「不機嫌な果実スペシャル ~3年目の浮気~」 (1/6、13)

2週にわたってのスペシャルドラマ、ワクワクドキドキしながら堪能しました。
真夜中なのに大笑いしてしまいました。連ドラの時よりパワーアップして帰ってきましたね!
相変わらずみんなダメ人間で、しかも新たに登場した人たちが更にダメ人間で。
吾郎がラジオで「このドラマは見ている皆さんがツッコミを入れるドラマ」と言っていましたが、その通り。存分にツッコミを入れて楽しまさせてもらいました。

オープニングのナレーションからおかしかったです。「そこそこの女子大を出てそこそこの企業に勤め…」って麻也子を茶化してませんか?ドロドロの不倫劇をこれだけ笑えるドラマにした脚本と演出に拍手です。
現実には夫通彦は大学の非常勤講師で収入は不安定なうえに自分は派遣切りに遭いなかなか大変なのですが、その現実から逃避するかのように偶然出会った農業男子に惹かれていってしまいます。
そんな麻也子を複雑な目で見ているのが久美。麻也子と別れた航ちゃんと付き合い、結婚したいと催促されながら踏み切らない。じらしているのかためらっているのか。そして失業した麻也子を自分のワインバーのバイトとして雇い密かに優越感に浸る…って相当歪んでいます。更に自分の店に野菜を納入しているイケメンが麻也子と知り合いだと分かると、「麻也子に優しくしてやって」と焚き付けるのだから、はっきり言って迷惑です。少なくとも親友とは言えませんよね。
麻也子が他の男と不倫しそうだと知って航ちゃんは俄然麻也子が気になり始めます。久美はそれを見て更に麻也子への嫉妬を燃やすのですから厄介です。航ちゃんも久美も嫉妬の方向が間違ってる!(笑)
一方の通彦は勤める音大の女子学生に告白され怪しい雰囲気になりますが、結局道は踏み外しませんでしたね。この女子大生を演じた南沢奈央さん、雰囲気や演技が女子大生ぽくなくて前編では違和感があったのですが、後編で本当に軽い遊び人だと分かって納得しました。
遊び人と言えば忘れてならないのが玲子。相変わらず若い男とのデートを楽しんでいるものの、夫の茂とは2人目の子供が生まれ上の子供と一緒にお風呂に入るなど、最低限の節度は守っているようです。「大人のお遊びをできるのは私みたいに本当に愛する人がいてこそだから」というのがその哲学らしいのですが、やはり訳が分からない(笑)。
航ちゃんは麻也子が不倫しそうだと知ってなぜか止めようとします。元々嫌いで別れた訳ではないからでしょう。麻也子のダメな面を見せて航ちゃんの未練を断ち切ろうとする久美の作戦は完全に裏目に出てしまいます(どうしてそんな変な事をするかなあ?)
混迷の六角関係(!)は結局元サヤに戻り、航ちゃんと久美は結婚するところで終わりました。
女子大生は通彦を弄ぼうとしただけ、麻也子がよろめきかけた農業男子はバツ2な上に現在の妻とも離婚協議中で浮気しまくりのいい加減な男(それを調べ上げる航ちゃんの熱意もすごい)。終わってみれば今回新しく登場した2人が一番ダメ人間でしたね。

今回の航ちゃんも振り切れていましたね。登場してすぐお母様に甘えヒステリックに泣き、途中では麻也子を心配半分嫉妬半分で見守り、麻也子が不幸になるのを見たくないと諭し…と大活躍。要所要所をしっかり締めていました。
私が今回一番いいと思ったのは航ちゃんと麻也子がおでんの屋台で語らうシーンでした。いきなり泣いたり鼻にティッシュを詰められたりするエキセントリックな演技が世間的には受けるし、今求められているのでしょうが、その合間に見せるごく普通の演技が特に光っていたと思うのです。この次は落ち着きを備えた渋い大人の役を是非お願いしたいです。

それにしても、麻也子の「私だけが損をしている」「やっぱり私はツイてない」という思いグセは間違ってると思いませんか?だって夫通彦からは一途に思われ、別れた夫の航ちゃんは親身になってくれ、そのお母様にまで心配してもらえて、麻也子が一番愛されているんですから。
「愛されている方が強い」という言葉がありましたが、それでいくと麻也子は最強ですよ。でも本人は気付かずにまたフラフラしちゃうかもしれませんね。

ということはまた「不機嫌な果実たち」のその後を描けるかもしれません。また続編を作って欲しいです。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

来るぞ!

もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、嬉しいニュースです。

あの「不機嫌な果実」のスペシャルドラマが来年1月に放送されます

「不機嫌な果実スペシャル ~3年目の浮気~」

今年春の連ドラが大変好評で続編の希望が多かったため、スペシャルドラマが決まったそうです。
番組HPからはスタッフの熱の入れようが伝わってきます。否が応でも期待が高まります。
今回のSPドラマでは、麻也子たちの3年後を描くそうで、サブタイトルは「3年目の浮気」(笑)。新しい登場人物も加わりさらにドロドロになりそうです。

吾郎もコメントを寄せています。SPドラマが決まった時「来たな!」と思ったそうです(笑)。続編は視聴者の皆さんからの要望で決まるものなので嬉しい、とも。番組に感想や応援メッセージを送るのは本当に大切なんですね(反省)。
吾郎のあの振り切れた演技が次のお仕事につながったとすれば本当に嬉しいです。

番組HPはこちら
ユーモラスで本当に面白いサイトなので是非観に行ってください。そして応援メッセージも是非


拍手ありがとうございます



不機嫌な果実 最終回 (6/10)

全7話が短く感じられました。もう少し見たかったです。スタッフキャストとも全力で走り切りましたね。

通彦の実家へ挨拶に行ったものの母親の早苗に不倫である事をなじられ麻也子は追い返されてしまいます。この時通彦は「今まで僕のしたい事に反対した事ないのになぜ?!」と猛烈に反発。初めて子供っぽい一面を見せます。あれ?これは意外に困ったちゃんかな?と視聴者を不安にさせる演出が巧みでした。案の定通彦が航一と同様マザコンである事が判明。しかも母親に経済的な援助を受けていて、反対を押し切って麻也子と結婚した為援助を打ち切られ、結局麻也子が家計を支えることに…。(これなら経済力のある航一の方がマシだったんじゃないか…?)
そんな時麻也子は野村と再会。一緒に食事をして通彦の愚痴をこぼします。下心丸出しの野村に誘われますが、麻也子は野村にキスをし「おやすみなさい」とだけ告げて帰ってしまいます。もう遊ばれる女ではなくなったことだけは成長した点でしょうか。

再婚を反対されて帰ってきた麻也子に航一は「卒業証書だよ」と言って離婚届を手渡しセックスレスになった理由を告白します。それは愛し合っているの最中に麻也子が眠ってしまった事でした。「ごめん」と謝った傍から「そんな事で…」と麻也子が口を滑らせると航一の怒りが爆発!「君はどれだけ僕を傷つけるんだ!ひどい!ひど過ぎるよ!!」と喚き泣き最後にはヒステリックに笑い、今まで押し殺していた感情を履き出しました。でもその裏には麻也子へ愛があるんですね。今まで常軌を逸したk労働ばかりが目立ちネットで「キモイ」と言われた航一でしたが、このシーンで航一なりの理由があった事が分かりました。吾郎はここで航一のキャラを視聴者に納得させる演技をしたと思います。こんなにエキセントリックな演技なのにギャラにリアリティを持たせることが出来るなんて不思議でした。

そんな航一は久美に呼び出されます。航一は久美に「君が僕を愛してくれている事は分かるがもう少し待って欲しい」と言いますが、久美は航一のパジャマや歯ブラシなどを渡してさっさと別れを告げます。思いがけない展開に航一は久美を引き留めようとしますが久美に突き飛ばされ水たまりに突っ込んで泥だらけになってしまいます。久美は「女舐めんじゃないわよ!」と言い捨てて立ち去ります。この時の久美の爽快な顔と航一の暗い目の対比が面白かったです。泥だらけの航一は少しかわいそうだけどそもそも「別れよう」と言い出したのは自分ですからね。
といいながら最後は二人はよりを戻しラブラブに。しかも久美はあの航一ママとも対等に渡り合い泣かせてしまうほどの強さを発揮しています。久美は結婚はまだ考えていないようですが、二人は幸せになれそうです。

そして離婚寸前だった玲子にも意外な結末が訪れます。ブログに誹謗中傷のコメントを書きこまれたり夜道で後をつけられたりと不気味な出来事が続いていましたが、ある夜以前付き合っていた亮介に襲われます。その時身を挺して玲子を守ったのは離婚届を残して家を出ていた夫・茂でした。これがきっかけで玲子は茂に尽くすようになり、二人は本当に愛し合う夫婦になれたのです。ドロドロの不倫劇の中での微笑ましい結末にホッとしました。

愛し合うと言えば、このドラマは終わり近くで登場人物たちのベッドシーンを連続で見せるという思いきった演出をしました。肉食系の玲子に茂が食われるようなベッドシーン(六角精児さんのベッドシーンは貴重!)、Sっ気のある久美に耳を噛まれ「さいこー!」と喜ぶ航一と久美の可愛らしいベッドシーン、そして途中で眠ってしまった通彦を優しく見守る麻也子のベッドシーン。最後に視聴者に思いっきりサービスしてくれてありがとう!と言いたくなりました。

不倫をテーマにどろどろと展開してきましたが、最後はとても明るくカラッと終わったので純粋に楽しむことが出来ました。それにしても麻也子は変わらないというか進歩がないというか…ナレーションで繰り返された麻也子の独白「私ばかり損をしている」「やっぱり私はついてない」という思い方を変えない限りまた不倫をしてしまいそうな気がしました。そういう点では登場人物の中で一番危ないかも知れませんね。

私はこの「不機嫌な果実」というドラマには大いに感謝しています。吾郎のあんな泣き顔やこんな優しい声やそんなセクシーな背中を堪能できたのですから。放送開始前は麻也子の不倫の話だと思っていたのですが、いざ始まってみると航一も不倫していたので、麻也子と航一のW不倫の話でした。従って吾郎の出番も多くしかも物語のキーパーソンになっていました。近年の連ドラの中では脚本も面白く見応えがありました。吾郎の演技についてはtwitterでの反響も良かったようです。
連ドラは沢山の人に観てもらえるので、面白い作品で存在感のある役に巡り合えばそれだけ注目してもらえますね。今回改めてそれを感じました。
これからも良い連ドラのお仕事に巡り合えるといいですね。欲を言えば骨太の社会派ドラマで普通に真面目な役を演じる吾郎を見てみたいです。

DVD&Blu-RayBOXは10月19日発売だそうなので、今から楽しみです。


拍手ありがとうございます


不機嫌な果実 第6話 (6/3)

録画のリピを繰り返しているうちにもう1週間が経ってしまいました。

最終章と銘打っただけに事態は急展開。一番の見せ場トは航一と久美の不倫が麻也子にバレて、麻也子が完全に工藤に走るところでしたが、そこに至るまでに航一が麻也子の服を全部切り裂いて外に出さないと言いだしたり、それでも出ていこうとする麻也子ともみ合って頭を打ったり、果ては記憶喪失になったり、とまさか!な展開の連続でした。今まで麻也子に関心を示さなかったのに、麻也子が不倫した途端異様な執着を見せるのは異常ですが、一方的に愛されたい子供っぽい人なんでしょうか。麻也子に「愛してる」と言いさえすれば自分は何をしても許されると思い込んでいる節もありますね。しかし病院で目が覚めた途端に記憶喪失を装えるってすごいですよね(笑)。
麻也子は、航一の記憶がこのまま戻らなければこの先ずっと航一のそばにいるしかない、と暗い気持ちになります。航一を見舞った工藤も優しく穏やかな航一を見て、麻也子に別れを告げます。

夫・茂に突然出て行かれた麻也子の親友玲子は、麻也子の勤める弁護士事務所に茂が離婚の相談をした事を知り、なぜ教えてくれなかったのかと麻也子をなじります。「不倫しておいて今更だけど息子に会いたい」と泣く玲子を見てちょっと同情しました。案外茂と玲子が登場人物の中で一番まともかも…?

病院で麻也子は結婚コンサルタントの田中早苗という女性と知り合います。名取裕子さんが、ご近所に必ず一人はいる世話好きなおばさまの感じを絶妙に演じています。麻也子を優しく気遣う航一とかいがいしく航一の面倒を見る麻也子を見て早苗は「理想のご夫婦」だと褒めるのですが…。

一方久美は航一に「ゲームオーバー」と告げられても諦められず、隠し撮りした航一のベッド写真を持って航一の病室を訪ねます、写真を見せて「私と航一さんは愛し合っていたの、麻也子とは仮面夫婦で本当に愛し合っていたのは私となの。」と話しかけますが航一は「嘘だ」と逃げようとします。そりゃそうですよね、不倫の決定的証拠を久美が持っていたなんてショックでしょうから。ここで久美は不意に航一の耳に噛み付きます。航一はとっさにティッシュで耳をゴシゴシ拭きますが、これは以前からの航一の癖だったため、「航一さん、記憶戻っているんじゃない?」と久美に見破られてしまいます。「何言ってるんだ」と航一は慌てて打ち消そうとしますが、この言い方も昔の口調に戻っていて万事休す。そこへ麻也子がやって来て全てが明らかに…。麻也子は「これで楽になれる。さようなら」と病室を出ていきます。その後ろ姿に向かって「愛してるのに…愛してるのに」と号泣する航一。久美には一瞥もくれません。久美にとっては残酷な展開ですよね。この後どうなるのでしょう。

迷いがなくなった麻也子は工藤に一直線。離婚届けも出さないうちに工藤の両親に合う事に(いや、それは順序が違うから!)。そして現れた工藤の母親はなんと、あの早苗さん…!

これだけありえない展開が続くとドロドロが気になりません。むしろ楽しく見られます。それが制作側の意図だとすればこのドラマは成功していると思います。そして毎回吾郎の演技にインパクトがあって目が釘付けになります。この役に起用されたのは有難いですね。

実は毎回録画した映像を編集して吾郎の出演シーンだけを繋いだ「航一ダイジェスト」を作っているのですが、今回は出番が多いのでかなり長いものになりそうです。
そういう楽しみもふくめてワクワクドキドキが止まりません。今夜の最終回、しっかり見届けます。


拍手ありがとうございます

不機嫌な果実 第5話 (5/27)

麻也子と工藤がいよいよ一線を越えてメインストーリーが動き出した、と思ったら最終回が近づいてきました。もっと見たいなー。

で、一線を越えたのに「あれは事故だ」と思えてしまう麻也子は立派な不倫体質だと思います。野村との事といい、離婚した時用にキープ君と月に一度会って食事していた事といい、どこか甘えていますよね。

そんな麻也子を航一は携帯やお財布のチェックメールや電話への5分以内返信強要など度を越して束縛しますが、麻也子は「自業自得」と従うしかありません。麻也子の立場だとそうなりますが視聴者は航一も不倫している事を知っているので「自分の事は棚に上げてよくそこまでできるな」と呆れるわけです。
航一は久美への締め付けも忘れません。お昼休みに久美と会った航一は久美の妊娠が嘘だと見抜きます。「僕はそんなミスは絶対しない。それにそのピンヒール。妊娠した人がそんな靴を履くかなあ?」そして「このままだと別れなければならなくなる」と警告します。完全な上から目線ですね。航一は今までにも不倫した事があって遊びなれているのかなと思いました。
麻也子の親友で「不倫を楽しむ女」玲子の事態も急変します。今まで大人しかった夫・茂が弁護士事務所を訪ね、離婚の相談をしたのです。でも茂さんはこの事務所で妻の親友・麻也子が働いている事を知らなかったのでしょうか(謎1)。麻也子は玲子を久美の店に呼び出し、何もかも無くす前に男遊びを止めるよう忠告しますが玲子は聞く耳を持ちません。

一方久美は麻也子を週末にキャンプ場でのバーベキューパーティに誘います。航一はその日接待ゴルフなので麻也子一人で参加する事に。そこには何と工藤も来ていました。航一がいない気楽さからか工藤と打ち解ける麻也子。でもそれも久美の策略で、麻也子を工藤と二人きりにする一方、接待ゴルフ中の航一に電話して「奥さんを放っておいていいの?」と疑心暗鬼にさせます。結局航一はキャンプ場へ。麻也子と工藤が雨宿りの為に入ったロッジで服を脱ぎ最高潮のムードになっていると(この場面が長い)そこへ何と航一が!もう絶対見つかるだろうと思ったその瞬間、航一は何かに転んで髪の毛に蜘蛛の巣が絡みつき、「これだからアウトドアは嫌いなんだよ!」と捨て台詞を吐いて引き上げてしまいます。それにしても航一はロッジの中にいたはずなのに、一瞬後にはデッキで転がっていたのはなぜでしょう。何度リピしても分かりません。テレポーテーションですか?(謎2)

バーベキューで工藤と愛を確かめた麻也子ですが、航一の誕生日はお祝いしようとします。でもステーキ肉を持って工藤の家に行くかなぁ?しかも冷蔵庫に置き忘れるって…。しかも工藤も工藤で、その肉に嫉妬して捨てちゃうなんて…。麻也子と工藤を結びつける為にずいぶん無理をしている感じもありますが、工藤は現実離れした男なので、ステーキ肉に嫉妬しちゃうのかも…。

一方久美も航一の誕生日にに突撃します。夕方会社の前で待ち伏せし「付き合ってくれなきゃここで『この人と不倫してます』って叫んじゃう。」と脅して航一をレストランに連れて行き プレゼントを渡そうとします。しかし航一は「君はルールを破ってばかりいる。ゲームオーバーだ。」と告げてさっさと席を立ちます。「妊娠が本当なら良かったのに…。」と涙にくれる久美。こちらの不倫の方がヒロインの不倫よりリアルに感じるのは私だけでしょうか。

帰宅した航一は麻也子に電話しますが通じません。麻也子はついに携帯の電源を切って工藤へ走ったのです。何度もかけても通じず、航一は嫉妬と怒りを爆発させてテーブルをひっくり返しカーテンを引きちぎって暴れまわります。この迫力といったら!他の場面を忘れてしまうほどです。
このドラマでは毎回ラストに航一の見せ場があるので吾郎の演技が印象に残りますよね。嬉しいです。

しかし、久美も一方的に別れようと言われて引っ込むわけがありません。暗い部屋の中壁に沢山の写真を貼っています。それらは全て隠し撮りした航一の寝顔の写真。わーいつの間に撮ってたの?怖い!いや羨ましい!!その写真売って!!!


さて、今夜の第6話からいよいよ最終章に入ります。航一が記憶喪失になったり、工藤が麻也子をイタリアへ誘ったり、茂が家財道具一切を持って家を出たりと、怒涛の展開になりそうなので期待しています。


拍手ありがとうございます
プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる