Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » CATEGORY … 「ハングリー」

「ハングリー!」 (終)

最終回の感想を一言で言うと
「惜しい!先週で終わりにして良かったのに…」
となります。ある程度予測はついていましたが、あそこまでグダグダになるとは…。

「お前はフランスで頑張れ、俺たちは日本で頑張る」とカッコいい事を言った賢太と剛は結局麻生コーポレーションで2週間しか続きませんでした。30歳にもなって職場でのストレスやセクハラに上手く対処できず逃げてしまうのが情けなくて、まずここで萎えてしまいました。更に2人を見て英介のフランス行きへの決意が揺らぎ、最後には麻生に土下座(この古臭さにも違和感がありました)してフランス行きを断ってしまう…。
スケールが小さい!情けない!折角才能があって応援してくれる人もいるのに、それを伸ばして多くの人を喜ばせようとは思わないのか?!オバサンはガッカリしたよ!
そう言えば私の娘(今ではもう社会人)が以前「私の大学でも留学はおろか海外旅行にも行きたくない、って人は結構いる」と言った事があります。「ハングリー!」の主人公たちの内向きな姿勢は今のこんな若者の気質を反映したのかも知れません。

それに比べて麻生時男は器が大きいです。何しろ英介に向かってこう言ったのですから。
「僕はね、君と一緒に、食でこの日本を変えたいんだよ。」
わーっ麻生時男は海原雄山かと思ったら実は坂本龍馬だった
更に賢太と剛については「あの2人が辞めた事は知っているよ。1カ月はもたないと思ったが…。彼らの分まで君が頑張るんだな。」落ちこぼれてしまった2人をダメな奴とは言わず、「その分まで君が頑張れ」と英介を励ます。素晴らしい上司だと思いました。こんな上司の下で働きたいです、ハイ。
ああ、それなのにそれなのに英介ときたら…。唯一の救いは英介が時男の目を見て「ホントに感謝してる。色々全部、アンタのお陰だ。」とお礼を言った事。ここでは英介の成長を感じる事が出来ました。
私は英介にフランスへ行って欲しかったです。フランスで超一流の技術とセンスを身につけた上で、誰でも気軽にフランス料理を楽しめる店がやりたいと決意してカジュアルなフレンチレストランを開く、という結末なら良かったのに。
何となく続編が作れそうなラストシーンでしたが、正直続編は作らなくていいです。
それより、親の手料理もロクに食べた事がない麻生時男がどうしてあれだけの素晴らしい味覚を持ち、どうやってあそこまでのし上がったのかというスピンオフを見たいです。

考えてみるとこのドラマの中で麻生時男は唯一ぶれなかった人物です。そして中盤以降は時男がストーリー展開の軸になっていきました。多分企画段階では時男はもっといやらしくてずる賢い男に設定されていたのでしょうが、実際のドラマの出来あがりや視聴者の反響を見ながら時男の役割を修正していったのではないかと思います。吾郎ファンとしてはその点が有難かったです。

最終回の見どころは何と言っても時男と英介の最後のシーン。
「フランス行きをキャンセルさせて欲しい」と英介に言われ思わず笑い出す時男。そこから「笑うな!」とブチ切れ、「後悔するぞ。こんなチャンスは2度とない。」と英介を睨みつけた時の怒りに満ちた怖い顔。英介を追い出した後涼しい顔で「久しぶりに怒ったら腹が減った。先ずは食事だ。」と優雅に微笑む表情。全てが完璧でため息が出ました。
吾郎が演じたキャラクターとしては「ブルドクター」の名倉先生より「ハングリー!」の麻生時男の方が私は好きです。

役者さんのなかでは塚本高史くん(賢太)と三浦翔平くん(拓)が印象に残りました。塚本くんはかなりのキャリアがあって演技が上手かったです。三浦君は前半のチャラい感じと後半の真剣に千絵に恋する純情な感じとが上手くマッチしていて光っていたと思います。CHEMISTRYの川畑要くんは今回が俳優デビューでしたが頑張ったと思います。どのシーンにも自然に溶け込んでさりげなくセリフを言えたのが良かったです。歌で培った表現力なのでしょう。これからドラマのオファーが増えるのではないでしょうか。

色々突っ込みつつも楽しい3か月でした。何より麻生時男という魅力的な人物に出会えた事に感謝します。
スタッフ・キャストの皆さんお疲れさまでした


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

ハングリー! ⑩

いやぁ、良かったです。本当に感動的な最終回でした…って違うんですよね。最終回は来週ですから。でもストーリーが良く出来ていたので、このまま終わってしまうのでは…?と思った位です。

時男から英介への「プロポーズ」の条件は、英介を2年間フランスの一流店で修業させる、帰国したら軽井沢に新しくオープンするレストランの料理長にする、店の名前は「ル・プティシュ」にする、英介が2年間修業している間、賢太と剛を麻生コーポレーションの社員として雇う、と全てに申し分のないものでした。どうしてここまでするかというと「僕は君の料理の味を忘れられなくなってしまった」「最初は認めたくなかった、あんな男に心を奪われてしまったなんて。でも…」「僕の負けだ」と時男は英介の才能にほれ込んだ事を熱を込めて語ります。しかし…これ、最初の言葉を聞かなければ、明らかに誤解される言い方ですね(笑)。実際たまたま通りかかった「ガステレア」の女性従業員2人がこの会話を聞き英介の手を取る時男を見て、ショックを受けて帰ってしまいます。このあたりの吾郎のコミカルな演技は見ものです。

「ハラペコキッチン」では睦子が「あと13人お客が来れば、この店の300人目のお客になる」事に気付きます。(この「13」と「300」という数字は映画「十三人の刺客」にちなんだものですよね?)そこで英介たちは料理とお酒とデゼールのサービスを決めますが(サービスし過ぎでしょう!)、その300人目のお客はなんとお店にしている倉庫の家主で英介に立ち退きを迫ります。しかも調味料を持ち歩き、料理の味も見ずに調味料をかけまくる味覚オンチ(味覚障害?)の為、折角の英介の料理の素晴らしさも伝わりません。しかたなく英介達はお店移転の為に物件を探して回りますが、どうしても見つかりません。
英介の父親は立ち退きの話が時男の差し金ではないかと疑い(このお父さんとしてはなかなか鋭い)時男に会って正しますが時男は知らないと言います。「貴方は僕を悲しい人間だと言いました。その通りです。でも僕は何度生まれ変わっても同じ生き方を選びますよ。」この場面での時男は悲しさと強さがにじみ出ていてすごく素敵です。最初は悪役だった筈がどんどん魅力的になっています。
一方賢太と剛は店の移転が事実上不可能な事、時男の示した条件が申し分ない事、そして何より時男が英介がシェフとして成長する様応援している事を考え、時男の「プロポーズ」を受けるべきだと英介に諭します。
英介は時男に連絡し、プロポーズを受けると伝えます。その時の時男の目の優しさに私はクラッとしてしまいました。「人生はたいてい食パンの様な普通の日だが、ハムの日も辛子の日もある。でもどんなに辛くても辛子も噛みしめなければならんのだ。」という映画のセリフをひいて英介を激励する時男。このシーンがまるでフランス映画の様で、思わずウットリしました(何しろイケメンの2ショットですし)。今回は時男が登場するシーンが全て素敵で、このまま最終回になればいいのにと思った位です。
英介が「ハラペコキッチン」を閉めた所で今回は終わりましたが、来週はどうなるのでしょうか?
今までの話が全部罠で、時男がまた悪役に逆戻り、なんて結末だけはいやですよ!


拍手ありがとうございます

「ハングリー!」 ⑨

最近このドラマを見るのが本当に楽しいです。後半になってグッと盛り上がって来たのを感じます。
吾郎が出演した連ドラの中で、久々に「好き!」と胸を張って言えるドラマになって来ました。

今回のメインは賢太の結婚と、英介vs.柏木の料理対決。「ハラペコキッチン」でのレストランウェディングと料理対決を一緒にやってしまう、という力技ですが、見てみるとそんなには違和感はなかったです。
注目すべきは柏木の独り相撲(笑)。オーナーの時男が英介の料理を食べて以来様子がおかしい。マシュロンからは連絡が来なかったし、このままでは時男に見捨てられるのでは…との不安から「前へ進めなくなってしまった」柏木。そんなに時男が必要なのでしょうか?時男を英介に取られると焦っているのでしょうか?いえ、「オーナーじゃない、自分の問題だ」と柏木は言いますが、どう見てもその焦りの原因はオーナーでしょう(笑)。
最初は全然相手にしていなかった英介ですが、柏木が対決を申し込んできた日が、賢太のレストランウェディングの日だと気付くと、対決を受けて立ちます。つまり柏木にも料理を作らせようと言う訳です。
一方時男は柏木の変化にちゃんと気付いていました。夜中に厨房で料理の研究をする柏木を見て、何かあると感じ取るあたりはさすが有能な経営者と言う感じがします。
そしてウェディング当日、柏木は自分が利用されたと分かって激怒しますが(気付くのが遅いですよね)、時男の提案で、招待客の投票で料理対決をする事に…。

二人の料理対決は結局引き分けになり、時男はウェディングの主役、花嫁にどちらの料理が良かったか尋ねます。
彼女が選んだのは英介のでも柏木のでもなく、夫賢太が作った前菜の「サーモンのリエット」でした。大好きな人が作ってくれた手料理が一番おいしい、と言う訳です。それを聞いて柏木も何かが吹っ切れたらしく、英介と握手をして帰っていきました。

後日英介は「ガステレア」を訪ね、料理の費用を時男に手渡します。すると時男は「僕の所に来ないか?」と思いがけない事を言いだします。「これはプロポーズだよ。僕と一緒に働いて欲しいんだ。」と切り出す時男の真意は?

今回の見どころは「雪の中にたたずむ時男」と「フランスに電話する時男」でしょう。雪の中廃業した美術館を下見し、買い取る事を決めるシーンですが、雪の中でたたずむ姿が実に絵になっています。乗っている車のナンバーが「17-56」なのも嬉しいです(笑)。そして麻生食育スクールの廊下でフランスに電話する時男。勿論フランス語を喋ってます。これも実にさまになる。惚れ惚れします。しかしこの2つのシーンは重要な伏線ですね。新しく開業する店のシェフに英介を迎える、そして英介をフランスへ留学させるつもりでしょう(予告にそんなシーンがありました)。柏木を首にして英介を「ガステレア」のシェフにするつもりではなさそうです。
英介の性格からすると最終的に断りそうな気がしますが、どうなるか楽しみです。

昨日から関東では再放送が始まって、第1話を見たのですが、時男は1話と今とではキャラが変わってきています。第1話では本当にえげつない悪役と言う感じですが、段々「嫌みなヤツだけど本当はいい人かも?」と思わせるキャラになって来ました。どうやら時男は敵味方をはっきり分け、敵はつぶすが味方は守る人の様です(柏木への接し方を見ているとそう感じます)。時男が英介を敵と思っているか味方にしたいのかはまだ分かりませんが、時男には不思議な魅力があって、それがこのドラマの鍵を握っていると思います。
「これはプロポーズだよ」という時男のセリフにtwitterが一時色めき立ちましたが(笑)、
「propose (動詞)=提案する」
と言う意味ですから、この場合は辞書通りの使い方なんですね。

ところでネットで「料理対決が43対43で引き分けるのはおかしい」という指摘を見ました。詳しい数字は忘れましたが、招待客は30人で3回投票したから43対43では数が合わない(更に途中からまりあが加わっている)、本当は英介は負けていたのではないかというのです。「棄権した人がいた」「司会の拓がとっさの判断で引き分けと発表した」等の解釈がされていますが、皆さん細かいところまで観ているんですね。


拍手ありがとうございます

「ハングリー!」 ⑧

前回英介と仲間たちの間に溝が出来てしまいましたが、今回はお互いに仲間の大切さを痛感して再び一緒にやろうと決意する話。これも良くある展開です。

時男に店をけなされ「自分の店を一流の店にする!」と意気込んだものの賢太と剛に出て行かれてしまった英介。残った者だけで店を回すと意地を張りますが、睦子と拓から「賢太と剛がいたから今までやって来られた」と言われ凹んでしまいます。
一方「ガステレア」では、柏木シェフが時男が店に現れない事に不安を感じていました。マシュロンから星を貰えなかったので時男から見捨てられたのでは?と疑心暗鬼になります。
英介はバンド時代のマネージャー白山から、ロックフェスの審査に通ったからプロデューサーに会ってみるようにと言われます。実は賢太がその連絡を受けていたのですが、剛を外す事がデビューの条件だった為独断で断っていたのでした。英介がロックで成功する事をどんなに強く望んでいたかを良く知る賢太は、もう英介と一緒にやっていけないと覚悟します。
英介の店には賢太の婚約者とその両親、農業少女千絵の友達などお客が沢山来ててんてこ舞いになりますが、「ガステレア」のシェフ東が厨房を手伝ってくれて何とか営業を終えます。東は美学が徹底している「ガステレア」を素晴らしい店だと褒めますが、同時に華子の「ル・プティシュ」の親しみ易さも懐かしいと言い、「いい店を作りましたね、坊っちゃん」と励まします。英介は「いい店」とは何かを改めて考え始めます。
ロックか料理かで迷う英介の前に時男が現れ、「本当に一流のシェフになるなら、彼らと離れて正解だ」と不敵な笑みを浮かべます。そしてなぜか「うちの厨房に来て一緒に飲まないか?」と誘います(←これ、どう見ても口説き或いはナンパです)。
「ガステレア」の厨房で時男は、英介の料理を食べて以来卵かけご飯やお湯を入れて3分のカップ焼きそばやカレーなどの安っぽい料理ばかり食べたくなったと告白します。それが子供時代の時男にとってご馳走だったのです。そして、青い卵が手に入ったから見せたいと英介を冷蔵庫へ連れて行きますが、なぜか扉が閉まってしまい…。

今回の見どころはズバリ2か所。時男が自宅で一人で「オ~シャンゼリゼ♪」と歌いながら、卵かけご飯を作って食べるシーン。いつもは優雅な佇まいの時男がクールにガツガツと卵かけご飯をかき込む姿は意外でもあり、セクシーでもあり(腐)。部屋の大型TVで流れるジャン・ギャバンの「望郷」と卵かけご飯のギャップが最高です。それにしても豪華そうなのに殺風景な部屋ですね。それが時男の本当の姿なのかも?
そして何と言っても「ガステレア」の冷蔵庫に閉じ込められた英介と時男のちょっと怪しげな展開(誤解されそうな表現ですみません)。英介は賢太や剛やまりあに片っ端から電話しますが皆気が付きません。そして携帯の充電が切れ、2人は完全に閉じ込められてしまいます。その時時男が「体を寄せ合おう」と言って英介を抱きしめます。そして英介の耳元で、親に捨てられた事、3日間飲まず食わずで死にかけた所を保護され施設に送られた事、保護された時警察のおじさんがくれたおにぎりが本当に美味しかった事などを語ります(この時時男はなぜか微笑んでます!)。「いっそ君も僕のものにならないか?」(更に誤解を生みそうな言い方です!!)と引き抜きをしようとする時男に英介は、自分は賢太と剛と拓と一緒にやりたい、バンドでも料理でもそれは同じだ、と言って断ります。そこへ携帯の着信に気がついた賢太と剛、安全装置が作動していない事に気付いた「ガステレア」の女性スタッフが駆けつけて2人は助け出されます。
それにしても時男の英介に対するツンデレには毎回萌えます。英介と2人きりの時には不思議な親愛の情を示そうとするのに、一方で英介の店は妨害しようとします。今回も「すまない、さっきはちょっと酔っていた」「君の為に言っているんだよ」と言う時は時男の肩の力が抜けて、表情も声もリラックスしています。時男は英介に心を開いています。でもレストラン経営者としては、ライバル店は潰さなければいけない。時男は自分の中に矛盾を抱えているように見えます。賢太と剛と仲直りをする英介を見て「また熱い友情か」とバカにしたように立ち去る時男。でもその背中が寂しそうに見えて、それがまたたまりません。
そうかと思えば千絵の父親の農園にやって来て、「ここの野菜を全部我が麻生コーポレーションに売って欲しい」と持ちかける時男。英介の店が仕入れに困る様に工作する様ですが、さてどうなりますか…。

脚本も演出も全体的に少女漫画チックですが、麻生時男の人物造形に関しては今までの所良く出来ているように思います。自分の美学を貫く一方で卵かけご飯にがっつく一面もある。親に捨てられた寂しさや孤独を抱えながらここまでのし上がるには虚勢も張っているのでしょう。ひねくれた性格の憎まれ役ですが、色々な面をもった深みのある人物になっているので良かったです。繰り返し言いますが、悪役ではありません!

3月になり、残りあと3回。どういう展開になるか楽しみです。


拍手ありがとうございます

「ハングリー!」 ⑦

前回の予告でストーリーの展開は予想できていましたが、今回は小休止の回だったみたいです(時男としては)。
一流の店を目指そうとする英介がやや空回りしてしまい、仲間たちとの間に溝が出来るという話。連ドラの中盤によくある展開ですね。
さらに、英介達のバンドが実はロックフェスの審査を通過していたという事実も発覚し、二重の意味で英介は試練に立たされそうです。賢太と剛と拓はやはりロックへ戻っていくのか?英介はこれからどうするのか?気になります。

そして時男はさんざんけなした筈の英介の事が頭から離れなくなったようです。「あの料理の味が舌から離れない」というのは胃袋を掴まれたという事ですね!英介の料理を食べて恋をしてしまった農業少女千絵と同じレベルですか?!そんな時男の様子を見て柏木シェフは焦りを深めます。フランス・リヨンのレストランで働いていたのを時男に引き抜かれ、あの若さで「ガステレア」のシェフを任されるというのは大したことだと思うのですが、その柏木ですら恐れをなす英介の才能って…?

今回の見どころは夕暮れの並木道(イケメン2人に似合いすぎる場所)での時男と英介の会話。相変わらず英介をバカにする時男ですが、英介は動じることなく、時男が自分の足りない所を指摘してくれた事に感謝します。先週と違って感情的にならない所に英介の成長が感じられます。時男は余裕の笑みを浮かべていますが内心は穏やかではないはず。来週はまた時男が動き出すようなので目が離せません(というより、あの次週予告は何なのでしょう)。

英介の恋愛について関心はないのですが、恋人のまりあがなぜあそこまでシェフを嫌がるのかは気になります。もしかしたら暴力をふるっていた元カレがシェフだったりして?

ちょっと残念だったのは後半の展開。開店前のお店の中で乱闘するのも、そこに黙って入って来た時男がこれまた黙って人参をかじっているのも現実離れし過ぎです。先週の脚本がとても良く練られていただけに、今週またマンガチックなストーリー展開に戻ってしまったのが惜しかったです。
でも一番の突っ込みどころはマシュロン(笑)の覆面調査員。どう見てもバレバレで覆面ではありません!今度来るときはもう少し普通の格好で来て下さいね(また来そうな気がするので)。


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む »