Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » ARCHIVE … 2010年03月

雑誌チェック

今日は水曜日なので本屋さんで雑誌チェックして来ました。

今週末の日曜(4日)いよいよナスカが放送されるのでTV誌を張り切って見ましたが、ガイド、ジョンともに扱いは小さかったので買うのは保留しました。
でも来週(4/7)発売のガイドはSMAPが表紙です今週号にも見開き2Pの写真が出ていますので買うかどうかもう少し考えます。
それからTV Stationにはごく小さいですが「象」の紹介記事が載っています。

ナスカの予告は今日2回遭遇しましたが捕獲は出来ませんでした。「旅人・稲垣吾郎」という字幕に萌え、何かをじっと見つめる吾郎のアップにキュンとしました。TBSの番組表を見る限り番宣番組はなさそうですが、何かの番組に出てくれないでしょうか。


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む »

スポンサーサイト

素晴らしい舞台をありがとう

「象」千秋楽も無事終わったようです。twitterでは千秋楽をご覧になった方の感想が速報で入って来ました。皆さん感動なさっていました。
吾郎をはじめ出演者の皆さんお疲れさまでした。そして原作者の別役実さん、演出の深津篤史さん、スタッフの皆さん、素晴らしい舞台を有難うございました。
これからも吾郎が今日の満月のように益々輝きますように。

娘に聞いた話ですが、今日は今月2度目の満月でブルームーンと呼ぶそうです(皆さんご存知ですか?)。
ブルームーンも今日の千秋楽を祝ってくれているようです。


拍手ありがとうございます

「象」観劇の皆さまへお願い (3/16記)

いつもお世話になっているファンサイトに、「象」観劇後のいわゆる「出待ち」のマナーについての意見が出ていました。
一部のファンが危険な行為をした事もある様です。
今回劇場では出待ちをするファンを整理してはいない様なので、個人の自覚と良識が問われそうです。
そこで、皆さんお分かりとは思いますが、以下の点に注意して頂きたいと思います。
(この記事は千秋楽の3/30までトップ掲載させて頂きます)

まずジャニーズタレントに関しては「22時以降の出待ちは禁止」というルールがあるそうです。今回夜の部が終わるのは22時近くですので、その辺りはご配慮下さい。
また昼の部のみの日で出待ちをする時も

・近づかない
・吾郎本人が出てきても騒がない
・勿論車道に出ない
・車を追いかけない


様にして下さい。
万が一事故が起こった場合、吾郎にも他の出演者の方々にも劇場にもご迷惑をかけてしまいますので、よろしくお願いいたします。

携帯より写真投稿の実験です


今日の桜です。
見頃は今週末くらい?

ジェーン・バーキン [後編] (忘文~Beautiful Season~ 3/28・最終回)

「音楽の魅力」
音楽は昔から大好き。ミュージシャンと結婚した位だから。最初の夫のジョン・バリーは映画音楽を作っていた。彼はクラシック音楽に目覚めさせてくれた。
セルジュ・ゲンズブールはフランス音楽を教えてくれた。また彼はロシア音楽にも親しんでいた。「ジュテーム・モワ・ノン・プリュ」の前にショパンのカバー曲を書いてくれた。
私は音楽と縁が深い。お風呂やスタジオでも音楽を聴いている。

「好きなミュージシャン」
一番のファンは娘のシャルロット。最新のアルバムをエンドレスで聴いている。
エチエンヌ・ダオーに「ジャン・ジュネ」についての曲がある。ホモセクシュアルやエロティシズムを扱った曲。彼には死刑囚をテーマにした曲もあり感銘を受けた。パショー、アルノー(ベルギー)などフランス語系の音楽を良く聴く。

「日本の音楽」
あまり聴かない。しかし「ランデ・ヴー」というアルバムで井上陽水の「カナリア」という曲をカバーした。可愛い鳥の歌かと思ったら深い意味がある歌だった。昔日本の炭鉱では中に入る時カナリアを連れて行った。カナリアが死ぬと空気が薄いので避難しろというサインだった。

ここで吾郎が「沖縄の音楽も是非聴いてみて下さい」とオススメしていました。

「Je t'aime moi non plus(ジュテーム・モワ・ノン・プリュ)」
「この映画を見て衝撃を受けました。僕はまだ高校生だったんですけれども」と吾郎が言うと、
「良かったでしょう?」とバーキンさんは微笑んで、
当時軍事政権下だったポルトガルの人達から「これはまさに自由の声だ」と言われた。1ヶ月後にポルトガルではこの曲は発売と放送が禁止された。でも一瞬でも人々の清涼剤になれたのは私の誇りです。

「セルジュ・ゲンズブール」
「男性から見てもゲンズブールのファッションには憧れますね。丈の短いパンツとかクシャクシャのタバコとか細いネクタイとか」と吾郎が言うとバーキンさんは嬉しそうに、
フランスでもそうなんです。無精ひげを生やすのが流行ったり、私は男性がパンツをはくと色気が無くて嫌なのでパンツをはくのをやめさせたり、胸元を開けてアクセサリーをつけさせたり。今ではみんなやっているでしょう。それからレヘットの靴は私がバーゲンで買った物。彼が足が痛くなるのは嫌だと言うのでソフトな靴をプレゼントしました。
ひげが少しはえていると顔の輪郭がきれいなので「ひげを剃らないで」と彼に言いました。それ以外はゲンズブール・オリジナル。ファッションは私が彼に影響を及ぼした。単にその方が素敵だと思ったから。

「ジェーン・バーキン流ファッション」
「(ゲンズブールのファッションは)バーキンさんのお見立てだったんですね」と吾郎が言うと
バーキンさん「胸元を開けた方がいいですよ。アレンジしていい?ほらこうやって開いて(吾郎のタイをゆるめボタンを開ける)・・・すばらしい、髪の毛も(吾郎の髪に指を入れてクシャクシャにする)」吾郎「ちょっとちょっと、髪の毛はちょっと」バーキンさん「こうしておくと女の子が服装を直そうとして近づいて来るのよ。うん、いいわね。とても素敵ですよ、後で鏡を見て下さい」
(補足:吾郎ファン的にはここのくだりが一番良かったです・笑。胸元を大きく開けて髪が無造作に乱れた吾郎は本当にセクシーで素敵でした。バーキンさんに感謝です♪)

「美の秘訣」
「母として妻として強く美しくなる秘訣を日本の女性にアドバイスして下さい」と吾郎が言うと
顔はメイクなどせずなるべく何もしないのが一番だと思う。チークと軽く口紅を差して血色を良く見せる位で。居心地良く感じるのが一番。
私はバッジを何にでもつけるし、バッグもアレンジしたりする。靴も5~6年履く。
一番の親友は娘達。とても楽しく暮らしている。


ジェーン・バーキンさんの忘文

「あなたが微笑めば世界があなたと一緒に微笑む。泣く時は一人で泣きなさい。」

母がいつも言っていた言葉です。お身体が不自由な方と会った時その方がいつも機嫌を良くしているので、どうしていつも機嫌が良いのですかと尋ねたら、その方は「機嫌を良くしていないと誰も会いに来てくれないから」と答えました。痛いとか愚痴とか言っていると誰も会いに来てくれない、と。そういう愚痴を言わない人を私は尊敬します。

最後にバーキンさんと吾郎はハグ&キスをしました。


「残念ながら今日でこの番組はお休みです。また美しい季節にお会いしましょう。」という吾郎の締めくくりの言葉で、「忘文~Beautiful Season~」は終わりました。

この美しい番組に再会できることを期待して、感謝や感想の言葉を各方面に送りたいと思います。


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む »

ナスカ予告

昨夜の「ニュースキャスター」でナスカの予告が少し流れました。
キャスケットを被った吾郎がヘリコプターに乗って「わー写真と一緒だ!」と叫んでいました♪

今夜のSASUKEの中(と終わり)でも流れるでしょうか。

それから4/3(土)の「オールスター感謝祭」の中で「G.I.ゴロー」の予告が流れるそうです。

その他にも何かあるかも知れないので、今週はTBSを要チェックですね♪


拍手ありがとうございます

20世紀の「病人」、21世紀の「男」

21日と23日(昼の部)に「象」を観劇してからもう1週間。感想を書こうと思うのですが何を書いていいのか分かりません。
でも奇跡的にチケットが取れ(特に23日は譲って頂いたチケットで)観る事が出来たので、その感謝もこめて感想を書こうと思います。
いきなりのお願いを聞いてチケットを譲って下さったCさん本当にありがとうございます。初めてお会いしましたが色々とお話し出来てとても楽しかったです。そして御自分の観劇は夜なのに午前中から来て下さって楽しくお話しして下さったEさんもありがとうございます。
今頭の中は白紙なので多分支離滅裂な感想になりますが、よろしければお付き合い下さい。


以下ネタばれあり

続きを読む »

桜が咲き始めました♪


まだ見頃ではありませんが、桜の花を見ると嬉しくなりますね♪


拍手ありがとうございます

ジェーン・バーキン[前編] (忘文~Beautiful Season~ 3/21)

リニューアルして新たな魅力を放ち始めた矢先に残念ながら番組終了が決定。その最後のゲストはフランスの女優・歌手のジェーン・バーキンさんです。
今回「フランス映画祭2010」の応援団長として来日されました。
まず緑茶とドライの納豆でおもてなし。バーキンさんは普通の納豆も食べられるそうです。

「僕の事を覚えていますか?ビストロSMAPにジェーン・バーキンさんがいらした時の負けたシェフです。」と吾郎が自己紹介すると、バーキンさんは吾郎をハグして亮頬にキス。その時の2人の仕草が自然でとても素敵でした。

「日本の女性」
「バーキンさんは日本女性にとってのカリスマです」と吾郎が言うとバーキンさんは「ここ10年での日本女性の変化には目を見張る。38年前に私が初めて日本に来た時日本の女性は不自由だった。」と日本女性の変化を強調していました。

「あこがれの国Nippon」
日本食、ヨージ・ヤマモト、メイクアップアーティストなどがあこがれの対象になっている。今は私達が日本人を真似る時代(料理、メイク、香水など)。
日本が私達のお手本になっている事を是非知ってもらいたい。

ここで吾郎が「フランスは日本人にとってあこがれですが、同時に敷居も高い」と指摘すると……。

「異邦人」
フランス男性がすべてアラン・ドロンの様だと思っていると、実際のフランス人はそっけなく感じるかも知れない。「ありがとう」でも「ごめんなさい」でも一言でもフランス語が話せればフランス人は親しみを感じる。私も外国からフランスへ移住したから分かる。
フランス人が憧れるのは実は外国の女優。フランス人の振る舞いにショックを受けなければ大丈夫。礼儀が違うだけ。

「フランス映画は難しくない。今回の映画祭では「テルマ、ルイーズ&シャンテル」や「クリスマス・ストーリー」などがオススメ。50代女性を力づける映画です。」

「10代で「ジュテーム・モワ・ノン・プリュ」を見て衝撃を受けました。是非デュエットしたいです。」と吾郎が言うと「いいですね」とバーキンさん。「では「ジュテーム・モワ・ノン・プリュ」で」と言う吾郎に「それはもう前の事。オリジナルでやりましょう」とバーキンさんは答えました。


過去を振り返らず前を向いている姿勢がとてもカッコイイ女性ですね。人生の先輩として見習いたいです。そして是非吾郎とデュエットを!


次回はジェーン・バーキンさんの後編。そしてこの番組の最終回です。

2002年4月の「楽語びより」から始まって8年続いたこの番組も終わりになります。地味でしたがとても心温まる素晴らしい番組でした。特に今年1月にリニューアルしてからは色々なアーティストの興味深いお話が聞けて楽しかったのに、終わってしまうのは残念でなりません。吾郎にはもっと色々なアーティストの方にインタビューして刺激を受けてもらいたいと思います。曜日や時間帯は変わっても良いから是非再開して欲しいです。

フジテレビには根気良くお願いしていくつもりです。


拍手ありがとうございます

J-Webスタッフレポート (3/24)

J-Webスタッフレポートが更新されました。
吾郎の「象」と「ナスカの地上絵」特番の話題です。

「象」の楽屋風景は目に浮かぶようです。一方ナスカに向かう砂漠で車が立ち往生した時の吾郎の姿はなかなか想像できません。
番組で放送してくれないかな?


拍手ありがとうございます

最後の一線 (スマスマ 3/22)

というものが物事にはあると思います。
以前にも書きましたが、スマスマはあくまでも夢の世界であって欲しい。
視聴者参加型の番組にして欲しくない、というのが私の正直な気持ちです。

でも歌のコーナーは本当に良かったです。SMAPの歌を5人でじっくりと歌う、その素晴らしさを改めて実感しました。アレンジもとてもきれいでした。
次回までビストロと歌コーナーをリピして過ごします。


拍手ありがとうございます

ふたたび迷宮へ


今日2回目の「象」を見て来ました(マチネ)。
チケットを譲って下さったCさんと一緒に舞台を堪能しました。Cさんは終わった時感動で涙ぐんでいました。私も放心状態でした。

今日の「男」は一昨日よりも繊細で少し残酷で、少年のように瞳が輝いていました。

公演の前後には、今までネットでしかお話した事がなかった皆さんと実際にお会いして、吾郎語りで楽しく盛り上がりました。とても嬉しかったです♪
皆さん本当にありがとうございます。

写真はソワレ開演直前の迷宮の扉です。

「象」1回目観劇 (3/21)

ついに行って来ました!前日の電話でキャンセル待ちとなり、期待と不安で出かけましたが、なんとか入れました。初めての観劇です。

感想は書きづらいお芝居なので、今はあえて書きません。部分部分にそれぞれメッセージがあるけれど、それを書き連ねても全体の感想にはならない気がします。かといって全体について語ろうとすると訳が分からなくなる。木を見ると森が見えなくなり、森を見ると木が見えなくなる、そんなお芝居です。

ただ昔と今とを繋ぐタイムトンネルの様なお話なのかな?と。

とにかく見終わった後、衝撃でボーとしていました。

今回は特に吾郎の声の魅力を再認識しました。決して良い声ではないけれど、人をひきつけてやまない不思議な力のある声です。最初と最後の吾郎のセリフを聴いていると心がどこか遠くに飛んで行ってしまう様な感じがしました。

今日2回目(で最後)の観劇に行って来ます。また違った何かを感じられるようで楽しみです。

春の嵐 (月イチゴロー 3/20)

舞台が始まりビジュにも注目だった今月の月イチゴロー。ファンには大好評のクリンクリンのヘアスタイルは拝めませんでしたが、とても顔が引き締まり目が力強く輝いていて最高のビジュでした。やはり役者の仕事に集中している時はいい顔をしていますね。ですからコンスタントに役者仕事をお願いします(←鬼ファン)。
今月のお食事は鯛飯。ゴローさんは「お殿様の鯛飯♪」とさりげなくアピールしましたが、あっけなくスルーされました。スタジオゲストの石塚英彦さんが「映画の話だけすればいいんじゃないですか」と突っ込みを入れると脇にいた大下さんが「これが大事なんです」とフォローしてくれたのが楽しかったです。

今月は「アカデミー賞SP」と題されただけに注目作が集まりました。
そしてランキングは以下の通り。まさにこの日の天気の様な春の嵐!?

1位 マイレージ、マイライフ
2位 フィリップ、きみを愛してる
3位 NINE
4位 プリンセスと魔法のキス
5位 ハートロッカー

アカデミー賞の作品賞と監督賞を取った「ハートロッカー」がなんといきなりまさかの5位!これには「えっ!!」(慎吾)「…5位?!」(石塚さん)とスタジオが驚いていましたが、ゴローさんによれば「ドキュメンタリーかエンタテインメントかはっきりしない」からだそうです。「ハートロッカーは心に残るけれども、エンタテインメントとして意思表示がはっきりしてるのはアバター」とアバターの方を高く評価しました。
4位の「プリンセスと魔法のキス」はディズニーアニメ。「慎吾のお陰でピクサーとディズニーには詳しくなった」とゴローさんは笑って、「手書きアニメの温かみに癒される。上流のお水の様な・・・」と高評価。ちなみに私も断然手描きアニメ派です。これは見てもいいかも。
3位の「NINE」は「ビッグネームが絡まないのは惜しい」とバッサリ。「ケイト・ハドソンが良かった。ケイトとぺネロぺ・クルスのフェロモン対決を見る映画」と言い、挙句に「(主演の)ダニエル・デイ=ルイスがはまってない!」と辛口になってしまいました。
2位の「フィリップ、きみを愛してる」では「ユアン・マクレガーが素晴らしい。こんな上手いゲイは初めて見た」と手つきも真似て絶賛。「ちゃんとしたラブストーリーになっている」そうです。
1位の「マイレージ、マイライフ」は「上品な品の良い、キュッと纏まった映画。バックパックを人生にたとえてるところとかがいい。」と絶賛しましたが、「大下さんのバックパックの荷物はどの位?」と突然脱線し、映画の話はそこで終わってしまいました。その脱線を修正せず、ゴローさんの質問に真面目に答える大下さんが面白かったです。

VTRを見た石塚さんが「僕、ジョージ・クルーニーと同じ年なんですよ」と告白し、スタジオはビックリ。
最後に慎吾が「今月のランキングはもう動かせない。楽しかった。」と言ってくれたのが嬉しかったです。


拍手ありがとうございます

今日は月イチゴローです♪

最新のビジュが楽しみ、もとい、映画語りが楽しみ♪

忘文~Beautiful Season~ 3/14

今回は久しぶりに手紙の朗読でした。
岡本太郎(1911~1996)をめぐる手紙。

「母の手紙」より
岡本一平から太郎へ
岡本かの子より太郎へ
両親の手紙からは息子への深い愛があふれています。特に一平の手紙の「元気にゆっくり根気よくやってくれ」という言葉と、かの子の手紙の「言わぬは言うにまさりけり」という言葉が印象的です。

かの子が亡くなった後の父と息子の手紙も紹介されました。一平の手紙からは最愛の妻を失った喪失感が伝わって来ます。それに対する太郎の返信にはそんな父親をしっかり支えようとする力強さがありました。
「人生は意義ある悲劇です。それで美しいのです。」
母かの子の人生を太郎は「美しかった」と表現しました。息子として母への最大の賛辞かも知れません。

「愛する言葉」 岡本太郎 岡本敏子


毎週色々な人の美しい言葉を伝えてくれた「忘文」も今月28日の放送で終了だそうです。大変残念です。またどこかで再開して頂きたいです。


拍手ありがとうございます

植え直された大銀杏


今日鶴岡八幡宮へ行って来ました。

倒れた大銀杏を植え直す作業をしていました。

元々銀杏があった石段下(写真奥)には根っこの一部が、下の広く平らな所には幹の根元の部分が植えられました。

元気に芽吹きますように。

3つのありがとう (GMFL最終回 3/17)

とうとう終わった、GMFL。
1年の間にこんなに変わってこんなに進化した番組って、もしかしたら奇跡かも知れません。
最終回も楽しかったです。ゲストのAKB48の6人も女芸人さんもゲームに熱くなって、それを見て笑い転げるオーナーが本当に楽しそうで。
終わったのは寂しいけれど、次への期待が膨らむ終わり方でした。


オーナーと出演者の皆さん、ありがとう。
正直初めはどうなる事かと思ったけれど、去年の秋からは楽しくなってこの番組を見て良かったと思えました。

影のオーナーさん、ありがとう。
昨秋のリニューアルの時「吾郎さんのファンが楽しめる番組作り」を目指して下さいました(この事は番組構成作家の方のブログで読みました)。その言葉通り、毎回オーナーの萌えが沢山詰まった楽しい番組になりました。更に1月からはTV界でいち早くtwitterを使って「ダメ出し実況」という試みを行い、視聴者からの声を番組作りに反映させるなど、絶えず努力をなさった事にはただただ感謝です。

4月からの「GIゴロー」にありがとう。
吾郎ファンにとって残念なニュースもある中、4月以降も吾郎の番組が続く事は本当に有難いです。5年半続いたゴロバーの設定は終わってしまいますが、新しい設定もユニークで面白そうで期待が持てます。一部地域で放送されないのが残念。なんとか全国で見られますように。


拍手ありがとうございます

GMFLいよいよ最終回!

最後のGMFLまであと1時間半あまり。
今日も毎日放送の番組人気投票にポチして、#GorosBarでつぶやき実況して、最後まで盛り上げますよ♪

昨秋のリニューアル、そして1月のtwitterダメ出し実況導入と精一杯の改善を試みてくれたGMFL。最後まで楽しんで、影のオーナーさんには伝えれる限りの感謝を伝えるつもりです


拍手ありがとうございます

終わり方の問題? (スマスマ 3/15)

今回は久々にお友達ビストロ。月9ドラマ「コード・ブルー」で親子役で共演している山下智久くんとリリー・フランキーさんです。
オーダーは「カレー&胃に優しくてテンションが上がる料理」。矛盾していて難しいリクエストですね。
キッチントークでは吾郎と山Pが「危険な関係」繋がりだという話が出ました。一緒のシーンは無かったのですが、吾郎はとても良く覚えていて「大抜擢って感じで。最後に(主人公を)刺すんですよ」と話しました。そこへすかさず中居くんが「『若者のすべて』のイノッチ?」と突っ込んだので全員が爆笑になりました。確かにとても似ていますね。
試食の時には吾郎は自分と同じ左利きの山Pに親近感を覚えたようで、「食事の時気を遣うよね?」と話しかけました。山Pも「奥へ行ったりとか・・・」と同感していました。これは左利きの人同士で無いと分からない事ですね。
しかし、判定では負けてしまいました。残念!

今回は国際宇宙ステーションの野口聡一さんとの中継もありました。私は宇宙の話題は好きなので楽しかったです。野口さんは最近のビストロでゲストが料理を作る事もあるからと、宇宙で手巻き寿司を作ってくれました。そして木村くんのリクエストでトリプルアクセルに挑戦しましたが、残念ながらダブルループ(?)になってしまいました。東京に帰ってきたらまた出演してくれそうですね。

そして、歌コーナーは久々で5人だけで「Loco-motion」。去年のソフトバンクのCMでお馴染みの曲です。あのCMと同じ様な黒スーツ姿で踊るスマさん達はやっぱりカッコいいです♪間奏でで5人が黒のコートを羽織るのですが、この時の吾郎が素敵です(また見たくなっちゃった・・・)。

このように萌えが沢山あったのですが、最後に来るとなぜか気分が下がってしまうのはあの予告のせいでしょうね。視聴者投稿の恋の話を大々的に宣伝していますが、それを楽しみにしているファンがどれくらいいるのか知りたいです。それよりはきちんとプロが台本を書いたコントを見たいのですが・・・。twitterの実況(?)を見ていてもそれまでは楽しかった雰囲気が最後に来ると変わってしまうんですね。終わり良ければ・・・という言葉がありますが、ホント勿体ないです。


で、今回のタイトルは最近私が大好きな窓のCM(堤真一さん出演)をもじってみました。


拍手ありがとうございます

カバー曲花盛り (スマステ 3/13)

今日のスマステはカバーソング特集。とても楽しかったです。
スマさんもカバーアルバム出したらいいのに。

その為にもスマスマでメモリッピーズをまたやって欲しい!


拍手ありがとうございます

春はもうすぐ



今日はとても暖かかったです。
色々な花も咲き始めました
久しぶりに歩いて買い物に行ったら楽しかったです。車ばかり使っていたらダメですね

春といえば、番組改編期。月曜日はスマスマに加えGIゴローが始まります。
という事はブログの更新が少し大変になるかも(笑)。火曜以降にのんびり感想を上げますので、よろしくお付き合い下さい

諸々

色々な情報が出てきていますので、少し整理します。

【「象」劇評】
3/10 読売夕刊
3/11 日経夕刊(twitterで得た情報)

【TV関連】
4/4(日)「歴史はくつがえる!?ナスカの地上絵に世界最古の巨大ピラミッドが出現!!」(TBS・21:00~22:48)
4/5(月)「GIゴロー」(TBS・23:50~24:20)

【雑誌】
an・an 「稲垣吾郎のシネマナビ」(発売中)

アイドルとアイドルオタクとアイドル達 (GMFL 3/10)

この半年間本当に楽しかったGMFLもあと2回。その最後を飾るゲストはAKB48(から6人)。山ちゃんが連れて来たゲストと言う事で山ちゃんが終始張り切っていました。

AKB48にはチームが3つあるとか、それぞれのチームの特色とかをトクトクと解説する山ちゃんでしたが、女芸人さん達からは「最年少チームが一番好きなんだ」と突っ込まれ、憧れのAKBからは「ウザい」と言い渡され散々な目に。確かにあまりにオタク過ぎて不気味でしたがそのキモさに笑ってしまいました。
そんな中オーナーは宝塚ファンについての豆知識(?)を披露したり、美幸ちゃんのオッパイネタ(山ちゃんによると「泥舟」)に乗っかって大真面目にボケたり。前半はトークにも積極的に参加して楽しかったです。
(それにしてもオーナーの下ネタは下品にならないですね。)

後半はMFLチームとAKB48チームとのゲーム対決。突然ピョンハネを始めたオーナーが可愛かったです。そしてゲームが始まるとオーナーは笑いっぱなし。声が殆ど聞こえなくなりましたが、オーナーの笑顔がいっぱい見られたからまあいいか。(この部分はtwitterをしながらだと良く見えないので録画をリピして初めて分かりました。)

来週(最終回)は風船割り対決。美幸師匠の出番です。来週もこんな感じでガーッと盛り上がって終わるのでしょうか?


と思いきや、4月からは新番組「GIゴロー」(月曜23時50分~24時20分)が始まるという嬉しいお知らせが!オーナー設定が残ったのも嬉しいです。
これからも応援しますよ!!


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む »

倒れた大銀杏



ニュースでも伝えられましたが、鎌倉・鶴岡八幡宮の大銀杏が今朝倒れてしまいました。
午後行って来ました。
携帯では全体が上手く入らなかったので、根っこをアップで撮りました。根っこの右側にしめ繩が巻かれているのが見えています。
人が沢山来ていました。TVクルーも複数来ていて、フジ「とくダネ!」の大村レポーターとすれ違いました。

長い歴史を見てきた大木が一瞬で倒れてしまいショックです。

GMFLはあと2回

今夜のお楽しみ、GMFL
ゲストはAKB48。大勢の若いコちゃん達にオーナーはどう立ち向かうのか?(笑)
そして今回一番張り切っているはずの山ちゃんの反応は?
すごく楽しみです

毎日放送の番組人気投票に行って、#GorosBarのダメ出し実況に参加して盛り上げますよ

ゲストさんファンにはtwitterユーザーが多そうな気がします。頑張らねば
(いつも途中で重くなって入れなくなるのだけど、今日は大丈夫かな?)


拍手ありがとうございます

普通であって普通でないもの (スマスマ 3/9)

改めて録画を見ました。

楽しかったです。足ツボ、ビストロ、質疑3兄弟、歌。一つ一つのコーナーは楽しかったのですが、エンディングトークが無くその代わりに延々と(?)次週予告を見せられたので最後の気分が萎えてしまいました。なんて勿体ない!

今週特に楽しかったのは足ツボでした。放送が延期されてその分期待が高まっていた訳で、5人の足の裏とツボを押されて痛がる(或いは悶絶する)スマさんを堪能する事が出来ました。吾郎ファンとしては吾郎が最後まで残った上で負けたのでオイシイと言えばオイシかったですが、悪い人から脱落していく方式では何か不公平な気がしました。全員全部のツボを押して、得点制で最後にNo.1を決めたらもっと楽しくなったのに、と思いました。でも実際に自分でやってみると気持ちが良く得した気分にもなったので、こういう実用的な企画もたまにはいいかも知れませんね。

ビストロゲストは木村佳乃さん。きれいな女優さんがいらしてスマさんとお話してお料理を食べて判定、という普通のビストロでした。本当はとても豪華な筈ですが先週のビストロが最長だったせいか、今週はとてもあっさりして短く感じられました。キッチントークでは慎吾の「Talk Like Singing」を木村さんがNYまで見に行ったという話に。更に吾郎はNYのお蕎麦屋さんで木村さんを見掛けたが声を掛けられなかったと話し、中居くんから「珍しいね」と言われていました。しかしその話を受けたつよぽんが木村さんの事には全く触れず、自分がNYに入った感想ばかり話したのがおかしかったです。
「羊料理とスイーツ」対決は木村・慎吾ペアの勝ち。

「質疑ベタ夫3兄弟2010」はタカアンドトシさんを3兄弟が質問責め。タカアンドトシさんの返しも面白くて笑いました。今回3兄弟はメモを取るという新技も披露して進化している所も見せていました。これからも3兄弟には頑張って欲しいです。

歌は尾崎豊さんの「卒業」。いい歌だしスマさんに合っているとも思いましたが、照明が暗いのが毎度のことながら惜しかったです。そして折角尾崎さんの歌を歌うなら是非エンディングトークをやって欲しかった!この歌を歌った感想をスマさんに語って欲しかったです。

全体としてみると普通のスマスマのように見えました。でも以前のようにはワクワクしなかったのは見ている私の方が変わったからかも知れません。
もしかしたらスマスマ自体はそんなに変って無くて、昔から普通のバラエティ番組だったのかも知れませんが、昔は見ている私が特別な気持で見ていたから特別なものに見えたのかな?
だとしたら普通であって普通でなかった昔のスマスマはやっぱり凄かったのですね。

あ、でももっとしっかりしたコントをやって欲しいです、視聴者からネタを募集するのではなくて。


拍手ありがとうございます

皆さんにお願い (TOP掲載記事)【2/11追記】

吾郎の誕生日を迎えたのを機に皆さんにお願いが2つあります。
私がいつもお世話になっている吾郎ファンサイトで呼びかけている事なので、皆さんご存じとは思いますが、こちらでも呼びかけを行いたいと思います。

【2/11追記】
稲垣吾郎『金田一耕助』アンケートは締め切りました。ご協力どうも有り難うございました。
引き続きTV局への要望などをよろしくお願いいたします。

①「金田一耕助シリーズ」の新作&過去作品DVD化のお願い
吾郎が主演する「金田一耕助シリーズ」は回を重ねる度完成度が高くなり、今年の「悪魔の手毬唄」はそのまま映画にしても通用する位素晴らしい作品でした。
新作が待たれていますが、残念ながら今のところ新作の情報は入って来ていません。金田一シリーズは今までに5本作られていますが、区切りが良いからとそのまま立ち消えになると困ります。
なにより金田一耕助はこれから吾郎がじっくり取り組んでいける素晴らしい役です。フジテレビには息長く良い作品を作り続けてもらいたいので、ファンとしては金田一の新作のお願いを今する事が大事だと思います。
更に今までの5作品をメイキング等の特典映像をつけてDVD-BOXとして発売して貰うよう、合わせてお願いしたいと思います。

②「ロボコン」に吾郎を!のお願い
今月28日に高専ロボコンの放送がありますが、残念ながらこの番組に吾郎は出演しません(この事はNHKにメールで問い合わせ、ロボコン担当者の方から電話でお返事を頂きました)。折角ロボコン応援団長として活躍してきたので、来年も是非出演して欲しいです。そこでNHKへ「これからも稲垣さんを出演させて欲しい」とお願いを出したいと思います。これは今すぐ出しても、或いは28日の放送を見た後でもどちらでも構わないのではないかと思います。

皆さんお忙しいとは思いますが、お手の空いた時で構いませんのでTV局へメールや葉書等で要望を出してみて下さい。
折角の吾郎の良いお仕事が今後も続くよう、御協力をお願い致します。


2009年12月9日

はちミツ

スマスマ第一印象(3/8)

楽しかった。楽しかったんだけど・・・
録画を見てから纏まった感想を書きます。


拍手ありがとうございます

【山口裕子の「ライフ」編】 (忘文~Beautiful Season)

「中学生」
中2の時美術の先生からデザイナーになった方がいいと言われた。レタリングの授業で出来た人は遊びに行っていいと言われさっさと仕上げて外へ遊びに行ったら、授業後に呼ばれた。その年頃の子は言われるとその気になる。それで美大に行こうと決めた。デザインの勉強をするならやはり東京だと思い、高知から上京した。

「MILK」
19歳で上京して一番驚いたのが原宿にあった洋服屋の「MILK」。とても可愛くて毎日見に行った。
ここで「着てました」と吾郎が口を挟むと「そう、でも高いですよね」と山口さん。そのうち「デザイナーは誰?」と思うようになった。

「眠るキティ」
家にある唯一のぬいぐるみは寝ているキティ。仕事では毎日キティちゃんから「私を出してちょうだい」と言われる。それだと会社にいるのと変わらないので家に入るキティは寝ている。

吾郎「それでも家に置いているのが愛ですね。オンオフをつけたいのかと思ったら」
山口さん「いないと寂しいから置いているけど、目を閉じているから私を見ていない」
吾郎「新しいキティちゃんを作る時にはその時々の自分が反映されるんですか?」
山口さん「私はいろんな人と出会って仲良くなる事が多いんですが、最近だと芸能人やファッションデザイナーの方から聞いた最新のトレンドをキティちゃんに入れている」

「コレクター」
全てのキティちゃん商品の管理をしている。会社と自宅にパソコンを置き世界中と連絡を取る。「息抜きは?」という吾郎の質問に「昔からコレクションをするのが趣味です」と山口さん。今コレクションしているのは「ブライスドール」でキティちゃんとのコラボ商品を見せてくれました。

山口裕子さんの忘文

「いつも心に少女」

いくつになっても可愛い服や物を身につけていい。この年になったからこういう物を着ちゃいけないとか持っちゃいけないとか、そういう事はない。


拍手ありがとうございます