FC2ブログ

サチの母の心境は・・・

昨日の「トライアングル」で特に心に残ったのは殺された佐智絵の手紙を半狂乱で探す母親の姿でした。風吹ジュンさんの演技の迫力にも圧倒され、見ているこちらまで苦しくなって来る位辛かったです。
なぜここまで引き込まれたのか。多分私がこの本を読んでいたからだと思います。

「心にナイフをしのばせて」 奥野 修司 著(文藝春秋)

かなり話題になった本なので、読まれた方も多いと思います。1969年に起きた高校生の少年が同級生の少年に殺された事件のルポルタージュで、被害者家族に丹念に寄り添い、主に被害者の妹さんの 視点で描かれています。そこで描かれた被害者のお母さんの姿は悲惨としか言いようがなく、ページを捲るのも辛かったです。
そのお母さんの姿とサチの母の姿が私の中で重なってしまった訳です。もしかしたら風吹さんはこの本を読んで演技の参考にしたのではないかと思った位です。

実は「トライアングル」のあらすじを最初に聞いた時、真っ先に思い出したのはこの本の事でした。同級生が殺された事によって主人公や周囲の人々の生き方が変わってしまうという内容はこの本とも関連すると思ったからです。「心にナイフをしのばせて」では事件の後被害者家族がいかに傷つき壊れていくかを描くと共に、加害者少年のその後を描いて、罪が無かった事にする(この本では「漂白する」という言葉で表わしています)現行の少年法の問題点を指摘しますが、これも「トライアングル」第1話での黒木舜のセリフ「人を殺した罪は消えない!」と繋がっているように思います。

大変に重くショッキングな本なので、ドラマとの関連で紹介するのは適切でない気もしますが、私が「トライアングル」を2回見た限りではこの本を連想させる部分があるので敢えて触れました。

事件の真相が明らかになった時、サチの母がどう変わるかにも注目したいです。



スポンサーサイト



「トライアングル」 #2

一つの謎が解けるとまた別の謎が深まる、と言った感じで霧の中にいるようです。今回は舜の出番はやや少なかった様な……。これからこれ位の感じで行くのでしょうか。
でもシリアスな吾郎は今週も絶好調でした。

今回の感想は……
・普段は人を食った様な態度の郷田だが、妹の話になると突然人間くさくなる。
・そんな郷田の性格を見通したのか、志摩野の聞き込みに同行すると言いだす舜。
・「一緒に行く」筈だったのに、さっさと郷田の先を歩き、志摩野の社長室へも先に入る舜。なぜだ?
・サチは大阪の児童施設で育った孤児だった。もしかして志摩野も?
・志摩野はサチを愛しているのか?
・サチを佐智絵の身代わりとして育てた母は、佐智絵が殺された時の記憶を押し隠していた。
・死んだ兄の身代わりとして医者になった郷田と佐智絵の身代わりとして生きてきたサチ。郷田はサチに自分を重ねている?
・堀米襲撃事件は狂言強盗。なーんだ。
・原稿を奪われた話もウソ・・・なんですとエエェッ!?!?
・そうなると当時のクラスメイト全員が怪しく見えて来る。
・しかし、舜パパによると「あの犯行は10歳の少年には無理」だそう。
・掛って来た怪しい電話によって狂ったように手紙を探し始めるサチ母。見ていて辛い。
・さんざん探しても無かったのに、サチが本を開くとそこに手紙が。おかしい、誰かが家に侵入した?
・手紙によっておびき出され、襲われるサチ。電話を掛けて来たのとサチを襲わせたのは同一人物?目的は?
・サチを庇おうとして刺された郷田。
・一体どうなるの???

今回はサチの母の事を色々考えながら見ていました。我が子を殺されたら母親はどうなってしまうのでしょう。実はこのドラマのあらすじを聞いた時から思っていた事があったのですが、それについてはまた別の機会に書きます。

郷田の人間味が少し出て来て舜と息が合って来ました。どんな風に相棒になっていくのか楽しみです。