真相は時の闇の中に (「信長のシェフ」 #8)

あっという間に最終回になってしまいました。その最終回でも光秀様は重要な役回りでした。

「本能寺の変」まではとても行きつけないだろうなと思っていましたがやはりそうでしたね。最終回は浅井長政攻めの話でした。こんな重要な事をなぜ一介の料理人に任すのか?というツッコミを脇に置いて見たらそれなりに楽しめました。それがこのドラマの良さですね。

で最終回の光秀様は完全にラスボスポジション。最初の登場が暗い夜道でケンと話すシーンですから。「黄泉の祠が開くときにそこに行けば平成に帰れる」と最初は優しく諭していましたが、徐々に「お前はここにいるべきではない。帰れ。」「お前は将来の事を知っている。目障りじゃ。」とどんどん怖くなっていきます。話し方が終始穏やか(癒しのエンジェルボイス♪)なので更に怖い。ケンに巧みに鎌をかけ、本能寺で自分が信長を殺す事も知ってしまいます。このシーンは迫力がありました。冷酷な目にしびれました。

結局ケンは黄泉の祠へは行かず信長の命令通りに浅井長政の下へ行き、説得の末お市の方と3人の娘たちを助け出したわけですが…。

最後、光秀様は「黄泉の祠の話は嘘だった」と明かします!「それでお前が黄泉の祠へ行けばそれだけの取るに足らぬ男。でも行かなかったという事は本当にわしにとって邪魔な男だという事だ。」と言ってなんと懐から短銃を!!ギャー怖い!と思った途端「バーン!」って…。何とお茶目な光秀様♪
しかし「この次お前と会う時はこの本能寺になるだろう」と不気味なお言葉を。本当にやるおつもりですか?(いややるんだけど)

光秀様とケンのこのシーンがドラマ全体のラストシーンだったので、光秀様の重要度は高かったのだなと思いました(出演時間はそんなに多くなかったかもしれませんが)。
問題は続編があるのかという事ですが、どうでしょうね…。最後にDVD-Boxの告知はありましたが、続編については神のみぞ知る・・・?

とにかくこのドラマで光秀様はなかなかいいポジションだったので、公式BBSには感想を書いて来ようと思います。
(実はまだ書きに行ってません、すみません。)


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

ついに光秀様が動く? (「信長のシェフ」 #7)

久しぶりに光秀様がお出ましになりました。しかも1時間ほぼ出ずっぱりでした♪

遂に足利幕府を倒して天下を取る決意を固めた信長様。その命を受けたケンが光秀様と共に京へ上がり、将軍足利義昭に料理を出すが将軍の怒りを買ってしまう…というお話。将軍足利義昭の追放にケンの料理を絡めてなかなかスリリングな展開でした。
そして何より魅力的だったのが、光秀様のミステリアスで上品な佇まい。光秀様は大変な知将だったそうですが大きな黒い瞳が輝くと確かに知的に見えます。
信長様の意図を知って不敵にほくそ笑み、戸惑うケンを見てなぜか楽しそうに笑うかと思えば窮地を救い、ケンが信長様と自分の未来をどれくらい知っているのか探りを入れ…、実に様々な表情を見せてくれます。
そして最後には信長様に「御館様はケンに頼り過ぎではありませんか?」「ケンは危険な男です」と進言しますが「嫉妬はお主に似合わぬ」と信長様の怒りを買ってしまいます。おおいよいよ信長様と光秀様の対立が?本能寺の変への布石が打たれたのでしょうか?
来週が最終回というのは早すぎますが、どういう結末になるのか期待してみたいです。本能寺の変まで行くとすればかなり詰め込まなければなりませんが…。

今回私のツボだったのは光秀様がケンを掴んで障子戸を破って将軍の館から逃げ出すシーンでした。普通に障子戸を空けて逃げるのではなく、わざわざ障子戸を派手に破ってジャンプするところが映画の「ダイ・ハード」みたいで(笑)楽しかったです。


拍手ありがとうございます

光秀様再来 (「信長のシェフ」 #1 7/10)

ついさっき「主役はいい!」と言いながら、今度は脇役を絶賛します(笑)。
主役も脇役も出来るのが役者稲垣吾郎の強みですから。

「信長のシェフ」が帰ってきました。今シリーズは木曜の19:58スタート。めでたくゴールデンタイムに昇格です。
光秀様は最初に甲冑姿で現われました。かっこよすぎです。いきなりこれで登場するなんて萌え死にます!
主人公ケンに「御館様(=信長)の命を狙っている敵は外だけではないぞ。中にもいる。」と謎めいた言葉をかける光秀様。ケンはその言葉が頭から離れなくなってしまいます。
次に光秀様が登場したのはちょうどドラマの真ん中あたりでした。ケンが未来から来たなら、自分たちがこれからどうなるか知っているはずだとケンに鎌をかける光秀様。さすが切れ者です。
「歴史は変わる。いやこのわしが変えてみせる。」と呟きケンが顔色を変えると、「ほう、やはりわしは歴史に名を残すようだな。」と興味を示します。
前回のシリーズでは信長の家臣らしく振舞い謀反の気配は見せなかった光秀様ですが、今シリーズでは初回にして既に何やら怪しい気配がします。もう心の中で謀反を企てている感じもします。
ラストシーンで信長が比叡山焼き打ちを家臣たちに命じるのを廊下で聞いた光秀様は
「仏の罰が当たらなければよいが…。いや、当たるだろうな。たぶん。」と意味ありげな微笑みを浮かべます。
光秀様、もうお心は決まっているのではないですか?

