Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » CATEGORY … その他のTV

時代劇を彩る殺陣 (「Deep People」 6/20)

月曜日私がスマスマを録画し損ねたのは裏で放送されたNHKのこの番組を録った為でした。
時代劇の「殺陣(たて)」をテーマに殺陣師の林邦史朗さん、清家三彦さん、そして「十三人の刺客」で美しい立ち回りを見せてくれた俳優松方弘樹さんの3人が語り会いました。今まで知らなかった殺陣の面白さが分かってとても面白い番組でした。
その最後の方で松方さんが「十三人の刺客」の殺陣シーンの撮影裏話(苦労話)をして下さったので、その部分をレポします。

「去年やった『十三人の刺客』って映画は13対300ですよ。で、人数は、今の時代だから300全部集めてくれたわけ。エキストラばっかりですよ、エキストラばっかり。しかも山形の庄内で撮影しましたから『はい、出たい人』って…。(林さん「ありがたいことですよね」)ありがたいですよ。でも、立ち回り出来る人は5人位しかいない。で、5人が13人に全部からむわけですよ。彼らは大変ですよ。あと295人は立ち回り出来ない、有象無象(うぞうむぞう)でこう、動いてるだけなんですよ。
(その立ち回りをする5人が)もう動きっぱなしだ。『止まって!』って。テストの時、『動いちゃダメ!』って怒ってばっかりですよ僕はもう。『いい?僕が左足をこっちへ…左足をこう動かしたら、ホラ初めて動いて!』って一つ一つ説明してかなきゃいけない。時間がかかる、もう。こっちはトシとってるからテストでくたびれちゃう(笑)。息切れしちゃって大変。」

上手い斬られ役の人は役者さんの動きや間合いを読んで、ピッタリのタイミングで来てくれるそうで、そうすると綺麗な立ち回りになるそうです。「だから斬られる人は大事でしょ」と松方さんはおっしゃいました。

「十三人の刺客」での松方さんの華麗な立ち回りシーンの裏にはこんな苦労もあったのですね。吾郎と市村さんも松方さんの殺陣を見に行ったそうですが、きっといい勉強になったのではないでしょうか。


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む »

スポンサーサイト

これでいいのだ?! (月イチゴロー 5/7)

2011年5月7日、吾郎主演の舞台「ぼっちゃま」が開幕しました。初日を観劇された方々がtwitterで呟いておられましたが、吾郎の演技は素晴らしく、カーテンコールは3回で客席はスタンディングオべーションだったそうです。私は今回2回見られますが今から楽しみです。千秋楽まで無事成功しますように。

そんな舞台初日に放送された「月イチゴローGWスペシャル」。舞台稽古の最中に収録された為ゴローさんは少々お疲れ気味で声もやや掠れ気味でした。でもその物憂げな雰囲気が何ともいえずアンニュイでセクシーだと思えたのですから、ファンというのは残酷なものです(苦笑)。
今回のゴローさんは白シャツに蝶ネクタイ、タキシード風のスーツ、といかにもぼっちゃま風の衣装でカッコ良かったです。そして少し痩せて身体が締まった様に見えました。
さて、今月のランキングは以下の通り。

1. ブラック・スワン
2. SOMEWHERE
3. これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫
4. イヴ・サンローラン
5. ガリバー旅行記

5位の映画についてはゴローさんは最初から語る気無し!「こういう映画は好きじゃない」から始まって、「主人公がメタボじゃダメでしょ」「CGはすごいけど、予告で見れば充分」とけだるくバッサリ斬っておしまい。
4位はイヴ・サンローランのドキュメンタリーで、錚々たる顔ぶれの有名人も登場するそうです。「自宅の美術品がすごい」「60年代、70年代のヨーロッパの文化に興味のある人にはたまらないでしょうね」と、4位の割には褒め言葉が並びました。順位が下の割に高評価、というパターンです。
3位はギャグ漫画家赤塚不二夫さんと編集者の物語。「赤塚さんが天国から見たらきっとほめてくれると思う。B級映画感がいい」と先ず褒めましたが、「でもこの映画の中でやってるおバカは理解できないよね」と一転辛口になり、「バカを一所懸命演じようとした所が出てしまったのかなぁ…」と首を捻りました。一方「赤塚さんのマザー・コンプレックスというか、母親を思う気持ちを浅野忠信さんは素晴らしく演じていた」ともコメント。大下さんが「4位のイヴ・サンローランの方が…(高評価)」と突っ込むと、「そうですね、この辺は編集で何とかしといて下さい」とゴローさんはしどろもどろに(笑)。
2位は去年のベネチア国際映画祭で賞を勝ち取ったソフィア・コッポラ監督の作品。「大人の孤独感、孤立感がすごく伝わる」「何も起こらない事にリアリティがある」「ソフィア・コッポラ監督ってすごいかも知れない」と作品の質をとても褒めていました。
そして「ブラック・スワン」については「堂々の1位ですね。観る前はただのバレエ映画だと思っていたんですよ。スポ根ものみたいなものかと思ったら、サスペンス、ホラーだった。」と興奮気味に語り、「美と狂気のアンサンブルですね。」とゴロー語録が飛び出しました。「ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を取ったのも納得ですね。これが縁でブラック・スワンの振付師の方と結婚したんですよね…おめでとう、ナタリー・ポートマン!」と締めくくりました。

ゴローさんは少々お疲れ気味でしたが、映画を語る情熱は疲れてはいませんでした。さすが!来月も楽しみです。


拍手ありがとうございます

「ソーラーカー日本一周の旅」今夜ゴール!

スマさんでなくトキオの番組ですが、「ソーラーカー日本一周の旅」が今夜の「ザ・鉄腕DASH!」でゴールします。

行く先々で日本の良さを再発見するこの企画が私は大好きでした。今夜はしっかりソーラーカーだん吉のゴールを見届けようと思います。


拍手ありがとうございます

「空から日本を見てみよう」

スマとは全然関係ない番組ですが、今日見たら面白かったです。題名の通り空から日本の色々な所を見る番組です。今日は山手線上空を東京駅から渋谷駅まで飛びました(品川経由)。

私は空撮映像が好きなので、1時間を空撮映像で作ったこの番組は本当にツボですニコッ♪。色々な建物や施設にはちゃんと名前を入れてくれているので、位置関係も分かって親切な作りです。レポーターは一切登場せず、2人のナレーターだけで進行する所も私好み。昨日のヒーリングbarも勿論好きですが、こちらもヒーリング番組だと思います。

テレ東系なので地域によっては見られないかもしれませんが、見られるようでしたら一度是非。オススメです。


【10/23 追記】
番組HP(こちら)で動画の一部が見られます。興味のある方はどうぞ。

気になるCM

ソフバンCMを追いかけていて、気になった事。
スマさんとは全然関係ない話ですが……

続きを読む »