FC2ブログ

「ばるぼら」@東京国際映画祭 (11/3)

IMG_0088 (2) IMG_0098.jpg
そして昨日六本木のTOHOシネマズで「ばるぼら」を観ることが出来ました。チケット争奪戦には敗れましたが偶然譲っていただけて幸運にもワールド・プレミアに入れたのです。aさん本当にありがとうございます。


映画の感想は後にして、まず上映後の手塚眞監督のQ&Aの内容を簡単に紹介します。ノートを取ったわけではないので印象に残った部分だけになってしまいますがご容赦下さい。

Q. 手塚治虫作品の中で「ばるぼら」を映画化しようと思った理由は?
A. 父は30年前に亡くなったのですが、そのとき既に僕は映画を撮っていて、映画にしたいと思った父の作品がいくつかありました。その中から選んだのが「ばるぼら」です。
Q. 企画して完成するまでにどれくらい時間がかかったのか?またキャスティングの決め手は?
A. この映画の企画は6年前に始まりました。台本を作って色々な役者さんの所に持って行きましたが、内容を見ると皆さん尻込みされてしまった。最後に稲垣吾郎さんと二階堂ふみさんに声をかけたところすぐに「やります」とお返事を頂きました。そして最初の面談の時に「何か内容的に困っていることとかありませんか?」と訊いたところお二人とも「全くありません」とはっきりおっしゃいました。だから撮影の時も言い争いになるとかは全然なく、和やかに進みました。僕はベッドに横たわっているお二人に「よーい、スタート」と声を掛ければ良かった。ただ、お二人のシーンがあまりに美しいのでカットをかけるのが遅れてしまいがちになりました。
Q. クリストファー・ドイルさんを撮影監督に起用した理由は?
A. この作品に登場するばるぼらはお酒が大好きなミューズですが、クリストファー・ドイルさんはお酒が大好きでミューズも大好きなので、この作品を撮るならドイルさんだと思いました。そこで台本ができるとすぐ英訳して送りました。すると「これは撮りたい、自分が撮らなくてはいけない」とお返事がきました。撮影はなるべくクリストファー・ドイルさんの意図を尊重しました。「今日は丸一日あげますから好きなように撮ってください」と言ったこともありました。それで出来上がったのは僕の思った通りの映像でした。この映画は二階堂ふみさん、稲垣吾郎さん、クリストファー・ドイルさんの3人が主役の映画と言ってもいいかもしれません。

エロティシズムというとネガティブに捉えられることもあるけれど、デジタル化された今の時代に人間の肉体同士のふれあいをたくさん描きたかった、これはシンプルな愛の映画です、と手塚監督はおっしゃいました。
また来年中には一般公開します、とのこと。今はいつとはっきりとは言えないけれど、来年中には日本中で見られることになりますので、その時には是非周りに宣伝してください、と監督からのお願いもありました。その時が待ち遠しいですね。


ではここからは私の感想です。まだ原作を読んでいないので見当外れの部分があったらすみません。またネタバレしてしまうかも知れないので、一応折ります。


拍手ありがとうございます

続きを読む »

スポンサーサイト



東京国際映画祭いよいよ開幕♪

いよいよ明日(28日)から東京国際映画祭が開幕します。
まずは映画祭の花、レッドカーペットの日です!
明日15:00から、この模様はネット中継されます。

詳細はこちら

明日吾郎は「THE TRAD」の生放送ですが、それが終わってから駆け付けてくれますよね?去年のレッドカーペットの華やかさが目に焼き付いているので今年も期待しています。
とりあえず明日夜のニュースと明後日朝のWSは要チェックかも知れません。

そして11月1日(金) 0:30~1:00 (=30日深夜) NHK-BSPで「映画の祭典!第32回東京国際映画祭」という番組もあります。去年もありましたが、上映作品とその見所を紹介してくれる楽しい番組ですので、観られる方は是非チェックしてください。

いやぁ、本当にワクワクドキドキしてきました!


拍手ありがとうございます



「ばるぼら」が待ち遠しい

台風19号の被害は時間が経つにつれその大きさが明らかになってきています。冠水や停電・断水だけでなく、未だに孤立している地域もあるそうで心配です。どうか皆さんが安心して暮らせますように。

さて、東京国際映画祭のコンペティション部門に選出されている「ばるぼら」について、徐々に情報が出てきています。
今日は東京国際映画祭のサイトに手塚眞監督のインタビューがアップされました。これを読むと手塚監督が吾郎を信頼して演技を任せてくださったことが分かります。撮影監督のクリストファー・ドイルさんとの仕事ぶりも興味深く、早く観たくてウズウズしています。
さらに、手塚監督は大林宣彦監督の「海辺の映画館 キネマの玉手箱」に出演されたそうで、ここでも吾郎と接点がありますね。こちらもとても楽しみな映画です。

発見に満ちたクリストファー・ドイルとのコラボレーションと不変の創造性:手塚眞監督『ばるぼら』公式インタビュー
(東京国際映画祭ニュース)

私は普段は舞台などで「初日に観なきゃ!」とはあまり思わないのですが、今回この「ばるぼら」だけは東京国際映画祭のワールド・プレミアで是非観たいと思っています。チケットは取れなかったのですが、ギリギリまで探してみるつもりです。


拍手ありがとうございます

スクリーンで半世界

今日キノシネマ立川さんで「半世界」を観てきました。公開最終日なので、私がスクリーンで絋さんと会うのはこれが最後になるかも知れません。そう思うと1シーン1シーンが全て愛しく感じられました。
今回は登場人物の眼差しに注目して観ました。改めて感じたのは、皆眼差しが温かいということ。至らない点があったり、時に荒れたりしても、皆いい人ですよね。だから見終わった時ほっとする。本当に良い映画です。
吾郎がこの作品に出会えた事は幸せだと思います。そして吾郎のおかげこの作品に出会えた私も幸せです。

家に帰れば「半世界」のブルーレイが届いています。スクリーンの余韻に浸りながら、先ずは特典映像から観ようと思います。


拍手ありがとうございます

「凪待ち」と「半世界」

Kinocinema横浜みなとみらいさんで「凪待ち」と「半世界」を2本続けて観てきました。
「半世界」は1週間限定上映なので、「凪待ち」と2本立てで観られる貴重な機会です。

実は「凪待ち」を観るのは今日が初めてだったので、なかなかの衝撃を受けました。慎吾演じる郁男は「明日が来るから仕方なく生きているギャンブル依存症男」。そのダメな感じが慎吾の全身から放たれていて怖くてしかも愛しかったです。孤独を抱えたもの同士が何とか寄り添って生きていこうとするラストにかすかな光を感じました。
一方惜しいと感じた部分もあります。犯人が分かると「なぜ?」という思いが色々湧いてきてモヤモヤしてしまいました。そこの部分が脚本で上手に回収されてないのではと思います。

その点「半世界」ではそういう齟齬は感じないので脚本が緻密に練られているのだろうと思います。
こちらを見るのは5回目か6回目かなので気持ちに余裕を持って観ていましたが、今回初めてある疑問を持ちました。それは
「紘がいなくなった後、瑛介と光彦は会うことがあるのだろうか?」
ということです。
というのも、この3人が集まる時は紘が瑛介と光彦に声をかけているんですね。正三角形のように見えて瑛介と光彦の繋がりは少し弱いような気がします。
だからバス停で別れる時光彦が瑛介に
「また会おうな」
と声をかけるシーンがいままでで一番重く感じました。

映画って観る度に発見があって良いものですね。
しかし流石に今日は疲れたので寝ます。
おやすみなさい。


拍手ありがとうございます

プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、SMAP大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は26年目になります。
彼らがいつかまた集まりたいと思った時そうできるように、彼らがそれぞれ今いる場所で益々輝いていってほしいと願っています。
だから「SMAP大好き」という気持ちも「新しい地図の3人の活動を応援する」気持ちも私の中では同じ一つの思いなのです。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②「稲垣吾郎オフィシャルブログ」、twitterアカウント @ingkgrofficial も必見!
③「ゴロウ・デラックス」再開熱望!

メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる