終わり、そして始まり

今年も今日一日を残すだけになりました。文字通りあっという間の一年でした。
まるで悪夢のようで早く覚めて欲しいと思う反面、もしSMAPが夢なら覚めないでほしいという気持ちもあります。
複雑な気持ちです。

番組の感想は年が明けてからゆるゆると上げていこうと思っています。今は買ってきたベストアルバムを聴いたり、MV集「Clip! SMAP!」でデビュー直後の可愛い少年SMAPを愛でたりしています。ベストアルバムのdisk1の$10~ダイナマイトの流れはまるでクラブDJのリミックスみたいにかっこよくてテンションが上がります。SMAPの曲は初期の頃から洗練されたサウンドだったことに改めて気づきました。

もう昨日になりますが朝日新聞にファンが出資した「SMAP大応援プロジェクト」という広告が載りました。SMAPへの感謝と応援と込めたメッセージと出資した方のお名前が、なんと、8ページ!これは朝日新聞のクラウドファンディングというシステムを使って広告料を広く募ったものです。7日間で1万2千人以上が申し込み出資金は4千万円にもなったそうです。しかし8ページの広告料は本当なら2億8千万円かかるそうで、今回は破格のお値段で出せたわけです。。朝日新聞の報道には色々な意見がありますが今回のクラウドファンディングには感謝です。

「SMAP大応援プロジェクト」広告の画像(1ページ目)はこちら (このページから順番に次のページへ行けます)

最後のページには東日本大震災復興支援財団への支援金の呼びかけと口座番号も載っています。ファンがSMAPの思いを引き継いでいければいいですね。この事も含めてファンの応援の声がSMAP5人に届いてほしいです。

吾郎の個人活動に限って言えば、今年は充実していたと思います。舞台「恋と音楽FINAL」連ドラ「不機嫌な果実」映画「少女」、レギュラー番組「ゴロウ・デラックス」と色々なジャンルで楽しませてくれました。
そして年明け早々、1月6日と13日に「不機嫌な果実スペシャル 3年目の浮気」が放送されます。ラジオで吾郎は「この役は嫌いだけど好き」と面白い発言をしました。とても張り切って演じたようなので楽しみです。

来年以降吾郎を取り巻く環境がどう変わるのか全く予測がつきませんが、これからもしっかり声を出して応援していきたいと思います。

今年一年当ブログにお越し下さって本当に有難うございます。
来年は良い一年になりますように。


拍手ありがとうございます

スポンサーサイト

いよいよ年末

気が付けばクリスマス・イブ
でもゴロデラの感想もスマスマの感想もすっかり滞っています。
今年の年末は今まで以上に何もする気になれません(年賀状も書いていません)。
時間を止めたいんでしょうか。

そんな中、昨日新宿と渋谷に行って、SMAPの衣装展示を観てきました。どこも賑やかで来ている人はみんな嬉しそうで、でも押し合うでもなくお互い譲り合って静かに写真を撮っていました。毎年赤坂サカスのSMAP SHOPで見られた風景です。スマショよりスペースが広いせいか皆さんゆったりした感じでした。店内ではSMAPの曲がヘビロテされお祭り気分でした。少なくとも悲しい感じはなかったです。
新宿と渋谷のタワーレコードにはファンが自由に書きこめるノートが何冊にもなっていました。パラパラめくっただけでも皆さんの熱い気持ちが伝わってきました。

録画だけしてまだ見ていないのですが、一昨日のゴロデラは「こち亀」の秋本治さんがゲストでした。その秋本さんの新作「BLACK TIGER」(ブラック・ティガ―)に特別に吾郎が登場させて頂けたそうなので、掲載誌の「グランド・ジャンプ」2017年2月号を早速買いました。「ゴローを探せ!」とよく見たら…いました、あんなところに!(笑) 読んだ皆さんは見つけられたでしょうか。
番組の感想は後日になりますが、秋本先生有難うございました。

出るのか出ないのか色々憶測が飛び交いましたが、紅白歌合戦にSMAPが出ないことが正式に発表されました。まあ、予想通りの結果でしたね。そもそも期限までに返事をしないジャニーズ事務所の非常識さに呆れます。そんな事をすれば普通取引停止になるでしょうに。


拍手ありがとうございます

特別な誕生日の独り言

今日で当ブログを始めて8年が経ちました。いってみれば当ブログの誕生日です。
しかし今年は良くない意味で特別な誕生日になってしまいました。

今年1月13日を発端とする一連の出来事について、私はメディアで伝えられる情報以上の事を知りません。つまりここで何を書いても私の推測、または私の思いでしかありません。でも気持ちの力は強いので、今日はそれを押さえつけずに書いてみようと思います。
つまり独り言です。

芸能は夢を売る商売とよく言われますが、1月13日の分裂解散報道とそれについてのジャニーズ事務所の対応、そして18日のスマスマ生放送での5人の謝罪はファンの夢を壊してしまいました。原因は何であれ、裏で何が起こったのであれ、表向きは華やかな夢の世界を守ってほしかったです。
その後3月12日の「明日へコンサート」(NHK)の生出演を最後にSMAPを歌番組で観る事は出来なくなり、8月15日の解散発表になってしまいました。この時事務所は「一部のメンバーが解散を主張した為解散することに決めた」と発表。ここからは「メンバーの解散したい意志」よりも「事務所の解散させたい意志」を強く感じました。メンバーは5人とも引き続き事務所に残るのに愛も思いやりもない対応だと思います。
記者会見やテレビのインタビューも一切ないので、彼らの声はレギュラーのラジオ番組や雑誌のインタビューでしか聞く事は出来ません。週刊朝日の吾郎と林真理子さんとの対談やUOMOの木村くんの連載では、解散という事実を受け入れ前に進もうとしながらもこれから具体的にどうするかは分からない、と言っています。一方ラジオ番組ではSMAPの曲を掛けたり、SMAPの話題を楽しそうに話しているので、少なくともSMAPが嫌になったから解散するのではないのだと思います。それは一つの救いです。
そうはいっても、SMAPというグループがなくなる事が私にはまだ信じられません。役者やMCは一人で出来ても、SMAPの歌はSMAPの5人でしか歌えません。歌って踊るSMAPをもっと見たい、SMAPの歌う新しい音楽をもっと聴きたいという願いは贅沢なのでしょうか。スマスマで毎回、東日本大震災と熊本地震の支援金の呼びかけをしている姿を見るとSMAPはなくしてはいけないグループだと思うのですが。
来年以降彼らがどうなるのか、全然見えてきません。それでも彼らを好きだ、という気持ちは持ち続けて出来る限り色々な所はその気持ちを届けていきたいと思っています。

独り言というより愚痴になってしまいましたね。ごめんなさい。
ここまでお付き合いくださいましてありがとうございました。


拍手ありがとうございます


ジェットコースターよりもスリリングな…

おはようございます。
昨夜天皇陛下が生前退位を考えておられるというニュースを見ました。
実際には皇室典範を変えなければならないそうで簡単には出来ないとの事ですが、歴史の転換点になるのは間違いないですね。

SMAPは昭和の終わりに結成され、平成の時代をトップアイドルとして走ってきました。そして今彼らも転換点に立っています。
偶然の一致にしても見事すぎます。
意図しなくても時代とシンクロするのが本当の国民的アイドル、本当のスターだと思います。

これからの新しい時代にSMAPがどういう形で輝いていくのか益々楽しみになりました。
だって3つの時代を生き抜くアイドルグループなんてこれから先出てきませんよ。
SMAPは常に新しい道を切り開いていく人達ですから。そう運命づけられた人達ですから。

だからこそSMAPを新しい時代に繋げるために今出来る応援をしたいです。


拍手ありがとうございます

スマスマの20歳の誕生日に

初めに熊本地震で被害に遭われた皆さんにお見舞い申し上げます。避難していらっしゃる方々が一日も早く元の生活に戻れますように。

日付が変わってしまいましたが、昨日4月15日はスマスマ放送開始から20周年の記念日でした。1996年4月15日に始まってから20年。長く続いていますよね。SMAPと番組制作陣が努力と進化を重ねてきたからだと思います。毎週月曜の22時にスマスマを楽しめるのは本当に幸せです。
スマスマありがとう!
これからも応援していきます。

さて、その日に私は地下鉄表参道駅に行ってきました。ご存知の方も多いと思いますが雑誌「an・an」創刊2000号を記念して駅通路でan・an表紙アーカイブ展が開かれているからです。(17日(日)まで。)

DSC_0467.jpg 改札の中もan・anの広告でいっぱいです。

DSC_0478.jpg 展示はこんな感じです。沢山の人が見に来て写真を撮っていました。

今回撮った写真はここに上げませんが、1995年以降はSMAP5人と木村くんの登場回数がぐっと多くなります。サイズが小さくてもSMAPと木村くんは目立ちます。やっぱり華があります。
吾郎が最初に表紙に登場したのは1993年でこの時は単独ではありませんでした。単独の表紙は1994年のモノクロヌード(伝説の!)が最初だったんですね。一番小さいサイズでしたがしっかり確認しました。
an・anの表紙って昔は女性のモデルさんが多かったんですね。それが90年代になると男性タレントの表紙が多くなりました。そういう移り変わりも面白いです。
現在発売中のan・an2000!特別記念号にも表紙のアーカイブが載っています。連載の「稲垣吾郎シネマ・ナビ!」に加えて吾郎からの2000号おめでとうメッセージも載っていますので、こちらもぜひ読んで下さい。
吾郎がan・anの映画コーナーを担当してもう15年以上経つんですね。こちらも長く続いているのは有難い限りです。an・an編集部にはお礼と共に「シネマ・ナビ!」の書籍化をお願いを送ろうと思います。


せっかく表参道駅まで来たのだからと、少し足を延ばして見てきたのがこちら。
「Paul Smith + Masayoshi Sukita For David Bowie 2016」
神宮前のポール・スミスSPACEで開かれています(高級そうなお店の最上階なので入るのに少しだけ勇気が要りました・笑)。
DSC_0518.jpg 
(こちらの写真の撮影とネット掲載はお店の方の許可を頂いています。)
ポール・スミスが所蔵するデヴィッド・ボウイの写真や資料が見られます。
DSC_0512.jpg DSC_0513.jpg DSC_0517.jpg
本当に美しいですよね。人間離れした雰囲気があります。さすが吾郎が尊敬するアーティストだと改めて思いました。
DSC_0511.jpg こちらの展示もan・an表紙展と同じく17日(日)まで。その後ポール・スミス三条店(京都)で展示品を変えて開かれるそうです。

スマスマの誕生日にSMAPや吾郎と縁のあるものを見て歩いて、何だか心が温かくなりました。


拍手ありがとうございます
プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる