FC2ブログ

古川日出男の【アート編】 (忘文~Beautiful Season 2/7)

古川日出男さんは新しい感覚の小説を次々に発表している注目の作家です。

「Rock」
大好き。躍動感がある。小説は目で読む物になっているが、自分は声(音)に出す文章を大事にしている。

「バッハ」
音楽を聴きながら書く。その方がきちんとした文章になる。ロックも勿論だがバッハも良くかける。モーツァルトはかけない。

「書くアスリート」
言葉が自分からあふれ出てガンガンに乗って書き指が攣る事が、365日書いている中で3~4日ある。
「指が攣るってすごいですね」と驚く吾郎に対して、「その為には日頃のストイックな生活が重要。規則正しい生活が基本。自分はイチローを尊敬している。スポーツ選手は引退に向かって意識を研ぎ澄ましているから。」と古川さんは答えていました。

「古川文体」
「浴びる文章、ですよね」という吾郎の感想に対して「今生きてる文章を書いている」と古川さん。

「縦書き、横書き」
パソコンは普通横書きだが、本になる時は縦書き。横書きをそのまま縦書きにしたのでは字や句読点のバランスが変わってしまうので、横書きを縦書きにして、もう一度文章を見直す。横書きは縦書きに比べると弱い。
「反省文は絶対縦書きですよね(笑)」(吾郎)

「朗読ギグ」(=音楽などに合わせて古川さんが自作の小説を朗読するパフォーマンス)
ミュージシャンがアルバムを出してライブをするのと同じ。作品を出したら客の前でやってナンボ。受け手がいてこそ成り立つ。書いている様に読める時がある。

そして、「ハル、ハル、ハル」の朗読ギグを披露しました。

来週は古川日出男さんの【ライフ編】です。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト



フェロモンの差 (月イチゴロー 2/6)

今週のスマステは「月イチゴロー&アウトレットモール関東編」。スタジオゲストは堺雅人さんです。

今日のゴローさんは舞台稽古が始まったせいか声に張りがあり、顔もすっきりして生き生きした様子。見ているこちらも明るい気持ちになりました。
首にぐるぐると鮮やかな青の巻物をしていましたが、これは大下さんのジャケットと色を合わせていたんですね。カニ料理に「わー!」と歓声を上げる姿はやっぱり乙女でした(笑)。
今月のランキングは以下の通り。

1.New York, I Love You
2.インビクタス/負けざる者たち
3.50歳の恋愛白書
4.新しい人生のはじめかた
5.渇き

5位については開口一番「一番期待したけど一番期待外れ」とばっさり。小窓の中の堺さんがビックリしていました。でも映像を見て納得。いくら吸血鬼のホラー映画だと言ってもあんなに血まみれでは・・・。女性の首筋に牙を立てて血を吸うからエロいのであって、コップでがぶ飲みするのはダメでしょう!私もこの映画は嫌です。
4位は「口当たりのいい食前酒ムービー」とか。ゴローさんはこういう上手い喩え方をします。そして3位は「いい映画風」。褒めているのかいないのか・・・。タイトルも内容も傾向は似ているようですが、ゴローさんは3位の映画に出ているモニカ・ベルッチに持っていかれたようで「物凄いフェロモンですよね。フェロモン出過ぎ。」と連呼。挙句「目を瞑るとモニカしか出てこない・・・」と目を瞑って上を向いていました(このゴローさんの表情に萌え♪)。
2位はゴローさんが敬愛するクリント・イーストウッド監督の作品。小窓の堺さんと慎吾は「意外ですね」と言っていました。実話を忠実に映画化した為、フィクションならではの仕掛けがなかったから、とゴローさんは理由を説明していました。でも見たら感動して色々な事を考えられそうです。
1位の「New York, I Love You」は今日初めて知りました。公開が今月末(27日)なのでまだそんなに宣伝していないのでしょうか。11人の監督がNYを舞台に描いた11本の恋愛映画のオムニバスだそうです。これは凄く見たくなりました!ゴローさんの「超オススメ」は2番目のインド人監督の作品。「これがあったからこの映画を1位にした」そうで「変にダラダラ長いよりよっぽどいい!」と断言しました。

全体にテンポ良く話も聞きやすかったです。編集も良かったのでしょうか。

GMFLのダメ出し実況の練習のつもりで、月イチゴローの萌え実況をやってみようと思ったのですが、始まると画面に釘付けになってしまい見ながらつぶやけませんでした。でも見ながらつぶやいている方々もいらして、やはり同じ事を考えたのだと思うと何となく嬉しかったです。


拍手ありがとうございます