FC2ブログ

祝!高崎映画祭最優秀主演男優賞受賞

本当に嬉しいニュースです。このニュースを長い間待っていました。

第三十四回高崎映画賞の受賞者が15日発表され
最優秀主演男優賞に吾郎が選ばれました
おめでとうございます

高崎映画祭公式サイトは こちら
過去の受賞者を調べてみたらそうそうたる顔ぶれで該当者のない年もあり、厳格に選ばれているのだと感じます。
そんな中吾郎が選ばれたのは本当に名誉なことです。

受賞理由
気がつけば父の仕事を継ぎ、地元の後輩と結婚し夫となり、自然と父親となった男・紘の人物像が、とても日常的なアイコンである事に目をみはる。日々を識実に積み重ねた落ち着きは、ともすればいろんなことを上手くかわす器用さを身につけた事にも繋がっている。そんな男が、世の荒波に揉まれた友との再会により変化していく。若かりし頃の熱情や可能性を手繰り寄せるように自己や他者、そして息子と向き合う男の刹那が、胸に迫る。アンニュイでおぼつかない大人の成長を、ゆるやかに柔らかく体現し、多くの共感と支持を得た。

(高崎新聞の元記事は こちら )

この受賞理由を何度も何度も読みました。
「アンニュイでおぼつかない大人の成長を、ゆるやかに柔らかく体現し、多くの共感と支持を得た。」
吾郎は元々こういう表現力を持った役者だと思っていたので、やっと認められたという感じです。
私の記憶が確かなら、吾郎が主演男優賞を受賞するのはこれが初めてだと思います。「十三人の刺客」で毎日映画コンクールの男優助演賞を受賞して9年、名作「半世界」で待ちに待った栄誉を手にしました。本当に嬉しいです。

また「半世界」からは渋川清彦さんが最優秀助演男優賞を、杉田雷麟くんが新進男優賞を受賞しました。こちらもおめでとうございます!

もちろん作品あっての最優秀主演男優賞ですから、吾郎が「半世界」という作品に出会えたことに何よりも感謝しています。素晴らしい作品の中で吾郎が素晴らしい演技をし、映画という形で長く残る。とても幸せなことですよね。
そして受賞以上に嬉しいのは、封切から1年近く経つ今でも「半世界」が日本のどこかの映画館で上映されていることです。ちなみに23日(木)までは京都みなみ会館で上映中です(詳しいスケジュールは こちら)。

皆さんもう何度もご覧になって円盤も持っていらっしゃると思いますが、もしお近くの映画館で上映されることになったら、応援のつもりでもう一度映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか。大きなスクリーンで観る紘さんはやはり最高ですよね


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト



25年経っても忘れられないこと

今日は2020年1月17日。阪神・淡路大震災から25年経ちました。あの日のことを思い出しています。

阪神間に親戚が多く住んでいてなかなか連絡が取れず、ただただ心配していたこと。家の電話より公衆電話の方が繋がりやすいので、幼稚園のお迎えの途中でも買い物の最中でも公衆電話を見かけたら必ず親戚の家に片っ端からかけ、やっと3日目にいとこの家に繋がったこと。友達の家に電話をしたらご主人が出てきてその時初めて話をしたこと。幸い親戚も友達も全員無事でしたが、聞いてみるとその周りでは職場の同僚や保育園の先生など身近な方々が亡くなっていました。

25年=四半世紀なんてあっという間ですね。知らず知らずのうちに色々なことを忘れてしまっている気がします。
でも忘れられないこと、忘れてはいけないことを大事にしたいです。

そして改めてあの日に亡くなった方々を悼みます。


拍手ありがとうございます

静かな時間

皆さんはもう吾郎のインスタはフォローなさったでしょうか。
元日のななにースペシャルでインスタを始めて以来現在まで頻繁に更新してくれています。SNSも種類によってその人との相性がありますから、きっと吾郎はインスタ向きなのでしょう。今のところ自撮りはなく、吾郎の好きなCDやお花、見かけた美しいモノなどをアップしてくれています。

これがどれも溜息が出るほど美しい。そしてどの写真にも静謐な空気が流れています。吾郎が #静かな時間 を大切にしていることが感じられます。不思議ですね。世間のたいていの人より何十倍も忙しいはずなのに、なぜあの写真の中にはゆったりした時間が流れているのか・・・。
吾郎のインスタを見ると、どんなに心がささくれ立っていてもふっと緊張が緩んで気持ちが安らかになります。そして「ありがとう」と心の中で呟きたくなります。

勿論ブログの方も更新して欲しいですね。私は吾郎の書く文章が大好きなので(←欲張りなファン)。インスタとブログを吾郎なりに使い分けてくれたら嬉しいです。

ということで、まだフォローしていない方はこの機会に是非!(多分ここにいらして下さる方は全員フォローなさっていると思いますが)


それと話は変わりますが、明日(13日)の「はやドキ」で吾郎・慎吾・剛の話題が出るようです。吾郎と慎吾はパラリンピック関連のイベント(NO LIMITS)、剛は舞台「アルトゥロ・ウイの興隆」初日の話題だと思われます。録画必須ですね!


拍手ありがとうございます

パラリンピックに行きたい!(「スッキリ」 1/6,7)

2日間にわたった「スッキリ」のパラスポーツ対決を見ての感想です。
それこそ「パラリンピック国際親善大使」の使命であり、吾郎・剛・慎吾はきちんと仕事をしたわけです。

吾郎・剛・慎吾の新しい地図チームと加藤さん・ハリセンボン春菜ちゃん・水トさんのスッキリチームが楽しく真剣に対決したおかげで、パラスポーツがグッと身近になりました。TVで見ると細かいルールが分かるので有難いです。ボッチャの頭脳戦にもワクワクしましたし、ゴールボールのダイナミックさもカッコイイと思いました。
吾郎はボッチャで見事な「寄せ」を見せた一方、最後の一投という重要な場面では緊張したのか力が抜けてしまいました。そういう波があるところもご愛敬で吾郎の魅力だと思います。
ゴールボールは目隠しをして交互にボールを投げ合い相手のゴールに入れるゲーム。コート上のラインで区切られた3つのエリア(目隠ししているので勿論見えない)でボールをバウンドさせなければいけないというルールがあり、加藤さんはこれにひっかかる「ハイボール」という反則を連発し、スタジオは笑いに包まれました。
スッキリチームはボッチャの練習を重ねてきたというだけあって、ボッチャでは安定感がありました。一方新しい地図チームはゴールボールで攻守とも巧さを見せて圧勝。プレーオフのボッチャ(ハーフゲーム)でも勝って、地図チームが最終的な勝利を収めました。
罰ゲームは慎吾の新曲「Trap」をスッキリチームが翌日(8日)番組オープニングで歌い踊るというもの。一日で覚えるのは大変だったと思いますが、慎吾がサプライズ生出演して盛り上がったので良かったと思います。お疲れ様でした。

話は戻りますが、パラスポーツ対決の最後に3人がパラリンピックへの応援のお願いをし、水トアナからパラリンピック2次抽選(15日~)のお知らせがあったのはとても良い流れでした。これでパラリンピックへの関心が高まるといいですね。この企画を実現して下さった「スッキリ」には感謝しています。

出来れば他のパラスポーツも紹介して欲しいですし、その際には3人をゲストに呼んで欲しいですよね。
吾郎・剛・慎吾にパラリンピック親善大使のお仕事をもっとさせて上げて欲しいと切に願います。
というわけで、「スッキリ」のHPにお礼のメッセージと今後のお願いを書き込んできました。


拍手ありがとうございます


明けましておめでとうございます

三が日は過ぎましたが、明けましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、大晦日の「ガキの使いSP」、元日のななにーと「100分deナショナリズム」、2日の「充電させてもらえませんか」、と楽しいことが盛り沢山の年末年始を送る事が出来ました。
特に「ガキ使」→「100分」→「充電」と3日続けて地上波のTVで吾郎を見られたのは本当に嬉しかったです。レコ機の残量を空けるのに大わらわになったのは3年ぶり。ななにーのライブもかっこよかったですが、地上波の番組で放つオーラはまた独特でした。

「ガキ使」では3人とも思い切り弾けていましたね。特に最初の剛のパワーはぶっちぎりだと思いました。あれをやられたら誰もかないませんよね。でも吾郎の歌も負けず劣らずインパクト大。どぶろっくさんの下ネタを朗々と美しく歌い上げる吾郎も輝いていました。地上波のTV番組であの歌声を披露できたのは大きな収穫だったと思います。もしかしたら今後のお仕事に繋がるかも?と期待しましょう。
元日の「100分deナショナリズム」はとても内容が濃くて難しく、リアルタイムを含めて3回見てもよく分からないのですが、吾郎は番組の流れに自然に溶け込んで、時に自分の体験を交えて分かりやすくコメントし、時に目を閉じて論者の方のお話を聞きながら番組を進行していました。
「『世界に一つだけの花』じゃダメなんですか?」
という吾郎の問いにハッとしました。「元々特別なオンリーワン」というあの歌詞は、国民が権力者と自己同一化する超国家主義の思想とは対極の考え方なんですね。
この番組についてはもっと色々考えて書きたいことがあるのですが、それはまた別の機会にします。
今日(5日)14:30から再放送がありますので、見逃した方や録画したい方は是非ご覧下さい。
「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」。この番組には本当に感謝感謝です。3時間ずっと楽しくて心が温かくなって見て良かったと思える番組でしたね。哲っちゃん(こう呼ばせていただきます)の人柄の良さに加え、慎吾・剛・吾郎の素直さが上品な笑いを誘っていました。
私の今回の萌えポイントは、吾郎の決断力。道に迷うことがあまりなく、「ここを右に行って次は左」とか「ここまっすぐ行ってみようか」とか言いながら電動バイクを走らせる姿がかっこよくて痺れました(これ、少数意見ですかね?)。
映画「半世界」で「岩井モータース」として使わせていただいたお店の前を通りかかってご挨拶に寄ったらずっと取っておいてくださっている「岩井モータース」の看板と再会したり、充電させていただいた電器屋さんの奧さんが磯野貴理子さんの同級生で貴理子さんとテレビ電話でお話出来たり、昼間はどんより曇っていたのにゴール地点の英虞湾では雲の切れ間から夕日が見られたり、と奇跡の連続でした。やはり吾郎は持ってますね!
テレ東さんには番組のお礼と、DVD化のお願いと、ついでに「1位じゃなくっていいじゃない」復活のお願いを送ります。

今年はネットだけでなく地上波にもどんどん出られるといいですね。


拍手ありがとうございます

今年もありがとうございました

おはようございます。
あっという間に2019年の大晦日を迎えました。

今年も当ブログにお越し下さった皆さん、どうもありがとうございます。
情報拡散力、速報性に優れたSNSが主流になる中で、細々と続けている(しかも亀更新の)辺境ブログを見に来て下さる皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。最近ではブログが自分用覚書になってきている気がしますが、それでもよろしければ今後ともお付き合い下さい。よろしくお願い致します。


さて・・・
SMAP解散から3年、その間色々なことがありました。

行く先に光が見えてきた反面、5人の進む道がだんだん離れていくような寂しさも感じます。
一方で慎吾と木村くんが1週間違いでそれぞれアルバムを出す、という偶然に不思議な縁も感じます。
来年はまたファンミがありますし、吾郎個人も映画「ばるぼら」の公開が控えています。
毎日のように楽しいお知らせがあって本当に有難いです。
そしていよいよtokyo2020、東京パラリンピック本番。国際パラリンピック親善大使の吾郎・剛・慎吾の活躍に期待したいです。

心の奥底の傷は完全には塞がっていないけれど、それでも信じられることがあります。
中居くん、木村くん、吾郎、剛、慎吾。
彼ら5人が誰のことも悪く言っていないこと。
そして今も芸能界で踏ん張ってくれていること。
そこさえ変わらなければ大丈夫。
どんな形になるかは分かりませんが、未来は明るいはずです。


とりあえずは明日の「ななにー元日SP」と「100分でナショナリズム」を楽しみましょう(それにしても振り幅が大きい・・・)。


それでは皆さん良いお年を!


拍手ありがとうございます

渋谷区のマダムのお喋りタイム (「不可避研究中」 12/27)

・・・ではなかったですが、とても楽しく考えさせられました。

吾郎久々の地上波(しかもNHK)出演、しかも謎めいた内容の番組。ドキドキしながら始まった「不可避研究中」は色々な問題提起をしてくれるスリリングな番組のようです。

初回のテーマは「ジェンダー」。5人のディレクターがそれぞれ取材し作った動画を司会の吾郎、市川紗椰さん、Youtuberのそわんわんさんの3人が見て考えたことを話すという形で進みました。初回からいきなり大きなテーマでしたが、3人は特に気負うことなく、自分の感想を話していました。気がついていなかった問題について
「今まで考えたことなかった」
と素直に言っていたのも良かったです。例えばトイレのピクトグラム。女性のスカート姿のデザインに疑問を持った事なんてなかったので、私も目からうろこが落ちる感じがしました。
「心はオバチャンなのであまり男とか女とか気にした事なかった。」という自称「渋谷区のマダム」吾郎の話にもハッとさせられました。
半同居人の友達ヒロくんについて、自分は普通の仲の良い友達として話したら、周りの反応が過剰でビックリした、と。確かに一時期吾郎がヒロくんの話をあちこちでしていて、それに対する周囲の反応が不自然だったことがありました。吾郎も気がついていたのですね。今番組を通じて吾郎の気持ちが聞けて嬉しかったです。

とはいえ5本の動画を見て感想を話して・・・で30分は短いですね。動画も尻切れトンボな感じになってしまいます。でもちょっと物足りない位の方が「もっと知りたい」という気持ちになるので、考えるきっかけとしてはそれでいいのかも知れません。「問題を列挙したカタログ」のような番組だと私は感じました。このカタログを見て視聴者一人一人が考えてください、と。
できれば半年くらい後に「あの問題どうなった?」というような復習もやって欲しいですし、twitterをしていない視聴者のためにYouTubeやオンデマンドなどでの発信もして欲しいです(これはNHKにお願いを出します)。

twitterに上がった動画はNHKどーがレージ にまとまって上がっているので是非ご覧下さい。

次回テーマは「外国人とニッポン」。吾郎独自の視点に期待したいです。


話題は変わりますが、年が明けて1月6日(月)、7日(火)の「スッキリ!」(日テレ系)でスッキリ!チームと新しい地図チームのパラスポーツ対決を放送するそうです。慎吾や吾郎が出演した際に「やりたい」と言っていた企画がなんと実現しました!!
1月2日の「充電旅」に続き、こちらも期待大ですね。


拍手ありがとうございます

トンネルの出口はきっともうすぐ (「週刊文春WOMAN」)

現在発売中の「週刊文春WOMAN」は慎吾の表紙絵にグラビアインタビュー、「稲垣談話室」第2回では吾郎と阿部和重さんとの対談と、今回も盛り沢山の内容で嬉しいです。
とはいうものの、慎吾と吾郎の発言に少し気持ちがざわついた瞬間もありました。慎吾が木村くんのソロアルバムについて触れたところと、吾郎がスマスマの五人旅について語ったところです。どちらもごく自然に話しているので、本当はSMAPは解散していないんじゃないか、今私はどんな世界にいるのだろうと不思議な感覚に陥りました。
それでも、以前よりも彼らが自由に発言出来るようになってきていること、混沌とした状況から抜け出そうとしていることには希望が持てます。吾郎の「SUZUNARI」の歌詞のように、トンネルの出口の景色がもうすぐ見えるのではないかと思っています。

それにしても吾郎の今回の課題図書「オーガ(ニ)ズム」は本当に分厚い本ですね。小説と言うより辞書の様です。これをきちんと読んで、阿部さんと内容について深く話し、読者に興味を持たせ(ここ重要)、最後に続編のお願いまでしてしまう吾郎のインタビュースキルには脱帽です。そして、
「『ゴロウ・デラックス』は終了したがまだ会いたい作家はたくさんいる」
という吾郎の言葉を見出しに引用してくださる編集部さんは、吾郎を信頼してくださっているのだろうなと感じています。『ゴロウ・デラックス』とわざわざ終了した番組名を出してくださることにも感謝しています。

「稲垣談話室」がどうか長く続きますように。


雑誌といえば「25ans」(27日発売)の表紙を吾郎・剛・慎吾の3人が飾ります。去年もそうでしたね。「25ans」と「新春すてきな奧さん」は2年続けて3人を表紙に起用してくださっています。こちらも本当に有難いです。


拍手ありがとうございます

3人が走る12月

録画した「NHK俳句」を観ました。NHKらしい落ち着いた番組に吾郎が入ると適度に(ここ重要)華やかになって俳句がより身近に感じられるので不思議な感じでした。選者の長嶋有さんも司会の岸本葉子さんもとても楽しそうに番組を進めていて良かったです。

助手席の ポインセチアが 急かす帰路

「ポインセチア」というお題で吾郎が詠んだ句。簡潔で絵がはっきり頭に浮かぶ句ですね。長嶋先生からは「助手席」とあれば「帰路」だと分かるので「急かす夜」にした方が良い、というアドヴァイスがありましたが、初めて詠んだとは思えないほど綺麗な句でした。
「ポインセチア」から吾郎がイメージするものを図に整理し、そこから長嶋先生が詠んだ句

地下明るし 靴音で ポインセチア咲く

はおしゃれな感じがしました。

それから投稿された入選作について長嶋先生と吾郎がコメントをしていきましたが、吾郎が出しゃばらず遠慮しすぎず素直に自分の感想を言っていたのが流石でした。「ゴロデラ」でゲストの作家の皆さんとちょうど良い距離感を取ってきた吾郎のセンスが生きていましたね。
私個人としては「ポインセチア 父の日記を 開く母」という句についての解釈が吾郎と一緒だったのが嬉しかったです。お父さんの命日にお母さんが日記を開いて読んでいる、という風に私には感じられたので。

俳句の魅力を掘り下げる番組で吾郎の魅力も掘り下げられた気がします。これこそwin-winの関係ではないでしょうか。
NHKさんには番組の感想とまたゲストに呼んでくださるようお願いを出してきます。


「NHK俳句」をじっくり反芻したいところですが、次々と嬉しいお知らせが入ってきて息をつく間もありません。twitterでは既に出回っていた情報ですが、今日公式に発表されました。

1月2日(木) 17:55~21:00 テレ東系 「出川哲朗の充電させてもらえませんか?行くぞ!令和最初のお正月は超パワスポ“伊勢神宮”!関宿から松阪、鳥羽、志摩おめでたスポット巡る158キロ!ですがひぇ~吾郎ちゃんにつよぽんも慎吾ちゃんもハチャメチャすぎてヤバイよヤバイよ!新春3時間SP」

あまりに長いタイトルなので番組HPからコピペしました(苦笑)。番組内容はタイトルで説明されているので付け足すことはありませんが(←をいをい)、お正月から吾郎・剛・慎吾の3人を地上波の番組でたっぷり観られるのは本当に嬉しいです。しかも伊勢神宮はお正月に相応しい縁起の良い場所ですし、志摩は吾郎主演映画「半世界」のロケ地にも近いですし、色々な意味でヤバいよヤバいよ!・・・いえ期待できそうです。

詳しくは 新しい地図topics
および  テレ東からのお知らせ
をご覧下さい。


それにしても、吾郎達が出演するTV番組についてこんなに頻繁にブログを更新するのは何年ぶりでしょう・・・。文章からは伝わりにくいでしょうが、私は今嬉し泣きをしています!


拍手ありがとうございます

吾郎バースディをカフェとシネマで♪

吾郎、46歳のお誕生日おめでとう

ということで、念願のこの場所に初めて行ってきました。そう、J_O CAFEです。
20191208180228071.jpeg J_O暖ハンバーガー発売時刻の1時を狙い、その20分くらい前に行きました。お店に着くとまずホットのブレンドコーヒーを買い、飾ってある絵を眺めながら発売を待ちました。1時になると集まったお客さんに整理券が配られ、無事に手に入れることが出来ました。今日はカフェラテと一緒に頂きました。
ハンバーガーはピリ辛のソースを使っていますが、お肉とトマトが分厚いのでその味がしっかりメインになっていてとても美味しくて食べ応えがありました。カフェラテはとてもなめらかでミルクの香りが良かったです。
今年はケーキの代わりにハンバーガーで吾郎のお誕生日をお祝いしました

201912081803356a5.jpeg 先日のななにーでも紹介されたこの絵は3人の顔のパーツがコラージュされていてインパクトがあります。ARのアプリをDLしたのですが起動のさせ方が分からず、結局普通の写真になってしまいました。残念

こちらはBISTRO_J_O入り口です。この扉の向こう側には来年必ず・・・。
20191208180834fc6.jpeg


J_O CAFEでしばしまったり過ごしてから、山手線と京浜東北線を乗り継いで大森へ(昼間は京浜東北線が有楽町を通過してしまうので少し不便なんですよね)。駅からすぐのキネカ大森さんで久しぶりに「半世界」を観ました。
201912081806383d5.jpeg
映画館で観るのが何回目になるのか忘れましたが、今回は画面の中央ではなくその周りに自然に目が行きました。高村製炭所の作業場とか瑛介の家の中の様子とか行き付けのスナックの内装とか(笑)。不思議なものでそうなると今までと映像の印象が違ってきて、今まで印象に残らなかった台詞が心に響きました。
良い映画って本当に何度観ても飽きないものですね。

20191208181621972 (2) ロビーではこのように吾郎バースディをお祝いするディスプレイも置いてありとても温かな雰囲気の素敵な映画館でした。キネカ大森さん、どうもありがとうございます。
「半世界」(「まく子」との2本立て)は12日(木)までですので、行かれる方は是非どうぞ


今日はとても楽しく過ごしましたが、これも吾郎が色々と活躍できているからこそですね。来年はテレビ東京の出川哲朗さんの番組に3人で出演するそうですし、ファンミもありますし、映画「ばるぼら」の公開も控えています。まだまだ楽しみがたくさんあるので有難いです。

吾郎には身体に気をつけてますます輝いて欲しいですね。素敵な一年になることを願っています


拍手ありがとうございます