初回2時間スペシャルでしたが、光秀様の出演シーンは僅か4分程。でももっと長く出ていたように感じました。存在感があるからでしょう。(ファンの贔屓目も入っているかも知れませんが。)
今回のシリーズで本能寺の変まで行くのかが気になるところです。


本能寺の変と言えば、今日(正確には昨日)の大河ドラマでもやっていて、信長役は江口洋介さん、光秀役は春風亭小朝さんでしたが、私の脳内では及川ミッチーと吾郎に変換して観てしまいました


拍手ありがとうございます

「信長のシェフ」 #7

第1話以来久しぶりです。第3話くらいまでは録画して見ていましたが、ここ3週間位見ていなくてすみません。
でも!今回は麗しい光秀様を沢山拝見出来て本当に嬉しゅうございました。
(しかもストーリーにもほぼついて行けたので良かったです…。)

主君信長様の為に京都で将軍家と折衝し情報収集するのが光秀様の御役目。だから、信長様と敵対する石山本願寺の僧・顕如や裏で糸を引く将軍・足利義昭とも堂々と渡り合います。この姿が知的で凛々しくて素敵です。
前半のクライマックスは光秀様と顕如とが対峙するシーン。実は顕如の下には、主人公・ケンの恋人・瑤子がタイムスリップしてきていて、顕如は瑤子から「明智光秀が織田信長を殺す」と聞いていました。石山本願寺の明け渡しを求める光秀様に対して、言葉巧みに味方に引き入れようとする顕如。二人の腹の探り合いは緊迫感に溢れて手に汗を握りました。
顕如を演じるのは市川猿之助さん。猿之助さんと吾郎の対決シーンが見られるなんてすごく贅沢です。猿之助さんはいかにも怪僧らしい凄味を効かせ、吾郎は涼やかな美声で知的な気品を醸し出していました。このシーンは何度でもリピしたいです。

後半のクライマックスは何と言っても信長様と光秀様のシーンです。京に上洛した信長様を玄関先に飛び出してきて出迎える光秀様。目をキラキラ輝かせて微笑む光秀様の可愛らしいこと。しかしこの場所が本能寺と聞いて、信長の料理番のケンは焦ります。このまま「本能寺の変」が起きてしまうのではないかと心配したケンは、二人が打ち解けられるようにときりたんぽ鍋を作り、一つの鍋を二人でつつく事で親睦を深めてほしいと勧めます。光秀様は「とんでもない」と固辞しますが、信長様は「良いではないか、光秀をねぎらう料理なのだから」と言って自ら中身を取り分け光秀にふるまいます。保守的な光秀様と新し物好きな信長様との性格の違いがはっきり分かるシーンですが、何より稲垣光秀様と及川信長様の美しさが圧倒的で、このシーンは額に入れて飾っておきたくなりました。

でも、これだけで終わらないのが稲垣光秀様のすごさ。料理を終えて台所でホッとしているケンの所に乗り込み刀を突き付けて、将来自分が信長を討つ事を知っているのだろうと詰問します(そもそも瑤子サンがあんな事を言うからこんなややこしい事態に…)。しかし「未来が分かっている人生などつまらない」とそれ以上の追及をやめ、その代わりにケンと瑤子の関係について尋ねます。「知っています。一緒に働いていました。」とケンが認めると「それだけか?お前の嫁ではないのか?」と質問する光秀様。瑤子が今は「顕如の女」になっていると告げ「切ないのう」と溜息をつきます。
光秀様はそれだけではなくタイムスリップについても調べていました!さすが知将です。ケンと瑤子の秘密を知っている光秀様はこれからどう動くのか?(最終回までにまた出番はありますよね?)

今回吾郎は顕如や信長を接する時とケンと接する時とでは全く演技を変えています。前者ではオーソドックスな時代劇の演技、後者では現代人風の演技です。台所の柱に寄りかかって「アンニュイ吾郎」を発動したのには笑ってしまいましたが、これは演出家の愛あるお遊びですね。

ケンと瑤子の将来を案じる事は出来ても、自分の将来は分からない光秀様…。
切ないのう。


拍手ありがとうございます


「信長のシェフ」 #1

初回を観た感じはライトノベルの味わいでしょうか。
平成のシェフが戦国時代にタイムスリップするという、ありえない設定で上手に遊んでいる感じがしました。週末ゆったり寛ぎながら気軽に楽しめるドラマです。
夜中に美味しそうなものがいろいろ出てくるので、食欲を抑えるのが大変ですが(=禁断の深夜グルメ)。

明智光秀役の吾郎は今回「特別出演」なので出番は少ないかと思いきや、初回では意外と出番が多くて嬉しかったです。のっけからこのセリフにしびれました。

「本当は首を取りに来たのだろう?御館様の」

声の響きがきれいで意味ありげでカッコよくて、私は胸がドキーンとして倒れそうになりました。セリフ回しが現代風で言葉遣いが軽いのはこのドラマの雰囲気に合わせているのでしょう。
時々浮かべる意味ありげな表情からは、既に謀反を考えているようにも見えます。
この次いつ出演するかはまだ分かりませんが(おまかせ録画の我が家のレコ機が録画予約していないので、来週の出演はなさそうです)また光秀様にお会いしたいです。

主演の玉森くんは頑張っていますがもう少し思い切り演じてもいいのかな、と思いました。段々役になじんできたら印象も変わる気がします。信長役のミッチーさんは予想通りの安定感で迫力がありました。今度は是非光秀をいじめていただきたい!(笑)


拍手ありがとうございます



プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる