Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年03月

TVガイドとTV LIFE

この時期に雑誌でSMAP特集を組んでもらえるのは嬉しい事です。

特に今週のガイドはネ申
まず5人のクロストークに始まり、今週土曜日の「がんばりますっ!」の予習&復習ガイド、そしてピンナップ特集。このピンナップは特別に良い紙を使っていてまさに永久保存版。写真もどれもカッコイイ。本当に「ありがとう、TVガイド!」と声を大にして言いたいです。

一方のTV LIFEは先週の生放送のレポ。黒スーツの5人が素敵でこちらも見応えがあります。次号から緊急リレー連載がスタートするそうです。

まだご覧になっていない方は是非チェックを


拍手ありがとうございます


スポンサーサイト

吾郎の新番組、始動!

気になっていたTBS深夜番組の新展開ですが、今日発売のTVガイドで確認できました!

4/14(木)スタート 「ゴロウ・デラックス」

「小島慶子とともに世間の納得いかない物事について議論していく」番組だそうです。どんな番組になるか楽しみです

ちなみに4/3(日)の「情熱大陸」は小島慶子さん特集。もしかしてもしかすると、「ゴロウ・デラックス」についても触れてもらえるかも?


拍手ありがとうございます

日本中に笑いを (スマスマ 3/28)

30分時間を拡大した今週のスマスマ。今回の震災を受けて、スタッフがバラエティの原点に還ろうとしたのかな?と思いました。

ビストロゲストはコロッケさん、清水ミチコさん、原口あきまささん、山口智充さん、のモノマネ芸人4人組。中居くんやメンバーのムチャぶりにも瞬時に応え、モノマネで笑わせてくれる実力派の4人です。
キッチントークで「1人SMAP」に果敢に挑戦した原口さん、「車の衝突テストのダミー人形」というマニアックなモノマネ(?)を見せてくれたぐっさん、コロッケさんと清水さんの森山直太朗さん&良子さんの母子共演など、私はずうっと笑いっ放しでした。勿論スマさん達も笑いっ放し。
オーダーは「丼対決」で3人まで終わった所で吾郎が1位だったのですが、最後に慎吾に逆転され、2位に終わりました。1位の慎吾への御褒美は4人が慎吾を囲み、それぞれが順番にモノマネをしてくれるという贅沢なもの。ここでも大いに笑わせてもらいました。

リアルタイムで見ている時は(モノマネが長いかな?)と感じたのですが(twitterでもそういう感想がありました)、翌日録画を見たら考えが変わりました。この番組は被災地の避難所の方々もワンセグで見ているのです。バラエティ番組として笑いを届ける事に徹した結果がこれならこれで良いのではないか、と思えて来ました。被災した方々がモノマネを見て笑い、それをひっついて笑いながら観ているスマさんを見てまた笑って下さったならそれが一番ではないか、と。

スマさんだけ(吾郎とつよぽん)のコント「本当にいたAKBAD」をやったのも原点回帰の様に思います。久々にスマスマでコントをやってくれて本当に嬉しいです。これを機にまた本格的なコントをやって欲しいです。
「ちょっとだけ会いたい人」には待望のBLACK EYED PEASが登場!日本のゲーム「叩いてかぶってじゃんけんポン」でSMAPと対決しましたが、最後はお約束の展開に…。twitterでウィルが写真をアップしていたツイスター(吾郎ファンは楽しめる事請け合い♪)の様子は…また次の機会ですよね?歌も収録したそうですからそれと一緒に放送してくれますよね?
もう一人の「ちょっとだけ会いたい人」はウェイトリフティング先週の女子高生。70kgのバーベルを軽々と持ち上げるなんてすごい!スマさん達も挑戦しますが全く歯が立ちません。最後に登場した吾郎はなぜかオネエ風。持ち上げようとしましたが生まれたての小鹿みたいに膝ががくがくして最後は畳に膝をついてしまいました。みんなアラフォーなのだから無理して腰を痛めるんじゃないかとヒヤヒヤしたのは私だけでしょうか。
歌のゲストはファンキーモンキーベイビーズ。「桜」と「ランウェイ・ビート」の2曲を歌いました。彼らの歌詞はまっすぐでいいですね。スマさん達も心をこめて歌っていてすごく良かったです。

来週は木村くんの映画「HERO」、さ来週はお休み。しばらく間が空きますが、これからも期待しています。


拍手ありがとうございます


LITTLE GARDEN CAFE

岩手在住で今回の地震で被災された吾郎ファンYUEさんのブログ、「LITTLE GARDEN CAFE」が更新されています。

津波で家を失い、何も無くなった中で御家族全員が無事だった事への感謝、故郷への思いが綴られています。

サイドバーにリンクがありますので、是非読みに行って下さい。


拍手ありがとうございます

シンゴローで楽しい1時間♪ (スマステ 3/26)

今回は久々に吾郎がスタジオゲストで生月イチゴロー&マナー検定。とても楽しい1時間でした。
スタジオに黒スーツで登場した吾郎はスッキリと締まったお顔でビジュは良好♪そんな吾郎に向かい慎吾は「吾郎ちゃん、マナーはダメだよね」と先制攻撃(こういう番組のネタとしてならこの手の発言はOKですよね)。しかしこの発言が番組のオチになるとは慎吾自身も思っていなかったでしょう(笑)。

先ずは生月イチゴローから。今月のランキングは以下の通り。
1. 映画ドラえもん・新・のび太と鉄人兵団~はばたけ天使たち
2. 塔の上のラプンツェル
3. ブンミおじさんの森
4. わさお
5. ツーリスト

ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリー共演の話題作がいきなりの5位!これには慎吾もびっくりして「僕も吾郎ちゃんもジョニー・デップが好きで、いつもジョニー・デップの映画は入れているんだけど、5位??」と聞き返しましたが、まぎれもない5位。その理由は「2人の共演が注目されていて、ゴージャスでセクシーできれいなロケ地がある。でもそれだけ。ストーリーのオチも読めてしまった。それにジョニー・デップがあまりカッコ良くなかった。今までジョニー・デップは作り込まれた極端な役が多かったけど、どうして今回こんな普通の役をやったんだろう。」
4位はブサカワ犬として人気者の「わさお」を主人公にした映画。「出てくる人がみんないい人で、のんびりと癒される映画。でもわさおと人間とのからみが少なかった。」「わさおの演技はいかがでしたか?」という大下さんの質問には「演技?…」で終了。
3位は”タイ映画史上初カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作”だそうですがゴローさん曰く「月イチゴロー史上もっとも難解な映画。1~2回見ただけでは分からないし、映像で見せる映画でもない。でもこういう映画があっても面白いかも。」とにかく難しい映画らしいです。
とここで慎吾が凄い事に気付きます。アニメ2作品がワンツーフィニッシュに?!
そして2位は「塔の上のラプンツェル」、ディズニー映画です。今までアニメ、特にディズニー映画の順位が低かったゴローさんにしては珍しいです。「ディズニーの中でも王道の作品。映像がとてもきれいでディズニー好きでない人でも楽しめると思う。しょこたんの吹き替えがすごく上手い!」と手放しでほめていました。ちなみに原作はグリム童話なので、おそらく誰でも楽しめる映画だろうと思います。
そして1位は「ドラえもん・新・のび太と鉄人兵団」。(テレ朝さんおめでとうございます!)「ドラえもん」の中でも名作と言われる物語のリメイクだそうです。
「子供の頃夢中になったドラえもん。もう感動できないと思っていたがこれを見て感動出来た。そして大人になった今でも感動出来たことが嬉しかった。映画版のドラえもんはポケットが話の中心になっていない。ちゃんとした人間ドラマになっている。」確かにそうかも知れません。
最後に慎吾が「今の話ずっと聞いてきてなるほどと思ったけど、1位のドラえもんを受けてツーリストは…?」と質問するとゴローさんは小さな声で「5位」と答えました。このやりとりがおかしかったです。

続いて「マナスマブック発売記念マナー検定」。神社へのお参りの仕方、結婚披露宴のマナー、ビジネスマナーから18問の質問にスタジオの3人が答える形式で進みました。質問VTRを見ながら何やらボソボソと話しているシンゴローが楽しそうで、ふふふ、ご馳走様でした。
結果は吾郎が16問正解、慎吾が15問正解でなんと慎吾が負けてしまいました。結論としては「マナスマブックを読んで勉強しましょう」と言う事に…(笑)。

次週の「がんばりますっ!」の予告もありました。5人でのフリースローが楽しみです!


拍手ありがとうございます

「ぼっちゃま」先行抽選発売 (東京)

おはようございます

5月の舞台「ぼっちゃま」の先行抽選発売があります。
詳しくはサイドバーのPARCO劇場のリンクをご覧下さい。


拍手ありがとうございます

Memo

【雑誌】
発売中 月刊ザ・テレビジョン SMAPインタビュー (東日本大震災被災者の皆さんへのメッセージあり)
3/30(水) TVガイド SMAP
3/30(水) TV LIFE SMAP緊急連載開始
4/1 (金) オリ・スタ 「SMAPがんばりますっ!」収録レポ

【TV】(関東)
3/29(火) 0:20~1:15 テレ朝 「お願いランキング」
3/29(火) 1:51~1:55 テレ朝 「テレ朝V」
3/29(火) 23:18~23:24 フジ 「宇宙特番直前SP(仮)」
3/30(水) 0:20~:1:15 テレ朝 「お願いランキング」
3/30(水) 1:51~1:55 テレ朝 「テレ朝V」
3/31(木) 1:51~1:55 テレ朝 「テレ朝V」
4/1(金) 1:51~1:55 テレ朝 「テレ朝V」
4/2(土) 1:45~1:50 テレ朝 「テレ朝V」
4/2(土) 13:59~16:55 テレ朝 「お願いランキング&がんばりますっ!特別編」
4/2(土) 20:53~0:08 テレ朝 「SMAPがんばりますっ!2011」
4/3(土) 19:00~22:24 フジ 「宇宙への挑戦~NASAからはやぶさまで」


拍手ありがとうございます

哀愁の旅の終着点 (「哀愁探偵1756」 3/18)

とうとう最終回になってしまった「哀愁探偵1756」。哀愁を探す旅の終着点は探偵1756さん自身が哀愁を感じるもの、団地でした。
私も子供の頃団地で育ったので、もう全てが懐かしく、探偵さんと一緒に「そうそう、懐かし~」とTVの前で声をあげていました。マッチ箱の様な建物がズラリと並んだ無機質な光景、きちんと整えられた植え込み、小さな公園、階段…探偵さんの(そして親太朗くんの)目線に一つ一つ共感しました。正直な所、探偵さんのあの独特な浮世離れした雰囲気が団地で育まれたというのが未だに私には理解できないのですが、きっと子供の頃から団地を見つめる眼差しが独特だったのでしょう。
雨の中、傘をさして団地の小道を歩く探偵さんが情緒たっぷりで麗しかったです。

そして、半年間ダイエットを頑張ってきたリエコさんを二人が訪問し、最終測定を。今まで一度も痩せた事が無かったリエコさんはこの半年間で12㎏の減量に成功しました。やったね!今後もダイエットは続けるそうです。

しかし、探偵さんと助手くんの迷(?)コンビで緩く楽しくお送りして来た「哀愁探偵1756」も今回で“一応”おしまいです。その割にあっさりした終わり方でしたが、きっといつか帰って来てくれるのではないかと思っています。

twitterでは番組プロデューサーさんが、足掛け7年続けて来た吾郎の番組から卒業すると仰っていました。思えば吾郎の新たな魅力を引き出し、稲垣吾郎一座という得難い財産を残して下さったプロデューサーさん。4月からの新しいお仕事の成功をお祈りしています。そして、4月以降、吾郎も新しいお仕事の展開がありますように!


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む »

どうか届きますように♪ (スマスマ 3/21)

東日本大震災後初めてのスマスマは生放送。黒スーツの5人がスタジオで「今僕たちに何ができるだろう」をテーマに語り合う1時間19分。改めてSMAPの凄さを感じました。

被災した皆さんへのお悔やみと励ましのメッセージの後に歌った「世界に一つだけの花」からも5人の並々ならぬ思いが伝わって来ました。
トークの中でMCの中居くんは終始、この番組をやる事についての戸惑いを繰り返し自問していました。戸惑いを隠さないその素直な姿勢がとても良かったです。
地震の時はオフで、家族と茨城でゴルフをしていたという吾郎は、激しい揺れで立っていられなかった事、帰りは高速が使えず一般道を通ってきたが信号が消えていて10時間くらいかかった事、沢山の人が道を歩いていた事などを話しました。その時の恐怖感がありありと想像できました。
「今僕たちに何が出来るだろう」については、節電とか募金とか当たり前の話が中心でしたが、その中で中居くんが「知り合いの消息が心配だけど電話するのをちょっと控える、『節TEL』も必要だと思う」と言ったのと、「今学ばないと辛い記憶だけが残ってしまうから…」「エンターテインメントの力でちょっとでも皆さんの傷を癒せたらいいな」という吾郎の発言が印象に残りました。二人とも良い事言うなあ!
それから視聴者からのFAXを読みながらウルウルと涙目になって来る慎吾やそれを優しく見つめる剛、街の声VTRを見ながら天井を見上げる木村くん、それぞれが今回の地震の現実に戸惑いながらも向き合っていこうする姿勢が伝わって来ました。
最後に「どうか届きますように」「がんばりましょう」の2曲を歌いましたが、みんな感極まって涙ぐんでいるのか音程はガタガタ。でも心をこめて歌えば聴く人の心を動かせます。私も涙ぐんで聴いていました。やはりSMAPは最高です♪

考えてみればほぼスマさん達のトークと歌だけで構成した番組。震災について考える生放送。中居くんが冒頭で言った通り一つ間違えれば「偽善」と叩かれかねない企画でしたが、スマさん達はしっかりと自分の考えを伝え、感動を起こしました。
今の日本でこの番組を出来るのはSMAPしかいません。そう確信したら私はSMAPが今まで以上に好きになりました。


拍手ありがとうございます

今週のスマステに吾郎が生出演!!

今週のスマステ(26日)のスタジオゲストは吾郎生月イチゴローです
TV誌に出ていたそうですが、地震やら計画停電やらに気を取られてすっかり見落としていました

番組では吾郎への質問&メッセージを募集しています。どんどん送りましょう

こちらからどうぞ


拍手ありがとうございます

今私達ができること (スマステ 3/19)

1.「支援物資を送るには」→個人で送るのはNG
 ①都道府県により支援物資を受け付けている所もある(原則は持ち込み)。受け付けている物資については各都道府県のHP等で確認する。
 ②募金も有効。但し義援金詐欺も起きているので、実施している団体がどんな所か確認してから募金する。

2.「ボランティアに行きたいのだが」→今は無理 
 現地は今人命救助の最中であり、二次災害の可能性もある。ボランティアの受け入れ体制が整っていない時に行っても役に立てない。
 ボランティアが行けるようになるのは、現地にボランティアセンターが立ちあがってから。各自治体、ボランティアセンターのHPで確認を。
 各地区で集めた支援物資を箱詰めするなど、自分の住む町で出来るボランティアもある。 

3.「効果的な節電法は」
 ①家庭の電力消費量のピークタイムは7:00~10:00と17:00~20:00。洗濯、掃除、炊飯(1200kw)などをこのピークタイムから外すと節電になる。
 ②照明や暖房をこまめに消す(厚着をする)
 ③待機電力をカットする(プラグを抜く)。DVDレコーダー、デスクトップパソコン、炊飯器、電子レンジ、空気清浄機など。
 ④家族が一つの部屋で過ごす。

4.「計画停電への備えは」
 ①通信手段の確保。光電話は停電中は使えない。公衆電話、アナログ電話は可。携帯電話を充電しておく。
 ②熱を出す機器(アイロン、ドライヤー等)のプラグを抜く。(火災予防の為)
 ③万一の時の避難経路を確認しておく。(誘導灯が消える場合がある)
 ④停電前にエレベータを使わない

5.「真偽不明のメールが来たら」
 「皆さんに知らせて下さい」「広めて下さい」等のチェーンメールは内容が不正確だとデマや混乱を生み、本当に必要な情報が伝わらない。
 「怪しいな?」と思ったら、内容を行政のHPなどで確認する。

6.「今私達にできることは?」
 ①ガソリンを使い過ぎない。買い占めない。なるべく歩く。
 ②不要な物を買い過ぎない。(通販での大量購入も輸送に負担をかけるのでやめる)


拍手ありがとうございます

哀愁を極める旅 (「哀愁探偵1756」 3/11、3/18)

すっかり更新が遅くなってしまいました。2週間分の感想をまとめてupします。

【3/11】未公開集
助手の親太朗くんが哀愁を感じる場所として探偵さんを連れて行ったのは東京・代田橋の沖縄タウン。確かに親太朗くんにとっては哀愁ですが、探偵さんは「やっっぱり哀愁を分かっていないんじゃないか」と言って、過去のVTRを見て親太朗くんに哀愁とは何かを学んでもらうことにしました。

① 未公開:高嶋政伸さん編
(ホラー映画が大好きな高嶋さんと昔懐かしい「ゾンビ」を観賞しながら)
「僕、ゾンビに憧れて、子供の頃母(女優の寿美花代さん)の青のドーランを顔にぬって(遊んでいた)」「僕、リアリティのないホラー映画は大嫌いなんですよ。例えば湖の畔の家で女性が服を脱いでいる時外で人の気配がする。すると女性がそのまま外へ様子を見に出る…そんな事普通しないでしょ!」と話す高嶋さん。そんな高嶋さんがホラー意外でオススメの映画を紹介してくれました。
先ずは「JAWS」。人食いざめを描いたスピルバーグ監督の大ヒット作です。「この映画を見て、映画監督になりたいと思った」という高嶋さん。「キャメラが水面から1m以上上に上がっていない。それによって観客が水面に浮いている様な気分になる」のだそうです。もう1本は「ゴッドファーザー」(特に1と2)。「この映画には全てがあります。男の全てが、女の全てが、家族の全てが、愛の全てが。」と高嶋さんは熱っぽく語ります。探偵さんもこの映画は大好きで「僕、(ゴッドファーザー3に登場するシチリア島の)マッシモ劇場を見に行きましたよ。」と意気投合。映画監督志望だけあって、高嶋さんの映画への熱い思いが伝わって来ました。いつか高嶋さんの撮った映画を見たいです。
ここで探偵さんもオススメ映画を1本紹介。カラックス監督の「汚れた血」です。「高校生の時背伸びして見たフランス映画です。ヒリヒリするような痛みを描いた映画で。エイズをテーマにしている様な映画なんですけれども。今はフランスを代表する女優になっているジュリエット・ビノシュがこの映画で注目されたんです。」「哀愁探偵」で月イチゴローが見られるなんて、なんておトクな番組♪
(モデルガンのお店でテンションが最高潮の高嶋さんと探偵さん)
44マグナムを見て大興奮の探偵さん。映画「ダーティーハリー」に登場する銃だそうですが、次の瞬間「残念!」と叫びました。「8インチじゃない!」。高嶋さんも「ダーティーハリーのより(銃身が)短いですね。」これについて店長さんが「ダーティーハリーではこれより少し長めの8インチも使われた様なんですけれども、この6.5インチが普通…」と説明すると、「僕出しゃばっちゃいましたね」と探偵さんはバツが悪そうでした。続いてM16について、オートとセミオートの違いを得意げに説明する探偵さん。知らなかったらしい高嶋さんに「そんな事も知らないんですか?」と突っ込んでいましたが、高嶋さんと探偵さんは違う種類のモデルガンマニアなようです。

②未公開:藤原紀香さん編
ガチャガチャ(カプセルトイ)に挑戦する紀香さんと探偵さん。階段を下りるバネの玩具「スリンキー」やオレンジ色の生き物の様な「モーラー」が出て来て大はしゃぎでしたが、紀香さんは次に挑戦したガチャガチャで、大当たりの「ラスカルのミニグラス」を引当ました!お店の奥に引き換えに行くと、店長さんは「1回で当てたんですか?」とビックリ。その非凡な運の強さが女優さんらしいところですね。

③こんしゅうのリエコ
今週はバランスボールで1週間のダイエット。バランスボールはつい最近のもののように思えますが、2001年にサッカーの中田英寿選手が練習に使った事で有名になったとか。リエコさんは「きつい」「しんどい」と汗だくになりながら、色々な運動に挑戦しました。「なめくさってました、バランスボール」と少し弱音も吐きながら頑張った成果が出たのか、1週間で300gの減量。良かったね。

沖縄酒場にいる探偵と助手くんに、「国際哀愁探偵団」から指令状が。「助手山田を哀愁探偵4610に任命する」。ポカンとした山田くんを残し、ニヤリと笑ってその場を去る探偵さん。…もうお分かりですね、4610=シロート、というオチ。


【3/17】街の哀愁探偵さん達
①中野ブロードウェイのヨーヨー専門店。
こちらには哀愁探偵4040さんがいます(←そのまんま)。70年代から80年代にかけて流行ったヨーヨーを見て「おお~!」「これ持ってた!」とのけぞりながら歓声を上げる探偵さん。子供の頃は随分ヨーヨーが好きで沢山持っていたようです。
イーグルサムヨーヨー(1984年)を見つけて「持ってた~!」。ゴールデンヨーヨー(当時は非売品)を見つけて「ゴールデンヨーヨー持ってた~!当たった~!!」。リアルタイム世代なんですね。それにしてもいくつ持っていたんでしょう?(笑)
南野陽子さん主演ドラマ「スケバン刑事」のヨーヨーもありました。ひもの部分がチェーンで出来ています。探偵さんはこれも懐かしい様で、スケバン刑事ばりにヨーヨーを操ってみせました。これがきまってる!カッコいい!片足を前に出したいわゆる「モデル立ち」で鮮やかに技を決める!カッコよすぎます探偵さん!
これには4040さんも感心して「やられてた方の手つきですね」と褒めていました。(そういえば昔のスマスマでつよぽんがヨーヨーに挑戦するコーナーがありましたが、吾郎もやればよかったのに…)。
一方親太朗くんが遊んだのはこれより一世代後のベアリングヨーヨー。親太朗くんによれば「進化形」です。こういう所にも世代の違いが表れるのですね。
実は4040さんはヨーヨーの世界チャンピオンだそうで、最後に華麗な技を見せてくれました。拍手!

②秋葉原でラジコンカー
ここで出会ったのが哀愁探偵9800さん(最初に買ったラジコンカーが9800円)さんと0881(ラジコンカーレースの元チャンピオン、おー早い)さん。
色々なラジコンカーを見せてもらいましたが、最新のラジコンカーは80km出るそうです。思わず「首都高ダメじゃないですか」と探偵さんは突っ込みます。プラスチック製タイヤをはいたドリフトする最新型には「すべりすぎじゃない?」。探偵さんのコメントの一言一言に笑えます。
ここで探偵さんと助手くんの紅白ラジコンカー対決!クラッシュの連続で壊れないかと私はヒヤヒヤしましたが、探偵さんが助手くんを振りきってゴール♪
そんな二人の感想は「進化してますよね、音もないし」(助手)「大人と子供のコミュニケーションツールとしていいよね」(探偵)。大満足の様でした。

③お台場でクラシックカー
次にやってきたお台場にはピカピカに磨かれたクラシックカーがずらりと展示されています。先ず最初に見たのが真っ赤なアルファロメオ。
「これが乗りたくて僕は免許を取ったんですよ」と探偵さん。ほう、初めて聞く話です。
ここに登場した哀愁探偵0083さんは結婚披露宴の費用をクラシックカーの購入にあてたそうで、探偵さん曰く「女性の敵ですね」。そんな0083さんの案内でフェラーリやTOYOTA2000GT等を見て回りました。探偵さんは一つ一つに興味津津。「作った人の意志が伝わりますね」と言うと助手くんが思わせぶりに「乗りたくありませんか?」。と言う事はもしかして…
外に出てみるとそこにはシルバーのデロリアンが。映画「Back to The Future」に登場した車です。テストドライバーの方に運転してもらい、探偵さんは助手席に乗り込みました。ちょっとこわごわしているのが顔つきから分かります。どんどんスピードが上がって行くと
「おお~!結構スピードありますね」
「おお~!結構腹にきますね」
終わって車から降りてくると
「こんなにスピード出すなんて聞いてないよ!」そして
「こわかったですよ」
と最後に正直な感想が飛び出しました。


来週は「哀愁団地で大団円?!」、いよいよ最終回です(涙)。ダンディな探偵さんも見納めですね…。


昨夜スマステで地震後初めて生の慎吾を見ました。ちょっと痩せたでしょうか?伏し目がちで言葉を選びながら、でも「正直自分が何をして良いのか分からない」と正直に話すのを聞いて、また慎吾が好きになりました。番組の内容も支援物資の送り方、ボランティアの心構え、計画停電対策など、実用的で分かりやすくて良かったです。見られなかった方は是非番組HPを見て下さい。


拍手ありがとうございます。
以下お返事

続きを読む »

MステでのSMAPのメッセージ (3/18)

日本を信じよう
明日を信じよう
自分を信じよう
希望を忘れないことが
今、いちばん大切なことだと思う

SMAP


今朝、東北に住むゴロ友さんとご家族の無事が確認出来たそうです。信じて待っていて良かったです


拍手ありがとうございます

感謝♪

先程「哀愁探偵1756」を観ました。

今週はストスマもお休みで、吾郎不足が頂点に達していた時の放送だったので、本当に嬉しかったです。ブルーのシャツにブルーのジャケット、グレーのパンツ姿でヨーヨーを操る姿はカッコ良かったです。

感想は別記事でUPしますね。今は、吾郎が見られて幸せだ、とだけお伝えします。

おやすまなさい


拍手ありがとうございます。お返事はまた改めて。

計画停電

今日から始まりました。私の住む所はグループ1で、今日は朝から停電する予定で緊張しましたが、結局停電はしませんでした。
でも地元のお店は軒並み午後3時か4時で閉店。中には商品が売り切れたら閉店というお店もあって、街の様子は一変しました。
明日は午後から夜にかけて停電する予定で、今日の様子から見ると実施される可能性が高そうです。
先週のスマスマ終わりでBEPとゲームに興じるスマさんを見て、わくてかしたのが遠い昔の様です。

こういう状況ですので、番組を見たり録画したりが出来ない事もあると思います。
ブログの更新が滞るかもしれませんが、よろしくお願いします。

…その前に先週の哀愁探偵の感想をあげなければ(苦笑)。


拍手ありがとうございます


お知らせ

①J-Netにお知らせが出ましたが、ジャニーズ所属タレント全員の無事が確認されたそうです。スマさん全員無事で良かった!!!

②明日の「笑っていいとも!」「がんばった大賞」「スマスマ」は報道特番の為お休みです@フジテレビHP番組表


拍手ありがとうございます
以下お返事。地震の前に頂いたコメントですがお返事が遅れてすみません。

続きを読む »

地震

今日の地震には本当に驚きました。
随分長い間揺れ、しかもドンドン揺れが酷くなって、最後はめまいを起こしたかと思う様な揺れ方でした。
発生と同時に停電し、夜8時40分頃に復旧しました。その間携帯ラジオで地元FM局を聴いていて大変な事になったと思いましたが、電気が復旧してTVをつけて、改めて被害の凄まじさを観て絶句しました。
今また痛ましいニュースが入って来ています。

被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

待望の舞台!!! 【2/11追記】

今日J-Webからメールがあり、吾郎の舞台が発表されました

パルコ・プロデュース「ぼっちゃま」

【東京公演】5/7(土)~6/5(月)PARCO劇場
【大阪公演】6/9(木)~6/13(月)

主演:稲垣吾郎

作:鈴木聡 演出:河原雅彦 音楽監督兼ピアノ演奏:佐山雅弘

前売:4月10日(日)発売
料金:9000円

共演は白石加代子さん、高田聖子さん、梶原善さんなど、錚々たる役者さん方です。久々に吾郎のお芝居が生で見られます!!嬉しい!!!
チケ代9000円は痛いけれど、今から節約して絶対見に行きます!!!!!

詳しい情報はJ-WebまたはJ-Netでご確認下さい。


拍手ありがとうございます

【2/11追記】
PARCO劇場のHPをサイドバーのリンクに加えました。こちらの情報も参考になさって下さい。

ゴローにおまかせ?! (スマスマ 3/7)

楽しかったです♪肝腎な所は吾郎が決めていた様に思えたのはファンの贔屓目でしょうか?

「ジャッジトーク」のゲストは堤真一さん。堤さんがこんなにオモロイ方だとは知りませんでした。そしてそんな堤さんに遠慮なく突っ込むスマさん達の間が絶妙です。
堤さんは普段は着る物には全然構わず、趣味も特になく、コレクションにも関心がないそうです。そんな堤さんに思わず吾郎が「携帯は(持っていますか)?」と質問。堤さんは大真面目に「携帯は持ってる」と答えました。その瞬間中居くんが満面の笑みをうかべました。きっとSMAPのバラエティの頭(by 木村くん)からみても満足のいく質問だったのでしょう。
堤さんは現在47歳。未だに独身である事については、「45になって四捨五入で50だと思った時、もう俺ダメかもって…」「(SMAPの中で結婚しているのは)木村くんだけでしょ?みんなもすぐ(40歳)だよ」。そして吾郎に向かい「結婚したいと思ってる?」吾郎「したい気持ちは少しはありますけどタイミングとかなのかなって…」堤さん「出来そうな気が少しはしてるでしょ?」吾郎「ええ」堤さん「それが意外とダメだった」…なんともリアルな話ですね。
ビストロゲストは映画「漫才ギャング」から品川ヒロシ監督、石原さとみさん、上地雄輔さん、佐藤隆史さんの4人でオーダーはカレー料理。キッチントークでは吾郎が開口一番「映画観ました」。ゲストさん4人が「ホントですか?」と身を乗り出すと 「とても良かったです」と吾郎が褒めたので、中居くんと4人は思わず拍手!きっとゲストさん達は月イチゴローに褒められて嬉しかったのでしょう。品川さんはSMAPのコンサートを見に行った時の話もしてくれました。
試食は慎吾→剛→木村くん→吾郎の順でしたが、3人目の木村くんが終わった時点で中居くんが「香取くんの勝利~!」と宣言してしまい、吾郎が「ちょっと!」と突っ込む所から今週もナカゴロ萌えが始まりました。中居くんが「もうお腹いっぱいなんだよ、重くて」と言えば吾郎が「カレー4連発何だからしょうがないだろ!そんなの」と言い返し、出されたダブルオムカレーを見た中居くんが「重いよこれ」と愚痴れば「さ、ちゃんと食べても~らお♪」と笑わせる。二人の掛け合いは完璧です!
でも3品目になると何となくゲストさんもしんどそうな顔をして食べていたので、ナカゴロのこの掛け合いは案外大事な事を言っていたのかも知れません。マジで個人戦やめませんか?
歌のゲストはべニー・E・キング。名曲「Stand By Me」をじっくり聞かせてくれました。訳詞を読むとまた良さが分かります。映画の「Stand By Me」もまたみたくなりました。

来週はBlack Eyed Peasがゲストなのでまた楽しみです!!


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む »

成功は革新を阻害する?

土曜日の朝日新聞の別刷「be」(青版)の連載「勝間和代の人生を変える法則」に気になる言葉が載っていました。

「成功は革新を阻害する」(イノベーションのジレンマ)

ハーバード大学のクレイトン・クリステンセン教授の言葉だそうです。
勝間さんはその意味を詳しく解説していますが、一言でまとめると、「過去の成功に執着するあまり、新しい変化に対応できない場合がある」という事です。そうならない為には「これまでの成功を守るのではなく、積極的に新陳代謝を図る事」だと勝間さんは書いています。

この言葉を読んで、私はSMAPと冠番組のスマスマについて少し考えました。

SMAPのすごいところは成功しても革新を続けている所だと思います。そしてファンの多くがそこに魅力を感じていると思います。「毎年ライブをやって欲しい」とか「5人のわちゃわちゃをもっと見たい」とか変えて欲しくないところも勿論ありますが、同時に新しい事に挑戦するSMAPにワクワクしています。
そして彼らの冠番組スマスマも革新が必要なのでしょう。制作陣も新しい事をやろうとしているとは思います。問題はそれが視聴者に喜ばれているか、なのですが、そもそも制作陣が想定している視聴者とは誰なのか。
ファンに受ける番組だけを作っていたら、新しい視聴者は獲得できないでしょう。いくら革新を望んでいるといってもファンのものの見方はある程度固定化(悪く言えば硬直化)しているからです。かといって一般視聴者に受ける番組を作ろうとすればファンからはつまらないと言われる。スマスマという番組はもしかして今「イノベーションのジレンマ」の中にいるのかも知れません。スマスマがこのジレンマを抜け出して、新しい魅力を放って欲しいと私は心から願っています。

勝間さんは「これまでの成功を守るのではなく、積極的に新陳代謝を図る事」が解決策だと言いますが、その方法も具体的に書いています。
「積極的に新技術や新市場に投資し、その投資成果を厳密に測定する新陳代謝の仕組みを作り込む事」
だそうです。
つまり積極的に新しい事をやってみてその成果を厳密に測定する事、と言えるでしょう。そう、鍵は「成果を測定すること」にありそうです。
「番組の成果を測定する」のは視聴者です。視聴者が番組をどう見たかを制作陣に伝えるのが一番良いのだと思います。
番組がつまらなくなったから(失礼!)感想を送らないのではダメだ、と今更ながら気が付きました。どれ位こちらの思いが伝わるかは分かりませんが、黙っているよりは感想を送った方が伝わるでしょう。また新たな気持ちでBBSへも投稿しようと思います。

色々理屈っぽい事を言った割には当たり前の結論になりましたね。スミマセン(苦笑)。


拍手ありがとうございます

マナスマブック

昨日J-Webからこんなお知らせメールが来ました。

☆3/26(土)発売決定!!
『マナスマブック』(香取慎吾と学ぶ 恥をかかないマナー新常識)

このコーナー、つい最近スマステで始まったばかりですが、もう本になるんですね。
そういえば、私は「ベラベラブック」を2巻とも買いましたが、今どこにあるかしら?(苦笑)

マナーブックもいいけど、「月イチゴロー」も是非本にして欲しいです。最近お願いを出していないので、また番組にお願いを出すつもりです。


拍手ありがとうございます

国際哀愁探偵団 (「哀愁探偵1756」 3/4)

今まで謎に包まれていた哀愁探偵ですが、今回驚きの事実が明らかに。なんと国際哀愁探偵団という組織の一員だったのです!
そして探偵さんは本部から「助手の山田はどうなんだ?」と聞かれているらしい、つまり助手は査定されている訳です。
そう言われた助手の山田くんは「クビってことですか?」とあっさりと聞き返しました。「うん…どうも哀愁の理解の度合いが足りないんじゃないかと」と探偵さん。「僕には1756というコードネームがあるけど、君にはないでしょ」などという茶番劇があって、今回は助手の山田くんに哀愁を理解して貰う為に街で密かに活動する哀愁探偵さん達を訪ねる事になりました。
二人が訪ねたのは昔懐かしいミニカーのお店。私も子供の頃はミニカーが好きだったので懐かしかったです。ここの店主が哀愁探偵2315さん。「日産1号」の意味らしいです。「ミニカーの魅力は省略の美学」「機能よりもフォルムの美しさ」…マニアックな言葉が2315さんと1756さんから次々と飛び出します。1756さんの瞳は段々と輝きを増して…。
とそこへ現れたのはスーパーカー消しゴムのコレクター、哀愁探偵0005さん。香川から讃岐うどんのお土産を持って1756さんを訪ねて来てくれました。そこで1756さん、2315さん、0005さんとでスーパーカー消しゴムでレースをしたり、写真の一部を見て車種を当てるクイズをしたり。ゆるい中にもマニアックで濃いひとときになりました。1756さんが童心に帰って遊んでいるのが微笑ましく面白かったです。
実は今回ゲストさんはいなかったのですが、それを忘れる位楽しかったです。探偵さん(と助手くん)とスタッフが楽しんで番組を作る事が一番良い事なのでしょう。地味でしたがすごく楽しかったです。

「こんしゅうのリエコ」は縄跳びダイエットでしたがリエコさんが足をくじいてしまった為お休み。無理しないでね、リエコさん。

それにしても国際哀愁探偵団という割に、コードネームを自分で決められるあたりがいい加減というか…(笑)。


拍手ありがとうございます

嬉しいニュース2つ♪

第65回日本映画藝術大賞 映画部門 最優秀助演男優賞
稲垣吾郎「十三人の刺客」


日刊スポーツ映画大賞、毎日映画コンクールに続き3つめの受賞です。吾郎本当におめでとう!!
「十三人の刺客」は他に最優秀美術賞、最優秀録音賞、最優秀メイクアップ賞も受賞しました。おめでとうございます!

ちなみに放送部門最優秀作品賞は「99年の愛~JAPANESE AMERICANS」、最優秀男優賞は剛くんが受賞しました。こちらもおめでとう!

第65回日本映画藝術大賞(映画部門)の詳しい内容はこちら


・J-Webのプロフィールにメンバーの写真が!今までネットにメンバーの画像を絶対載せなかった事務所の方針が変わったのでしょうか?嬉しい変化です♪


拍手ありがとうございます

人選の基準は? (スマスマ 2/28)

先ず強調しておきたいのは吾郎のビジュがとてもよろしかったという事です。そしてビストロで1位になってとても嬉しそうな顔をした吾郎がとても可愛かったという事です。本当におめでとう、吾郎!!

とはいえビストロコーナーはあまり面白くありませんでした。
敢えて冷めた言い方をすれば、視聴者にとっては出演しているタレントさんや役者さんがどこのプロダクションに所属しているかは関係ない事なので、「同じプロダクションに所属している」というくくりでゲストを選ぶというのはTV界の内輪の発想ではないかと私は思いました。
「タコを使った料理」というオーダーは面白かったです。タコを食べるのは日本人とイタリア人くらい、と以前聞いた事があったので、和食とイタリアン位しか料理方法がない中でどんな料理が出てくるか興味津津でした。でも和食は出なかったですね。
吾郎の作ったスープパエリア(スペイン料理ですね)は見るからに美味しそうで、ゲストさん方の反応もずば抜けて良く、1位だろうと確信したらその通り1位になりました!吾郎は最近最下位が続いていたので今回の勝利は本当に良かったです。

「レディ・ガガ王選手権」の吾郎は「This is loveの時に着なかった衣装」を着てゴキゲンでしたが、クイズには参加していませんでしたね(苦笑)。というか吾郎はレディ・ガガに興味があるのかな?(プチ毒)

歌コーナーのゲストは佐野元春さん。今回私が一番楽しみにしていたコーナーです。佐野さんのアルバムは昔何枚か買ったのですが、いつの間にか聴かなくなってしまって…(佐野さんごめんなさい)。曲は懐かしい「Someday」。でもスマさん達の歌は後半になるとだいぶあやしい感じに。シンプルで覚えやすいメロディ(名曲の条件ですね)ですが、歌うのは難しいのかも知れません。
ですごく楽しみにしていたのですが1曲で終わってしまったのが残念でした。吾郎のドラマ「二十歳の約束」の主題歌「約束の橋」もやって欲しかったです。


拍手ありがとうございます

1位か5位か (月イチゴロー 2/26)

ピンク色のジャケットにベージュのパンツ、黒字に細かい模様(何の模様かは確認できず)のシャツに黒の蝶ネクタイをほわっと着こなしたゴローさんは相変わらず素敵です。でも2月の月イチゴローはまさか?!という展開でした。慎吾は「荒れたランキング」と表現しましたが、仕掛け人はキミなのでは?(笑)

今月のランキングは以下の通り。
1.悪魔を見た
2.太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男
3.英国王のスピーチ
4.シリアスマン
5.ウォール・ストリート

5位は80年代にヒットした「ウォール街」の続編ですが、「前作の方が良かったと誰もが思うはず」「面白くない(「出たー!」と小窓の慎吾が一言)」「80年代の映画を見てるみたい」とのっけから辛口の感想が飛び出しました。
4位は「ノーカントリー」のコーエン兄弟が監督した映画。「不思議な映画」「難しい」「不条理」「つかみどころがない映画はつかまなくていいんじゃないかな」…はい、わかりました。
3位はこの時点でアカデミー賞最有力候補であり、実際にオスカーを取った作品ですが、ゴローさんの評価は意外と低かったので驚きました。「特に何がある訳ではない」「主演のコリン・ファースの演技はもう素晴らしい」。an・anの映画レビューでは褒めていたのでもっと高評価になると思っていましたが、他の作品と比べたらこの順位になったという事でしょうか。
2位は第2次大戦のサイパン島での日本軍の戦闘を描いた竹野内豊さん主演映画で、「竹野内くんが素晴らしい。彼のこの作品への思い入れが伝わって来る」「こういう御先祖様が作った日本を我々も受け継いでいかなければならない」「竹野内くんは自分から何かをするのではない、受け止め系の役者。将来は高倉健さんのような役者になるのではないか」と絶賛。日本人が何をして来たかを私達に伝える映画という点では「十三人の刺客」もそうかも知れません。
1位はイ・ビョンホン主演の復讐をテーマにした作品。「やってくれましたね、韓国映画。やるやるとは思っていましたがここまでやるとは。1位か5位かという作品ですよ。こんなにひきつけてこんなに後味悪くて。こんな映画は年に1本しかない」。大下さんが「R-18ですが…」と補足すると「そんなもんじゃないっ!」(画面には血まみれの主役の2人が…)「僕、試写室でこういう格好で(脚を組み右手の人差し指をこめかみに当てて)見ていたんですよ。このまま動けなかったですね。…もう疲れた!」。
「この2人が一番辛かったと思うよ、こういう役を演じるのは」という感想は自分が悪役を演じたからこそ出て来たのでしょう。

スタジオにカメラが戻ると慎吾は「この間スマスマにイ・ビョンホンさんが来て、その時に僕も「悪魔を見た」を見たんですよ。血まみれの量が半端じゃないですよ!でも目が離せなかった」とコメントしていました。
でも今回ばかりはいくらゴローさんに勧められても「悪魔を見た」は私は見られません…。

今月も面白かったですが、「稲垣さん、助演男優賞おめでとうございます」の一言が大下さんから聞かれなかったのは寂しかったです。テレビ朝日さんは「十三人の刺客」を制作したのですから、その一言くらいはあってもいいのでは?稲垣吾郎やSMAPに関心のなかった映画ファンを「月イチゴロー」に取りこむいいチャンスだと思うのですが。どうでしょう、テレ朝さん!


拍手ありがとうございます