「われは知る、テロリストの かなしき心を」

久しぶりにSMAPと関係のない話題について書きます。

この記事のタイトルを見て驚いた方がいらしたらすみません。これは石川啄木の「ココアのひと匙」という詩の冒頭の一行です。
最近2本の映画をレンタルで見て、この詩を思い出しました。

沢田研二主演 「太陽を盗んだ男」 (1979年)
高倉健主演 「新幹線大爆破」 (1975年)

2本ともテロリストを主人公にした映画です。
70年代の日本を舞台にしながら21世紀の今にも通じる何かを持った作品だと思います。

「太陽を盗んだ男」は平凡な中学の理科教師が東海村の原発からプルトニウムを盗んで原爆を作り、日本政府を脅迫する話。しかし自分が何をしたいのか分からないため「巨人戦のナイターを試合終了まで中継しろ」とか「ローリングストーンズの日本公演を実現させろ」(メンバーの大麻所持歴を理由に当時の日本政府は入国を許可しなかった)とか、支離滅裂な要求を出し、結果的に政府と警察は翻弄されてしまいます。
主人公を追う警視庁の刑事役を先日亡くなった菅原文太さんが演じています。クライマックスシーンでの二人の死闘は圧巻ですが、(ありえないだろー!)という位荒唐無稽な展開になっていきます。
刑事は主人公の理科教師が自分自身を殺したいと思っている事を見抜きます。最近言われる「社会的自殺」の為に原爆を作ったのです。そして、最後は理不尽かつ謎めいたシーンで終わります。
「新幹線大爆破」は東京から博多に向かう新幹線ひかり号に「時速80km以下になると爆発する」爆弾が仕掛けられるという話です。(こう書くとキアヌ・リーヴス主演の「スピード」(1994年)を思い浮かべる方も多いと思いますがそれより20年近く前の作品です。)高倉健さんが主犯役でなぜ犯行に及んだかという背景も描かれていますが、「止まれなくなった新幹線ひかり号から1500人の乗客をどうやって救出するか」により力点が置かれています。
この乗客救出劇が手に汗を握るスリリングなもので、素晴らしい娯楽映画になっています。思わぬハプニングが連続して起こり救出計画はなかなかうまくいきません。運行指令長(宇津井健さん)とひかり号運転士(千葉真一さん)との緊迫したやり取り、パニックに陥る乗客たち、仲間が次々と死んでいく中淡々と計画を実行していく犯人…(とにかく健さんが渋い)。一時たりとも画面から目が離せません。上映時間が約2時間半と長い作品ですが、あっという間に終わる感じです。

70年代のファッションや街の風景などは今とまるで違いますが、そこに描かれている人間の姿は今の私たちに近いものがありそうです(今の若者に理解できないシーンもあるかも知れませんが)。
娯楽作品として面白いのは「新幹線大爆破」ですが、私が好きなのは「太陽を盗んだ男」です。でも「新幹線大爆破」は日本よりも海外でヒットしたそうですから、見て絶対損はしないと思います。

何より、どちらの映画も公開されて40年くらいたっても色褪せないところが素晴らしいです。
お勧めです。


拍手ありがとうございます



スポンサーサイト

The Magical Mystery Tour / The BEATLES

SMAP関連の感想も滞り気味なのに、全然関係のない話題ですみません。
でも一応記録として残しておきたいのです。

数日前の深夜にフジテレビで放送されたビートルズのテレビ映画「The Magical Mystery Tour」を見ました。
私はビートルズ世代ではありませんが、従兄弟が大のビートルズファンで、家に遊びに行くと色々と聞かされたので次第に好きになりました。「The Magical Mystery Tour」のアルバムも持っています(CDで)。

1968年12月26日にイギリスBBCで放送されたこの作品は、抽象的で断片的なイメージをつないだ文字通り不思議な雰囲気の映画です。「The Magical Mystery Tour」をいう行き先不明のバスツアーに参加した乗客たちが不思議な体験をするというストーリーに一応なってはいますが、実際には収録曲のビデオクリップを最低限のストーリー映像で繋いだ感じの作りになっています。正直クリスマス向きの番組ではないので、当時評判が良くなかったのも頷けます。

しかし楽曲の素晴らしさとそれを表現する斬新な映像(CGのない時代によくこれだけ幻想的な映像が撮れたものだと感心します)、当時のファッション、イギリスののどかな田園風景、とどこをとっても面白いです。
ビートルズを知らない若い方でも楽しめるはずなので、機会があれば是非見て下さい。


拍手ありがとうございます

「THIS IS IT」

今日見て来ました。平日の昼間なのにお客さんはいっぱい。見に行かれる方は早めに出掛ける事をお勧めします。
感想を一言で言うと、

「やっぱりマイケルは最高!」

見ているとこれがリハーサルだという事を忘れる程、マイケルの歌とダンスは素敵です。観客がまだ見た事のないものを見せたい、というマイケルの想いがバンドメンバーやバックダンサー達に伝わり、みんなで最高のショーを作るのだという情熱があふれていました。
ステージでのリハだけでなく、会場のモニターに流す映像の撮影風景も登場します。「スリラー」の3Dフィルムも撮影していましたが、本番ではどんな感じになったんでしょう。ライブが実現できなくて一番残念に思っているのはマイケル本人だと思います。

中居くんも言っていましたが、2度3度と見たくなる映画です(終わった時私の周りでも同じ事を言っている人がいました)。でも2週間限定だからなかなか難しいかも。
中居くん、この映画から得たものを次のSMAPライブに生かして下さいね。楽しみに待っています。


拍手ありがとうございます
以下お返事

続きを読む

「幸せはシャンソニア劇場から」

シルバーウィークも今日で終わり。たまには映画でもと思い、an・anで吾郎がお勧めしていた「幸せはシャンソニア劇場から」を見て来ました。

フランス映画からイメージする軽妙でお洒落な映画かと思ったら、ストーリーやテーマは重厚で人生の悲哀と喜びを織り込んでいて、見ているうちに色々な感情を揺さぶられました。世界恐慌から第2次世界大戦を挟んだ時代背景もあって、様々な苦労が降りかかりますが、その中で主人公ピグワルとその周りの人々が決してめげずに彼らの愛するシャンソニア劇場を守りショーを続けようと奮闘する姿に勇気を貰いました。田舎から出て来てシャンソニア劇場のスターになる歌姫ドゥースと20年家に引きこもっている“ラジオ男”との意外なつながりや、ピグワルと彼と離れて暮らすことになった息子ジョジョとの愛情など、人と人との強い絆が美しかったです。
そして全編に流れる音楽が素晴らしい。特に後半のショーのシーンは圧巻でした。眼を射る様に眩い光の中で明るく歌い踊る主人公達が最高!です。
この後ピグワルには人生最大の危機が訪れますが、最後にはささやかながらも幸せに暮らしていきます。
ほろ苦い事や辛い事も色々あるけれど、諦めずに前に進んでいけばきっと良い事がある、と思わせてくれる心温まる映画でした。


今日行ったシネコンでは「BALLAD」が人気でチケットが「残少」になっていました。
一昨日のスマスマでも字幕が出ましたが、原作者の臼井儀人さんのご冥福をお祈りします。


拍手ありがとうございます

「ヱヴァンゲリヲン・新劇場版 序」

娘に録画を頼まれたついでに初めて見ましたが、面白かったです。

主人公の碇シンジは本当は人類を守るヒーローの筈なのに、父親に愛されていないという疎外感と自分は要らない人間だという劣等感のかたまり。全編を通じて「いやいやながらやらされている感」が伝わってきます。
そんなシンジが操縦するヱヴァンゲリヲン初号機が、地球を攻撃する使徒を破壊できるのは暴走、つまりシンジの心の抑制が外れた時です。14歳のシンジがなぜヱヴァのパイロットに選ばれたのかはまだ謎ですが、もしかしたら自分の感情をコントロールできる大人では操縦できないのかも知れません。
ヱヴァのデザインもユニークで、なで肩(?)で手足がひょろ長く、力強い感じがあまりしません。シンジのイメージと合っています。
そして、緑の山と古めかしい家並みが並ぶ昭和の様な東京と地球防衛基地である第三新東京市が一つに混在する風景も、シンジの混沌とした心を表している様です。
シンジとは違い感情を全く表に出さず、淡々とヱヴァ零号機に乗り込む綾波レイの過去も全くの謎ですが、これから明らかになるのでしょうか。

明日公開の第2部「破」を映画館へ見に行くかどうかは分かりませんが続きは気になります。


拍手ありがとうございます
プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる