FC2ブログ

「LIFE LIFE LIFE 人生の3つのヴァージョン」 (4/29 マチネ)

当日券を持っていませんでしたがどうしてももう一度観たくなり、劇場へ行ってキャンセル待ちの列の後ろに並んだら、奇跡的に入ることが出来ました。入れたのは開演数分前で順番は最後から2番目でした。思い切って行動して良かったとも思いますが、無謀な事には違いなく結果オーライに過ぎないので、この方法を皆さんにお勧めはしません。

幸運なことに、今日は前回と反対側の席だったので、前回見えなかった演者の表情や仕草が見えて、物語をより深く理解できたのではないかと思います。どの場面とは言いませんがイネス(大竹さん)とソニア(ともさかさん)の顔が怖い!それに比べユベール(段田さん)とアンリ(吾郎)の男性陣は無防備ですね。
「あなたの奧さんはあなたの全てをお見通しですよ」
と世の男性に伝えたいです(笑)。
特にアンリは一番物事が見えていない感じがしました。【1】では鬱病と言われ、【3】では双極性障害(躁鬱病)のように描かれていますが、とにかく自分の出世のことしか考えていない。だからユベールにつけ込まれあしらわれるわけです。そして【3】の最後で突然ユベールにこびへつらうソニアも怖い。最後、アンリとソニアはの穏やかに抱き合いますが、あの後どうなるか想像すると背筋が冷たくなります。
でも台詞や動きはユーモラスで思わず笑ってしまいます。そのバランスが絶妙で原作を読みたくなりました(英訳はあるようですね)。

「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」の再演がなくなったのは残念でしたが、その代わりにとても素敵なお芝居に出会えて良かったです。

ささやかですが良かったことをもう一つ。私の後に着席できた方(最後に入れた方)は「ここ(シアターコクーン)が好きで時々見に来るので今日も来てみた」そうで、特に出演者のファンではないとのこと。
「そういう方に観ていただきたいんです」
と私はちょっと熱くなってしまいました。4人とも素晴らしいこと、私は吾郎ファンで吾郎はとても良い舞台役者であることを開演前の1分くらいでお話ししました。隣の席だったので上演中何回か横目でちょっと見てみたら(こら)、大竹さんの演技で大笑いしていましたが、最後の方では吾郎の演技でも笑っていました。
これをきっかけに役者稲垣吾郎を好きになって頂けると良いなと思いました。


拍手ありがとうございます


スポンサーサイト

「LIFE LIFE LIFE 人生の3つのヴァージョン」

おはようございます。

昨日(9日)のマチネを観てきました。
13年前の「ヴァージニア・ウルフなんてこわくない?」と同じ座組、同じ空間。舞台の周り360度を客席が囲み、2組の夫婦の赤裸々な会話をのぞき見するような感覚でした。

不思議なお芝居です。同じ登場人物、同じ設定で微妙に異なる3つの物語が展開します。
天文学者アンリとキャリアウーマンの妻ソニアが6歳の息子を寝かしつけるのに苦労していると、突然アンリの上司ユベールとその妻イネスが訪ねてきます。家に招待したのは翌日のつもりだったアンリ達は大慌て。家に上げたもののほとんど残っていないフィンガーチョコとチーズキューブでもてなしますが、4人の会話は思わぬ方向に・・・。

第1幕はまず手の内を全部見せるというのでしょうか、お芝居を構成する要素を全部見せるので、なかなか賑やかです。子育ての方針、アンリの大学での立場(かなり良くない)、アンリとソニアの夫婦関係、ユベールとイネスの夫婦関係・・・。面白いのは自分のパートナーを相手夫婦にけなされると反論するのに、一瞬後には自分が自分のパートナーを攻撃するところです。夫婦でかばい合っているように見えて、実は4人が4人とも自分が言いたいことを言っているだけ。それが言葉のバトルロワイヤルみたいで面白かったです。
第2幕、第3幕になると、趣が変わって、人間の醜さや孤独が前面に出てきます。夫婦の間に秘密があって、「この後どうなってしまうんだろう?」と怖くなりました。でも全体のトーンは軽妙なコメディで、「ヴァージニア・ウルフ~」のようにグサグサ胸をえぐられるような感じはしませんでした(私は)。
台詞一つでも言う人が変わったり、状況が変われば意味合いが変わる。手品を観ているみたいでした。

特に今回嬉しかったのは吾郎とともさかりえさんが13年前に比べてとても良い役者さんになっていたことです。「ヴァージニア・ウルフ~」は読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞した素晴らしい作品でしたが、そこから更に成長したことを実感できたのは同じ座組でお芝居をしているからでしょう。
今回吾郎は眼鏡&お髭で学者さんの感じを出しています。でも13年前と雰囲気が変わらない、というか若返ってませんか?

フランスらしい軽妙で毒のあるお芝居を楽しみました。観に行けて良かったです。


拍手ありがとうございます

【緊急】「LIFE LIFE LIFE」本日12:00より先行先着販売

おはようございます

突然のお知らせですが、本日12:00(正午)よりチケットぴあで「LIFE LIFE LIFE」のプリセール(先行先着販売)があります。
この時刻にアクセスできる方はチャンスです。皆さんチケットが取れますように。

詳しくは チケットぴあ をご覧ください。


拍手ありがとうございます

「LIFE LIFE LIFE」情報

おはようございます
吾郎の舞台「LIFE LIFE LIFE」に関する情報が発表されました。

日程は4月6日(火)~4月30日(土・休)です。

シス・カンパニーのHPは こちら
シアター・コクーンのHPは こちら

今回もチラシが素敵です。荒れた部屋の写真からただならぬ気配が漂っていて、何が起こるのか早く観たくなります。
映画「半世界」の公開もファンミもまだなのに・・・と思いますが、舞台の発表って本当はこれくらい前にあるのが普通なんですよね。
どの日に行こうか、大体決めました(笑)。


拍手ありがとうございます

「No.9 -不滅の旋律-」を観てきました

自分の覚え書き用にざっくりとした感想をまとめておきたいと思います。

今回、私は2回観ることが出来ました。1回目は11/27(火)マチネ(赤坂ACTシアター)、そして2回目は12/23(日)マチネ(KAAT神奈川芸術劇場)です。
1回目は1階席の比較的前方、役者の目線とほぼ同じ高さだったので役者の表情がよく見え、2回目はS席でしたが中2階だったので遠くから舞台全体が見渡せました。
3年ぶりの再演でまず驚いたのが、吾郎が完全にベートーヴェンになりきっていたことでした。3年前の初演の時は後半の老け役をちょっと努力して作っている感じがしたのですが、今回は最初から最後まで自然に見えました。良い意味で年相応になったのでしょうか。「ベートーヴェンが生きた56歳まで演じたい」と吾郎はゲネプロ取材で話しましたが、これなら絶対出来ますよね。
ベートーヴェンの自分の才能に対する自信、成功への野心、その一方で周囲と摩擦を起こしなかなか理解されない焦り・・・。それらすべてを吾郎が全身全霊で表現するこの舞台は吾郎の当たり役であり、是非ライフワークにして欲しいです。特に狂気の一歩手前まで行きながらマリアの献身的な愛(恋愛要素がないのが良い)で正気に戻ってくるクライマックスでは涙が出てきました。
今回カンパニーに加入した剛力彩芽さん。初めて生で見ましたが顔が小さい!可愛い!それでいて気の強そうな感じがあってマリア役にピッタリだと思いました。そして立ち姿や動きがきれいですね。ダンスをしているからでしょうか(←ダンス万能説再び)。長谷川初範さん、羽場裕一さんのベテラン勢もパワフルで引き込まれました。主人公の性格のせいで人間関係がギスギスするシーンが多い中、岡田義徳さん演じるアンドレアスは穏やかな常識人で安らぎを与える存在になっていました。

私はお芝居を観るのが元々大好きなのですが、劇場という空間(建物)も好きだということに最近気づきました。なので今回同じ演目を違う劇場で観られる事にワクワクしていました。
赤坂ACTシアターは都心のおしゃれな劇場で19世紀のウィーンの華やかな雰囲気に相応しく(たぶん)、KAAT神奈川芸術劇場は芸術表現を追求した機能的な劇場のように感じました。驚いたのはKAATの音の良さ。最初の効果音からして響きがきれいで感動しました。この芝居では吾郎が様々な音色の声で話しますが、劇場の音の良さもあって、さらに吾郎の声に深みが出ていたように思います。

私の観劇はこれでおしまいですが、公演は来年1月の久留米公演までまだまだ続きます。最後まで無事に完走できますように。吾郎とカンパニーの皆さん頑張ってください。


拍手ありがとうございます
プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、SMAP大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は26年目になります。
彼らがいつかまた集まりたいと思った時そうできるように、彼らがそれぞれ今いる場所で益々輝いていってほしいと願っています。
だから「SMAP大好き」という気持ちも「新しい地図の3人の活動を応援する」気持ちも私の中では同じ一つの思いなのです。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②「稲垣吾郎オフィシャルブログ」、twitterアカウント @ingkgrofficial も必見!
③「ゴロウ・デラックス」再開熱望!

メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる