Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » CATEGORY … 「ブルドクター」

「ブルドクター」 最終回

北京WS祭りは続いておりますが、この辺でそろそろ「ブルドクター」最終回の感想をあげます。

武田教授の秘密をめぐって二転三転のストーリーはなかなか面白かったです。連ドラにするよりも、ボクサー変死事件からの物語をコンパクトに纏めて単発ドラマにしたらもっと盛り上がったかも知れません。
武田教授が、娘美亜の腎臓移植の時に起きたドナー(妻)の死を隠して移植手術を行った事が謎の核心でした。縄文字代議士がどうしてそれを知ったか?という疑問は脇に置いておいて、武田教授は脅迫をはねのけて全てを明らかにすると決意した為に命を狙われ、更には武田教授殺害に失敗した縄文字代議士の秘書奥山も自殺に見せかけて殺される…。
こう書くと、血なまぐさくて怖い話の様に思えますが、そこは珠実先生と知佳が主人公なので味わいはあくまでも軽くてさっぱりしています。2人が縄文字代議士の悪事を暴いて一件落着、のストーリーになるはずですが、ここで大どんでん返しが。事件を解決したのは実は名倉先生だったのです!!(ええーっ?!)

武田教授の後任として関東医療センター死因究明室の室長に就任した名倉先生はこれ以上ないほど胡散臭さがいっぱいです。縄文字代議士に取り込まれたように見えましたがしかし!
奥山秘書の死因に疑問を抱いた名倉先生は、縄文字代議士に言われた通り死体検案書に「自殺」と書く一方で縄文字代議士との会話を録音し、それを証拠として警察に提出したのです。考えて見れば名倉先生は脅迫される理由はないのですからそうして当然ですね。警察を正式に動かして、奥山の遺体を解剖する手続きもしていました。となると珠実先生と知佳がご遺体を奪って違法に解剖したのは全くの暴走だった事になります。逮捕されるのも当然、家に帰った珠実先生がお母さんにぶたれるのも当然。
武田教授が逮捕され名倉先生が教授になって1年後に珠実先生が帰って来ます。名倉教授が准教授として招んだのです。名倉教授は珠実先生の能力は認めていたのですね。でも「あたしの好きなやり方でいいってこと?」とドヤ顔をする珠実先生に「ここの教授は僕です」と釘を刺す事も忘れません。ここの名倉教授は本当にカッコ良かったです。
そして名倉先生と知佳の恋愛も大どんでん返しが!名倉先生が子供の頃母親に駈落ちされ、それ以来人に心を開けなくなったと告白したのです。父親が働けなくなって不遇な子供時代を過ごした名倉先生がどうして今はあんなセレブな部屋に住んでいるのか?という疑問は脇に置いておいて、知佳の前ではばかることなく涙を流す名倉先生の美しいこと美しいこと!そして二人は…ってベッドでしっかりTシャツ着込んでいるなんてケシカラン!(←取り乱して失礼しました)

珠実先生と知佳の漫才のような掛け合いでドラマは終わりましたが、これは続編が作れそうな終わり方ですね。このドラマでは珠実先生と知佳がぶつかり合いながら最後はいいコンビになりましたが、続編では名倉教授と珠実先生がぶつかり合いながらいいコンビになる話が見たいです。珠実先生が名倉先生をどう思っているかは分かりませんが、名倉教授は珠実先生の良い所は認めているのですから。この二人の関係が変わっていく物語を見たくなりました。

最終回でカッコいい名倉先生が大活躍して満足!続編希望!という感想で締めくくります。
スタッフ・キャストの皆さんどうもお疲れさまでした♪


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

「ブルドクター」 #10

毎週楽しみにしているこのドラマも残す所後2回。いよいよ盛り上がって来た、筈なのですが。

ストーリーについては、今回は最終回へのつなぎの様な展開だったので、来週の最終回と纏めて感想を書こうと思います。それ位今回は感想が書きづらいです。
名倉先生は段々俗っぽい小物の様に描かれてきていますが、そうなる理由が分からない。教授の椅子に目がくらんで、死因隠蔽の黒幕縄文字理事長に取り込まれた事になっていますが、その間の過程が全く出て来ませんでした。これは来週明らかになると期待しておきましょう。そうでなければ暴れます。
知佳との恋愛についても良く分からなくなって来ました。ドラマ前半では知佳がいわゆる「都合のいい女」の様に見えていましたが、今や名倉先生の方が知佳の「都合のいい男」になってしまっています。知佳の思い込みで付き合い始め知佳の思い込みで終わってしまったのでしょうか。名倉先生は知佳のヴァーチャル恋人ですか?でも名倉先生は本気で知佳の事が好きなのですよ。それに気付かずに「もう終わりだ」と一方的に宣告してしまうのは勝手じゃないですか?「目が覚めた時僕の隣にいて欲しい」と名倉先生に言われた時逃げ出してしまうなんて、中途半端な肉食系女子ですよね(どうせなら肉食系を極めて欲しかった…)。
それから珠実先生の夫の高広さんの趣味が歌舞伎!という設定はあまりに奇想天外でひっくり返ってしまいました。36時間連続勤務をするほど超多忙な外科医の息抜きにしてはレベルが高すぎる!日舞ならまだ分かりますが歌舞伎はありえないでしょう。大体この大事な時期にどうしてこんな設定を入れたのか、脚本家の橋部さんに聞いてみたいです。

今回はツッコミばかりになりましたが、来週全てがスッキリ解決する事を願っています。


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む »

「ブルドクター」 #9

早いもので9月になりました。今年も残り1/3。でもまだ楽しい事は沢山ありますね♪

「ブルドクター」は先週からサスペンス色が強くなり、ストーリーは面白くなりました。でも今までの人物造形が弱い分、見ていても感情移入しきれないです。

武田教授の不正が明らかになって来て、珠実先生が真相に迫ろうとするのは分かりますが、今までの強引過ぎるやり方を見ているのであまり珠実先生に共感出来ないのが難点です。一方の名倉先生は教授の座を餌に黒幕に取り込まれそうな気配が…。このままでは武田教授の二の舞になってしまうのでしょうが、今の時点では武田教授の不正に気付いていないので仕方がないですね。わざわざ名倉先生を愚かに見せようとしていませんか?多分珠実先生が真相を暴いて結果的に名倉先生を救うという展開になるのでしょうね。武田教授も「大達先生は貴方の助けにもなる方だと思います」と言っていましたから。
名倉先生と知佳の関係はほぼ破局へと向かっているようです。知佳の目線で二人の関係を描いているので名倉先生が悪いように見えますが、知佳にも落ち度はあると思いますよ。名倉先生が「朝目が覚めた時僕の隣にいて欲しい」と言ったのにさっさと帰ってしまった事とか、自分の言いたい事を言って席を立ってしまった事とか。もう少し落ち着いて名倉先生の話を聞いてあげればここまでこじれなかったかも知れません。
更には珠実先生と高広さんにも夫婦の危機が。珠実先生が留学している間に高広さんは自由を満喫してしまったのかも知れません。このくだりは私は身につまされました。私の父が単身赴任していた時期があり、父も母も自分のペースで生活するのが身についてしまった為に戻って来てからお互いに大変だったのを見ていたからです。「どうして言ってくれなかったの?」「どうして分かってくれなかったんだ!」という科白にはそれぞれの性格が表れていましたね。でもこの夫婦は結局丸く収まりそうですね、珠実先生は正しいんですもの(←毒)。
武田教授は殺されてしまうようですね。そして脅迫メールを送っていた法歯科医の八代先生も追い詰められて自殺しそうですし、どうなるかが気になります。

でも残り2話で名倉先生の出番はあるのでしょうか?(←気になるのはそこ)


拍手ありがとうございます


【お知らせ】2つ前の記事「Memo(関東)」にTV出演情報を追加しましたのでご覧下さい。

「ブルドクター」 #8

今までは1話完結形式でしたが、最終回に向けて連続形式になりました。物語の軸はもちろん武田教授の秘密。一気にサスペンスドラマになりました。最初からこうした方が視聴者は盛り上がったかもしれません。

それにしても今回は皆が子供っぽく見えてしまいました。武田教授の「好きにやって良い」という言葉を真に受けて好き勝手やってしまう珠実先生も、「僕の事が好きならいつでも僕の味方でいてくれよ」と声を荒げる名倉先生も、本音をぶつけようとして途中で切り上げて帰ってしまう知佳も。
名倉先生と知佳は本音をぶつけ合おうとする程すれ違う様で、このままでは別れてしまう予感がします。でも自分をさらけ出すのが怖くて子供じみていても名倉先生は逃げてはいない気がします。知佳ももう少し踏み込んで名倉先生と向き合えばいいのに。公式サイトの予告を見た感じでは、これから名倉先生も大きな力の影響を受けそうなので、知佳が本当に味方してくれることを願います。
ボクサーの不審死の謎を解明する為、武田教授の許可なくご遺体を解剖してしまった珠実先生。いくら「好きにやって良い」と言われていても、教授が許可しない解剖を強行したのはまずかったですね。他の大学を紹介するのが普通じゃないですか?まあ、武田教授が嘘の書類を書いていた事を外部の人に暴かれるよりはましなのかもしれませんが、退職届を出せばいいというものでもないでしょう。武田教授は不正に手を染めて自分では身動きが取れないので、法医学教室を変える為に珠実先生を呼んだのかも知れません。もちろん珠実先生がそんな事を知る由もありませんが。
夫への気遣いが足りないのも気になります。夫より妻の方が忙しい時もあるでしょうが、何をしているのかきちんと話して分かってもらう必要があると思います。そうでないといくら優しい夫でもいつか爆発してしまうのではないでしょうか。
一方武田教授を脅している人物像が明らかになって来ました。脅迫の実行犯として今回初めて羽場裕一さんが登場。「先生は怒っておられます」と言っていましたから、その「先生」なる人物が脅迫の黒幕なのでしょう。そして、ラストシーンでは階段から落ちて血を流している武田教授の姿が!武田研究室の雰囲気も疑心暗鬼になっていくようですし、名倉先生は教授の座を狙っていますからどう動くか注目です。
名倉先生は武田教授の娘美亜に接近し始めましたね。美亜を味方につけておこうという考えなのでしょうか。すごく優しいですよね。何を考えているか分からない名倉先生ですが、あの麗しい笑顔になら騙されてもいい!(←バカ)
今回、武田教授親子への私の見方が少し変わりました。今までは腎臓移植を受けた美亜が心配で武田教授が美亜を自分の手元に置いているのだろうと思っていましたが、もしかしたら逆かも知れません。つまり、美亜が自分のお父さんの様子が変だと気付きいつもそばにいるのではないかと。

TV Fanの番組表によれば最終回は9月14日。あと3回でどう話が展開し纏まっていくのか楽しみです。


拍手ありがとうございます

「ブルドクター」 #7

いよいよ分からなくなって来ました、珠実先生の正義感が。
今回は夫の高広さんが執刀した患者さんが1週間後に容体が急変して亡くなり、ご遺族が医療ミスを疑う話でしたが、「死因究明こそがご遺族を納得させる事が出来る」と珠実先生は警察が立ち合う司法解剖をご遺族に勧める。それは当然夫が被疑者になる事を意味しますが、それでも珠実先生は怯まない。珠実先生が法医学に転向した理由は結婚して子供が出来たからだけではなく、自分の父親が亡くなった時に医療ミスが疑われたのにそれを究明できなかったからですが、今回の珠実先生はその私情を随所に挟みまくった感じです。
名倉先生の解剖所見に異議を唱え(それ自体は悪い事ではないですが)、運び出されたご遺体を強引に病院に戻して再解剖を要求するあたりから、司法解剖の目的がすり替わった様に感じました。ご遺族が知りたいのは「医療ミスがあったかどうか」の筈なのに、珠実先生は「再解剖して首の骨を切開してみなければ本当の死因は分からない」と言い張る。いったい何のための司法解剖なの?と私は思いました。
そして本当の死因が分かった時、ご遺族は自分を責める結果になってしまいました。これでご遺族が救われるのか疑問です。すごくモヤモヤした気分が残りました。
そんな中で名倉先生がご遺族に死因をきちんと説明したシーンがとても良かったです。私情を挟まず、かといってご遺族を突き放さず、分かりやすく説明する態度はとても誠実でした。こういう一面を見ると名倉先生は根はいい人なのだろうと思います。
一方気になるのが高広さん。妻の思いがけない行動にわだかまりが残ったのは明らかです。今後夫婦関係がどうなってしまうのか心配です(珠実先生がその事を全然気にしていないので尚更…)。

それとは関係なく(?)名倉先生は美しくカッコいい。萌えポイントは沢山ありました。
武田教授を脅す時の名倉先生(後任の教授に自分を、という要求は平凡ですが)。自分の解剖所見をめぐって珠実先生と議論する名倉先生。術着を着てフェースガード付けた解剖室での名倉先生。そしてそして「今夜うちに来て欲しい。朝目が覚めた時隣にいて欲しい」と言って知佳を抱き寄せる名倉先生。ああ、もう全て素敵です!あの大きな漆黒の瞳をいつまでも見つめていたい!(←腐)
期待のベッドシーンは本当にベッドに寝ているだけ(しかもTシャツ着用・笑)でしたが、これから知佳との関係がどう進展するか(或いは後退するか)楽しみです。

それと武田教授を脅迫している人物ですが、名倉先生ではないようですね。メールを送りつけるのはあまり賢いやり方ではない気がします。証拠として残りますから。じゃあ誰が何のために?来週以降謎が解明されるようなので注目したいです。


拍手ありがとうございます