。
お芝居(舞台?)の共演者とは仲良くなるから電話番号(メアド)は自然に聞けるという吾郎。女優さんと2人で食事に行くのも平気だが相手が誤解されてしまう、という吾郎に対して「誤解じゃないんじゃないの?」と疑いの目を向けます。「僕はいろんな人と話がしたいの」という吾郎の言葉には説得力があり、スタジオの皆さんも頷いていました。

振り返ってみると今回中居くんはずうっと吾郎の隣に立って話をしていました。最後に勝俣さんが「中居くんMC席に一度も行かなかったよ、ずっと吾郎ちゃんと…」と言ったのも萌えポイントでした。確かにMC席は映りもしませんでしたし、そもそもそんなものがある事さえ私は気付きませんでした。それ位中居くんと吾郎はピッタリ寄り添っていたのです。
5週間にわたって盛大にナカゴロ萌えが出来て、「ブルドクター」の宣伝もしてくれた黒バラには本当に感謝しています。
出来ればこれからも機会があれば吾郎を出して欲しいです。欲を言えば準レギュにしてくれないかしら?


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

ダイエットする人・させる人 (ゴロウ・デラックス 7/29)

今回の新潟や福島の豪雨は本当にひどいですね。昔一度三条に行って五十嵐川(いからしがわ)も見た事がありますが氾濫して被害が出ています。被害に遭われた皆さんにはお見舞い申し上げます。

今週は久々にオープニングの立ちトークからスタート。今回は初めてスーツではなかったのですが、ananの対談と同じ衣装なので、同じ日に収録したのですね。「オチのあるフリートークを」というカンぺ(?)を見ながら吾郎は「これがゴールデンタイムの生放送とかだったら僕も出来ないなりに何とか頑張りますけど、今は全く無責任ですね。」といきなり毒舌を。小島さん「まるまるカットされることありますね。」…え?もしかしてオープニングトークは収録しているんですか?収録しているなら絶対見たいです。だって面白いんだから!

ゴロデラが課題図書を中心としたトーク番組になってから番組に登場しなくなったADのリエコちゃん(久松っちゃん)。「吾郎さんと同じ体重になったら大好きなチャン・グンソクさんに会わせてもらえる」約束でダイエットを開始した筈だけど今どうなっているのだろう…と思っていたら、今週は久松っちゃんのダイエットドキュメントでした。勿論課題図書もあります。

「体脂肪計タニタの社員食堂」

大ベストセラーになっているダイエットレシピ本です。この本を作った管理栄養士の荻野菜々子さんがVTRで登場。愛嬌のある可愛い感じの方で吾郎が思わず「荻野さんと結婚したい」と口走った程です。「健康でいられそうだよね、荻野さんと一緒にいたら。」「黒バラ」や「行列」で結婚について話して以来吾郎は結婚を意識するようになったのでしょうか?
さて久松っちゃんは毎日昼ごはんをタニタメニューに変えるというダイエット法に挑戦しました。しかし、昼御飯がヘルシーだからと油断して晩御飯を食べ過ぎた結果、1ヶ月後には3kg太ってしまう事態に。荻野さんも「太る方は3食のどこかで食べ過ぎているんですよね。」と指摘。(ここで私も個人的に反省。食べる時には気付かなくて食べた翌日に気付くから太るのですね。食べる前に気付けよ!って話ですが。)
「うちの社員食堂のメニューで痩せた方も運動を取り入れていますね。」…ということで、久松ちゃんは今ベストセラーになっている「カーヴィーダンス」を学ぶ為にスタジオへ。1時間の猛特訓を受け、それから1カ月毎日家や職場で実践しました。
タニタメニュー+カーヴィーダンスの成果はいかに?

で久松っちゃんがスタジオに登場。一目見て痩せたと分かりました。吾郎と小島さんの前出体重測定すると2か月前に比べ2kg減。途中3kg太ったので、そこからは5kg減った事になります。「これで油断しちゃうんだよね」とすかさず吾郎が突っ込んでいましたが、これも私に当てはまります。今回は期せずして「太る人の習慣」を指摘してもらいました。

今回は内容は面白かったですが、吾郎の出番は少し少なかったような…。久松っちゃんのVTRの間ずっと小窓を出してくれていたらよかったかな?


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む »

今週の「オリ・スタ」から

今日発売の「オリ・スタ」を買って来ました。スマ関係の記事が2つ。どちらも読みごたえがありました。

吾郎インタビュー
「ブルドクター」の事、新たな役へ挑戦する意欲、舞台の事、バラエティの事、最後にファンミへの意気込み。長くはないのですが内容は盛りだくさんです。
「ブルドクター」という作品にほれ込み、名倉の人物像を意欲的に作り上げて行く吾郎の姿勢が頼もしいです。これを読むと「出番が少ない」などと文句を言ってはいけないのかなと思います。でも同時に「視聴者の方の声やリアクション次第で内容も変わっていきますし、(中略)視聴者の方と同じ目線に立てることもあったりして、いろんな事を予測しながら、一緒に作っていけるのが連続ドラマの魅力」と吾郎は言っていますから、ファンが感想や意見を番組あてに送る事はとても大事なのですね。
「十三人の刺客」「流れ星」で癖のある役をやった事については「できるだけ今までに演じた事のない役やポジションに挑戦していたいので、そういう意味では昨年の方向性はありがたいことでした。」と言い「ド真ん中の主人公でヒーローを演じるよりも、癖のある役であったり、人の反感を買うような役は、あまり演じる機会がなかった分、快感でもあったので(笑)」ととても気に入ったようです。でも私は吾郎にそろそろまたど真ん中の主人公をやって欲しいと思っています。
舞台とドラマでは発声法がまるで違い切り替えには苦労したそうですが、昔から色々な仕事を同時にやってきているので、切り替えは上手に出来るそうです。順応力があるんですね。
切り替えと言えばバラエティに関しても同じ。「僕はその場に応じて空気を変えたり合わせたりしてしまうタイプなので」上手く切り替えられると言います。でも芯はぶれていない。本当にカッコいいです。
最後にファンミを本当に楽しみにしていると言った吾郎。この人のファンで良かったとつくづく思います。

中居くん記者会見(「東日本大震災復興支援財団」設立記者会見)
27時間テレビの生放送を終えた翌日の月曜日に、突然流れたニュースは思いがけないものでした。ソフトバンクの孫正義社長、王貞治さんともに、SMAPが「東日本大震災復興支援財団」の発起人に名を連ねたというのです。そしてその記者会見に中居くんが出席しました。
「SMAPとしてもジャニーズのタレントとしても呼びかける活動をさせていただいていますが、それでももっともっとやらなければならないという意識は日が経つごとに増えています。」「周りの評価とかを考えている場合ではないというのは、僕はもちろんSMAPのメンバーも感じていること。みなさんの心に意識、関心を持って頂けるよう、常に微力ながら活動していきたい」と決意を語ったそうです。
財団は子供への長期支援を目的とし、寄付金は100%支援に使われるそうです。
一口に子供への長期支援と言っても範囲は広いと思います。特に今回は原発事故の影響で子供達の健康まで脅かされています。子供達の健やかな成長は将来の国の繁栄の基盤ですが、そこが揺らぎかねない事態になっているので、医療や福祉の充実が必要になるでしょう。もちろん教育も大切で、震災で親を亡くした子供達の進学支援なども必要になります。そういう活動にこれからSMAPが長期的に関わると表明した事は余程の覚悟を決めたのだと思います。私もファンの一人として彼らを理解し支えようと気持ちを決めました。


拍手ありがとうございます

「ブルドクター」#4

毎週楽しみにしている「ブルドクター」も第4回。
もしかしたら法医学ドラマとして見ない方が良いのかも知れません。というのは今回犯人の謎解き部分はゼロ。御遺体の死因は分かったけれど、なぜあの男が犯人なのか、なぜ女性を襲って口紅だけを奪ったのかは不明。それに犯罪の証拠をわざわざ持ち歩くでしょうか?
更に言うなら、知佳を監禁しなくても臓器移植を優先し司法解剖を後回しにする事は出来ただろうと思うのですが…。
と細かい所を突っ込んでも仕方ないので、今回は名倉先生萌えを中心に見ました。

今回は名倉先生が一段と麗しく輝いて見えました。出番の少なさを補って余りある存在感です。
今回は知佳と2人のシーンが良かったです。コーヒーを入れてくれる優しさはありながらも「子供を持つ予定も結婚する予定もない」とすっぱり言ってしまう名倉先生。更には「結婚を考えない訳じゃないけど結婚する理由が見つからない」とまで…。好きな人に面と向かってそんな事を言われたらショックですよね。「一人で淋しいとか思わないの?」とたまりかねて知佳が聞くと、「淋しいとは思うけど、結婚したら自分の時間を犠牲にしなきゃならないだろ?その不便さを思えば淋しいなんてどうってことはない。」う~ん、名倉先生手強いです。しかも物静かな微笑みを浮かべながらこんなクールな言葉を言われたら、なおのこと惚れてまうやろ(←なぜか関西弁)
そして、一番の萌えポイントはラリアットですよ、知佳が名倉先生に食らわせたラリアット
「もしラリアットされたら首に打撲の跡が残る?」「ラリアットって?」「プロレスの技!」「粗暴な事は嫌いだから」「…こういうヤツ!」(バチーン
ここが面白くて何度もリピしました。この時の名倉先生の表情がなんともいえないのですから(←鬼ファン)。石原さとみちゃん、吾郎の肩にラリアットしていましたね(笑)。身長差もあるのでしょうがかなり気を遣ってくれたようです。名倉先生は上品な感じですものね(←ファンの贔屓目)。
最後の名倉先生の表情も気になりました。一件落着して研究室の面々が「名倉先生なら何もしない」と噂話しているのを聞いた時の、ムッとした表情。多分内心今のままで良いとは思っていない、日本の法医学界を変えたい気持ちはある。名倉先生の目はそう訴えているように私には見えました。きっとこれから名倉先生も動くに違いない
とBBSに投稿してきました(ボツになったようですが)。

来週はまた急展開の予感が。名倉先生の半袖姿+解剖シーン+愛の告白は見られるのでしょうか?注目です。


拍手ありがとうございます

TV navi と an・an

先週から雑誌への露出が続いていますが、今週はTV naviとan・anを買って来ました。

naviは中居くんと吾郎のインタビュー。黒バラ収録を2人とも楽しんだ様子がよく分かります。TVの虚と実の中間をうまく渡っている様で中居くんも吾郎もさすがだと思いました。グラビアもきれいで4ページあり読み応えがあります。ついでに1カ月分の番組表もついてお得です(笑)。

an・anは、吾郎と小島慶子さんが「女の幸せ」について対談していると聞いて買って来ました。吾郎が「女の幸せ」をどう考えているのか興味津津です。これから読むのが楽しみです。

それから明後日(29日)発売の「オリスタ」には吾郎の「ブルドクター」インタビューが載るそうなので要チェックです。


拍手ありがとうございます

強いなでしこ達は美しい (スマスマ 7/25)

今週のスマスマは女性アスリート特集でした。ビストロゲストの安藤美姫選手は以前から予定されていましたが、サッカーのなでしこJAPANは急遽出演となりましたが、全体としてまとまりのいい番組になりました。

なでしこJAPANの5人もスーツ、迎えるスマさんも黒スーツでとてもカッコ良かったです。吾郎はあまり映らずあまり映らなかったのでここについてあまり語る事はないのですが、番組終わりで出番が回って来ました。

ビストロゲストの安藤選手はお着物で登場。とても大人っぽくてきれいです。キッチントークでは安藤選手の衣装の写真を見ながらスマさん達がトークしましたが、話題はもっぱら露出(?)のことに。アイスショーでは露出の多い衣装でも良いが、競技の時は肌色のアンダーシャツを着ないと原点になるという話に全員がビックリしていました。ここで吾郎が思わず本音を。
「目を細めて見ると素肌に見えるよ。」…これだから男って、男って!(爆)
衣装は安藤選手とお母様がデザインしているのだそうです。素敵ですね。
それから安藤選手とスマさんとで心理テストをしました。以前エンディングトークで心理テストを思い出して懐かしかったです。しかし、字幕の色についてこれだけは言いたい。

吾郎がピンクで中居くんが青ですからスマスマの字幕の色は逆ですから

歌コーナーも楽しかったです。映画「フラガール」のモデルになった、福島県いわき市のスパハワイアンズのフラダンスチームとのコラボで夏の歌メドレーを。
「Mermaid」「Summer Gate」「BANG! BANG! バカンス」と大好きな曲が続き私のテンションは急上昇しました。吾郎の笑顔のアップが本当に可愛くて、いつまででも見ていたかったです。

最後は再びなでしこJAPANで…。中居くんが澤選手に吾郎のお尻を蹴らせていましたが、その振りはいささかワンパターンかと…。吾郎が間違いなく笑いにつなげるからついついやりたくなるのでしょうが。


拍手ありがとうございます

笑顔の力♪(後編)

27時間テレビの感想の続きです(24日分)。

・笑っていいとも!増刊号
この日の増刊号はいつもより遅い11:45頃スタート。この日の正午にアナログ放送が終了(岩手・宮城・福島は来年3月31日)するので、それを見届けるというイベントの為です。いいともレギュラー陣が無事地デジへの移行を見届けた所後で、テレフォンショッキング(スペシャル?)にSMAPが登場!5人揃っての出演は初めてなのでどんな感じになるかと思ったら、すごく静かでした(笑)。静かに入って来て、無言で会釈して、着席。少々お疲れなのかな?と思いましたが全員ビジュは完璧でした。前列に吾郎と木村くん、後列に中居くん、慎吾、つよぽん。吾郎と木村くんは秋服で、中居くん、慎吾、つよぽんが半袖Tシャツの夏服だったのが面白かったです。木村くんがタモリさんの隣に座った為か、一番良く喋っていました。メンバーの中で最初にタモリさんの家に遊びに行ったのは木村くんだという話から、メンバーがタモリさんの家に遊びに行った時のエピソードになりました。吾郎はサルサパーティの話。タモリさんはこの話が好きなようでよく話題にしてくれます。一番よく行っているのはつよぽんでお正月には1週間位泊まる事があるとか。まるで居候か養子の様ですね(笑)。
最後に黒柳徹子さんをお友達に紹介して終了。もうちょっと長く見たかったけれどとても楽しかったです。

・デジタルライブ
今回の27時間テレビの中で出張ビストロ共に一番楽しみにしていたのがこのデジタルライブです。最初「デジタルライブ」の「デジタル」の意味が分からなかったのですが「地デジ」の意味だったのですね(←違う?)。
5人揃って歌うとやっぱり何かが違う!ものすごい迫力がある!歌の技術を超えて何かが伝わってくる。きっと歌と踊りで伝えようとする気持ちがとても強いのだと思います。お客さんの前で歌っている時が一番輝いていて文句なくかっこいい。小西さんのリミックスも今までにない新鮮な感じで大満足のメドレーでした。「$10」や「青いイナズマ」など昔の曲も入っていたのも嬉しかったです。
最後に「オレンジ」をオリジナルアレンジで歌ったのですが、今回は震災で亡くなった方々への鎮魂歌のように聞こえました。地震や津波の犠牲になった方々の中にもスマップファンは沢山いらした筈です。そんな皆さんへの彼らからの感謝と別れのメッセージの様で聞いていて泣けて来ました。

CMを挟んで中居くんのマイケルダンス再び…ですが途中で熱湯コマーシャルになってしまうというオチでした。これについては賛否両論あると思いますが、27時間テレビ(あるいはめちゃイケ)風にアレンジするとこうなってしまうのでしょうか。私は中居くんがケガをしないかそれが心配でした。

・出張ビストロ
デジタルライブの後は木村・吾郎が岩手の釜石へつよぽん・慎吾が福島の二本松へ移動して、被災地の皆さんの為に1000人分の料理を作るという出張ビストロ。今年の目玉企画の一つです。この為に4人は現地へ事前に行き、現地のサポートシェフの皆さんとの打ち合わせや、どんな料理が食べたいかのリサーチなどを行いました。女子高生が木村くんと吾郎を見て「キャー!」と歓声をあげたのが可愛かったです。岩手会場にも福島会場にも沢山の方が詰めかけて、すごい熱気でした。本当にSMAPって多くの人に求められている、愛されていると感じました。
限られた時間の中一生懸命料理を作り、一人一人と握手をしながら手渡ししていく彼らの姿は優しくて美しくて、デジタルライブの時とは違う輝きがありました。
実はtwitterの私のフォロワーさんの一人に福島の方がいらっしゃって、その方が当日福島会場の中の様子をツィートして下さったのですが、とても喜んでいらっしゃいました。本当にこの企画はやって良かったと思います。
この舞台裏はスマスマで是非放送して欲しいです。

こういう大型番組はSMAPに任せろ!と改めて思った2日間でした。
27時間出ずっぱりで頑張った中居くん、お疲れ様♪
(しかしこれで終わらないのが中居くん。それについてはまた改めて。)


拍手ありがとうございます

笑顔の力♪(前編) (27時間テレビ 7/23~24)

一つ前の記事(ゴロデラ感想)が途中で切れてしまい、しかもそれに気付かず半日ほどそのままにしていて申し訳なかったです。下書きの後半部分がなぜか消えてしまいました。こういう事は初めてなのでちょっと戸惑っています。


さて、この週末は27時間テレビに釘付けでした。とはいえ27時間全ては見られないので(中居くんごめんね)、吾郎が出演する部分を中心に観ましたが楽しかったです。
萌えポイントが沢山あり過ぎて何を書いていいのか分からない位です。現在PCの具合があまり良くないので、まず23日の「ホンマでっかTV」の感想を書きます。

・ホンマでっかTVスペシャル
さんまさんの「ホンマでっかTV」のSP版に吾郎がゲストとして登場。さんまさんとの生放送というとここ数年の「さんスマ」が思い浮かび、始まる前はどうなる事かとドキドキしましたが、とても面白かったです。チャコールグレーの長袖ジャケットに黒ブーツという真冬ファッションで登場した吾郎は座り位置でさんまさんと一揉めしましたが、この時「オレのカメラの前に立つな!」とさんまさんに言われると、わざとカメラの前に立ってさんまさんを遮り、笑いを取っていました。最初からさんまさんと対等に渡り合う感じが良かったです。

そんな吾郎の相談は「せっかちすぎる性格を直したい」。パブリックイメージとは正反対でものすごくせっかちな性格なのです。確かに度を超すと日常生活に支障をきたしそうで、本人も困っているのでしょう。こういう性格を「タイプA」といって将来うつ病になる危険性もあるとか。先生方の回答は様々でしたが、「SMAPを辞めて独裁者になればいい」という珍答(?)が飛び出した時後ろのひな壇にいた中居くんが即座に「困る!」と小声で言ったのがツボでした。やっぱり中居くんは吾郎を頼りにしているのだな、と。
「せっかちな人は時間を無駄にしたくないのだが、実は時間を無駄にしている」という先生の指摘に私はうなづいたのですが、吾郎は納得したでしょうか。
次の相談者は中居くん。悩みは「何でもピッタリにしたがる几帳面な性格」。シャンプーとリンスをぴったり同時に使い切りたい、という話は以前聞いた事があります。これも度を超すと日常生活に支障をきたしそうです。こちらは「不完全恐怖」と呼ぶらしいです。ここでまた「中居さんはSMAPを辞めてテロリストになればいい」という珍答(?)が。テロリストは大変几帳面な性格だからだそうですが、これだけ顔が知られていては無理でしょう!(爆)

終始笑いに包まれて、しかも真面目な話もあって楽しかったです。これからは吾郎もさんまさんのトーク番組に出て欲しい、と初めて思いました。


拍手ありがとうございます

異世界との出会い (「ゴロウ・デラックス」 7/22)

今回は番組初めてのロケ。本番中にワンカップ大関を飲み途中でタバコを吸う為席を外すなど、型破りな行動で強烈な印象を残した芥川賞作家西村賢太さんが再び登場しました。
西村さんが昔住んでいた鴬谷を訪ねる企画です。
吾郎も小島さんも鴬谷へ来るのは初めてだそうで、異世界に踏み込んだ様な面白いロケになりました。
まず三人は鴬谷の立ち飲み屋さんへ。庶民的で安くて気さくなお店ですが、黒スーツに黒縁眼鏡の吾郎はいかにも浮いています(笑)。楽しそうだと思ったのもつかの間、次に来たのはガード下。なんと西村先生の戻し所だったというのです。そこで戻す様子を再現して見せる西村先生。なんだか強烈な画になりました。
それから三人はかつて西村先生が住んでいた部屋に似たアパートへ。三畳一間の部屋に横になり当時の生活について語る西村先生。団扇で仰ぎながらその話を聞いている吾郎と小島さんですが、二人とも何となく居心地が悪そうです。もっともこの部屋で吾郎が西村先生の新作を朗読するとしっくりきましたが。
それから三人は西村先生がよく行くという「オリンピック」の衣料品売場へ。そこで西村先生が吾郎の服を、吾郎が西村先生の服を見立てる事になりましたが、吾郎が本当に嫌がったのがおかしかったです。でもどちらの服も似合ったのでホッとしました。

次に吾郎お気に入りのお店に西村先生を案内する事になり、汐留のコンラッドホテルの上にある「チャイナブルー」へ。高級レストランに入ると今度は西村先生が居心地悪そうです。ここで吾郎がまた西村先生の小説を朗読しましたが、これがまるで罰ゲームのよう。どきつい文章と優雅なお店の雰囲気が全然そぐわず吾郎が思わず周りを見回したので、私は大笑いしてしまいました。

最後に鶯谷に戻り、居酒屋で西村先生の恋愛遍歴を聞きました。別れる原因は西村先生の暴言だそうで「本当に傷つくような酷い事を言いますからね」とご本人は自覚していらっしゃいます。でも同じ失敗を繰り返すのはあまり感心できませんよね。

今回は、西村先生も吾郎も、お互いの世界に全然同化しようとしないところが面白かったです。
普通ならまず出会う事がない筈の二人が出会って畏世界をのぞきあう感じはこの番組でしか出せなかったでしょう。
「吾郎の外ロケにハズレなし」です。是非またロケ企画をやって欲しいです。


拍手ありがとうございます

ホンマでっかTVスペシャル@27時間テレビ

27時間テレビが始まりました。

このあと21:30頃からの「ホンマでっかTVスペシャル」に吾郎が出演します。
生でさんまさんと絡むのでどうなるか、注目です。

明日は11:15頃からの「いいとも!増刊号」、12;45頃からの「SMAPデジタルライブ」18;15頃からの「出張ビストロSMAP」が楽しみです。

詳しくは27時間テレビタイムテーブルをご覧ください。


拍手ありがとうございます

「ブルドクター」 #3

今回はストーリーに感動しました。橋部敦子さんの一番良い所が活きた脚本だったと思います。
名倉先生の出番が少なかったのはちょっと残念でしたが、存在感はあるのでさすがです。

公園で死んでいた女性の身元が不明でしかも整形していたというオープニングはミステリアスでしたが、実はその女性が知佳の中学時代の親友で、知佳にあこがれてクラス会直前に整形した、という展開は考えさせられました。しかし知佳自身は、中学時代可愛い為先生にえこひいきされていて、そうする先生もそれに甘える自分も嫌いだった。そんな自分にあこがれて親友が整形したと知って知佳が激しく動揺するシーンは悲しかったです。

そんな知佳を見かねた珠美はなぜか名倉先生に知らせる。知佳と名倉先生が付き合っている事を知っているからですが、余計な事は一切言わず知佳の事だけを伝える珠美先生は優しい人なんですね。が、名倉先生は内心動揺した様子です。知佳の事は気遣いながらも(今回のデートでは優しかった)、二人の関係を職場には知られてはマズイと考えています。どうしてそんなに自分の事を守ろうとしているのか気になります。

名倉先生と言えば、武田教授の娘美亜に対して、珠美にくっついて現場に行くよりも授業に出るよう諭すシーンがあってちょっと胸がスッキリしました。先週の感想でも書きましたが、美亜が学生の本分を忘れているのではないかと思っていたので、ちゃんと言うべき事を言うべき人が言って正解だと思います。そんな美亜は腎臓移植を受けていたらしい事も今回発覚。武田教授親子は謎が多い…というか謎が多すぎませんか、武田研究室。色々な伏線が張られていますが最終回までにきちんと全部回収して下さいね。宜しくお願いします、橋部さん。

結論からいえば、頭を強く打って公園の水溜りの中に倒れ、運動神経が麻痺して動けなくなった為の溺死(=事故死)。無理矢理事件にしなかった所が良かったです。
ラストシーンで、珠美が初めて知佳に理解を示します。これからお互いが認め合っていいコンビになりそうで楽しみです。

一方で珠美との対立軸であるはずの名倉先生の出番が少ない為、対立構図の面白さがまだ描き切れていないと思います。吾郎のスケジュールが超多忙(ファンミ、北京ライブ、舞台稽古など)なので出番が少なくなるのも分かりますが、インパクトのある対立シーンを見たいです。出来れば名倉先生の解剖シーンも入れて珠美の仕事のやり方との違いを見せてくれれば最高ですね。

それから気になった事を一つ。「女だからと言って容赦されない警察官」という仕事を選び、「女だから・女のくせに」と言われるのが大嫌いな知佳のファッションがフェミニン過ぎる気がします。お洒落なのは大歓迎ですが、もう少し女っぽさを抑えたファッションでもいいのではと感じました(←これはBBSに投稿した方がいいですかね)


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む »

やっぱりSMAPはかっこいい (スマスマ 7/18)

ビストロゲストはチャン・グンソクさん。先日来日の時各wsが大々的に取り上げたのが印象に残っています。
確かにイケメンですが宝塚の男役の様な顔立ちだなあ、と思いました。SMAPのファンだと言うだけあってスマスマのコントの事も(CCBゴロー!)知っていますし、踊ったり歌ったり色々サービスもしてくれましたが、私にはやっぱりSMAPの方がカッコよく見えました。
SMAPとの射撃対決は案外あっさりとSMAPチームが勝って吾郎まで順番が回らなかったのですが、吾郎がお遊びで売ったら一番小さい的に連続して当てたのでさすがだと思いました。GIゴローの秋葉原ロケでモデルガンを映画の様にカッコよく撃っていた吾郎の姿を思い出しました。「いいとも祭典」のアーチェリーでも的の真ん中を射抜きましたし、吾郎は射撃のセンスがあるのでしょうね。
それから今週は新作コントもありました。グンちゃん繋がりで「美男(イケメン)ですね」のパロディ「美女ですね」。慎吾の女装がイケてます。そしてバンドのマネージャー役で吾郎が登場。ちょいダサめなカツラが萌えポイントでした。最近少しづつコントが復活しているのが嬉しいです。そして必ず吾郎が登場しているのもお得な感じがします。
今週の歌コーナーはピンクレディがゲスト。今でも溌剌と踊り元気に歌うのがすごいと思いました。いつまでもアイドルでいるにはやはり努力が必要ですね。そんなお二人と一緒の歌コーナーはとても楽しかったです。皆ニコニコで明るくて。私個人としては吾郎のアップが多めだったのが嬉しかったです。

全体を通して「SMAPはやはりかっこいい!」と感じた1時間でした。


拍手ありがとうございます

吾郎祭りの日

7月17日は日テレの番組に吾郎が出演してプチ吾郎祭りになりました

・行列のできる法律相談所
この番組を見るのは本当に何年振りかです。始まった頃は普通の法律番組だったので毎週観ていましたが、いつの間にか観なくなっていました。吾郎が出なければ観ない番組である事は確かです。冒頭の下品な話には正直辟易しました。
でも吾郎の扱いは良かったと思います。どぎつい発言が売りの司会者さんも吾郎に話しかける時は真面目でしたし、マツケンサンバの振付師真島さんは「ゴロウ・デラックス」を見て下さっているそうですし(他局なので番組名は出さず「深夜のトーク番組」と仰っていましたが)、法律相談のVTRでは「十三人の刺客」DVDが登場しましたし(これが一番のサプライズでした)、吾郎の事を盛り上げようとして下さったのでその点では感謝です。
「好きな男性芸能人ベスト3」で3位竹野内豊さん、2位木村くん、1位市村正親さんを挙げた吾郎。仕事で共演し尊敬できる役者さん方と、20年一緒に活動してきた一番信頼できるメンバー。納得の人選です。ただ一つだけ吾郎に異論があります。木村くんは結構変顔をしますよ?!それがまた木村くんの魅力だと思うのです。その魅力にも気付いてあげてね、吾郎。

・黒バラ(第3週)
吾郎ファンにとってのネ申番組も3週目に突入です。冒頭に「番宣」である事を強調し「ブルドクター」の予告を流してくれるのがやはり嬉しいです。(それともこれだけで嬉しくなるほど今まで吾郎は番宣してもらえていなかったのでしょうか?)
吾郎が立ち上がって中居くんにチューしようとしたのが唐突でしたが、どういう流れでそうなったのでしょう?そこが見たかったです。
「中井さんの結婚の疑問」の3週目ではお風呂とチューがテーマ。吾郎のお風呂の話題は薔薇風呂ではなくアロマキャンドルの事でした。女の子と一緒の時だけでなく(!)自分一人で入る時も暗くしてキャンドルをつけると吾郎が言うと中居くんは信じられない様子。「暗くしてキャンドルつけて女の子と何してるの?」と突っ込んでいました。
中居くんの結婚の疑問を聞いていると、女の子と付き合う時にまず理屈で色々と考え過ぎている気がします。その一方で発想は小学生…(笑)。
中居くんと吾郎とどっちが先に結婚するかで、お互いに自分の方が先だと言い張る二人。それを見た勝俣さんが「そうやってジジイになっていくんだよ」と突っ込んだので私は思わず噴き出しました。ジジイになった小芝居をする中居くんと、すかさず焼酎を作るしぐさをする吾郎。ナカゴロコンビの絶妙なコンビネーションが楽しかったです。
スーパーアイドルSMAPを20年続けて来た二人ですが「続けて行くって大変なの?」「らしいね」「何か特別な事をしたわけでもないし」「ほぼ運ですね」と淡々としたもの。いえいえ人知れず物凄い努力を重ねなければここまでのスターにはなれませんよ。きっと努力を努力だと思わず当たり前の事としてやれる人達だからトップになれたのでしょうね。
来週以降もどんな話が飛び出すか楽しみです。


拍手ありがとうございます。
コメントのお返事はもうしばらくお待ちください。

音楽、プラスアルファの力 (「音楽の日」 7/16)

すごく楽しくて見応えがありました。

音楽番組史上最長の7時間40分の生放送、今回の震災で被災した東北6県からの観覧ご招待、新人からベテランまで揃った豪華な顔ぶれ。
その中でもSMAPの存在感は別格でした。

司会の中居くんは長丁場の生放送でも全く危なげなく番組を進行しました。気心が知れた安住アナとのコンビでしたから、更に安定していたのかも知れません。

番組が始まって1時間位経って、両さん慎吾が仙台の中継会場に登場し「三百六十五歩のマーチ」(映画版「こち亀」主題歌)を歌いました。これがとても良かった慎吾は石巻での「こち亀」試写会の後で少し疲れていたのか、歌詞を間違えたり息が切れたりしましたが、笑顔とパワーで歌い切りました。
昔の歌なのに歌詞の内容が今の日本人の気持ちにピッタリで、聴いているうちにジワジワ感動してきました。
「がんばってます、東北!」というメッセージを残して慎吾は東京へ。

そしてSMAP全員がスタジオに現れたのは第1部終了間際の23時40分頃。慎吾を時間通りかつ安全に運んでくれた日本の新幹線に私は心から感謝しました。

SMAP結成20周年メドレーは「not alone~幸せになろうよ」でスタート。歌は全員やや不安定(?)でしたが、5人が発するオーラはさすが。目の前のお客さんとテレビの前の視聴者に歌を届けるのだ、という意気込みがひしひしと伝わってきました。
「世界に一つだけの花」「がんばりましょう」「BANG! BANG! バカンス」「どうか届きますように」…観覧のお客さんも盛り上がってきて、最後のオリスマではスマとお客さんは完全に一体になっていました。
客席に入って行く木村くん、お母さん(?)とガッチリ握手する慎吾、番組スタッフと肩を組む中居くん、そしてステージの縁に腰掛け寄り添うツヨゴロスマさんもお客さんも心から楽しんでいて、テレビを見ている私も幸せになりました。
「どうか届きますように」のキムゴロラップ終わりでの肩組みと吾郎のドヤ顔も私はオイシク頂きました。

歌やダンスの上手い下手を越えて、お客さんと共感しあう力がずば抜けているのがSMAPだと、改めて気付きました。
歌い終わった後、観覧のお客さんから「ありがとー!」と歓声が上がったのが嬉しかったです。


拍手ありがとうございます

おめでとう、なでしこJAPAN

おはようございます
今朝は夫がつけたテレビの音で目が覚めました。そして次の瞬間分かりました。

なでしこJAPANワールドカップ優勝本当におめでとう

リードされても諦めず、可能性を信じて走り続けた姿がかっこいいです。私達の中にもまだまだ力が 眠っている、頑張れる筈だと思いました。

強い女性は美しい。本当におめでとうございます。


拍手ありがとうございます

雑誌チェック

今週は「週刊ザ・テレビジョン」と「an・an」を買いました。

「週刊ザ・テレビジョン」を買うのは久しぶりです。スマの特集記事が載らなくなってからさっぱり買わなくなってしまったからです。今回買った理由は吾郎のグラビア&インタビューが3ページ載ったからです(現金ですね)。
A to Z形式の一問一答でインタビューに答えています。意外だったのは「Namida」の項。家でよく泣いているというのです。映画やスポーツを見ながら、泣きそうになると涙腺を緩めるのだそうです。「泣く事を日常化していないとお芝居で泣けなくなる気がして…。研究してます」つまり演技を磨いているのですね。写真も綺麗です。
「an・an」のシネマ・ナビではチャン・イーモウ監督の「サンザシの樹の下で」を紹介しています。「初恋のきた道」と同じ系統の純粋なラブストーリーだそうで見てみたいです。もっとも「初恋のきた道」で、私は恋愛シーンではなくラストの葬儀シーンで号泣したので、「サンザシ~」でもとんでもない所で泣きそうです(笑)。そしてこの記事でも写真がとても美麗です!きっと今ビジュが美しく保たれているのでしょう。是非写真集を出して欲しいものです。それから次々号(1768号)の特集にも吾郎が登場するそうですから楽しみに待ちましょう♪


拍手ありがとうございます

「ブルドクター」といえば

一つ忘れている事がありました。

知佳は珠美のお母さんの書道塾に通っていて、珠美の息子康介とも知り合いなんですよね。

第1話にも登場したシーンですが、不思議とあまり印象に残らなくて…。
でも明らかに伏線ですよね。珠美と知佳の関係を変えるきっかけになるのでしょうか?


拍手ありがとうございます

明日の「音楽の日」にSMAPが出演!!

皆さんご存じだと思いますが、明日(16日)「音楽の日」(TBS系)にSMAPが出演します。
放送時間が7時間40分の生放送という大型番組で中居くんが司会を務めます。

がんばれSMAP、がんばれ中居くん!!

「泣き虫なまいき石川啄木」チケット先行抽選販売

「泣き虫なまいき石川啄木」のチケット先行抽選販売があります。

現在の所決まっているのはぴあ、サークルKサンクス、セブンイレブンです。

詳しくはシス・カンパニー公式サイト(サイドバーにリンクがあります)及びジャニーズネットをご覧ください。


「ブルドクター」 #2

今回のタブタイトルは「疑惑の准教授」。先週買ったTV誌であらすじを読んだ時から楽しみにしていました。だって名倉先生がメインの話ですから♪
マンションから転落死した女性の遺体が発見され、遺書も争った形跡もないことから自殺とされるが、女性の携帯から死亡直前に名倉の携帯へ発信した記録が残っていた事から、知佳は名倉が何らかの関係をしているのではないかと疑う。女性の母親は「娘が自殺するわけがない」と納得せず、解剖を希望する。珠美が遺体を解剖すると何と妊娠している事が発覚!殺人の可能性も出て来て…。
導入部からテンポ良くスリリングで引き込まれました。先週より楽しかったです。知佳は名倉と亡くなった女性沙織との関係を疑ってショックを受け、更に名倉が沙織の死に関係しているのではと疑って名倉に事情聴取をし、子供の父親を特定する為に名倉のDNA鑑定を行う。という展開にはドキドキしましたし、何よりも名倉先生のクールな中にも動揺したり悲しんだりほほ笑んだりする目の表情が素晴らしかったです。
ところが、前回もそうだったのですが、最後に来て突然推理ドラマでよくありがちな展開になってしまいました。沙織は精神科に通院していましたがその女性院長の息子(医大生)の子供を妊娠したのです。そして「結婚してくれなくても一人で子供を産む」と言った為にその男性に殺され、母親が罪を被ろうとした、というのです。あまりにもベタなストーリーなのでちょっと不完全燃焼で終わってしまいました。
私は法医学ドラマが元々好きで「きらきらひかる」の大ファンでした。「きらきらひかる」は法医学の部分に力を入れていて緻密にストーリーを組み上げていた印象があります。その為、小さな証拠を根気強く集めて行ってそれらが最後に一つに繋がった時に「やったー!」という快感があったのですが、「ブルドクター」にはその快感がありません。だから法医学がメインでは無くていわゆるヒューマンドラマなのでしょう。珠美の家庭の描写は温かみとユーモアがあってとても良いと思います。それに加えて今回は名倉先生と沙織の母親とのラストでの会話にジンときました。名倉先生の優しさ温かさが初めて出たシーンだと思います。それに比べて名倉先生と知佳の関係はまだよく分かりません。ツンデレ過ぎてあまり恋愛感情が出ていないというか…。それに比べると名倉先生行きつけの
バーで働いていた沙織ちゃんに対しては名倉先生はよく笑ったしくつろいだ表情をしていたし 親切だったし…。うーん、イマイチよく分からない…。
分からないと言えば武田教授の御嬢さん(志田未来ちゃん)。授業には出ている様ですが、後はお父さんの研究室に入り浸り、事件が起こると珠美にくっついて現場に行く。学生ならもっと勉強したら?と言いたくなります。この辺のリアリティの無さも惜しいですね。

とはいえ吾郎ファンとしては名倉先生萌えが十分出来て楽しかったです。第2話でこれだけ萌えてしまうとこの後が楽しめるか不安もありますが、人間関係がこれから変わっていくでしょうし、武田教授の秘密も気になるし、来週以降も期待しています。


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む »

これぞプロの仕事! (スマスマ 7/11)

今週は世界の歌姫レディ・ガガが出演。ビストロと歌コーナーで大いに楽しませてくれました。
普段スマスマスタッフには色々厳しい注文をつけている私ですが、今回についていえば本当に良い仕事をしてくれたと思います。見終わった時感動しましたもの。
ビストロではガガ様は終始ご機嫌。よく笑いよく喋り、無邪気そのものです。そばが大好きで、前回の来日の時品川の立ち食いそば屋さんに行ったとか。しゃぶしゃぶも大好きだったり、山のように並んだキティちゃん製品に目を輝かせたり、本当に日本が好きなんですね。
ガガ様と言えば奇抜なファッションが話題になりますが、有名な「生肉(prime rib)ドレス」が実は同性愛に関する政治的メッセージだと今回初めて知りました。派手なパフォーマンスが目立ち一見マドンナのフォロワーのような彼女ですが、「『家族の為に必死で働く』という伝統的な価値観を大事にしているの」という堅実な考えの持ち主でもあります。
そんな彼女の一面を引き出したのはキッチントークでの慎吾の発言でした。

「(観覧のお客さんに向かって)もうみんな(ガガ様の事を)大好きだけど、今日一緒にいたらもっと好きになりますよ。」
「朝8時か9時に来て、ずうっとリハーサル、一緒にね。」

これをきっかけにガガ様が堰を切った様に話し出しました。

「私もSMAPの大ファンよ。本当に尊敬できる皆さんと共演出来て光栄です。」
「みんな全身全霊を込めて一所懸命に取り組んでくれたわ。私は仕事に対して一所懸命なアーティストを尊敬しているの。だからとても感謝しているわ。ありがとう。」
「ナイトクラブや規模の大きいアリーナやスタジアム、スマスマのような大きな番組や小さな番組でもどのパフォーマンスも同じ。
だって全てのファンに同じ質のパフォーマンスを提供すべきでしょ?」

やっぱり一流の人は違いますね。一本筋の通った生き方がかっこいい。中居くんが「見習わないと」と言ったのは本心だと思います。
そしてそのプロ意識がいかんなく発揮されたのがビストロの後の歌コーナー。お寺の様な、タランティーノ監督の「キル・ビル」に出てくる屋敷の様な和風セットの真ん中に御神輿が進み出て来る。御神輿を取り囲んだSMAPが扉を空けるとガガ様が登場。1曲目はガガ様とバックダンサーとのパフォーマンスですが、カメラが左からガガ様を映すと後ろに吾郎が映っていました。つま先でリズムを取る吾郎の姿もカッコいい!ガガ様の衣装の背中には「我我」と書いてあり、これも日本風。2曲目の「You and I」の歌詞からは日本と日本人を思い遣る気持ちが伝わって来ます。そして3曲目の「Born This Way」でSMAPがバックダンサーとして参加♪全員黒と金の衣装が豪華!しかも全員首回りをスッキリ開けているのが良かったです。吾郎もそうですが首に巻き巻きするより胸元を見せた方が断然似合うしセクシーですよ!!しかも吾郎はスキニ―を穿いていたので更にセクシー!!!
「全てのファンに同じ質のパフォーマンスを提供する」という言葉通り、ガガ様の歌とダンスは完璧でしたね。そしてスマさん達のダンスも輝いていました。セットも照明も演出も良く考えられていて素晴らしかったと思います。ガガ様もプロ、SMAPもプロ、そして番組スタッフもプロ。プロとプロが本気を出してぶつかり合ったからこそ感動的なパフォーマンスになったのでしょう。
実は先にこの歌コーナーを収録してからビストロの収録が行われました。ビストロでガガ様があれだけ喜んでいたのは、その前に収録した歌コーナーの出来に彼女が満足していたからだと思います。朝の8時くらいからリハを重ね、SMAPとのコンビネーションが出来あがっていたからこそ、メンバー一人一人の名前を呼びながら親しく話をしてくれたのでしょう。
レディ・ガガファンの皆さんは色々な感想を持たれていると思いますが、もしも手元に録画があるなら先ず歌コーナーを見てからビストロを見て欲しいです。そうすればガガ様が今回のパフォーマンスに満足している様子が分かると思います。


拍手ありがとうございます

笑顔全開 (中井正広のブラックバラエティ 7/10)

先週に引き続き中居くんの黒バラに吾郎が出演。番宣である事を強調し、ドラマの第1話終わりに流れなかった幻の第2話予告編を入れてくれた事に感謝です。この調子なら毎回予告編を入れてくれそうな気がします。(それとも番宣ってこういうのが普通なのでしょうか?)

テーマは引き続き「結婚についての中井さんの疑問」。しかし中居くんの疑問は「お風呂に一緒に入るの?」「おならはするの?」「チューはするの?」とまさに小学生レベル。それでもゲストの哀川翔さんや勝俣州和さんや堀ちえみさん達は大真面目に答えてくれます。哀川さんが熱弁をふるい過ぎて吾郎が話に入れず、思わず笑い出してしまう場面もありました。
「デートの約束をしても実際に合う時に面倒に感じてしまう事がある」という中居くん。それに対して吾郎は「中居くんは、面倒だなと感じても相手に気を遣って表に出さないでしょ。だから(ストレスが)溜まって行っちゃうんだよ。僕はそういう時正直に言うし…。」中居くんと吾郎の性格の違いがよく表れた一言でした。
実は今週は吾郎の発言はこれ位で、あとは殆ど喋らなかったのですが、吾郎が終始リラックスした様子でニコニコとご機嫌さんだったので、それだけで楽しかったです。

来週は「吾郎のぶっちゃけお風呂トーク」だそうなので期待しています。でも例によって薔薇風呂の話とか、スタンディングシャワーの話だったりして…(笑)。


拍手ありがとうございます

Memo (関東)

【TV】
7/10(日)22:30~22:56「黒バラ」(日テレ系)
7/13(水)15:55~16:53「ブルドクター」(再)(日テレ)第2話の予告編が流れる?
  (水)22:00~22:54「ブルドクター」(日テレ系)
7/17(日)21:00~21:54「行列のできる法律相談所」(日テレ系)
  (日)22:30~22:56「黒バラ」(日テレ)
7/19(火)22:48~22:54「ブルドクターPR」(日テレ)
7/20(水)15:55~16:53「ブルドクター」(再)(日テレ)
  (水)22:00~22:54「ブルドクター」(日テレ系)
7/21(木)23:50~00:50「ゴロウ・デラックス」(TBS)1時間SP(ゲスト:西村賢太さん)

【雑誌】
7/20(水)「TV LIFE」ナカゴロインタビュー
  (水)「TVぴあ」巻頭特集 SMAP


拍手ありがとうございます

ナカゴロ満載

今週買った雑誌は「TV LIFE」「TV STATION」「オリスタ」です。
「TV LIFE」と「オリスタ」は「黒バラ」収録後の中居くんと吾郎にインタビューしています。2人ともとてもリラックスして収録を楽しんだようです。7月いっぱい放送されるようなので(つまり5本連続?!)、大いに期待しましょう。
「TV STATION」では何と巻頭グラビア&インタビューに吾郎が登場ブルドクターへの意気込みを語ってくれています。主演でないのに巻頭に載せてもらえて感謝感激です。「TV STATION」さんには感謝とお礼のメッセージを送る方がいいですよね。

それから「TV LIFE」の黒バラナカゴロインタビューは次号(再来週発売)にも続くそうなので、忘れずに買わなければ


拍手ありがとうございます

「ブルドクター」 #1

いよいよ始まりました「ブルドクター」。橋部敦子さんの脚本は人間ドラマの部分に焦点を当てたものになりそうです。初回なので江角さん演じる珠美の人物像を描くのが中心で、吾郎演じる名倉や石原さん演じる知佳の描写がちょっと少なめでしたが、これは今後描いてもらえると期待しましょう。

「(泊まっていっても)いいけど、朝僕が起きる前には帰って」

こんな事を彼氏に言われたらショックですよね。知佳は名倉に振り回されているようです。この関係がこれからどう変わるのか注目です。
いかにも殺人事件らしい変死が実は事故死で、ごく普通の心筋梗塞が実は毒殺だった、という展開は、珠美の法医学者としての優秀さを描きたかったからでしょうが、さすがに詰め込み過ぎたかも。あと10分尺が欲しかったです。
名倉が珠美にライバル心を持っている事は明らかですが、表には出しません。今はじっと観察している感じです。男の嫉妬は女の嫉妬より怖いそうですから、これからどう出るか注目ですね。
でも一番の衝撃は小日向さん演じる教授のアルコール依存症!(ですよね?)これがドラマ全体のカギになりそうです。

次回予告が放送の最後に流れなかったのは珍しいと思いますが、HPによると来週は名倉准教授が容疑者に??
すごく楽しみです!!


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む »

君がいるだけで (「中井正広のブラックバラエティ」 7/3)

なぜあなたはニッコニコになるのでしょう?
吾郎を見た途端、無防備な笑顔になるのはなぜでしょう?
吾郎と自然にハイタッチし、肩を抱き、頭をはたき、何かにつけてペタペタとタッチするのはなぜでしょう?
見るからに嬉しそうに吾郎にツッコミ、吾郎にツッコミ返されると「ガハハ」と笑い転げるのはなぜでしょう?
「天邪鬼」とか「閻魔様」とか呼ばれている貴方が、なぜ吾郎の前ではそんなに素直になるのでしょう?

なぜ貴方は中居くんに突っ込まれて嬉しそうにしているのでしょう?
お約束の「番宣を邪魔される」パターンを楽しんでいるように見えるのはなぜでしょう?
「鼻折るぞ」と突然強気になるのはなぜでしょう?
中居くんの部屋へ行った事があるという辺見えみりさんの話に「それでそれで?」と身を乗り出すのはなぜでしょう?中居くんの部屋にそんなに興味があるのですか?
「中居くんの家に遊びに来たようなもんだから」と距離感の近さを強調するのはなぜでしょう?
周りの人を虜にしてしまうあのツンデレは、天性のものですよね?
中居くんに無防備な笑顔を向けられると幸せですか?

25分が一瞬の様に感じられるほど楽しかったです。しかも「編集なし、4本撮り」(中居くん)とか。
来週も結婚をテーマに楽しい話が聞ける事間違いなしですね!
本当に期待しています!!


拍手ありがとうございます

「ブルドクター」の見どころは

解剖と恋愛模様に決定!(あくまでも私見です)

土曜日の番宣番組の江角さん、石原さん、吾郎のインタビューが面白かったです。吾郎演じる名倉准教授は

「夜女性と一緒にいてもいいけど、朝起きる時は一人でいたい」

タイプらしい。単に身勝手な男なのか、それともツンデレなのか、気になる所です。
がんばれ、さとみたん!(笑)


拍手ありがとうございます

「ブルドクター」番宣番組

日付が変わり、7月2日になった所です。
いよいよ「ブルドクター」が6日(水)から始まります
公式HPに番宣番組の情報が出ていますので、お知らせします。

7月2日(土)14:30~15:00 「徹底究明!水曜ドラマ「ブルドクター」魅力を大解剖SP!」
7月6日(水)16:24~16:53 「今夜究明!水曜ドラマ「ブルドクター」徹底解剖SP!!」

今日14時半からの番組では江角さん、吾郎、石原さんの3ショットインタビューがあるようです。楽しみですね。


7月になったのでテンプレを変えてみました。今年は私の地元の花火大会が震災直後に中止決定になってしまったので、気分だけでもと花火のテンプレにしました。でも梅雨明け前ですから少し早かったかも?


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む »